基本情報

写真a

小野 奈々

ONO Nana


職名

助教

生年

1975年

研究分野・キーワード

1.環境社会学  2.地域社会学  3.NPO・NGO論

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://nanazemi-shiga.digiweb.jp/index.html

プロフィール

研究課題(研究概要)
地域社会論、環境社会論、組織社会論等の、広く人間を対象とする諸研究を参照しながら、NGO・NPOの成員が不確定になる社会背景(グローバリゼーションや都市化による生活空間の拡大、地域の環境・福祉政策を中心とする生活空間の均質化過程)を分析し、「他者の異質性」を活用するNPO・NGOの現代的意義について考察する。そのうえで、政策の基礎となるボランタリー組織のモチベーション論を、社会学的視角から展開する研究である。
研究業績等(概要)
「ボランティア・NPO/NGO論」というのが、これまで私が掲げてきた研究看板です。一言で言えば、NPOの参加メンバーを含む(無給の)現場のボランティアが、どのような考え方で他者とつながっていくのか。それを、ひとつの〈関係性の論理〉として捉え、その論理の動きをボランティアの〈モチベーション〉という視点で説明し、現代社会との関わりを論じる研究です。事実、これまで既に、論文の中で、このような〈関係性の論理〉をいくつか発見してきました。(「単純化されたイデオロギー」「意味のある他者」「関係的信頼と能力的信頼」等。)これを発見することは、個人(=私)の利益や関心が優先される社会においてもなお、人はどのような形で、公共の利益(ここでは他者にとっての利害や関心への配慮まで含む)を追求する目的で連帯していけるのかを探求するものになると言えます。このような研究目的をもって、これまで、環境と地域福祉の分野のボランティア団体を研究対象としてきております。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  第二学群  比較文化学類  2000年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  人文社会科学研究科  社会学  博士課程  2008年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会学)  筑波大学  2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境政策・計画学科  助教   2010年04月  - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会  平成16年度採用 特別研究員 DC2  研究員   2004年04月  - 2006年03月

  • 信州大学 経済学部  助教   2008年03月  - 2010年03月

  • 「統合的水資源管理のための「水土の知」を設える」(通称:「水土の知」プロジェクト)総合地球環境学研究所  風水土イニシアティブ 基幹研究プロジェクト 研究メンバー  研究員   2012年10月  - 現在

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会学会  

  • 現代社会理論研究会  

  • 社会学研究会  

  • 日本NPO学会  

  • 地域社会学会  

全件表示 >>

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 逗子市 市民参加制度審査会 審査委員   2006年06月  - 2008年05月

  • 財団法人 草津市コミュニティ事業団 草津まちづくり情報ひろば 運営委員   2011年04月  - 2012年03月

  • 淡海の川づくり検討委員会(滋賀県河川整備計画検討委員会)委員員   2011年11月  - 2013年11月

  • 滋賀県総合政策部指定管理者選定委員会(県民活動生活部会)委員   2013年08月  - 2014年01月

  • 淡海の川づくり検討委員会(滋賀県河川整備計画検討委員会)委員員   2013年12月  - 2015年12月

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ボランタリー組織の社会学的研究

    1.環境社会学  2.地域社会学  3.NPO・NGO論

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • フィールドワーク心得帖[新版]

    滋賀県立大学環境フィールドワーク研究会

    サンライズ出版  112p  2015年03月

    教科書  共著

  • A General World Environmental Chronology

    GWEC Editorial Working Committee

    Suirensha  875p  2014年10月

    事典・辞書  分担執筆

  • 霞ヶ浦の環境と水辺の暮らし-パートナーシップ的発展論の可能性-

    鳥越皓之,他6名

    ミネルヴァ書房  260p  2010年04月

    単行本(学術書)  共著

  • よくわかる環境社会学

    鳥越皓之,帯谷博明,他69名

    ミネルヴァ書房  199p  2009年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 平成18年度ミリオンズレイク調査研究事業報告書

    編者:鳥越皓之 共著者:小野奈々、川田美紀、五十川飛暁、平井勇介、鳥越皓之、荒川康、植田今日子、古家信平、神谷智昭、田中久美子、宮崎拓郎

    学校法人 早稲田大学人間総合研究センター  472p  2007年02月

    調査報告書  共著

  • 日本の内なるグローバリゼーションと出入国管理行政の新展開

    小野澤正喜(編)、近藤敦、駒井洋、清水麗、上林智恵子、佐野哲、鈴木則之、栖原暁、鈴木伸隆、佐々木てる、小野奈々、木元千晶、L.E.バウゾン、小野澤ニッタヤー、R.R.ミナミ、久保田将之、谷口智子

    筑波大学大学院歴史・人類学系  367p  2002年03月

    調査報告書  単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • (会員だより)つながることと働くこと

    小野奈々

    協同総合研究所  所報 協同の發見  (268)   90  - 93  2015年03月

     単著  

  • 特集 こんなところに環境科学部!環境保全を唱えることは“当たり前”に正しいことなのか?:ブラジルでのフィールドワーク

    小野奈々

    滋賀県立大学環境科学部  滋賀県立大学環境科学部年報  (19)   13  - 16  2015年03月

     単著  

  • 書評 中田英樹著『トウモロコシの先住民とコーヒーの国民』

    小野奈々

    日本村落社会学会  村落社会研究ジャーナル  (40)   45  - 46  2014年04月

     単著  

  • 特集 さまざまな災害に立ち向かう環境科学 東北大震災における災害

    小野奈々

    滋賀県立大学環境科学部  滋賀県立大学環境科学部年報  16   28  - 32  2011年03月

     単著  

  • ボランティア活動の分布にみる霞ヶ浦の環境―茨城県潮来市を事例地として―

    鳥越皓之ほか

    学校法人 早稲田大学人間総合研究センター  平成18年度ミリオンズレイク調査研究事業報告書   5  - 32  2007年02月

     共著  共同(副担当)

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 節水をめざす効率的な用水利用のための社会的な対策—愛知川沿岸地域を対象地として—

    C-09-Init 水土の知プロジェクト 2015年度全体研究会  2015年10月

  • Obstacle Factors of Making Access to Social Care in Local Communities: A Case Study of Setting Up Welfare Committee in Hikone-City, Japan

    International Society For Third-Sector Research 9th Asia Pacific Regional Conference  2015年08月

  • 水利秩序の歴史的条件と再編可能性

    C-09-Init 水土の知プロジェクト 2014 年度全体研究会  2014年11月

  • NPOの特性と水環境保全―環境社会学からみた守山事例研究の考察―

    第33回環境用水研究会  2014年09月

  • 地域福祉を推進する仕組みの研究:福祉委員の役割に着目して

    滋賀県立大学COC 公募型地域課題研究報告会(彦根市)  2014年09月

  • チエテ川上流域における市民参加の構造的問題―― 流域単位にもとづく討議の構造化とサンパウロ市の位置づけ

    日本ラテンアメリカ学会第34回定期大会  2013年06月

  • ブラジルにおける流域委員会の立法化への公衆関与~リオグランデドスル州とサンパウロ州を事例として~

    第26回環境用水研究会  2012年12月

  • 公(共)益を判断するリーダー・システム~滋賀県愛知川流域永源寺ダム建設を事例として

    環境社会学研究会  2012年12月

  • Fear of Involvement in Public Talks: A Case Study of Mining Community in Brazil

    XIII World Congress ofRural Sociology-International Rural Sociology Association  2012年07月

  • ブラジルにおける水法制定以前の河川流域委員会設立経緯―市民参加よる水資源管理の視点から

    ラテン・アメリカ政経学会第48回 全国大会  2011年11月

全件表示 >>

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 人間探求学

  • 人間探求学

  • 社会学

  • 政策計画演習Ⅳ

  • 政策計画演習Ⅲ

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 参加型計画運営論

  • 参加型計画運営論

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県 流域政策局  淡海の川づくり検討委員会  委員   2013年12月  - 2015年12月

  • 滋賀県 総合政策部  指定管理者選定委員会  委員   2013年08月  - 2014年01月

  • 滋賀県 流域政策局  淡海の川づくり検討委員会  委員   2011年11月  - 2013年11月