生田 宴里 (イクタ エリ)

IKUTA Eri

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

クリティカルケア看護、成人看護学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間看護学研究科  人間看護学専攻  修士課程  2011年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(看護学)  滋賀県立大学  2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  講師   2019年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  助教   2016年04月 ~ 2019年03月

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  助手   2013年04月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本看護科学学会  

  • 日本看護研究学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 直接血圧測定値と間接血圧測定値の間に誤差を生じさせる要因についての検討

    酒田宴里

     人間看護学研究  9   11 ~ 20  2011年

    単著  

  • The preventive effect of dietary antioxidants on cervical cancer development

    Ono A., Koshiyama M., Nakagawa M., Watanabe Y., Ikuta E., Seki K., Oowaki M.

    Medicina (Lithuania)  Medicina (Lithuania)  56 (11)   1 ~ 12  2020年11月

    10.3390/medicina56110604  共著  

    [概要]

    Cervical cancer results from a continuous process, starting from a normal cervical epithelium after human papillomavirus (HPV) infection and progressing to cervical intraepithelial neoplasia (CIN), before finally developing into invasive squamous carcinoma (ISC). In recent decades, dietary antioxidants, such as vitamins, have received much attention in relation to cancer prevention. We reviewed the relevant literature to investigate the dietary and nutrient intake on cervical cancer. The intake of vitamins A and D and carotenoids may inhibit early cervical cancer development. The intake of folate may prevent or inhibit HPV infection rom progressing to various grades of CIN. The intake of vitamins C and E may widely inhibit the process of cervical cancer development. Polyphenols are often used in cases of cervical cancer in combination chemotherapy and radiation therapy. Regarding nutrients, different antioxidants may have differing abilities to intervene in the natural history of cervical diseases associated with HPV infection. Regarding foods, the intake of both vegetables and fruits containing multiple vitamins may widely suppress cervical cancer development. Most previous papers have described epidemiological studies. Thus, further research using in vitro and in vivo approaches will be needed to clarify the effects of the dietary and nutrient intake in detail.

  • 下肢浮腫を定量的に測定する超音波装置の開発に向けた試み

    生田宴里,渡邊友美子,柳澤奈美,中川美和,小野あゆみ,関恵子,大脇万起子,越山雅文,神戸春輝,坂本眞一

     母性衛生  61 (3)   237 ~  2020年10月

    共著  共同(主担当)

  • Relationship between Tobacco Smoking and Cervical Cancer

    Ayumi Ono, Miwa Nakagawa, Eri Ikuta, Yumiko Watanabe, Masafumi Koshiyama

     WOMEN'S HEALTH  5 (1)   19 ~ 21  2019年

    10.17140/WHOJ-5-133  共著  共同(副担当)

  • 地域住民の防災に関する意識とニーズ

    馬場文,伊丹君和,小島亜未,川口恭子,生田宴里,伊丹清

     人間看護学研究  15   21 ~ 31  2017年03月

    共著  共同(副担当)

  • 成人看護学実習にルーブリック評価を活用したことの有用性 -学生自己評価と教員評価との関連からの検討-

    横井和美,伊藤あゆみ,生田宴里,中川美和,糸島陽子,荒川千登世,大門裕子

     日本看護学教育学会誌  26 (3)   13 ~ 24  2017年03月

    共著  共同(副担当)

  • ルーブリックを活用したエンドオブライフケア実習評価と課題~学生評価と教員評価からの検討

    伊藤あゆみ,糸島陽子,中川美和,生田宴里,横井和美,荒川千登世

     人間看護学研究  14   41 ~ 45  2016年03月

    共著  共同(副担当)

  • 本学の成人クリティカルケア実習における教育的介入の手がかりについての検討-ルーブリックを用いた学生と教員の評価の分析から

    生田宴里,荒川千登世,山根加奈子,伊藤あゆみ,中川美和,横井和美,糸島陽子

     人間看護学研究  14    2016年03月

    共著  共同(主担当)

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • The Preventive Effect of Dietary Antioxidants on Viral Infection (Coronavirus Disease-2019, Influenza and Human Papillomavirus) and the Development of Cervical Carcinogenesis

    Eri Ikuta, Masafumi Koshiyama, Miwa Nakagawa, Ayumi Ono,Yumiko Watanabe, Keiko Seki,Makiko Oowaki, Yuji Okuda

     WOMEN'S HEALTH Open Journal  7 (2)   34 ~ 37  2021年12月

     共著  共同(主担当)

  • Measurement of Women’s Leg Edema Using Ultrasonography

    Eri Ikuta, Yumiko Watanabe, Nami Yanagisawa, Miwa Nakagawa, Ayumi Ono, Keiko Seki, Makiko Oowaki, Masafumi Koshiyama, Shin-ichi Sakamoto,

     WOMEN’S HEALTH Open Journal  6 (1)   5 ~ 7  2020年

     共著  共同(主担当)

  • Recent knowledge concerning diagnostic and treatment procedures for secondary leg lymphedema in patients with gynecologic cancers

    Yumiko Watanabe, Masafumi Koshiyama, Keiko Seki, Miwa Nakagawa, Eri Ikuta, Makiko Oowaki, Shin-ichi Sakamoto

     Hearthcare    2019年

     共著  共同(副担当)

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • COVID-19影響下における急性期実習の振り返りからみえた今後の展望

    第41回 日本看護科学学会学術集会  2021年12月

  • 下肢浮腫を定量的に測定する超音波装置の開発に向けた試み―第2報

    第62回日本母性衛生学会学術集会  2021年09月

  • 下肢浮腫を定量的に測定する超音波装置の開発に向けた試み

    第61回日本母性衛生学会学術集会  2020年09月

  • Current State of the Technical Exercise based on the Skills Laboratory Class in Adult Critical Care

    Asian American Pacific Islander Nurse Association’s 14th Annual Conference  2017年03月

  • The current status of learning on emergency room observation in our school’s Clinical Practicum in Emergency and Intensive Care-An analysis of students’ reports

    19th East Asian Forum of Nursing Scholars  2016年03月

  • 本学の成人クリティカルケア実習における教育方法の課題 -ルーブリックをもちいた学生と教員の評価の分析から

    第35回 日本看護科学学会学術集会  2015年12月

  • 学士力テスト(PROG)からみた本学における成人看護学教育プログラムの課題

    第34回日本看護科学学会学術集会  2014年11月

  • 大腸憩室穿孔からショックを起こした患者のストーマケア管理で難渋した一例

    第101回近畿救急医学研究会  2010年03月

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 救急医療施設におけるエンドオブライフケアに関する新卒看護師教育プログラムの開発

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費若手(B)   2017年04月 ~ 現在

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 成人クリティカルケア演習   2013年04月 ~ 現在

  • 成人クリティカルケア実習   2013年09月 ~ 現在

  • 成人クロニックケア実習   2013年09月 ~ 現在

  • エンドオブライフケア実習   2013年09月 ~ 現在

  • クリティカルケア実践演習   2015年04月 ~ 現在

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県看護協会 看護研究のスキルアップ研修 演習サポーター   2013年06月 ~ 現在

 

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県看護学会  学会委員   2019年04月 ~ 現在

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • ELNEC-Jクリティカルケアカリキュラム看護師教育プログラム   2021年10月 ~ 現在