関 恵子 (セキ ケイコ)

SEKI Keiko

写真a

職名

講師

生年

1983年

研究分野・キーワード

基礎看護学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  講師   2019年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  助教   2016年10月 ~ 2019年03月

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  助手   2012年05月 ~ 2016年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本がん看護学会  

  • 日本看護研究学会  

  • 日本看護教育学会  

各種免許(危険物取扱者免許等)の保持 【 表示 / 非表示

  • 助産師

  • 看護師

  • あんま・マッサージ・指圧師

  • はり師

  • きゅう師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Preventive Effect of Dietary Antioxidants on Viral Infection (Coronavirus Disease-2019, Influenza and Human Papillomavirus) and the Development of Cervical Carcinogenesis

    Eri Ikuta, Masafumi Koshiyama, Miwa Nakagawa, Ayumi Ono, Yumiko Watanabe, Keiko Seki, Makiko Oowaki, Yuji Okuda

     Women Health Open J  7 (2)   34 ~ 37  2021年12月

    10.17140/WHOJ-7-145  共著  共同(副担当)

  • The Preventive Effect of Dietary Antioxidants on Cervical Cancer Development

    Ayumi Ono,Masafumi Koshiyama,Miwa Nakagawa,Yumiko Watanabe,Eri Ikuta,Keiko Seki andMakiko Oowaki

     Medicina  056 (11)   604 ~  2020年11月

    10.3390/medicina56110604  共著  共同(副担当)

    [概要]

    Cervical cancer results from a continuous process, starting from a normal cervical epithelium after human papillomavirus (HPV) infection and progressing to cervical intraepithelial neoplasia (CIN), before finally developing into invasive squamous carcinoma (ISC). In recent decades, dietary antioxidants, such as vitamins, have received much attention in relation to cancer prevention. We reviewed the relevant literature to investigate the dietary and nutrient intake on cervical cancer. The intake of vitamins A and D and carotenoids may inhibit early cervical cancer development. The intake of folate may prevent or inhibit HPV infection rom progressing to various grades of CIN. The intake of vitamins C and E may widely inhibit the process of cervical cancer development. Polyphenols are often used in cases of cervical cancer in combination chemotherapy and radiation therapy. Regarding nutrients, different antioxidants may have differing abilities to intervene in the natural history of cervical diseases associated with HPV infection. Regarding foods, the intake of both vegetables and fruits containing multiple vitamins may widely suppress cervical cancer development. Most previous papers have described epidemiological studies. Thus, further research using in vitro and in vivo approaches will be needed to clarify the effects of the dietary and nutrient intake in detail.

  • 下肢浮腫を定量的に測定する超音波装置の開発に向けた試み

    生田 宴里, 渡邊 友美子, 柳澤 奈美, 中川 美和, 小野 あゆみ, 関 恵子, 大脇 万起子, 越山 雅文, 神戸 春輝, 坂本 眞一

      母性衛生  61 (3)   237 ~  2020年09月

    共著  共同(副担当)

  • Measurement of Women’s Leg Edema Using

    Eri Ikuta, Yumiko Watanabe, Nami Yanagisawa, Miwa Nakagawa,Ayumi Ono, Keiko Seki, Makiko Oowaki, Masafumi Koshiyama,Shin-ichi Sakamoto

     Women Health Open J  6 (1)   5 ~ 7  2020年05月

    共著  共同(副担当)

  • Risk awareness of nursing students on viewing a photo image around the bed of a pediatric patient

    Terumi Yoneda, Tomoko Kawabata, Yasutaka Nishioka, Osamu Yasuhara, Kimiwa Itami, Keiko Seki, Mikiko Senda, Yasuko Kitou

     International Nursing Pesearch Conference of World Academy of Nursing Science    2020年02月

    共著  共同(副担当)

  • A study on the validity of low back pain prevention education for novice nurses

    Kimiwa Itami, Yasutaka Nishioka, Mikiko Senda, Terumi Yoneda, Keiko Seki, Toshihiko Yasuda

     International Nursing Pesearch Conference of World Academy of Nursing Science    2020年02月

    共著  共同(副担当)

  • The current reality and future prospects of nursing research regarding Low back pain in nurse in Japan

    Keiko Seki,Kimiwa Itami,Terumi Yoneda

     International Nursing Pesearch Conference of World Academy of Nursing Science    2020年02月

    共著  共同(主担当)

  • 婦人科癌術後における下肢リンパ浮腫治療 文献による日本と諸外国の比較を通して

    渡邊 友美子, 関 恵子, 大脇 万起子, 越山 雅文

      母性衛生  60 (3)   ~ 276  2019年09月

    共著  共同(副担当)

  • Development and Themes of Diagnostic and Treatment Procedures for Secondary Leg Lymphedema in Patients With Gynecologic Cancers

    Yumiko Watanabe , Masafumi Koshiyama , Keiko Seki , Miwa Nakagawa , Eri Ikuta ,Makiko Oowaki and Shin-ichi Sakamoto

     Healthcare  7 (3)   101 ~  2019年08月

    共著  共同(副担当)

  • Differences in the Risk Awareness Between Nursing Students and Clinical Nurses on Transferring Hemiplegic Patients to Wheelchairs

    Terumi Yoneda,,Kimiwa Itami ,Yasuko kitou ,Osamu Yasuhara,Yoshino Kawabata, Keiko Seki, Yoshie Kubota RN.MN,Fusae Shimizu, Mutumi Matunami, Akiko Yasui, Noriko Umemoto, Yasufumi Kuroda, Takanori Maesako

     Asian American / Pacific Islander Nurses Association’s 14th Annual National Conferencep    2017年03月

    共著  共同(副担当)

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 夜間勤務の看護師の腰痛に対する下肢マッ サージの効果の検討―腰部脊柱起立筋のHb動態の変化から―

    第19回日本看護技術学会学術集会  2021年10月

  • 夜間勤務に従事する看護師・ケアワーカーの腰痛の実態

    第3回看護人間工学会学術集会  2021年09月

  • 入院療養中の子どもの観察時における看護学生の危険認知の特徴

    第40回日本看護科学学会  2020年12月

  • 「あん摩手技を用いた下肢マッサージが腰部脊柱起立筋のHb動態に及ぼす影響 - 看護師の腰痛ケアの検討 -」

    第40回日本看護科学学会学術集会  2020年12月

  • 腰部負担計測器を活用した夜間勤務(2交代)に従事する看護師の腰痛実態

    第2回看護人間工学会学術集会  2020年09月

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本看護技術学会 第19回学術集会 最優秀賞

     夜間勤務の看護師の腰痛に対する下肢マッサージの効果の検討―腰部脊柱起⽴筋のHb動態の変化から―  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本看護技術学会  共同(主担当)  2022年04月

  • 滋賀テックプランター2020「パナソニックアプライアンス賞」

     視覚障害者を対象とした感覚提示型の手技療法教育システム  その他の賞  パナソニックアプライアンス社(滋賀テックプランター)  共同(主担当)  2020年07月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 触れるケアの定量化、手技教育支援システムの開発 および腰痛のある看護職者の就業支援

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 看護従事者を対象とした下肢筋肉を揉み解す看護マッサージの開発と腰痛緩和効果の検証

    科学研究費助成事業  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2022年04月 ~ 現在

  • 高齢者の下肢筋性拘縮の悪化防止のためのセルフケアプログラム開発に向けた基礎的研究

    滋賀県立大学  滋賀県立大学 教育研究高度化促進費:特定課題研究   2022年04月 ~ 2025年03月

  • 視覚障害のある人を対象とした手技教育支援システム開発

    関西みらい銀行  関西みらい銀行研究助成金   2021年04月 ~ 現在

  • 空気圧ソフトデバイスの応用による看護教育のためのマッサージ学習支援システムの構築

    科研  基盤研究(C)   2020年04月 ~ 現在

  • 看護・介護現場における腰痛予防教育管理システムの開発

     文部科学省 科学研究費基盤研究(C)   2019年04月 ~ 現在

全件表示 >>

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • 視覚障害のある人を対象とした手技教育支援システム開発

    京都科学  共同研究   2021年04月 ~ 現在

  • 適温材を用いた看護現場における臨床適用の研究

     共同研究   2016年04月 ~ 2017年03月

  • 看護師向け職業性腰痛予防センサーデバイスに関する研究

    株式会社 村田製作所  受託研究   2014年07月 ~ 2015年06月

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • ボランティア実践演習   2020年04月 ~ 現在

  • ホリスティックケア論   2019年04月 ~ 現在

  • 地域共生論   2019年04月 ~ 現在

  • 基礎看護学実習Ⅱ   2014年05月 ~ 現在

  • 基礎看護技術Ⅰ   2014年05月 ~ 現在

全件表示 >>

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県看護協会第5地区支部  滋賀県看護協会第5地区支部会  委員   2021年04月 ~ 2022年06月

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 出張講義   2019年11月

  • 未来看護塾ボランティア活動   2015年04月 ~ 現在