杉浦 省三 (スギウラ ショウゾウ)

SUGIURA Shozo

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

魚類栄養学、養魚飼料学、水産増養殖

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.eonet.ne.jp/~fish-nutrition/

プロフィール

研究課題(研究概要)
○ 魚類の栄養と飼料に関する研究
○ 低リン・低魚粉・低価格養魚飼料の研究開発
○ 魚類におけるリンの代謝と消化吸収生理
○ 環境にやさしい飼料
○ 持続可能な水産増養殖技術の研究

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  •  魚の飼育~養殖に携わって50年、特に飼料(えさ)の開発研究では35年の実績があります。養殖経験(現場)は、ニジマス、ウナギ、コイ、テラピア、アメリカナマズ、マダイなど。飼育経験(研究、実験、趣味を含む)は約200種です。日本最大の養鱒場(富士宮)では3年余り養殖現場の力仕事を担当しました。シリアでは単独の技術ボランティアとして3年間飼料開発に尽力し、現地の食料増産に貢献しました。アメリカでは12年にわたり、大学や国立の研究所で養魚飼料研究に没頭しました。近年は未利用資源の飼料化技術を開発中です。これらに関連する分野で、実りある研究、教育、社会貢献の機会を模索しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学修士(水産学)  米国オーバン大学(Auburn University)  1995年06月

  • 教育学修士  米国ハーバード大学(Harvard University)  2001年06月

  • 学術博士(水産学)、Ph.D.  米国ワシントン大学 (University of Washington)  1998年08月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  教授   2014年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  准教授   2007年04月 ~ 2014年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助教授   2005年12月 ~ 2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 魚類養殖場(民間企業)  水産養殖技師   1986年03月 ~ 1989年05月

  • シリア国農業省(JICA青年海外協力隊)  養殖技師、適正技術研究開発・普及員   1989年05月 ~ 1992年09月

  • 米国オーバン大学農学部水産学科  研究員   1993年09月 ~ 1995年06月

  • 米国ワシントン大学水産学部、国立海洋漁業局NOAA  研究員   1995年06月 ~ 1998年08月

  • 米国アイダホ大学養殖研究所  研究員   1998年08月 ~ 2000年07月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 世界養殖学会 (World Aquaculture Society)  

  • 日本水産学会  

  • 日本水産増殖学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水圏生産科学

  • 水産学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 魚類の栄養と飼料に関する研究

    餌、飼料、消化率、消化生理、リン、低環境負荷、持続可能、低価格、養殖

  • 低リン養魚飼料の研究開発

    ニジマス、ビワマス、湖魚、環境にやさしい飼料

  • 魚類におけるリンの消化吸収生理について

    消化率、トランスポーター、尿中排泄量

  • 魚類のリン欠乏に対する生理的応答と早期診断技術の開発

    リン欠乏応答遺伝子、遺伝子発現、リン要求量、環境技術

論文 【 表示 / 非表示

  • Phosphorus, Aquaculture, and the Environment

    Sugiura, S. H.

     Reviews in Fisheries Science & Aquaculture  26 (4)   515 ~ 521  2018年

    https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/23308249.2018.1471040  単著  

    [概要]

    Phosphorus (P) is a key nutrient in fish feed used in aquaculture. Several important advancements have been made in this field over the past few decades that have contributed to the continuous increase in aquaculture production while reducing its environmental impact. The goal of sustainable aquaculture production, however, is still far from being achieved with fish retaining only ∼40% of P in modern commercial fish feeds. This review highlights five major issues concerning P and explores practical approaches toward their resolution. The sustainable development of aquaculture is largely contingent upon the outcomes of problem-solving research rather than efforts to generate knowledge or to simply collecting data.

  • Effects of dietary NaCl on intestinal absorption of protein, organic matter, phosphorus, calcium, and selected trace minerals in common carp (Cyprinus carpio).

    Nakajima, M., Sugiura, S.

     Aquaculture Science  65 (1)   11 ~ 18  2017年

    共著  

  • Effects of culturing rapeseed meal, soybean meal, macrophyte meal, and algal meal with three species of white-rot fungi on their in vitro and in vivo digestibilities evaluated using rainbow trout

    N. Tanemura, Y. Akiyoshi, K. Okano, S. Sugiura

     Aquaculture  453   130 ~ 134  2016年01月

    https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0044848615302714  共著  

  • Non-phosphorus factors modulate the chronic expression of NaPi-IIb mRNA in Biwa salmon Oncorhynchus masou rhodurus

    Sugiura S.

     Aquaculture Science  64 (1)   131 ~ 136  2016年

    単著  

  • Combined effects of sodium chloride, citric acid, and autoclave conditions on apparent in vivo digestibility of rapeseed meal and macrophyte meal determined in common carp Cyprinus carpio

    Ishikawa, K., Sugiura, S.

     Fisheries Science  82   931 ~ 939  2016年

    共著  

  • 魚類栄養学の歴史を辿る

    杉浦 省三

     日本水産学会誌  82   374 ~ 381  2016年

    単著  

  • Effects of in vitro enzymatic digestion of rapeseed meal, soybean meal, macrophyte meal, and algal meal on in vivo digestibilities of protein and minerals evaluated using common carp Cyprinus carpio.

    Watanabe T., Tanemura N., Sugiura S.

     Aquaculture Science  64 (2)   215 ~ 222  2016年

    共著  

  • Effects of dietary NaCl on the in vivo apparent absorption of dietary nutrients determined in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss)

    Nakajima M., Sugiura S.

     Aquaculture  460   1 ~ 7  2016年

    共著  

  • Effects of dietary phosphorus restriction on phosphorus balance in rainbow trout Oncorhynchus mykiss

    Sugiura S.

     Aquaculture Science  63 (3)   245 ~ 253  2015年

    単著  共同(主担当)

  • Dispersal, migration, and predation of juvenile crucian carps after release from rice fields

    T. Taguchi • Y. Miura • D. Krueger • S. Sugiura

     Environmental Biology of Fishes  98   679 ~ 690  2015年

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 魚類の栄養と飼料に関する研究・開発

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 水産資源学

  • 魚類学

  • 魚類生理学

  • 養魚飼料学

  • 生物資源管理学実験・実習Ⅲ

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 魚類栄養学特論

  • 動物生産環境論

  • Environmental Sciences in Japan

  • 環境動態学特別演習Ⅰ

  • 環境動態学特別演習Ⅱ

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • http://www.ses.usp.ac.jp/shigen/staff/stf_sugiura.html   2005年12月 ~ 現在