安原 治 (ヤスハラ オサム)

YASUHARA Osamu

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

神経解剖学

メールアドレス

メールアドレス

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学部  医学科  1982年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学研究科  神経内科学  博士課程  1991年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  京都大学  1991年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  教授   2010年10月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀医科大学分子神経生物学研究センター  助手   1991年04月 ~ 1994年05月

  • ブリティッシュコロンビア大学  研究員   1992年04月 ~ 1994年06月

  • 滋賀医科大学分子神経生物学研究センター  助手   1996年04月 ~ 1999年11月

  • 滋賀医科大学分子神経科学研究センター  准教授   1999年12月 ~ 2008年06月

  • 滋賀医科大学解剖学講座  准教授   2008年07月 ~ 2010年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会  

  • 米国神経科学会  

  • 日本組織細胞化学会  評議員

  • 日本神経学会  

  • 日本神経科学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

  • 神経内科学

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 神経解剖学・神経病理学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 神経回路網

    神経伝達物質

  • 神経変性疾患の病理組織化学

    アルツハイマー病

  • 神経伝達物質

    アセチルコリン

論文 【 表示 / 非表示

  • Changes in subjective understanding of an accident and risk awareness in first-year nursing students following medical accident simulation-based experimental learning.

    Yoneda T, Itami K, Yasuhara O, et al.

     Proceedings of the Sixth International Conference of Educational Innovation through Technology (EITT2017)   159 ~ 164  2017年

    単著  共同(副担当)

  • Kainic acid induces expression of caveolin-1 in activated microglia in rat brain.

    Shigeko Takeuchi, Wakoto Matsuda, Ikuo Tooyama, Osamu Yasuhara

    Polskie Towarzystwo Histochemikov i Cytochemikow  Folia Histochemica et Cytobiologica  51 (1)   25 ~ 30  2013年03月

    10.5603/FHC.2012.0069  共著  共同(主担当)

  • 人体解剖学実習における客観的評価法「フラッグ型試問」導入の試み

    松田和郎、安原 治、相見良成、瀧 公介、本間 智、薗村貴弘、植村正憲、工藤 基

    滋賀医科大学  滋賀医学雑誌  24   26 ~ 31  2011年04月

    共著  共同(副担当)

  • Nuclear choline acetyltransferase activates transcription of a high-affinity choline transporter.

    Matsuo A, Bellier JP, Nishimura M, Yasuhara O, et al.

    American Society for Biochemistry and Molecular Biology  Journal of Biological Chemistry  286 (7)   5836 ~ 5845  2011年02月

    共著  共同(副担当)

  • 解剖実習脳におけるWillis動脈輪・椎骨脳底動脈系の変異および未破裂動脈瘤の発生頻度について

    松田和郎、薗村貴弘、植村正憲、安原 治

    臨床解剖研究会  臨床解剖研究会記録  11   44 ~ 45  2011年02月

    共著  共同(副担当)

  • 定位脳手術における周術期頭蓋内出血症例の局所解剖学的検討(共著)

    松田和郎、大原信司、布施郁子、竹内重二、野崎和彦、安原 治

    日本定位・機能神経外科学会  機能的脳神経外科学  49 (1)   104 ~ 105  2010年01月

    共著  共同(副担当)

  • Targeted deletion of miR-182, an abundant retinal microRNA.

    Jin, Z.B., et al.

    Emory Eye Center  Molecular Vision  15   523 ~ 533  2009年01月

    共著  共同(副担当)

  • Distribution of a splice variant of choline acetyltransferase in the trigeminal ganglion and brainstem of the rat.

    Yasuhara, O., et al.

    Wiley-Liss Inc.  Journal of Comparative Neurology  509   436 ~ 448  2008年01月

    共著  共同(主担当)

  • Primary sensory neurons containing choline acetyltransferase of the peripheral type in the rat trigeminal ganglion and their relation to neuropeptides-, calbindin- and nitric oxide synthase-containing cells.

    Yasuhara. O., et al.

    Elsevier  Brain Research  1141   92 ~ 98  2007年09月

    共著  共同(主担当)

  • Demonstration of choline acetyltransferase of a peripheral type in the rat heart.

    Yasuhara. O., et al.

    The Histochemical Society  Journal of Histochemistry et Cytochemistry  55   287 ~ 299  2007年02月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学テキスト

    江藤文夫、飯島 節(編集)

    南江堂  356p  2017年04月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • ブルーメンフェルト カラー神経解剖学

    安原 治

    西村書店  775p  2016年11月

    翻訳  単著

  • 組織細胞化学2016

    遠山育夫, 加藤智子, 柳沢大治郎, 相見良成, 安原 治

    日本組織細胞化学会  2016年07月

    単行本(学術書)  共著

  • 組織細胞化学2014

    安原 治

    日本組織細胞化学会  230p  2014年07月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • グラント解剖学実習

    新井良八、工藤 基、松田和郎、相見良成、安原 治、瀧 公介

    西村書店  256p  2009年11月

    翻訳  共著

  • 生物学的アプローチによる精神科ケア

    森 則夫、他

    南江堂  264p  2001年12月

    単行本(学術書)  共著

  • Brain, Clinical, and Therapeutic Aspects of Alzheimer's and Parkinson's Disease.

    Nakamura S, Yasuhara O, Kimura T, Akiguchi I, et al.

    Plenum Press  xxxp  1990年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 老年神経学

    亀山正邦(編)

    南江堂  xxxp  1987年09月

    単行本(学術書)  共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 孤発性Alzheimer病。遺伝的素因

    遠山育夫、松尾明典、安原 治

    日本臨床社  日本臨床  62   46 ~ 51  2004年01月

     共著  共同(副担当)

  • 加齢脳難病の神経細胞死と脳内免疫攻撃系

    安原 治、遠山育夫、木村 宏

    医薬ジャーナル社  老化と疾患  11 (9)   1368 ~ 1371  1998年08月

     共著  共同(主担当)

  • アルツハイマー病脳における補体活性化

    安原 治

    エースアート株式会社  Dementia Japan  11   369 ~ 377  1997年08月

     単著  

  • aFGF陽性グリアと老人斑

    木村 宏、安原 治

    医歯薬出版  医学のあゆみ  159   150  1991年04月

     共著  共同(副担当)

  • DNA合成修復

    木村 宏、安原 治

    医歯薬出版  医学のあゆみ  150   6  1989年04月

     共著  共同(副担当)