基本情報

写真a

小熊 猛

KOGUMA Takeshi


職名

教授

研究分野・キーワード

認知言語学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)  金沢大学  2007年03月

  • 修士(教育学)  金沢大学  1995年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  国際コミュニケーション学科  教授   2016年04月  - 現在

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  国際コミュニケーション学科  准教授   2014年04月  - 2016年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国立大学法人 宮崎大学  教育文化学部  准教授   2012年04月  - 2014年03月

  • 国立石川工業高等専門学校  一般教育科  教授   2011年04月  - 2012年03月

  • 国立富山高等専門学校  一般教養科  准教授   2010年04月  - 2011年03月

  • 国立石川工業高等専門学校  一般教育科  准教授   2007年04月  - 2010年03月

  • 国立石川工業高等専門学校  一般教育科  助教授   2001年04月  - 2007年03月

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本認知言語学会  

  • 日本言語学会  

  • 日本英語学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Anchoring Speaker: A Conceptual Account of a Copula Distinction in Tibetan with Related Phenomena in Japanese, English & Mongolian

    Takeshi KOGUMA, Katsunobu IZUTSU

    滋賀県立大学人間文化学部  『人間文化』  (42)   2  - 7  2017年03月

    共著  共同(主担当)

  • 「事態把握を軸にした類型論の予備的考察 ―再帰的受益者主語構文を中心に―」

    小熊 猛

    滋賀県立大学人間文化学部  『人間文化』  (39)   43  - 47  2015年10月

    単著  

  • Favorable and Unfavorable Effects: A Typology of Benefactive and Adversative Constructions in Japanese, Korean, and Ainu

    Katsunobu IZUTSU

    CSLI Publications  Language and the Creative Mind   119  - 136  2014年02月

    共著  共同(副担当)

  • A Cognitive Approach to Nominative/Genitive Conversion in Japanese

    Takeshi KOGUMA

    CSLI Publications  Meaning, Forms & Body   129  - 147  2010年01月

    単著  

  • ガ・ノ交替現象から見る日本語の関係節化方略に関する予備的考察

    小熊 猛

    韓國日本言語文化學會  『日本言語文化 第14輯』, (韓國日本言語文化學會論文集)  14   19  - 39  2009年04月

    単著  

  • 認知モード転換と属格・主格交替:いわゆる他動性制約の反例および認知類型論的示唆

    小熊 猛

    日本認知言語学会  『日本認知言語学会論文集』  7   55  - 65  2007年

    単著  

  • 形容詞を述部とする「が/の」交替に関する認知的考察

    小熊 猛

    日本認知言語学会  『日本認知言語学会論文集』  6   341  - 350  2006年

    単著  

  • 日本語連体修飾節の「が/の」交替に関する認知言語学的考察 -認知モード(r/t認知 vs. tr/lm認知)の違いの現れ-

    小熊 猛

    関西言語学会  『KLS 25 (Proceedings of Kansai Linguistic Society) 』  25   108  - 117  2005年

    単著  

  • 「いわゆる「が/の交替」の認知的再考」

    小熊 猛

    日本認知言語学会  『日本認知言語学会論文集』  4   381  - 391  2004年

    単著  

  • Coreferential Reference- point/Target Alternation in Japanese: What Makes X-no Y Replace Y-no X under the Same Intended Interpretation? How do their Designations Differ?

    Takeshi KOGUMA

    Hokkaido Linguistics Society  JHL (Journal of Hokkaido Linguistics)  (3)   41  - 54  2004年

    単著  

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『英語多義ネットワーク辞典』

    荒川洋平、五十嵐海里、岡田禎之、小田希望、小熊猛、小森道彦、澤田茂保、瀬戸賢一、武田勝昭、辻本智子、出水孝典、鍋島弘治朗、根本典子、堀田知子、宮畑一範、村尾治彦、守屋哲治、山口和之、山口治彦、山添秀剛、山本修

    小学館  1103p  2007年03月

    事典・辞書  分担執筆

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • ‘Do and see/hear’: Speech-event conceptions behind the discourse-pragmatic characteristics of the converb construction in Japanese, Korean, and Ainu

    International Conference on Asian Linguistics (ICAL2016)  2016年12月

  • Case-marking idiosyncrasy in subordination: the Japanese dative ni and beyond

    International Conference on Asian Linguistics (ICAL2016)  2016年12月

  • Different partitioning in the stage-based model of speech event: With contrastive reference to deictic expressions for topic entities in Japanese and Korean conversations

    High Desert Linguistics Society (HDLS) Conference  2016年11月

  • Two Types of Anchoring Speakers: A Conceptual Account of a Copula Distinction in Tibetan

    10th International Conference of the Spanish Cognitive Linguistics (AELCO2016)  2016年10月

  • A Blending Approach to Constructionally-motivated Dative ni in Japanese

    Japanese International Workshop on Cognitive Grammar and Usage-Based Linguistics Osaka University  2016年06月

  • Usage-based motivation for and against blending: causative/passive and benefactive/ malefactive interactions in Japanese

    International Workshop on Cognitive Grammar and Usage-Based Linguistics  2016年06月

  • 間主観性から見た反語命令文の認知・文化論的考察—嘘つけ構文を巡って

    第4回認知文法研究会  2015年03月

  • 日英の構文的試行表現に関する予備的考察

    蛍池認知言語研究会 / KLP  2014年07月

  • Have a N (verbal-stem) Periphrastic Verbal Construction: A Reference-Point Model Approach

    ICLC12 (International Cognitive Linguistics Conference)  2013年06月

  • シンポジウム 従属節における主節現象 ─ 埋め込み構造のメカニズム─ 

    日本英文学会九州支部 第64回大会  2012年10月

全件表示 >>

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 事態解釈とその言語形式に関する類型論的研究 —再帰的受益者主語構文を中心に—

     科学研究費補助金 基盤(C)(代表)   2015年04月  - 2018年03月

  • 現代日本語と韓国語におけるコピュラ文の対照研究

     科学研究費助成金 基盤(C)(分担)   2017年04月  - 2020年03月

  • 現代日本語と韓国語における条件表現の対象研究 —語用論的連続性を中心に—

     科学研究費補助金 基盤(C)(分担)   2014年04月  - 2016年03月

  • 共有再利用が可能な素材型英語電子教材データベースの構築(高専用)

     科学研究費助成金 基盤(C)(分担)   2011年04月  - 2014年03月

  • 主観性に基づく言語類型論と動詞/衛星枠付け言語類型の相関:接触動詞を中心に

     科学研究費助成金 基盤(C)(代表)   2011年04月  - 2014年03月

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 全国高校生ビジネス英語コンテスト   2016年11月

  • 高大連携事業 出前模擬講義   2015年12月