バラチャンドラン ジャヤデワン (バラチャンドラン ジャヤデワン)

BALACHANDRAN Jeyadevan

写真a

職名

教授

生年

1956年

研究分野・キーワード

材料科学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://metal1.mat.usp.ac.jp/~metal-labo/index.html

プロフィール

スリランカ出身で1988年に留学生として来日した。鉱山エンジニアーとして卒業(1980年)したがその後鉱物処理エンジニアーとして大学院前期課程を修了(1986年)した。しかし、日本に来てからは磁性流体に関する研究を行うことになり、ナノ粒子合成、磁性材料の物性などについて研究をすることになった(1994年)。その後2000年からはナノ粒子合成を専門として研究活動を行うことにした。現在、ナノスケールの金属系材料の研究開発を行なっている。ナノ金属材料については、工学および医学応用を目指し、ポリオール/アルコール還元法をベースとしたナノスケールの金属・合金・金属酸化物素材や、磁性・導電性ナノ金属粒子・ナノワイヤの合成に関する技術開発を行っている。粒子合成プロセスばかりでなく、表面改質技術や分散系作製に関する技術開発も行っており、表面改質については、耐酸化膜や被覆膜の作製について研究を行っている。分散系作製については、極性・無極性溶媒中での分散、界面活性剤置換や溶媒置換に関する研究も実施している。

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県内では、ナノ材料の開発、特に金属、合金、金属酸化物などおよびナノ材料評価などについての技術相談などを行っている数少ない一つの研究室である。材料としては、磁性、非磁性、導電性ナノ粒子やナノワイヤの合成については多くの経験を持っており、技術相談が可能です。
    また、ナノ材料の評価においては、透過型顕微鏡(TEM)、走査型顕微鏡(FE-SEM)、電子後方散乱回折分析装置(EBSD)、原子間力顕微鏡、X-線回折装置、振動試料磁力計、フーリエ変換赤外分光装置、可視・紫外分光光度計、など多くの分析装置を持っており、分析サービスも可能です。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部  資源工学科  1994年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学  東北大学  1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  材料科学科  教授   2010年04月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  教授   2010年04月 ~ 現在

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 磁性流体研究連絡会  事務局

  • 資源と素材  

  • 日本磁気学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料化学

  • 無機工業材料

  • 無機化学

  • デバイス関連化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Designed synthesis of highly catalytic Ni-Pt nanoparticles for fuel cell applications

    Kaneyuki Taniguchi, Kozo Shinoda, Jhon L. Cuya Huaman, Shun Yokoyama, Masahito Uchikoshi, Takatoshi Matsumoto, Kazumasa Suzuki, Hiroshi Miyamura, Balachandran Jeyadevan

     SN Applied Sciences  1   124 ~  2019年01月

    共著  共同(主担当)

  • Magnetic Field Stimuli-Sensitive Drug Release Using a Magnetic Thermal Seed Coated with Thermal-Responsive Molecularly Imprinted Polymer

    akuya Kubo, Kaname Tachibana, Toyohiro Naito, Sadaatsu Mukai, Kazunari Akiyoshi, Jeyadevan Balachandran, and Koji Otsuka

     ACS Biomaterials Science and Engineering  5   759 ~ 767  2018年12月

    共著  共同(主担当)

  • Environmentally friendly synthesis and formation mechanism of copper nanowires with controlled aspect ratios from aqueous solution with ascorbicy

    Shun Yokoyama, Kenichi Motomiya, Balachandran Jeyadevan, Kazuyuki Tohji

     Journal of Colloid and Interface Science  531   109 ~ 118  2018年12月

    共著  共同(主担当)

  • Preparation of magnetic Fe-Co alloy using texture controlled technique

    Honjo S., Kikuchi S., Sakuma A., Ishio S., Balachandran J.

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials  Journal of Magnetism and Magnetic Materials  465   64 ~ 69  2018年11月

    10.1016/j.jmmm.2018.05.099  共著  

    [概要]

    © 2018 Elsevier B.V. Microstructure and texture controlled 48Fe-52Co at% alloy was prepared by repeated cold-rolling and recrystallization through heat treatment at temperatures below order-disorder phase transformation using Fe and Co foils. Furthermore, distortion of controlled texture orientated cubic crystal structured 48Fe-52Co at% alloy along the 〈0 0 1〉 direction was attempted by introducing nitrogen interstitially through plasma nitriding. The textural analysis suggested that the microstructure is composed of micron-sized grains randomly aligned along rolling direction (RD). Furthermore, from the results of orientation distribution function (ODF), the dominance γ-fiber was confirmed in as-rolled samples. However, in recrystallized sample, the intensity of rotated-cube orientation increased while the presence of γ-fiber decreased. Furthermore, a complete rotated-cube orientation was realized in nitrided texture. The appearance of the prominent X-ray diffraction peak (2 0 0) in all samples indicated the presence of rotated-cube orientation. However, the FWHM of (2 0 0) peak of the nitrided sample was broader than the rest. This was attributed to the diffusion of nitrogen into the matrix during plasma nitriding and internal nitriding was confirmed from the EDX analysis. However, further investigation is necessary to understand the behavior of nitrogen. Magnetic properties of as-rolled 48Fe-52Co at% alloy inferred from in-plane magnetic hysteresis loops was similar Fe foil. Furthermore, magnetic properties of recrystallized and nitrided 48Fe-52Co at% alloy were different from Fe-Co particles or crushed bulk Fe-Co alloy prepared by arc melting. However, the internal diffusion of nitrogen was not adequate enough to bring about a considerable change in the magnetic properties. We believe that considerable crystal distortion to induce change in the magnetic properties can be exerted by introducing interstitial carbon and the addition of third or fourth elements.

  • Design of monoalcohol – Copolymer system for high quality silver nanowires

    Sugiyama S., Yokoyama S., Cuya Huaman J., Ida S., Matsumoto T., Kodama D., Sato K., Miyamura H., Hirokawa Y., Balachandran J.

    Journal of Colloid and Interface Science  Journal of Colloid and Interface Science  527   315 ~ 327  2018年10月

    10.1016/j.jcis.2018.05.011  共著  

    [概要]

    © 2018 Elsevier Inc. Research to improve the dimensional properties of silver nanowires (Ag NWs) for transparent conductive film (TCF) applications are being carried out intensively. However, the protocol for the designed synthesis of high-quality Ag NWs is yet to be developed due to the inadequacy of knowledge on the role of parameters. Here, we attempt to elucidate the role played by the parameters and propose a monoalcohol-copolymer based system for the designed synthesis of Ag NWs superior in quality to the one synthesized using conventional ethylene glycol (EG)-polyvinylpyrrolidone (PVP) system. The key findings of the study are as follows: (1) the solubility of Ag source and the partially formed AgCl particles in monoalcohols was found to play an important role not only in the reduction to metallic Ag but also on the uniaxial growth, (2) the adsorption of capping agents on Ag NWs was carried through O and N atoms in the base molecule and their binding energies indicated that the strength is the key parameter to obtain Ag NWs with high aspect ratio, (3) the properties of nanowire could be enhanced through copolymerization of VP and base molecules that have O- and N-based ligands, and (4) the influence of copolymerization on the physical and chemical properties of the surface active agent has been theoretically and experimentally verified. Consequently, we succeeded in the development of a new technique to synthesize high yield of Ag NWs with improved aspect ratio than EG-PVP system by using benzyl alcohol as reducing solvent and N-vinylpyrrolidone/N,N-diethylaminoethyl metacrylate copolymer as a capping agent. The optical transmittance and electrical resistivity of TCFs prepared using the Ag NWs with an average diameter of 43 nm, and an average length of 13 μm were 98.6% and R: 49.1 Ω/□, respectively.

  • Design of monoalcohol-Copolmer system for high quality silver nanowires

    Shintaro Sugiyama , Shun Yokoyama , Jhon L. Cuya Huaman , Shohei Idaa, Takatoshi Matsumoto , Daisuke Kodama , Kimitaka Sato , Hiroshi Miyamura , Yoshitsugu Hirokawa , Jeyadevan Balachandran

     Journal of Colloid and Interface Science  527 (1)   315 ~ 327  2018年10月

    共著  共同(主担当)

  • Large-Scale Cu Nanowire Synthesis by PVP-Ethylene Glycol Route

    Jhon L. Cuya Huaman, Iori Urushizaki, and Balachandran Jeyadevan

     Journal of Nanomaterials  1698327   1 ~ 10  2018年08月

    共著  共同(主担当)

  • In situ spectroscopic studies for one-pot synthesis of composition-controlled Cu-Ni nanowires with enhanced catalytic activity

    Masanao Ishijima, Jhon L. Cuya Huaman, Shun Yokoyama, Kozo Shinoda, Masahito Uchikoshi, Hiroshi Miyamura, Balachandran Jeyadevan

     New Journal of Chemistry  42   13044 ~ 13053  2018年06月

    共著  共同(主担当)

  • Preparation of magnetic Fe-Co alloy using texture controlled technique

    Saori Honjo, Shiomi Kikuchi, Akimasa Sakuma, Shunji Ishio, Jeyadevan Balachandran

     Journal of Magnetism and Magnetic Materials  465   64 ~ 69  2018年05月

    共著  共同(主担当)

  • Physical study of nano-structured MoO3 films codoped with cobalt and nickel in which there is a ferro-diamagnetic transition

    O.Kamoun A.Boukhachem S.Alleg B.Jeyadevan M.Amlouk

     Journal of Alloys and Compounds  741   847 ~ 854  2018年04月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Bio-inspired Materials Synthesis

    BALACHANDRAN Jeyadevan, Editer:Dr. Yanfeng Gao

    -  -p  2009年01月

    単行本(学術書)  共著

  • Polyol Process for Materials Synthesis

    R. J. Justin and B. Jeyadevan

    Reserch Signpost  2009年

    単行本(学術書)  共著

  • ナノ粒子の創製と応用展開

    BALACHANDRAN Jeyadevan, 監修:米沢 微

    フロンティア  -p  2008年01月

    単行本(学術書)  共著

  • 磁性ビーズのバイオ・環境技術への応用展開

    BALACHANDRAN Jeyadevan, 監修:半田 宏,阿部 正紀,野田 紘憙

    シーエムシー出版  -p  2006年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 低キューリ温度をもつ磁性流体の作製

    BALACHANDRAN Jeyadevan

    -  -p  1992年01月

    単行本(学術書)  単著

  • 粒子の相互作用の存在下での磁性流体の初磁化率

    BALACHANDRAN Jeyadevan

    -  -p  1992年01月

    単行本(学術書)  単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Chemical Synthesis of High Coercivity Magnetic Nanoparticles

    B. Jeyadevan, K. Sato, T. Ogawa, S. Hisano, K. Tohji, M. Takahashi

     日本応用磁気学会誌  28 (8)   896 ~ 905  2004年

     共著  共同(主担当)

  • Present Status and Perspective of Magnetic Nanoparticle Synthesis by Using Polyol Process

    バラチャンドラン ジャヤデワン

     アモルファス・ナノ材料第147委員会第87回研究会資料   12 ~ 22  2004年

     単著  

  • Synthesis of Transition Metal (Ni, Co and Fe) Nanoparticles by Polyol Process

    C. N. Chinnasamy, R. J. Justin, B. Jeyadevan, K. Shinoda and K. Tohji

     2nd International Mini-symposium on Powder Science and Technology   12 ~ 20  2004年

     共著  共同(副担当)

  • 15. ポリオールプロセスを用いた金属および合金ナノ粒子の合成

    バラチャンドラン ジャヤデワン

     138回磁性微粒子研究の新展開   33 ~ 34  2004年

     単著  

  • 化学手法を用いた磁性ナノ粒子合の現状と応用

    バラチャンドラン ジャヤデワン

     Material Stage  4 (5)   42 ~ 53  2004年

     単著  

  • Stratified Materials Synthesized in the Liquid Phase

    Waseda and Muramatsu (eds), (2003) 65-84 T. Arai, Y. Sato, K. Shinoda, B. Jeyadevan, K. Tohji

     Morphology-Controlled Materials   65 ~ 84  2003年

     共著  共同(副担当)

  • Synthesis of High-coercivity Magnetic Nanoparticles by Chemical Routes

    B. Jeyadevan

     1st International Mini-symposium on Powder Science and Technology   10 ~ 19  2003年

     単著  

  • SYNTHEIS OF STRUCTURE- AND SIZE-CONTROLLED COBALT NANOPARTICLES AND THEIR MAGNETIC PROPERTIES

    O. Perales-Perez, B. Jeyadevan, C. N. Chinnasamy, K. Tohji, and A. Kasuya

     Recent Advances in Inorganic Materials   9 ~ 15  2003年

     共著  共同(副担当)

  • EXPERIMENTAL OBSERVATIONS OF HEAT TRANSFER IN MAGNETIC FLUID

    B. Jeyadevan and K. Nakatsuka

     MAGNETOHYDRODYNAMICS  38 (3)   319 ~ 329  2002年

     共著  共同(主担当)

  • Magnetic behavior of particulates in ferrite type magnetic Fluid

    B. Jeyadevan, K. Tohji, K. Nakatsuka, A. Kasuya and Y. Nishina

     Recent Research Development in Magnetics  2   1 ~ 24  2001年

     共著  共同(主担当)

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • Towards Comprehension of the True Magnetic Properties of Magnetite at Nanoscales.

    IEEE International Magnetics Conference  2018年04月

  • 次世代デバイスのためのナノ粒子・ナノワイヤ開発の現状と展望

    第41回先端繊維素材研究委員会講演会 繊維加工研究委員会関西委員会講演会  2017年12月

  • ポリオール/アルコール還元法を用いた金属ナノワイヤ合成の現状と展望

    第41回先端繊維素材研究委員会講演会 繊維加工研究委員会関西委員会講演会  2017年12月

  • アルコール還元法用いた金属ナノワイヤ現状と展望

    ナノインク懇話会  2017年10月

  • 磁気相互作用の無いマグネタイトナノ粒子群の作製と磁気特性評価

    日本化学会 第97春季年会2017  2017年03月

  • Ni-Ptナノ粒子合成におけるPt還元率の向上および形態制御技術の開発

    日本化学会 第97春季年会2017  2017年03月

  • ポリオール法を用いた金属被覆による耐酸化性を有する銅ナノワイヤの合成

    日本化学会 第97春季年会2017  2017年03月

  • ナノ粒子設計を目的としたコバルト-エチレングリコール系における粒子生成機構の解明

    日本化学会 第97春季年会2017  2017年03月

  • Cu(NO3)2-EG-PVP系を用いた銅ナノワイヤの合成

    資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成28年度 第13回)  2016年12月

  • アルコール還元法による一軸異方性を有する銅系二元系合金ナノ材料の合成

    資源・素材学会 関西支部 「若手研究者・学生のための研究発表会」(平成28年度 第13回)  2016年12月

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • METHOD FOR PRODUCTION OF SILVER FINE POWDER COVERED WITH ORGANIC SUBSTANCE, AND SILVER FINE POWDER

     20100279006

  • 有機物質で被覆された銀微粉の製法および銀微粉

     特許公開2008-297580

  • 白金―鉄白金微分末の製造方法

     特願2008-281962

  • 水溶媒分散性銀微粉の製造方法

     特願2008-232077

  • 銀被覆銅微粉の製造方法

     特願2008-231472

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • その他   2013年06月 ~ 2013年08月

  • その他   2010年04月 ~ 2011年03月

  • その他   2009年09月 ~ 2010年01月

  • その他   2008年04月 ~ 2009年03月

  • その他   2008年03月 ~ 2009年03月

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学平成23年度優秀職員表彰

       その他の賞  滋賀県立大学  単独  2012年06月

  • 日本AEM学会:技術開発賞

     ダイヤモンド分散型電気粘性流体を用いた細孔研磨  国際学会・会議・シンポジウム等の賞  日本AEM学会  共同(主担当)  1999年03月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 機能性金属・合金ナノ材料合成技術開発・工学応用

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 白金使用量抑制を目指した形態設計可能なNiベース合金触媒創製

    独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費補助金   2013年04月 ~ 現在

  • 量子ビームマルチスケール評価法を用いた癌温熱治療中に生じる散逸構造の解明

    独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費補助金   2012年04月 ~ 現在

  • エネルギー・環境応用を目指した高結晶性ナノ粒子の創製プロセス開発

    独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費補助金   2010年04月 ~ 2013年03月

  • 高周波応用を目指した新規プレート状軟磁性金属ナノ粒子の開発

    独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費補助金   2010年04月 ~ 2011年03月

  • ポリオールプロセスを用いた多目的用均一粒径ナノ粒子合成技術の確立

    独立行政法人 日本学術振興会  科学研究費補助金   2005年04月 ~ 2008年03月

全件表示 >>

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • L20FeCo及びL10FePt-bccFeCoに着目した革新的磁石創成に関する基礎研究

    独立行政法人科学技術振興機構  受託研究   2013年04月 ~ 2014年03月

  • L20FeCo及びL10FePt-bccFeCoに着目した革新的磁石創成に関する基礎研究

    独立行政法人科学技術振興機構  受託研究   2012年04月 ~ 2013年03月

  • 白金減量化を目指したノベルNi-Pt合金ナノ粒子触媒の創製

    独立行政法人科学技術振興機構  受託研究   2012年04月 ~ 2012年07月

  • 白金減量化を目指したノベルNi-Pt合金ナノ粒子触媒の創製

    独立行政法人科学技術振興機構  受託研究   2011年12月 ~ 2012年03月

  • 白金減量化を目指したノベルNi-Pt合金ナノ粒子触媒の創製

    独立行政法人科学技術振興機構  受託研究   2011年12月 ~ 2012年03月

全件表示 >>

 
 

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 磁性流体研究連絡会  運営委員会委員・書記長   2010年04月 ~ 2011年03月

  • 資源・素材学会  実行委員・広報担当   2002年04月 ~ 2008年03月