市川 秀之 (イチカワ ヒデユキ)

ICHIKAWA Hideyuki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

日本民俗学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.shc.usp.ac.jp/ichikawa/

プロフィール

研究課題(研究概要)
歴史民俗学の立場から日本の村落空間について研究してきました。特に広場や集会所などの人が集まる空間に関心があります。また前の職場では長期間にわたって日本最古の溜池といわれる狭山池の総合調査にかかわってきましたので、人と環境の関係、とりわけ水をめぐる諸問題についても研究を深めたいと思っています。最近では一見古くから伝承されているかに見える民俗が創出・改変されていくプロセスについての研究も始めました。近江は宮座、両墓制、山岳信仰など歴史民俗学の研究が積み重ねられてきたフィールドですが、今一度新たな視点で近江の民俗を再考してみたいと思っています。
研究業績等(概要)
『狭山池』史料編・埋蔵文化財編・論考編(狭山池調査事務所、1996年~1999年)
『広場と村落空間の民俗学』(岩田書院、2001年)
「先祖代々之墓の成立」(『日本民俗学』230号 2002年) など

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)  関西大学  2001年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  地域文化学科  教授   2011年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  地域文化学科  准教授   2007年04月 ~ 2011年03月

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  地域文化学科  助教授   2006年04月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 下水文化研究会  

  • 棚田研究会  

  • 京都民俗学会  

  • 日本民俗学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 準備としてのオコナイ

    市川秀之

    近江文化財論叢刊行会  近江文化財論叢  (9)   286 ~ 291  2017年10月

    単著  

  • 近畿村落における民俗の地域性

    市川秀之

    日本民俗学会  日本民俗学  (288)   4 ~ 18  2016年11月

    単著  

  • 滋賀県東南部における遙拝所碑の建立状況

    市川 秀之

    京都民俗学会  京都民俗  (33)   1 ~ 24  2015年11月

    単著  

  • 湖東地方における複数村落による神社祭祀

    市川 秀之

    滋賀県立大学人間文化学部  人間文化  (38)   28 ~ 43  2015年03月

    単著  

  • 「彦根市南部地域における明治期の水害」

    市川秀之

    淡海文化財論叢刊行会  『淡海文化財論叢』  (6)   204 ~ 209  2014年09月

    単著  

  • 南河内の新田村落における墓制の成立過程 ―墓標研究と墓制研究の接点―

    市川秀之

    京都民俗学会  京都民俗  (31)   3 ~ 24  2013年12月

    単著  

    [概要]

    南河内の一新田村落を舞台に、墓標の悉皆調査と過去帳のデータを照合し、史料がほとんど残らない村落の形成過程を解明。

  • 近世河川堤防の技術史―畿内近国の例からー

    市川秀之

     日本史研究  (597)   20 ~ 51  2012年05月

    単著  

    [概要]

    近世の河川堤防について歴史的に考察するとともに、これまで定説化していた関東流から紀州流、不連続堤から連続堤へという移行の見直しを提唱。

  • 山口県防府市域の当屋制

    市川秀之

    国立歴史民俗博物館  国立歴史民俗博物館研究報告  (161)   317 ~ 351  2011年03月

    単著  

    [概要]

    宮座と当屋制の関係を再定義するとともに、山口県防府市内の当屋制神社祭祀組織の分析を行い、その地域的特色を抽出。

  • 肥後和男宮座論の再検討

    市川秀之

    国立歴史民俗博物館  国立歴史民俗博物館研究報告  (161)   61 ~ 75  2011年03月

    単著  

    [概要]

    宮座研究の礎を築いた肥後和男の宮座論を再検討し、それが肥後の古代史研究とともに昭和10年代に構築され、その株座・村座論の背景に祭政一致という当時の時代思潮が存在したことを指摘。

  • 神武天皇祭の民俗行事化―奈良県下のレンゾを中心にー

    市川秀之

    日本民俗学会  日本民俗学  (261)   154 ~ 187  2010年02月

    単著  

    [概要]

    奈良県下をフィールドに戦前の祝祭日であった神武天皇祭が、地元の農耕儀礼であるレンゾとどのように習合していったのかその過程を解明。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • はじめて学ぶ民俗学

    市川秀之、中野紀和、篠原徹、常光徹、福田アジオ

    ミネルヴァ書房  309p  2015年09月

    単行本(学術書)  共編者

  • 「河内学」の世界

    大阪経済法科大学河内学研究会

    清文堂出版  181p  2015年05月

    単行本(学術書)  共著

  • 『民俗』の創出

    市川秀之

    岩田書院  222p  2013年04月

    単行本(学術書)  単著

  • 歴史のなかの狭山池

    市川秀之

    清文堂  254p  2009年04月

    単行本(学術書)  単著

  • 広場と村落空間の民俗学

    市川秀之

    岩田書院  465p  2001年06月

    単行本(学術書)  単著

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 博物館概論

  • 民俗学実習

  • 地域と空間

  • 民俗学

  • 博物館実習

全件表示 >>

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 柏原市教育委員会社会教育課  柏原市文化財保護審議会  委員   2007年04月 ~ 2011年03月

  • 泉佐野市教育委員会  泉佐野市史編さん委員会専門部会  委員   2007年04月 ~ 2009年03月

  • 滋賀県立安土城考古博物館  滋賀県立安土城考古博物館運営懇話会  委員   2007年04月 ~ 2009年03月

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 日本民俗学会  理事   2014年10月 ~ 2016年09月