小泉 尚嗣 (コイズミ ナオジ)

KOIZUMI Naoji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

地下水,活断層,地震,地殻変動,琵琶湖

ホームページ

http://db.spins.usp.ac.jp/html/200000240_ja.html

プロフィール

興味のある研究分野:
 ・地下水・地殻変動・地震・活断層の相互関係,活断層・地震・地下水が環境に与える影響
 ・水文学的・地球化学的手法による地震及び火山噴火の予知・予測
 ・震災軽減のための広報・啓発活動

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  • ・琵琶湖は地震の繰り返しでできている→琵琶湖は地震の痕跡です。
    ・琵琶湖の周りは良く揺れる→琵琶湖周辺の地盤は軟弱で揺れやすく液状化し易いのです。
    *滋賀県の震災リスクは決して低くはありません。交通事故や火事と同様に地震災害も身近なものと考えて日ごろから備えましょう。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部  1981年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  地球物理学専攻  博士課程  1988年12月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  京都大学  1989年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  教授   2015年10月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  学科長   2020年04月 ~ 2021年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  学科長   2016年04月 ~ 2017年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学研究科  部門長   2017年04月 ~ 2019年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  防災研究所  助手   1989年01月 ~ 1996年10月

  • 工業技術院地質調査所  地質調査所  主任研究員   1996年10月 ~ 2001年03月

  • 独立行政法人産業技術総合研究所  地質調査総合センター  研究グループ長,主幹研究員,総括研究主幹   2001年04月 ~ 2015年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地震学会  

  • 日本火山学会  

  • 日本自然災害学会  

  • アメリカ地球物理学連合  

  • 日本陸水学会  

全件表示 >>

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 気象庁の気象研究所評議委員会委員   2007年04月 ~ 現在

  • 滋賀県環境審議会温泉部会委員   2020年04月 ~ 現在

  • 地震予知総合研究振興会の地殻活動研究委員会委員   2004年04月 ~ 現在

  • 文部科学省科学技術・学術審議会の専門委員または臨時委員   2004年04月 ~ 2015年02月

  • 日本地球掘削科学コンソーシアムの陸上掘削部会執行部員   2012年04月 ~ 2016年03月

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 固体地球惑星物理学

  • 気象・海洋物理・陸水学

  • 自然災害科学・防災学

  • 水文学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrological changes after the 2016 Kumamoto earthquake, Japan

    Koizumi N., Minote S., Tanaka T., Mori A., Ajiki T., Sato T., Takahashi H., Matsumoto N.

    Earth, Planets and Space  Earth, Planets and Space  71 (1)    2019年12月

    10.1186/s40623-019-1110-y  共著  

    [概要]

    © 2019, The Author(s). The 2016 Kumamoto earthquake, whose main shock was an M7.3 event on April 16, 2016, 28 h after a foreshock of M6.5, caused severe damage in and around Kumamoto Prefecture, Japan. It also caused postseismic hydrological changes in Kumamoto Prefecture. In this study, we analyzed daily streamflow data collected by eight observation stations from 2001 to 2017 in regions that experienced strong ground motion during the 2016 Kumamoto earthquake. We also surveyed 11 water springs in the region several times after the main shock. Streamflow had no or slight change immediately after the earthquake; however, large increases were recorded at some of the eight stations following a heavy rainfall that occurred 2 months after the earthquake. A decrease in the water-holding capacity of the catchment caused by earthquake-induced landslides can explain this delayed streamflow increase. Conversely, earthquake-related changes to the spring flow rate were not so clear. Water temperature and chemical composition of spring waters were also hardly changed. Only the concentration of NO3−, which is usually considered to be supplied from the surface, changed slightly just after the earthquake. These results show that the postseismic hydrological changes were caused mainly by earthquake-induced surface phenomena and that there was little contribution from hydrothermal fluid.[Figure not available: see fulltext.].

  • 道後温泉における地震後の水位上昇について

    小泉 尚嗣 ,木下 千裕

    公益社団法人 日本地震学会  地震第2輯  70   125 ~ 134  2017年06月

    DOI: 10.4294/zisin.2016-21  共著  共同(主担当)

    [概要]

    The Dogo hot spring, situated in Matsuyama City, Ehime Prefecture, Japan, is one of the oldest and most famous hot springs in Japan. The well water level or discharge at the spring often decreased coseismically and increased postseismically related to the past Nankai earthquakes. We analyzed well water level data recorded at the spring immediately after the 1946 Nankai earthquake and over the period from 1985 to 2015. From this analysis, we have got five postseismic well water level increases related to the earthquakes whose seismic intensities were four or greater at Matsuyama city in JMA scale. The pattern of the five postseismic increases is very similar and shows a tendency of exponential convergence. We found that these postseismic increases can be explained by a basic equation of groundwater motion, which is a kind of diffusion equation. We also tried to detect the change in the diffusion coefficient or hydraulic diffusivity. However we did not detect it.

  • Groundwater pressure changes and crustal deformation before and after the 2007 and 2014 eruptions of Mt.Ontake

    Koizumi.N., T.Sato, Y.Kitagawa and T.Ochi

    Springer  Earth Planets and Space  68    2016年03月

    10.1186/s40623-016-0420-6  共著  共同(主担当)

    [概要]

    Volcanic activity generally causes crustal deformation, which sometimes induces groundwater changes, and both of these phenomena are sometimes detected before volcanic eruptions. Therefore, investigations of crustal deformation and groundwater changes can be useful for predicting volcanic eruptions. The Geological Survey of Japan, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, has been observing groundwater pressure at Ohtaki observatory(GOT) since 1998. GOT is about 10 km southeast of the summit of Mt. Ontake. During this observation period, Mt. Ontake has erupted twice, in 2007 and in 2014. Before the 2007 eruption, the groundwater pressure at GOT clearly dropped, but it did not change before or after the 2014 eruption. These observations are consistent with the crustal deformation observed by Global Navigation Satellite System stations of the Geospatial Information Authority of Japan. The difference between the 2007 and 2014 eruptions can be explained if a relatively large magma intrusion occurred before the 2007 eruption but no or a small magma intrusion before the 2014 eruption.

  • タダでできる地震予測はどれくらい当たるか

    小泉 尚嗣

    日本地震学会  広報紙「なゐふる」  (127)   2 ~ 3  2021年11月

    単著  共同(主担当)

  • 気象庁震度データベースを用いた地震予測(2020 年の予測結果の評価と 2021 年の予測)

    小泉 尚嗣

    国土地理院  地震予知連絡会会報  106   535 ~ 541  2021年09月

    単著  共同(主担当)

  • 気象庁震度データベースを用いた地震予測と2015-2020年の予測の評価

    小泉 尚嗣

    国土地理院  地震予知連絡会会報  105   482 ~ 488  2021年03月

    単著  

    [概要]

    気象庁震度データベースを用いた地震予測と2015-2020年の予測の評価

  • 気象庁震度データベースを用いた地震予測(2019年の予測結果の評価と2020年の予測)

    小泉 尚嗣

    国土地理院  地震予知連絡会会報  104   459 ~ 464  2020年09月

    単著  

    [概要]

    気象庁震度データベースを用いた地震予測(2019年の予測結果の評価と2020年の予測)

  • 湖底断層研究会キックオフワークショップ報告書

    小泉尚嗣

     滋賀県立大学学術情報機関リポジトリ    2018年10月

    共著  共同(主担当)

    [概要]

    活断層は、数千年~数万年に1 回程度の頻度で断層運動(大地震)を起こして環境を破壊する。他方、地震を起こさない期間においては、断層面周辺の破壊によって生じた面状の高透水性構造が、地下水流動を促進し、地下水による熱・物質供給を通して環境を形成・維持するという側面を持つ。日本最古かつ最大の湖であり,周囲の陸上の活断層の調査も進んでいる琵琶湖において,湖底断層とその周辺の水を研究することは,上記の後者の役割を明らかにする上で効率的である.また,琵琶湖が,滋賀・大阪・京都の貴重な水源でもある事を考えれば重要でもある.このような観点にたって,平成30 年8 月29 日に,滋賀県立大学において,「湖底断層研究会」のキックオフワークショップを開催し,湖底断層研究における現状と課題について議論した.本報告書は,ワークショップの発表内容について紹介である.一般に環境破壊リスクとのみ考えられている活断層の別の側面について,読者にも考えていただければ幸いである.

  • 震度データを用いた地震の中期予測―地震発生の「相場観」を理解してもらうために― (査読無し)

    小泉 尚嗣,今給黎 哲郎

    地震予知総合研究振興会  地震ジャーナル  62   35 ~ 40  2016年12月

    共著  共同(主担当)

    [概要]

    気象庁の震度データベースを用いた簡易な地震予測手法の紹介と検証.

  • 気象庁震度データベースを用いた地震予測(2019年の予測結果の評価と2020年の予測)

    小泉 尚嗣

    国土地理院  地震予知連絡会会報  104   459 ~ 464  2020年09月

    単著  

    [概要]

    気象庁震度データベースを用いた2019年の地震予測結果の評価と2020年の予測

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 地震予知の科学

    川崎 一朗,小泉 尚嗣,束田 進也,長尾 年恭,西村 卓也,平松 良浩,堀 高峰,山岡 耕春

    東大出版会  218p  2007年

    単行本(学術書)  共著

  • きちんとわかる巨大地震

    産業技術総合研究所

    白日社  281p  2006年10月

    単行本(学術書)  共著

  • 温泉科学の最前線

    日本温泉科学会

    ナカニシヤ出版  236p  2004年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 地震と活断層-過去から学び、将来を予測する(産総研シリーズ)

    産業技術総合研究所

    丸善  237p  2004年04月

    単行本(学術書)  共著

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年EPS 優秀査読者

       学会誌・学術雑誌による顕彰  Earth, Planets and Space(日本の地球惑星科学系学会合同の英文雑誌)  単独  2020年02月

  • 日本自然災害学会学術賞

     地球化学的地震予知研究について  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本自然災害学会  単独  1999年10月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 琵琶湖深部湖底湧水を探る

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 環境物理学Ⅰ   2015年10月 ~ 現在

  • 環境地下水学   2016年04月 ~ 現在

  • 環境科学概論Ⅰ   2016年04月 ~ 現在

  • 科学英語Ⅱ[環境生態学外書表現]   2019年04月 ~ 現在

  • 環境物理学実験(コンピュータ活用を含む)   2016年04月 ~ 現在

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 物質循環論   2016年04月 ~ 2017年03月(年月日)

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年度滋賀県立大学優秀職員   2017年04月 ~ 2018年03月

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 気象庁気象研究所  評議委員会  委員   2007年04月 ~ 現在

  • 滋賀県  環境審議会温泉部会  委員   2020年04月 ~ 現在

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 日本地震学会  理事   2010年04月 ~ 2014年03月

  • 日本地震学会  理事   1999年04月 ~ 2001年03月