鈴木 一実 (スズキ カズミ)

SUZUKI Kazumi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

植物病理学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
1.カプシクム属植物(トウガラシやピーマンの仲間)のウイルス抵抗性機構の解析:ウイルス抵抗性 に連鎖するDNAマーカーをもとに抵抗性遺伝子のより詳細なマッピングを実施するとともに、ウイ ルス抵抗性機構についてもさらに解析を進めたい。

2.新規なウイルス抵抗性素材、病害抵抗性素材の探索・解析:トウガラシ類の栽培起源地などで収集 された遺伝子源の中から、ウイルスや糸状菌病、細菌病に対する今まで知られていない新規な抵抗 性素材を選抜し、抵抗性の遺伝様式、育種素材としての利用の可能性について解析してみたい。

3.病原糸状菌の侵入・発病機構の解析:多くの種類の作物に感染する炭そ病菌は胞子の発芽管の先端 に宿主への侵入器官である付着器を形成します。付着器侵入や感染・発病機構の解析を実施し、防 除につながるような新しい知見を得たいと考えています。

研究業績等(概要)
1.ウリ類炭そ病菌の病原性発現、付着器侵入機構に関する解析:付着器侵入に宿主細胞壁の化学的分 解や付着器のメラニン化が重要であることを明らかにしました(京都大学、学位論文)。

2.新規な農業用殺菌剤フルアジナムの開発:新規殺菌剤フルアジナムの実用化にたずさわるとともに 本薬剤の病害防除作用機構を明らかにしました(石原産業)。

3.病害診断技術の開発および感染・発病機構の解析:ウイルス病の診断技術を用いてリンドウウイル ス病などの重要病害の感染経路や感染・発病機構の解析に取り組みました(岩手生工研)。

4.カプシクム属植物のウイルス抵抗性機構の解析:抵抗性育種の効率化をはかる上で重要なウイルス 抵抗性に連鎖するDNAマーカーを探索しました。新規なウイルス抵抗性素材の抵抗性機構を解析し た結果、今まで知られていないウイルス抵抗性遺伝子を同定しました(岩手生工研)。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  教授   2006年04月 ~ 現在

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 北日本病害虫研究会  

  • 関西病虫害研究会  

  • 日本農薬学会  

  • 日本植物病理学会  

  • 日本ウィルス学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物保護科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Homeobox transcription factor CoHox1 is required for the morphogenesis of infection hyphae in host plants and pathogenicity in Colletotrichum orbiculare.

    Yokoyama, A., Izumitsu, K., Irie, T. and Suzuki, K.

    Elsevier  Mycoscience  60   110 ~ 115  2019年

    共著  共同(主担当)

  • Homeobox transcription factor CoHox3 is essential for appressorium formation in the plant pathogenic fungus Colletotrichum orbiculare

    Yokoyama, A., Izumitsu, K., Sumita, T., Tanaka, C., Irie, T. and Suzuki, K.

     Mycoscience    2018年

    共著  共同(主担当)

  • Effects of calmodulin on expression of lignin-modifying enzymes in Pleurotus ostreatus

    Suetomi, T., Sakamoto, T, Izumitsu, K., Suzuki, K. and Irie, T.

    Springer  Current Genetics  61   127 ~ 140  2015年

    共著  

    [概要]

    白色腐朽菌ヒラタケのリグニン分解酵素群の発現に対するカルモジュリンの影響を,リグニン分解酵素の活性およびリグニン分解酵素遺伝子の発現に焦点をあて,詳細に解析した。

  • Long Serial Analysis of Gene Expression for Transcriptome Profiling during the Initiation of Ligninolytic Enzymes Production on Phanerochaete chrysosporium

    Minami,M.,Kureha,O.,Mori,M.,Kamitsuji,H.,Suzuki,K. and Irie,T.

    Springer  Appl.Microbiol.Biotechnol.  75 (-)   609 ~ 618  2007年04月

    共著  共同(副担当)

  • Cooperative Effect of Two Amino Acid Mutations in the Coat Protein of Pepper mild mottle virus Overcomes L3- mediated Resistance in Capsicum Plants.

    Hamada,Y.,Tomita,R.,Iwadate,Y., Kobayashi,K.,Munemura,I.,Takeuchi,S.,Hikichi,Y. and Suzuki,K.

    Springer  Virus Genes  34 (-)   205 ~ 214  2007年04月

    共著  共同(副担当)

  • Discrimination between tobamoviruses and their Pathotypes for L gene-mediated Resistance in Green Pepper (Capsicum annuum L.) by Reverse Transcription-Polymerase Chain Reaction

    Takeuchi,S.,Hamada,H.,Toyoda,K.,Suzuki,K.,Kiba,A.,Hikichi,Y. and Okuno,T.

    日本植物病理学会  Journal of General Plant Pathology  71 (1)   60 ~ 67  2005年04月

    共著  共同(副担当)

  • Timing and Extent of Hypersensitive Response are Critical to Restrict Local and Systemic Spread of Pepper mild mottle virus in Pepper Containing the L3 Gene

    Hamada,H.,Takeuchi,S.,Kiba,A.,Tsuda,S.,Suzuki,K.,Hikichi,Y.and Okuno,T.

    日本植物病理学会  Journal of General Plant Pathology  71 (1)   90 ~ 94  2005年04月

    共著  共同(副担当)

  • A new Tobamovirus-resistance Gene,Hk,in Capsicum annuum

    Sawada,H.,Takeuchi,S.,Matsumoto,K., Hamada,H.,Kiba,A.,Matsumoto,M.,Watanabe,Y.,Suzuki,K. and Hikichi,Y.

    日本園芸学会  Journal of the Japanese Society for Horticultural Science  74 (4)   289 ~ 294  2005年04月

    共著  共同(副担当)

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 植物病害防除論

  • 作物保護学

  • 植物病害防除論

  • 作物保護学