秋山 毅 (アキヤマ ツヨシ)

AKIYAMA Tsuyoshi

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

機能物質化学、光電気化学、光電変換、太陽電池、光触媒

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.mat.usp.ac.jp/~akiyama.t/

プロフィール

研究課題(研究概要)
フラーレン組織体微粒子の作製と性質
貴金属ナノ構造の作製と物性評価
表面ゾル-ゲル法を用いた有機ー無機ハイブリッド薄膜・金属ナノ粒子ー無機ハイブリッド薄膜の作製と光電気化学特性
光誘起電子移動反応を用いた光電変換素子の開発
貴金属ナノ構造-光励起色素複合体の作製と光電気化学特性
電解重合法を用いた光電変換素子・太陽電池の開発

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学部  応用精密化学科  1992年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科  応用精密化学専攻  博士課程  1997年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  大阪大学  1997年03月

  • 修士(工学)  大阪大学  1994年03月

  • 学士(工学)  大阪大学  1992年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  材料科学科  准教授   2010年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  地域共生センター  兼務教員   2013年11月 ~ 2016年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会特別研究員(PD) (九州大学工学部応用物質化学科)  日本学術振興会特別研究員(PD)   1997年04月 ~ 1998年06月

  • 九州大学工学部  助手   1998年07月 ~ 1999年03月

  • 九州大学大学院工学研究科材料物性工学専攻  助手   1999年04月 ~ 2000年03月

  • 九州大学大学院工学研究院応用化学部門  助手   2000年04月 ~ 2007年03月

  • 九州大学大学院工学研究院応用化学部門  助教   2007年04月 ~ 2010年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会  

  • 日本ゾル-ゲル学会  

  • 高分子学会  

  • 日本分析化学会  

  • 光化学協会  

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本ゾル-ゲル学会理事   2010年08月 ~ 現在

  • 日本化学会近畿支部・幹事   2011年03月 ~ 2013年02月

  • 日本分光学会九州支部総務幹事   2007年04月 ~ 2009年11月

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • デバイス関連化学

  • ナノ材料化学

  • 物理化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • フラーレン組織体微粒子の作製と性質

    フラーレン、重合、微粒子

  • 電解重合法を用いた光電変換素子・太陽電池の開発

    電解重合、導電性高分子、光電変換、太陽電池

  • 貴金属ナノ構造の作製と物性評価

    ナノ粒子、プラズモン、増強電場、励起

  • 貴金属ナノ構造-光励起色素複合体の作製と光電気化学特性

    貴金属ナノ構造、光励起色素、光電変換

  • 表面ゾル-ゲル法を用いた有機ー無機ハイブリッド薄膜・金属ナノ粒子ー無機ハイブリッド薄膜の作製と光電気化学特性

    ゾル-ゲル法、光励起色素、金属ナノ粒子、光電変換

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Time-dependent non-linear size change of C60-ethylenediamine adduct particles in formation process

    Akiyama T., Ono Y., Miyamura H., Saito J., Kimura K., Higashida S., Oku T.

    Journal of Nanoparticle Research  Journal of Nanoparticle Research  20 (9)    2018年09月

    10.1007/s11051-018-4353-9  共著  

    [概要]

    © 2018, Springer Nature B.V. Addition reaction between C60and ethylenediamine occurred at room temperature in an ambient condition. C60-ethylenediamine adduct particles were prepared by mixing toluene solutions of C60and ethyelenediamine. Average diameter of the C60-ethylenediamine adduct particles was changed non-linearly according to the reaction time, which were observed using transmission electron microscopy. Early stage of the reaction, the diameter of the adduct particles was changed from about 250 to about 430 nm. Then, the size of the adduct particles was converged to about 300 nm. During this addition reaction, the crystalline sizes of adduct particles were constant about 2–3 nm, regardless of the sizes of the adduct particles, which were determined by X-ray diffraction measurement. [Figure not available: see fulltext.].

  • Insertion effect of spin-coated films of C60-ethylenediamine adduct on organic thin-film solar cells

    Atsutaka Yamada, Daisuke Izumoto, Tsuyoshi Akiyama*, Katsuhiko Fujita, Atsushi Suzuki, and Takeo Oku

    AIP publishing  AIP Conference Proceedings  1929   020020-1 ~ 020020-5  2018年01月

    単著  

  • Effect of gold nanoparticles in titanium oxide layer on the photovoltaic performance of inverted-type organic thin-film solar cells

    Tsuyoshi Akiyama*, Hiroki Sakata, Taisuke Matsumoto, Shota Mitsukawa, Hiroshi Sakaguchi, and Takeo Oku

    Taylor & Francis Group, LLC  Molecular Crystals and Liquid Crystals  653   50 ~ 56  2017年11月

    共著  共同(主担当)

  • Morphological change of crystalline polymer films by annealing: substrate- and heating/cooling-rate-dependent surface roughness

    Uto Y., Mizobata K., Maurya S., Akiyama T., Nakajima T.

    Surface and Interface Analysis  Surface and Interface Analysis  49 (7)   577 ~ 583  2017年07月

    10.1002/sia.6195  共著  

    [概要]

    Copyright © 2017 John Wiley & Sons, Ltd. We study the morphological change of crystalline polymer films by annealing using atomic force microscope, X-ray diffraction, and Fourier transform infrared spectroscopy techniques. As typical samples, we employ high-density and low-density polyethylene films prepared by the cast method. After annealing at 135 °C for 4 h, the surface roughness of polyethylene films by the atomic force microscope significantly increases, and the crystallite size by the X-ray diffraction also shows some increase, while the Fourier transform infrared spectroscopy spectrum hardly exhibits any change. This can be well explained as a result of the growth of crystal structure by recrystallization during annealing. More interestingly, we find that the choice of the substrate and also the heating/cooling rates for annealing significantly influences the surface roughness of the films. Copyright © 2017 John Wiley & Sons, Ltd.

  • Effects of PBr3 Addition to Polysilane Thin Films on Structures and Photovoltaic Properties

    Junya Nakagawa, Takeo Oku, Atsushi Suzuki, Tsuyoshi Akiyama, Masahiro Yamada, Sakiko Fukunishi, Kazufumi Kohno

     Green and Sustainable Chemistry    2017年02月

    共著  共同(副担当)

  • Retardation of sol–gel titanium oxide with imprinted grating structure

    Itsunari Yamada, Yoshiro Ishihara, Tsuyoshi Akiyama

     Optical Engineering  56 (1)   017108 ~  2017年01月

    10.1117/1.OE.56.1.017108  共著  共同(副担当)

  • Cathode buffer composed of fullerene–ethylenediamine adduct for an organic solar cell

    Yoshinori Kimoto, Tsuyoshi Akiyama, Katsuhiko Fujita

     Japanese Journal of Applied Physics  56   021601 ~  2017年01月

    共著  共同(副担当)

  • Fabrication and Characterization of PCBM: P3HT-based Thin-film Organic Solar Cells with Zinc Phthalocyanine and 1,8-Diiodooctane

    Haruto Maruhashi, Takeo Oku, Atsushi Suzuki, Tsuyoshi Akiyama, Yasuhiro Yamasaki

     Chemical and Materials Engineering  5 (1)   1 ~ 7  2017年

    10.13189/cme.2017.050101  共著  共同(副担当)

  • Fabrication and electrochemical properties of insoluble fullerene-diamine adduct thin- films as buffer layer by alternate immersion process

    Jo Saito, Tsuyoshi Akiyama, Atsushi Suzuki, Takeo Oku

     AIP Conference Proceedings  1807   020017 ~  2017年

    共著  共同(主担当)

  • Doping effects of transition metal elements to titanium dioxide for perovskite solar cells

    Jo Saito, Atsushi Suzuki, Tsuyoshi Akiyama, Takeo Oku

     AIP Conference Proceedings  1807   020010 ~  2017年

    共著  共同(副担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域共生論

    滋賀県立大学地域共生論運営委員会

    サンライズ出版  2017年03月

    単行本(学術書)  共著

  • ゾル-ゲル法の最新応用と展望(表面ゾル-ゲル法を活用した超薄膜光電変換)

    秋山 毅

    シーエムシー出版  320p  2014年02月

    単行本(学術書)  共著

  • プラズモンナノ材料開発の最前線と応用(第12章 シリコン系太陽電池への応用)

    秋山 毅

    シーエムシー出版  278p  2013年03月

    単行本(学術書)  共著

  • プラズモニクス 〜光・電子デバイス開発最前線〜(第5章【総説】プラズモン応用太陽電池の研究開発動向(199〜213頁))

    秋山 毅, 山田 淳

    エヌティーエス  298p  2011年08月

    単行本(学術書)  共著

  • プラズモンナノ材料の最新技術 (第7章−1、エネルギー転換技術)

    秋山 毅、山田 淳

    シーエムシー出版  8p  2009年06月

    単行本(学術書)  共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Enhancement of the Photovoltaic Performance of Organic Thin-film Solar Cells Using Plasmonic Nanoparticles

    Tsuyoshi AKIYAMA

     Journal of the Imaging Society of Japan  53 (6)   529 ~ 537  2014年12月

     単著  

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • チオフェン水溶液からの電解重合による階層型導電性高分子膜の作製と光電気化学応用

    日本化学会第98春季年会  2018年03月

  • Development towards Spectroscopic Application of Titanium Oxide-Plasomonic Nanoparticle Composite Thin-Films

    4th RSC twitter poster conference  2018年03月

  • Preparation and photocatalytic properties of titanium oxide-gold nanoparticle ultra-thin films

    The 8th International Symposium of Advanced Energy Science  2017年09月

  • 逐次的な電解重合によるポリチオフェン積層膜の作製と光化学応用

    本化学会第97春季年会  2017年03月

  • 可溶化したフラーレンージアミン重合体を用いる有機薄膜太陽電池の作製と評価

    第35回 固体・表面光化学討論会  2016年11月

  • Fabrication and electrochemical properties of insoluble fullerene-diamine adduct thin-films as buffer layer by alternate immersion process

    Irago Conference 2016  2016年11月

  • Incorporation Effect of Gold Nanoparticles into Titanium Oxide Layer of Organic Thin-Film Solar Cells

    KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics 2016  2016年09月

  • Enhanced performance in organic solar cells using titanium oxide-gold nanoparticle composite films

    The 7th International Symposium of Advanced Energy Science  2016年09月

  • 酸化チタン-金ナノ粒子複合薄膜の作製と有機薄膜太陽電池への応用

    日本ゾル-ゲル学会 第14回討論会  2016年08月

  • Incorporation Effect of Gold Nanoparticles into Electron Transfer Layer of Inverted Organic-Thin Film Solar Cells

    2nd International Conference on Polyol Mediated Synthesis  2016年06月

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 光電変換素子及びその製造方法

     特願2013-046230

  • 金属ナノ粒子修飾基板の製造方法及び金属ナノ粒子修飾基板

     特願2012-053563

  • 光電変換装置及びその製造方法

     特願2010−273025

  • 光電変換素子、光電変換素子の製造方法、及び、高分子電解質型太陽電池

     特願2010−109289

  • 太陽電池及びその製造方法、並びに太陽電池用電極

     特願2010−096467

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会欧文誌BCSJ賞

       学会誌・学術雑誌による顕彰  日本化学会  共同(主担当)  2014年12月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 光エネルギー利用の高効率化を目指した機能材料の開発

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 有機電子材料としてのフラーレン一次元重合体の創製

     科学研究費 基盤研究(C)(一般)   2017年04月 ~ 2020年03月

  • 太陽電池の高効率化を実現する酸化物̶貴金属ナノ粒子複合膜の開発

    滋賀県立大学  研究成果最適展開支援事業(A-STEP)(探索タイプ)   2011年08月 ~ 2012年03月

  • 高感度分光センシングのための酸化物超薄膜ー貴金属ナノ粒子複合膜の開発

    滋賀県立大学  研究成果最適展開支援事業(A-STEP)(探索タイプ)   2010年10月 ~ 2011年03月

  • 新規フラーレンクラスター微粒子の創製と電気化学特性

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2010年04月 ~ 2014年03月

  • 高効率太陽電池の実現を加速するプラズモニック金属ナノ構造の創製

    滋賀県立大学、九州大学、九州先端科学技術研究所  研究成果最適展開支援事業(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 可能性発掘タイプ(起業検証)   2009年11月 ~ 2010年10月

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 人間探求学

  • 物理学実験

  • 地域共生論

  • 電気化学

  • 分析化学

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 機能界面化学

 

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会近畿支部  幹事   2011年03月 ~ 2013年02月

  • 日本ゾル-ゲル学会  理事   2010年08月 ~ 現在

  • 日本分光学会  九州支部総務幹事   2007年04月 ~ 2009年11月