橋本 宣慶 (ハシモト ノブヨシ)

HASHIMOTO Nobuyoshi

写真a

職名

准教授

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  •  ものづくりの現場で働く人が行う作業にはコツやカンが必要ですが、それを新しく働く人に教えても、なかなか正しく伝えることはできません。それため、コツやカンを簡単に覚えられる教育訓練システムを開発しています。このシステムは、バーチャルリアリティ技術を使うことで、危険な作業であっても実際と同じ感覚で安全に作業を体験できます。また、作業の様子をコンピュータが解析して、もっと上手くなるためのアドバイスをすることもできます。
     現在、旋盤作業、溶接作業、歯科診療作業のシステムを開発していますが、人が行う作業であれば看護や福祉等への応用も可能です。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 日本大学  理工学部  機械工学科  1997年04月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  自然科学研究科  電子機械科学専攻  修士課程  1999年04月

  • 千葉大学  自然科学研究科  人工システム科学専攻  博士課程  2006年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  准教授   2016年09月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日立精機株式会社  職員(技術系)   1999年04月 ~ 2002年09月

  • 青山学院大学  理工学部機械創造工学科  助手   2006年04月 ~ 2009年03月

  • 青山学院大学  理工学部機械創造工学科  助教   2009年04月 ~ 2013年08月

  • 広島工業大学  工学部知能機械工学科  准教授   2013年09月 ~ 2016年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 設備管理学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育訓練システム

  • 生産工学・加工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Production Planning of Remanufactured Products with Inventory by Life-Cycle Simulation

    Susumu Okumura, Nobuyoshi Hashimoto, Taichi Fujita

     Proceedings of EcoDesign 2019 International Symposium   624 ~ 631  2019年11月

    単著  

    [概要]

    Manufacturers can reduce environmental impact and costs by introducing remanufacturing. In remanufacturing, inventory control of remanufactured and newly manufactured products should be considered for production planning. It is indispensable for predicting the demand quantity of products and the collecting quantity of used products to minimize the total cost incurred by remanufacturing and newly manufacturing. The prediction varies depending on the product characteristics and the time elapsed since shipment. In this paper, we study a remanufacturing system minimizing the total cost by a life-cycle simulation method. In the flow of products, there are two types of inventory: one is a remanufactured and newly manufactured product inventory before shipment to the market, and the other is a collected product inventory for used products. Depending on the time elapsed since launch, products pass through an introductory stage, a growth stage, a maturity stage, and a decline stage in a usual manner. We analyze the impact on the total cost of the prediction accuracy of the product demand and the collected used products to each stage. When the ratio of an ordering cost for newly manufactured products to an inventory holding cost for the finished products has a significant value, or as the life-cycle stage is approaching the decline stage, the predicting accuracy of collection of the used products and the product demand has a high impact on the total cost.

  • Training Simulator for Manual Lathe Operation using Motion Capture-Practical Training by Mixed Reality and Warning Function for Dangerous Behavior-

    Nobuyoshi HASHIMOTO

    Japan Society for Precision Engineering  Journal of the Japan Society for Precision Engineering  85 (10)   927 ~ 932  2019年10月

    単著  共同(主担当)

    [概要]

    Training systems for manual machine tools using virtual reality have been developed for high safety and economy. Using these systems, a trainee can safely work on virtual machines to manipulate input interfaces modeled after devices in real-world machines. However, a trainee cannot completely learn how to use the target machine because the interface lacks all the necessary devices. Because safety is ensured even if the trainee performs dangerous actions, these virtual systems cannot teach safety measure. Therefore, after training with these systems, a trainee needs instructors when operating actual machines. This study describes a training system that does not require instructors. By training with the proposed system, a trainee can safely work on virtual machines as the input interface to manipulate the actual lathe. This system constantly monitors the position of all operating devices, handles and levers on the actual lathe, and the user's body parts (the head, both hands and upper body of the trainee) by motion capture. The behavior of the virtual lathe and the cutting of the virtual workpiece are simulated from the manipulated variables. This system can detect whether the trainee is in danger from the movement of his body parts.

  • Training System for Manual Lathe Operation without Instructors -Experiential Simulation and Trainee Monitoring by Motion Capture-

    Nobuyoshi HASHIMOTO

     Proceedings of the 17th International Conference on Precision Engineering    2018年11月

    単著  共同(主担当)

    [概要]

    Training systems for manual machine tools using virtual reality have been developed for high safety and economy. Using these systems, a trainee can safely work on virtual machines to manipulate input interfaces modeled after devices on real-world machines. However, a trainee cannot completely learn how to use the target machine because the interface lacks all the necessary devices. Because safety is ensured even if the trainee performs dangerous actions, these systems cannot teach safety. Therefore, after training with these systems, a trainee needs instructors when operating actual machines. To this end, this study describes a training system that does not require instructors. By training with the system, a trainee can safely work on virtual machines as the input interface to manipulate the actual lathe. This system constantly monitors the position of all operating devices, handles, and levers on the actual lathe and the user's body parts—the head and both hands—of the trainee by motion capture. The behavior of the virtual lathe and the cutting of the virtual workpiece are simulated from the manipulated variables. This system can detect whether the trainee is in danger from the movement of his or her body parts.

  • 仮想環境による手溶接作業の高効率技能訓練

    梁馨,加藤秀雄,橋本宣慶,大川一也

    精密工学会  精密工学会誌論文集   933 ~ 938  2014年10月

    共著  共同(副担当)

  • Simple Virtual Reality Skill Training System for Manual Arc Welding

    Xin Liang, Hideo Kato, Nobuyoshi Hashimoto, Kazuya Okawa

    Fuji Technology Press  Journal of Robotics and Mechatronics   78 ~ 84  2014年02月

    共著  共同(副担当)

  • 作業中の力に基づく歯石除去技能の評価・訓練システム

    橋本宣慶,加藤秀雄,松井恭平

    ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会論文誌   469 ~ 476  2013年12月

    共著  共同(主担当)

  • 印象採得の手技の分析を目的とした測定装置の開発

    橋本宣慶,桒原克彦,大沢聖子,多田充裕,伊藤孝訓

    日本口腔診断学会  日本口腔診断学会雑誌   253 ~ 260  2013年10月

    共著  共同(主担当)

  • シミュレータによる旋盤の芯出し作業の訓練

    橋本宣慶,加藤秀雄,青宿淳一,樋口静一,大川一也

    精密工学会  精密工学会誌論文集   779 ~ 783  2013年08月

    共著  共同(主担当)

  • 手溶接技能訓練のための簡易VRシステムと実作業との技能レベル比較による有効性の検討

    梁馨,加藤秀雄,橋本宣慶,樋口静一,大川一也

    精密工学会  精密工学会誌論文集   692 ~ 696  2013年07月

    共著  共同(副担当)

  • 実機を利用した汎用工作機械作業の複合現実感システム

    橋本宣慶,御簾納陽介,加藤秀雄

    精密工学会  精密工学会誌論文集   1175 ~ 1179  2011年12月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 1. バーチャルリアリティの基礎と溶接技能訓練への応用

    橋本宣慶

     溶接学会誌  87 (3)   8 ~ 11  2018年03月

     単著  共同(主担当)

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 感覚呈示遅れが技能的作業に与える影響

    精密工学会学術講演会  2022年03月

  • 工業製品の相対耐久性と使用済製品の回収率が製品リユース性に及ばす影響

    精密工学会学術講演会  2022年03月

  • フォークリフトシミュレータにおける積載重量感覚

    知覚情報研究会  2021年08月

  • 深層学習を利用した機械加工作業者の動作検知・予測

    2021年度設備管理学会春季研究発表大会  2021年06月

  • フォークリフト訓練システムにおけるシミュレータモデルの同定

    知覚情報研究会  2021年03月

  • 仮想感覚を利用した旋盤作業における熟練技能の解析—仮想視覚の呈示遅れがハンドル操作に及ぼす影響—

    2019年度精密⼯学会春季⼤会学術講演会  2020年03月

  • 人工現実感によるフォークリフト操作の訓練システム

    知覚情報研究会  2019年08月

  • 汎用旋盤における熟練者のハンドル操作能力の評価

    知覚情報研究会  2019年08月

  • 仮想感覚を利用した旋盤加工における熟練技能の解析-仮想視覚の遅れが旋盤作業に与える影響―

    知覚情報研究会  2019年08月

  • 製品を構成する部品の属性データが最適なEOLオプションに及ぼす影響の定量的評価

    2019年度設備管理学会春季研究発表大会  2019年06月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • バーチャルリアリティを利用した技能の解析と訓練

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 障がいを持つ人に対応する身体的動作を伴う機械製作実習を代替するバーチャルシステム

     挑戦的研究(萌芽)   2021年07月 ~ 2024年03月

  • 看取りケアに必要な臨床推論力を育む仮想空間コミュニケーション教材の開発と評価

     基盤研究(C)   2021年04月 ~ 2023年03月

  • モーションキャプチャを利用した実践的な機械加工訓練シミュレータの研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2014年04月 ~ 2017年03月

  • 作業中の動作と力に基づく歯石除去技能の評価システム

    財団法人サタケ技術振興財団  サタケ技術振興財団 大学研究助成金   2014年04月 ~ 2015年03月

  • 歯科治療手技の暗黙知と熟達化

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) (研究分担者)   2010年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 機械システム工学実験Ⅱ/   2017年09月 ~ 現在

  • 金属加工学   2017年04月 ~ 現在

  • 特殊加工学   2017年04月 ~ 現在

  • 機械製作実習   2017年04月 ~ 現在

  • 人間探求学(機械システム)   2017年04月 ~ 現在

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • NC工作機械   2017年04月 ~ 現在

 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度 技能検定委員(機械・プラント製図)   2015年11月 ~ 2016年11月

  • 平成25年度 技能検定委員(機械・プラント製図)   2014年11月 ~ 2015年11月