基本情報

写真a

伊丹 清

ITAMI Kiyoshi


職名

講師

研究分野・キーワード

建築環境工学、建築設備

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
1.透明な外皮である開口部は断熱性・日射遮蔽性において室内への影響の大きい部位であり、それら熱性能の向上が冷暖房負荷の削減に、また、居住空間の熱的快適性に大きく関わっている。これら開口部製品の単体および日射遮蔽のための付加物を伴う場合等における断熱性および日射遮蔽性を計算法より評価する方法、そのためのツールの開発、ツールの適用できる開口部種や部位の拡大、などに関わる研究。
2.1.に関連してカーテンウォール工法の断熱性、躯体と開口部製品の間の熱移動の熱橋効果、など熱的弱点となりやすい部位における断熱性検証・評価のための知見を得るための研究。
3.気候風土に根ざした住まいづくりのための手法、地域特性にあった自立分散型エネルギー供給形態と住まいの関係、地域における環境共生手法の災害時のライフスポットとしての有効性、などに関わる調査・研究。
4. 建築・設備のわかりやすさの向上に関する調査・研究。環境共生手法をライフスタイルとして定着・継続させたり、安全・快適に建物や住まいを利用するために。

研究業績等(概要)
 上記課題1.2. については、「窓の熱貫流率の計算法 その1」(日本建築学会計画系論文集1999)、「断熱玄関ドアの熱貫流率の計算法」 (日本建築学会計画系論文集1997)、「開口部の遮熱性能の計算法」(日本建築学会2002~2006,発表) などがあり、ALIA「開口部遮熱計算法研究委員会」(2000~2004)、同 「窓のエネルギー評価指標研究プロジェクト」(2005~2008)などで委員としても進める一方、委員会としても開口部の総合熱性能評価ツールの開発に結実しつつある。「住宅用窓製品の総合性能評価プログラムの開発」(日本建築学会2004,発表)
 開口部全般(課題1~2.)に関連して、国際規格ISOの建物の熱性能に関する分野としてTC163があるが、その日本の対応機関である建築・住宅国際機構のもと、SC2に関する国際規格案への日本の意見や賛否を協議するWG委員を2003より勤める。

 課題3.4.については、今津、土山、彦根、大津の夏期・冬期別の時刻による風の特性を見るとともに、2002年度報告書で「同 その2」 として、県内に6カ所ある風向・風速観測地点での5~10月の風の状況を、通風利用の視点から昼夜別の特徴を調べたり、ゼミテーマやフィールドワーク実習の調査テーマとして継続しつつあるものでであり、学生といっしょに進めている。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都工芸繊維大学  工芸学部  住環境学科  1981年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都工芸繊維大学  工芸学研究科  建築学専攻  修士課程  1983年03月

  • 京都大学  工学研究科  建築学専攻  博士課程  1984年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工芸学修士  京都工芸繊維大学  1983年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境建築デザイン学科  講師   1996年04月  - 現在

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 空気調和・衛生工学会  

  • 日本建築学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 建築環境・設備

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • カーテンウォールの熱性能の計算法に関する研究

  • 開口部の遮熱性能の計算法に関する研究

  • 開口部の断熱性能の計算法に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 窓の熱性能評価ツール WindEye

    二宮秀與,伊丹清,赤坂裕,倉山千春

    日本建築学会  日本建築学会 第39回熱シンポジウム要旨集  2009   57  - 62  2009年10月

    共著  共同(副担当)

  • 窓と躯体の間の熱移動に関する数値解析と線熱貫流率について

    宮沢千顕,赤坂裕,伊丹清,田代達一郎

    日本建築学会  日本建築学会 技術報告集  15 (31)   789  - 792  2009年10月

    共著  共同(副担当)

  • 窓の熱貫流率の計算法 その2 引き違い窓の計算値と試験値の比較

    二宮秀與,赤坂裕,伊丹清,倉山千春

    日本建築学会  日本建築学会 環境系論文集  576   9  - 15  2004年02月

    共著  共同(副担当)

  • 開口部熱橋の計算 ドアと窓の熱貫流率の計算法

    赤坂裕,二宮秀與,伊丹清

    日本建築学会  日本建築学会 第29回熱シンポジウム要旨集  1999   7  - 16  1999年11月

    共著  共同(副担当)

  • 窓の熱貫流率の計算法 その1 開き窓の計算値と試験値の比較

    伊丹清,赤坂裕,二宮秀與

    日本建築学会  日本建築学会 計画系論文集  523   31  - 37  1999年09月

    共著  共同(主担当)

  • 断熱玄関ドアの熱貫流率の計算法

    赤坂裕,伊丹清,二宮秀與

    日本建築学会  日本建築学会 計画系論文集  502 (12)   21  - 28  1997年12月

    共著  共同(副担当)

  • 熱回収を有する地下鉄道における環境実測とシミュレーション

    吉田治典,伊丹清,寺井俊夫,他3名

    空気調和衛生工学会  空気調和衛生工学会 論文集  64 (1)   37  - 47  1997年01月

    共著  共同(副担当)

  • 地下鉄道における冬期熱回収と夏期温度予測

    吉田治典,伊丹清,寺井俊夫,他3名

    空気調和衛生工学会  空気調和衛生工学会 論文集  61 (4)   13  - 23  1996年04月

    共著  共同(副担当)

  • 熱橋の計算法

    赤坂裕,小原聡司,伊丹清

    日本建築学会  日本建築学会 第20回熱シンポジウム要旨集  1990   71  - 86  1990年08月

    共著  共同(副担当)

  • トンネル内換気を考慮した列車風のシミュレーション

    石原正雄,中沢康明,新田勝道,伊丹清

    空気調和衛生工学会  空気調和衛生工学会 学術講演論文集  '82   545  - 548  1982年10月

    共著  共同(副担当)

著書 【 表示 / 非表示

  • 琵琶湖と環境 ~未来につなぐ自然と人の共生~

    琵琶湖と環境編集委員会

    サンライズ出版  2015年06月

    単行本(学術書)  共著

  • 開口部の日射熱取得性能および断熱性能の評価方法

    倉山千春,澤地孝男,赤嶺嘉彦,二宮秀與,伊丹 清,他

    独立行政法人建築研究所  530p  2014年07月

    単行本(学術書)  単著

  • 琵琶湖発 環境フィールドワークのすすめ

    滋賀県立大学環境FW研究会

    昭和堂  -p  2007年04月

    単行本(学術書)  共著

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 現在時刻表示機能付き時刻表の表示機能

     特願2006-223971  4734486

作品 【 表示 / 非表示

  • 窓フレームの熱性能計算プログラム TB2D/BEM ver.3

     コンピュータソフト  その他  2012年10月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 建築開口部の断熱・遮熱性能に関する研究

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 建築環境工学演習

  • 環境科学概論Ⅱ

  • 建築環境工学

  • 環境設備

  • 建築数学・物理

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 居住環境工学

 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • グリーン建材・設備製品に関する国際標準化・普及基盤構築事業 「カーテンウォール熱貫流率計算法原案作成分科会」委員   2014年06月  - 2017年03月

  • グリーン建材・設備製品に関する国際標準化・普及基盤構築事業 「窓遮熱性能国際標準化分科会」委員   2014年06月  - 2017年03月