北村 千寿 (キタムラ チトシ)

KITAMURA Chitoshi

写真a

研究分野・キーワード

有機化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.mat.usp.ac.jp/environ-materials/index_j.html

プロフィール

研究課題(研究概要)
1. 側鎖を有する多環式芳香族炭化水素の合成と物性
2. クロスカップリング反応を利用する共役系化合物の合成と性質
3. 分子配列と固体光物性の相関関係の解明
4. リチウムイオン二次電池用アセンキノン系有機正極材料の開発

研究業績等(概要)

著書 1本
高次π空間の創発と機能開発, シーエムシー出版, 2013 (分担執筆).

総説 1本
The Chemical Record, vol. 12, pp. 506-514 (2012).

論文 70本以上
代表的な論文
1. CrystEngComm, vol. 9, pp. 644-647 (2007).
2. Molecular Crystals & Liquid Crystals, vol. 474, pp. 119-135 (2007).
3. Chemistry A European Journal, vol. 16, pp. 890-898 (2010).
4. European Journal of Organic Chemistry, pp. 3033-3040 (2010). Cover Picture.
5. Chemistry Letters, Vol. 39, pp. 771-773 (2010). Editor's Choice.
6. Chemical Communications, vol. 47, pp. 6653-6655 (2011).

特許申請 6件

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 有機合成を通じて、炭素骨格を主体とする有機化合物の材料開発に取り組んでいます。亀の甲で知られる6角形のベンゼンを組み合わせた多環式芳香族炭化水素と呼ばれる分子の合成を行っています。色素・発光材料・有機半導体・電極用活物質などへの光および電子機能性材料への応用を目指しています。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  工学部  応用化学科  1991年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  工学研究科  応用化学専攻  修士課程  1993年03月

  • 総合研究大学院大学  数物科学研究科  構造分子科学専攻  博士課程  1996年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  総合研究大学院大学  1996年03月

  • 修士(工学)  大阪府立大学  1993年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 分子科学研究所  日本学術振興会特別研究員   1996年04月 ~ 1997年03月

  • 姫路工業大学  助手   1997年04月 ~ 2004年03月

  • ユタ大学  研究員   2000年04月 ~ 2001年03月

  • 兵庫県立大学  助手   2004年04月 ~ 2007年03月

  • 兵庫県立大学  准教授   2007年04月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会  

  • アメリカ化学会  

  • 有機合成化学協会  

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会近畿支部幹事   2008年03月 ~ 2010年02月

  • 第4回有機π電子系シンポジウム実行委員会   2010年04月 ~ 2010年10月

  • 有機π電子系学会幹事   2013年12月 ~ 現在

  • 日本化学会近畿支部幹事   2015年03月 ~ 2017年02月

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • デバイス関連化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 多環式芳香族炭化水素の合成と性質

    アセン, 固体光物性, 有機半導体

  • 側鎖による固体中の分子の配向制御と固体物性との相関の解明

  • リチウムイオン二次電池正極材料用有機材料の開発

    リチウムイオン二次電池、キノン

論文 【 表示 / 非表示

  • Microwave-accelerated Z-isomerization of (all-E)-lycopene in tomato oleoresin and enhancement of the conversion by vegetable oils containing disulfide compouds

    Masaki Honda, Haruka Sato, Munenori Takehara, Yoshinori Inoue, Chitoshi Kitamura, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

     Eur. J. Lipd Sci. Tech.  120   1800060 ~  2018年04月

    共著  共同(副担当)

  • Synthesis and properties of a decacyclene monoimide and a naphthalimide derivative as three-dimensional acceptor-donor-acceptor systems

    Yuma Yamamoto, Miu Yoshida, Takuya Morii, Jun-ichi Nishida, Chitoshi Kitamura, Takeshi Kawase

     Chem. Asian J.  13   790 ~ 798  2018年02月

    単著  共同(副担当)

  • Crystal structures of 1-hydroxy-4-propyloxy-9,10-anthraquinone and its acetyl derivative

    Hidemi Nakagawa and Chitoshi Kitamura

     Acta Crystallographica Section E  73   1845 ~ 1849  2017年12月

    共著  共同(主担当)

  • Constrution of new fluorophores by Diels-Alder reaction of diacenaphthothiophenes

    Yuma Yamamoto, Yoshiaki Fukuoka, Jun-ichi Nishida, Chitoshi Kitamura, and Takeshi Kawase

     Tetrahedron  73   5725 ~ 5730  2017年09月

    共著  共同(副担当)

  • π-Extended Fluoranthene Imide Derivatives: Synthesis, Structures, and Electronic and Optical Properties

    Ikumi Kawajiri, Masaya Nagahara, Hiroyuki Ishikawa, Yuma Yamamoto, Jun-ichi Nishida, Chitoshi Kitamura, and Takeshi Kawase

     Canadian Journal of Chemistry  95   371 ~ 380  2017年04月

    共著  共同(副担当)

  • 3,4-Bis(4-formylphenyl)-17,17-di(n-pentyl)tetrabenzo[a,c,g,i]fluorene showing solvatochromism and crystallochromism in fluorescence

    Masanari Ueki, Yusuke Kimura, Yuma Yamamoto, Chitoshi Kitamura, Hiroshi Ikeda, Mirai Tanaka, Jun-ichi Nishida, Takeshi Kawase

     Tetrahedron  73   1170 ~ 1176  2016年12月

    共著  共同(副担当)

  • Fulvalene Derivativs Containing a Tetrabenzofluorene unit: New nonplanar Fulvalenes with High Electron Affinity

    Kenta Yamada, Hiroshi Shibamoto, Yusuke Tanigawa, Jun-ichi Nishida, Chitoshi Kitamura, Hiroyuki Kurata, Takeshi Kawase

     Synlett  27   2085 ~ 2090  2016年09月

    共著  共同(副担当)

  • 1,4-Dihydroxy-2,3-dinitro-9,10-anthraquinone

    Wataru Furukawa, Munenori Takehara, Yoshinori Inoue, Chitoshi Kitamura

     IUCrData  1   x160906 ~  2016年06月

    共著  共同(主担当)

  • Chiral pyridinium phosphoramide as a dual Brønsted acid catalyst for enantioselective Diels-Alder reaction

    Yasuhiro Nishikawa, Saki Nakano, Yuu Tahira, Kanako Terazawa, Ken Yamazaki, Chitoshi Kitamura, Osamu Hara

     Organic Letters  18   2004 ~ 2007  2016年05月

    共著  共同(副担当)

  • 4-(3-Bromopropyloxy)-1-hydroxy-9,10-anthraquinone

    Natsumi Ohira, Munenori Takehara, Yoshinori Inoue, Chitoshi Kitamura

     IUCrData  1   x160753 ~  2016年05月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Chemical Science of π-Electron Systems

    Chitoshi Kitamura, ed. by Takeshi Akasaka, Atsuhiro Osuka, Shunichi Fukuzumi, Hideki Kandori

    Springer  777p  2015年12月

    単行本(学術書)  共著

  • Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses

    Chitoshi Kitamura, ed. by Nagatoshi Nishiwaki

    Wiley  672p  2014年02月

    単行本(学術書)  共著

  • 高次π空間の創発と機能開発

    北村千寿, 赤阪健, 大須賀篤弘, 福住俊一, 神取秀樹 他

    シーエムシー出版  245p  2013年03月

    単行本(学術書)  共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 彦根に移って

    北村千寿

    日本化学会結晶部会  有機結晶部会ニュースレター  (33)   127 ~ 129  2013年09月

     単著  

  • Tuning the Solid-state Optical Properties of Tetracene Derivatives by Modification of the Alkyl Side-chains: Crystallochromy and the Highest Fluorescence Quantum Yield in Acenes Larger than Anthracene

    Chitoshi Kitamura

     The Chemical Record  12   506 ~ 514  2012年10月

     単著  

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 2,3-ジニトロキニザリンによる金属カチオン応答性の検討

    日本化学会第98春季年会  2018年03月

  • 置換テトラセンおよびビテトラセン誘導体の合成と性質

    日本化学会第98春季年会  2018年03月

  • 5,6,11,12,17,18-ヘキサヒドロキシトリナフチレン誘導体の合成と性質

    日本化学会第98春季年会  2018年03月

  • 超分子磨砕応答色素における固体凝集状態の解析

    日本化学会第98春季年会  2018年03月

  • ナフトキノン環化三量体の誘導体の合成と性質

    第11回π電子系シンポジウム  2017年12月

  • 2,3-ジニトロキニザリンの溶液中の光物性

    第11回π電子系シンポジウム  2017年12月

  • 2,3-ジニトロキニザリンの合成と溶媒依存光物性

    第28回基礎有機化学討論会  2017年09月

  • 可溶性ビテトラセンの合成と性質

    日本化学会第97春季年会  2017年03月

  • ジインデノテトラセン二量体の合成と性質

    日本化学会第97春季年会  2017年03月

  • 可溶性ビテトラセン誘導体の合成と性質

    第10回有機π電子系シンポジウム  2016年12月

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • テトラベンゾテトラセン、その合成方法およびその用途

     特願2012-140759

  • テトラセン化合物

     特願2010-203153

  • 溶解性の高いアセン化合物およびそれを用いた電子素子

     特願2007-60984

  • 有機半導体素子に適したテトラセン化合物

     特願2006-39375

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 多環式芳香族炭化水素の合成と機能評価~光・電子・エネルギー材料~

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 側鎖を有するテトラセンの分子配列ライブラリーの構築と特異な固体光物性の探索

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2015年04月 ~ 2018年03月

  • アセンキノン系有機正極材料を用いるリチウムイオン二次電池の開発

    独立行政法人科学技術振興機構(JST)  A-STEP FSステージ   2012年12月 ~ 2013年11月

  • 側鎖修飾テトラセンによる構造制御された有機固体の構築と光学機能

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2011年04月 ~ 2014年03月

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • シス化リコピンの安定化に関する研究

    カゴメ株式会社  共同研究   2014年04月 ~ 2015年03月

  • リコピンのシス化に関する研究

    カゴメ株式会社  共同研究   2013年05月 ~ 2014年03月

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 材料科学実験

  • 有機化学Ⅰ

  • 有機化学Ⅲ

  • 材料史

  • 科学技術英語

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 環境機能材料

 

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 第12回有機π電子系学会 実行委員会  委員長   2017年12月 ~ 2018年12月

  • 日本化学会  近畿支部幹事   2015年03月 ~ 2017年02月

  • 日本化学会  近畿支部幹事   2008年03月 ~ 2010年02月