大久保 卓也 (オオクボ タクヤ)

OKUBO Takuya

写真a

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 環境科学は問題解決科学です。琵琶湖とその集水域で発生している様々な環境に関わる問題に対して、どうすれば解決の方向に向かうことができるのか研究を進めています。もともとは水質が専門でしたが、最近は生物や森林に関わる問題にも手を広げています。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  教授   2015年04月 ~ 現在

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本水環境学会  

  • 土木学会  

  • 日本陸水学会  

  • 日本環境毒性学会  

  • 応用生態工学会  

全件表示 >>

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本水環境学会関西支部理事   2019年04月 ~ 現在

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

  • 環境モデリング・保全修復技術

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 自然共生システム

  • 地域環境工学・計画学

各種免許(危険物取扱者免許等)の保持 【 表示 / 非表示

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • 公害防止管理者

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 農業濁水がニゴロブナ、セタシジミに及ぼす影響評価

  • エリ網付着物の増加原因に関する研究

  • 貧栄養化が進行する琵琶湖における生態系変化と漁業への影響把握

    琵琶湖 貧栄養化 湖沼生態系 栄養塩

  • 水田地域の生態系保全技術の指針づくり

    水田生態系 生態系保全技術 魚のゆりかご水田 汚濁負荷量削減 農薬

論文 【 表示 / 非表示

  • Estimation of Phosphorus Transport Influenced by Climate Change in a Rice Paddy Catchment Using SWAT

    Wang K., Onodera S.i., Saito M., Okuda N., Okubo T.

    International Journal of Environmental Research  International Journal of Environmental Research  15 (4)   759 ~ 772  2021年08月

    10.1007/s41742-021-00350-0  共著  

    [概要]

    Phosphorus is an essential nutrient for maintaining and increasing crop production. Owing to frequent human activities, phosphorus resources cause serious environmental pollution. Simulating phosphorus transport with a hydrological model could help understand the phosphorus loss processes at catchment scale. However, in previous modeling studies, phosphorus calibration and validation usually run in monthly time steps, it is difficult to correctly simulate the phosphorus transport peak. Additionally, most previous studies have disregarded the form of phosphorus in transported processes and only considered the total phosphorus, which cannot accurately assist in understanding the specific process of phosphorus transport. Rice is an important agricultural product, widely planted in Asia, and the particulate inorganic phosphorus loss in rice paddies is generally high. Previous studies could not fully simulate the transport of different phosphorus forms in rice paddy catchments. We analyzed the impact of climate change on phosphorus transport under different fertilization scenarios using the Soil and Water Assessment Tool. We compared mineral phosphorus flux with the sum of particulate phosphorus and dissolved orthophosphate during the calibration and validation processes. The Nash–Sutcliffe efficiencies of mineral and total phosphorus in both the calibration and validation periods were higher than 0.65. Rice paddies are the major source of phosphorus loss from the catchment, amounting to 5.4 kg/ha, and particulate inorganic phosphorus accounted for 53% of total phosphorus loss. The average annual phosphorus export was 30 tons/yr; the maximum value was nine times higher than the minimum value. Precipitation had a clear impact on phosphorus transport. Graphic Abstract: [Figure not available: see fulltext.]

  • Juvenile migration of Japanese dace Pseudaspius hakonensis revealed in a tributary of Lake Biwa with seasonal changes in abundance and stable isotope ratios

    Ishizaki D., Nagata T., Kikko T., Mizuno T., Ida C., Okubo T., Fujioka Y., Yodo T.

    Ichthyological Research  Ichthyological Research    2021年01月

    10.1007/s10228-021-00804-7  共著  

    [概要]

    Migration patterns of Japanese dace Pseudaspius hakonensis in and around Lake Biwa, Japan are unknown, although fluvial–lacustrine life history has been known in most tributaries, the many mature individuals migrating upstream into tributaries in early spring. Field surveys and stable isotope analyses were used to clarify the migratory history of Japanese dace in the Ishida River, inflowing to Lake Biwa. In the field surveys, the number of young of the year (YOY) individuals caught per unit effort (CPUE) by hand net and casting net in the tributary and lake-shore area was calculated. The CPUE peaked from May to July, after the spawning season, thereafter decreasing rapidly, suggesting that YOY Japanese dace migrated downstream to Lake Biwa immediately after emerging, possibly due to the abundant food resources there. From September to November, the CPUE of YOY individuals increased in the lower reaches of the stream, although their stable nitrogen isotope values were variable, in some cases being similar to those recorded in the upper reaches and the lake-shore area. This suggests that some YOY individuals migrate upstream from the lake in autumn. In the present study, the juvenile migration pattern of fluvial–lacustrine Japanese dace in Lake Biwa was described using a CPUE survey and δ N and δ C analyses. 15 13

  • 排水路の魚溜工における施工後 3 年間の土砂堆積状況

    皆川明子, 中林真由, 藪田暢也, 饗庭俊, 大久保卓也

     農業農村工学会論文集  88 (1)   77 ~ 84  2020年

    共著  共同(副担当)

  • 琵琶湖の水質保全と非特定汚染源対策

    大久保卓也, 佐藤祐一, 東善広

     環境技術  45 (7)   370 ~ 376  2016年07月

    共著  共同(主担当)

  • 過去 35 年間の琵琶湖の水質変化と流域環境の変化

    大久保卓也, 東善広

     海洋化学研究  29 (1)   2 ~ 16  2016年04月

    共著  共同(主担当)

  • 琵琶湖における難分解性有機物の起源: 発生源における生分解試験とボックスモデルによる推計

    佐藤祐一, 岡本高弘, 早川和秀, 大久保卓也, 小松英司

     水環境学会誌  39 (1)   17 ~ 28  2016年01月

    共著  共同(副担当)

  • 魚類の生息環境からみた琵琶湖と流入河川とのつながりの重要性

    石崎大介, 亀甲武志, 藤岡康弘, 水野敏明, 永田貴丸, 淀太我, 大久保卓也

     魚類学雑誌  63 (2)   89 ~ 106  2016年

    共著  共同(主担当)

  • 水田からの窒素, リン, COD 流出負荷量の実態と課題

    治多伸介, 須戸幹, 江口定夫, 大久保卓也, 黒田久雄, 武田育郎, 横田久里子

     水環境学会誌  38 (4)   81 ~ 91  2015年

    共著  共同(副担当)

  • 灌漑期における降雨時を含めた水田群からの排出汚濁負荷量

    大久保卓也,佐藤祐一,東善広

     水環境学会誌  37 (6)   229 ~ 237  2014年

    共著  共同(主担当)

  • 栄養塩濃度の高い用水を反復利用する水田群での窒素・リンの動態

    大久保卓也,佐藤祐一,東善広

     水環境学会誌  37 (5)   177 ~ 187  2014年

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Issues for Reduction of Pollution Loads from Point and Non-point Sources, in Lake Biwa 2nd edition (Kawanabe, H., Nishino, M., & Maehata, M. Eds.)

    Okubo, T., Sato, Y

    Springer Science & Business Media  2020年08月

    単行本(学術書)  共著

  • 水田地域における生態系保全のための技術指針

    大久保 卓也,石崎 大介,金尾 滋史,亀甲 武志,酒井 明久,中尾 博行,藤岡 康弘,松田 征也,馬渕 浩司,西田 一也,皆川 明子,中新井 隆,須戸 幹

    滋賀県立大学環境科学部  94p  2019年09月

    調査報告書  共著

  • 関西の川歩き 里の川をめぐる散策ブック

    日本水環境学会関西支部川部会

    神戸新聞総合出版センター  255p  2018年06月

    単行本(一般書)  共著

  • 第2章 琵琶湖の水質変化と漁獲量の変動, In: 「海と湖の貧栄養化問題: 水清ければ魚棲まず」

    大久保卓也(山本民次,花里孝幸編著)

    地人書院  2014年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 赤野井湾と流入河川, 琵琶湖・淀川 里の川をめぐる~ちょっと大人の散策ブック<おうみの川編>

    大久保卓也

    (財)琵琶湖・淀川水質保全機構  2013年

    その他  単著

  • Issues for reduction of pollution loads from point and non-point sources, In: Lake Biwa: Interactions between Nature and People

    Takuya Okubo (eds., Kawanabe, H., Nishino, M., and Maehata, M.)

    Springer  2012年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 湖沼水質保全対策特別措置法とその成果, In: 「日本の水環境行政」改訂版

    大久保卓也, 中村圭吾, 今井章雄

    ぎょうせい  2009年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 琵琶湖集水域の水田地帯から流出する窒素・リン, In: 「東アジアモンスーン域の湖沼と流域」

    大久保卓也(坂本充, 熊谷道夫編)

    名古屋大学出版会  2006年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 内湖の水質浄化能, In: 「内湖からのメッセージ」

    大久保卓也(西野麻知子, 浜端悦治編)

    サンライズ出版  2005年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • ため池の浄化効果, 「エコテクノロジーによる河川・湖沼の水質浄化 -持続的な水環境の保全と再生-」

    大久保卓也(島谷幸宏, 細見正明, 中村圭吾編)

    ソフトサイエンス社  2003年

    単行本(学術書)  分担執筆

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成23年度河川整備基金助成事業優秀成果

     詳細調査結果に基づく琵琶湖集水域における面源負荷量の再検討  出版社・新聞社・財団等の賞  河川環境管理財団  共同(主担当)  2011年09月

  • 平成22年度河川整備基金助成事業優秀成果

     琵琶湖流入主要河川(安曇川、市街地河川)の降雨時を含めた汚濁負荷量  出版社・新聞社・財団等の賞  河川環境管理財団  共同(主担当)  2010年09月

  • 平成20年度河川整備基金助成事業優秀成果

       出版社・新聞社・財団等の賞  河川環境管理財団  単独  2008年09月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 琵琶湖集水域の人間活動と環境との調和をめざした 工学研究

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 農業と環境   2019年04月 ~ 現在