須戸 幹 (スド ミキ)

SUDO Miki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

環境化学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
農薬は現代農業に必須の農業資材であるが、その一方で農薬が目的とする生物以外の生態系に影響を及ぼしたり、環境中に残留している農薬を直接人間が摂取することが危惧されている。さまざまな環境のうち、特に河川や湖沼などの水環境へ農薬が流出する機構の解明をメインのテーマとして研究を進めている。現在は、河川・湖沼に残留している農薬濃度を実際に測定する以外に、実験圃場を用いたモデル実験などにより、詳細な農薬の動態を明らかにする実験を行っている。最終的な研究目的は、河川や湖沼の農薬濃度や農薬の流出量を高い精度で予測するシミュレーションモデルを作成し、農薬のリスクアセスメントや農薬の適正使用の基礎となるデータを提供することである。
研究業績等(概要)
これまでゴルフ場や河川、琵琶湖で数多くの現地調査を行い、そのデータをもとにさまざまな解析を行っている。ゴルフ場では、3年間行った調査より農薬の流出の特徴を明らかにするとともに、降雨時の農薬の流出量を1時間単位で推定する短期シミュレーションモデル、1年間の農薬の流出量を1日単位で推定する長期シミュレーションモデルを作成した。瀬田川や水田流域河川では、農薬の流出濃度や流出量を実測してそれらの季節的変動の特徴を明らかにするとともに、琵琶湖への農薬の流入量の評価、琵琶湖中の農薬の動態解析などを行っている。その他、大学の実験圃場や個人所有の水田で一筆水田からの農薬の流出機構、農薬の流出負荷削減対策、内湖における農薬の浄化量の評価なども研究対象としている。これらの成果は各学会での口頭発表やシンポジウムの他に、環境科学会誌、農業土木学会論文集、Water Research誌、Limnology誌などで公表されている。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  教授   2009年10月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  准教授   2009年04月 ~ 2009年09月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  講師   1998年10月 ~ 2009年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  助手   1996年04月 ~ 1997年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 環境科学会  

  • 日本水環境学会  

  • 日本陸水学会  

  • 農業農村工学会  

  • 日本農薬学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Uptake and elimination kinetics of trifluralin and pendimethalin in Pheretima spp. and Eisenia spp.

    Goto Y., Sudo M.

    Environmental Science and Pollution Research  Environmental Science and Pollution Research  25 (13)   12352 ~ 12360  2018年05月

    10.1007/s11356-018-1483-7  共著  

    [概要]

    © 2018, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. The purpose of this study was to clarify the kinetic bioaccumulation potential of herbicides in the earthworm, Pheretima spp., the most common earthworms throughout Asia, and Eisenia spp., litter-feeding earthworms included in the test species recommended by the Organization for Economic Co-operation and Development. The kinetic bioaccumulation factors of trifluralin and pendimethalin were estimated from an uptake test for 10 or 12 days and from an elimination test for 10 days. The time required to reach a steady state following herbicide exposure was 7 days for both herbicides in Eisenia spp. and 1 day in Pheretima spp. The uptake rate constant (g-soil/g-worm/day) and elimination rate constant (per day) for trifluralin were 2.1 and 0.23 in Eisenia spp. and 0.42 and 0.45 in Pheretima spp., respectively, and those for pendimethalin were 1.5 and 0.26 in Eisenia spp. and 0.27 and 1.0 in Pheretima spp., respectively. Kinetic bioaccumulation factors of both herbicides were relatively close to bioaccumulation factors in steady state and were higher in Eisenia spp. (8.9 for trifluralin and 5.7 for pendimethalin) than in Pheretima spp. (0.95 and 0.26). These results demonstrated that the herbicide bioaccumulation risk is lower for Pheretima spp. than for Eisenia spp. because of the lower uptake rate and higher elimination rate in Pheretima spp.

  • Herbicide discharge from rice paddy fields by surface runoffand percolation flow: A case study in paddy fields in the Lake Biwa basin, Japan

    Sudo M., Goto Y., Iwama K., Hida Y.

    Journal of Pesticide Science  Journal of Pesticide Science  43 (1)   24 ~ 32  2018年01月

    10.1584/JPESTICS.D17-061  共著  

    [概要]

    © Pesticide Science Society of Japan. The transport of three herbicides, pyriminobac-methyl, imazosulfuron and pyraclonil from a watershed that includes 40 ha of paddy fields to a drainage canal was monitored in the Lake Biwa basin, Japan. Based on the intensive monitoring of all paddy plots and in the drainage canal conducted on 3 days during and after the application period, the passage of herbicide discharge from the paddy fields to the drainage canal was separated into surface runoffobtained from field observations and percolation flow calculated from the herbicide mass balance. Surface runofffrom paddy plots immediately after herbicide application, discharging a large volume of paddy water, or both processes in conjunction had a significant effect on herbicide discharge. Without surface runoff, paddy fields discharged a consistently high amount of herbicide gradually by percolation flow. These results suggest that considerable amounts of herbicides were discharged into the drainage canal through percolation even if appropriate water management to prevent herbicide surface runoffwas practiced.

  • A Bayesian approach for estimating hexabromocyclododecane (HBCD) diastereomer compositions in water using data below limit of quantification

    Ichihara M., Yamamoto A., Kakutani N., Sudo M., Takakura K.

    Environmental Science and Pollution Research  Environmental Science and Pollution Research  24 (3)   2667 ~ 2674  2017年01月

    10.1007/s11356-016-7990-5  共著  

    [概要]

    © 2016, Springer-Verlag Berlin Heidelberg. We developed a statistical model that quantitatively incorporated the stochastic fluctuations of values, which were estimated as Bayesian credible intervals (BCIs), to analyze environmental monitoring data. We used α-hexabromocyclododecane (α-HBCD) diastereomer compositions of water samples that included data points below limit of quantification. To avoid replacing “not detected (ND)” values with irrelevant values in data analysis, we substituted ND with observed values from the measurement system upon examination of the model. In our study, it was assumed that the magnitude of stochastic fluctuations of observed values in environmental samples was identical to that in iterative measurements of a standard solution at the lowest concentration. Using this model, α-HBCD diastereomer compositions could be estimated along with BCIs even for samples collected from sites where concentrations of α-HBCD were ND or near limit of quantification. The brackish areas in our study showed relatively wide ranges in composition for the 95% BCIs compared with samples from fresh water areas. In the brackish areas, concentrations of HBCD were frequently ND or near limit of quantification. Using this model, it was unnecessary to replace ND with zero or limit of quantification in data analysis, and an environmental assessment could be achieved using all of the data. Therefore, this model is considered to be a widely applicable approach in the analysis of environmental monitoring data including ND.

  • A Bayesian approach for estimating hexabromocyclododecane (HBCD) diastereomer compositions in water using data below limit of quantification

    Makiko Ichihara, Atsushi Yamamoto,Naoya Kakutani, Miki Sudo & Koh-ichi Takakura

     Environmental Science and Pollution  DOI 10.1007/s11356-016-7990-5    2016年

    共著  

  • 水田からの窒素、リン、COD流出負荷量能実態と課題

    治多伸介、須戸幹 他

     水環境学会誌  38 (4)   81 ~ 91  2015年

    共著  

  • Distribution and pollutant load of hexabromocyclododecane (HBCD) in sewage treatment plants and water from Japanese Rivers

    Makiko Ichihara a, Atsushi Yamamoto, Koh-ichi Takakura, Naoya Kakutani, Miki Sudo

     Chemosphere  110   78 ~ 84  2014年

    単著  

  • 非灌漑期の農業水路における魚類の越冬場造成の試み

    皆川明子、高木強治、須戸幹、小谷廣道、岩間憲治、金木亮一

     農業農村工学会論文集  80 (5)   445 ~ 454  2012年

    単著  

  • ミミズ(Eisenia cf. fetida SavingnyとPheretima spp.)における除草剤の蓄積性の比較

    後藤裕子,須戸幹

     環動昆  23 (1)   19 ~ 25  2012年

    共著  

  • Effect of percolation flow on herbicide loss from rice paddies

    Miki Sudo, Yuko Goto, Takahiro Okajima, Rieko Horiuchi and Hiromichi Odani

     Journal of Pesticide Science  37 (2)   140 ~ 147  2012年

    共著  

  • 河川の伏流が表層水中の農薬濃度・流出負荷量に与える影響

    後藤裕子、須戸幹、肥田嘉文、小谷廣道

     農業農村工学会論文集  275   59 ~ 68  2011年

    共著  

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「化学物質の生態リスク評価と規制-(農薬編)」,(農薬類の環境汚染と動態,湖沼,pp53-61)

    日本環境毒性学会監修,畠山成久編

    IPC社  -p  2006年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 「内湖からのメッセージ」,)内湖での農薬の動態,pp.203-210)

    西野麻知子・浜端悦治編

    サンライズ出版  -p  2005年04月

    単行本(学術書)  共著

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 琵琶湖流入河川における水田施用除草剤の降雨時流出負荷

    第50回日本水環境学会年会  2016年03月

  • 水道水源における新たな監視対象農薬に関する検討

    第50回日本水環境学会年会  2016年03月

  • 琵琶湖内湖(曽根沼)における農薬の流入と流出

    第50回日本水環境学会年会  2016年03月

  • 水田群および一筆水田で使用された農薬の排水路への直接流出・浸透流出

    第16回IETセミナー  2015年10月

  • 新たな農薬類を対象とした水道水源などの残留実態調査

    第15回環境技術学会年次大会  2015年09月

  • 琵琶湖北湖における残留農薬成分の動態解析

    第49回日本水環境学会年会講演集,pp.540  2015年03月

  • 新たな農薬類を対象とした水道水源などの残留実態調査

    第49回日本水環境学会年会講演集,pp.9  2015年03月

  • 降雨時における水田施用殺虫剤の流出負荷

    第49回日本水環境学会年会講演集,pp.4  2015年03月

  • 水田施用除草剤の一筆水田からの浸透流出特性と農薬の物性との関係

    第32回農薬環境科学研究会シンポジウム講演集  2014年11月

  • 水田施用殺虫剤・殺菌剤の河川への流出評価手法の開発と流出リスク低減対策

    平成26年度河川整備基金助成事業成果発表会概要集  2014年07月

全件表示 >>

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 土壌環境学

  • 農薬環境学

  • 農薬環境学

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県環境こだわり農業課  滋賀県環境こだわり農業審議会  委員   2007年10月 ~ 2009年10月

  • 滋賀県環境管理課  赤野井湾流域流出水対策推進会議  委員   2006年06月 ~ 2007年03月

  • 滋賀県農政課  湖国農政懇話会  委員   2005年02月 ~ 2007年02月