瀧 健太郎 (タキ ケンタロウ)

TAKI Kentaro

写真a

職名

准教授

生年

1972年

研究分野・キーワード

流域政策・計画

ホームページ

http://www.shiga-rivers.com/

プロフィール

川の日(7月7日)生まれ。大学院修了後、民間企業を経て滋賀県庁勤務(18年間)ののち現職。河川・流域政策の実務を長年にわたって担当した。数多くの川や人との様々な出会いを通じ、川の魅力に取りつかれている。また、どんな川であっても、地域に愛される川こそが“いい川”だと信じている。

現在は、流域の水循環と社会システムとの相互関係に着目し、持続可能な流域社会の実現に向けた政策や計画に関する研究を進めている。流域政策・計画に関する学問分野の体系化を目指す。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学部  土木工学科  1996年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学研究科  土木工学  修士課程  1998年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  神戸大学  2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境政策・計画学科  准教授   2017年04月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学防災研究所  水資源環境研究センター  客員准教授   2021年04月 ~ 現在

  • 株式会社建設技術研究所  東京支社 情報企画部  技師   1998年04月 ~ 1998年12月

  • 滋賀県 水口土木事務所  道路計画課  技師   1999年04月 ~ 2002年03月

  • 滋賀県 土木交通部  河港課  主任技師   2002年04月 ~ 2005年03月

  • 財団法人リバーフロント整備センター  研究第一部  主任研究員   2005年04月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会  

  • 環境社会学会  正会員

  • 日本リスク研究学会  

  • 応用生態工学会  正会員

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 非営利特定法人 碧いびわ湖 理事   2011年05月 ~ 2022年04月

  • 日本河川・流域再生ネットワーク 「小さな自然再生」研究会   2014年06月 ~ 現在

  • 滋賀県 淡海の川づくりフォーラム実行委員会 実行委員長代理   2017年04月 ~ 現在

  • 総合地球環境研究所 共同研究員   2017年06月 ~ 現在

  • 滋賀経済同友会 グリーンインフラ研究会 アドバイザー   2018年04月 ~ 2019年03月

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水工学

  • 自然災害科学・防災学

  • 土木環境システム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 2019年台風19号(令和元年東日本台風)災害を踏まえた治水・環境への提言

    中村 太士, 島谷 幸宏, 大槻 順朗, 関根 秀明, 瀧 健太郎, 西廣 淳, 原田 守啓

    応用生態工学会  応用生態工学  24 (2)   355 ~ 367  2022年03月

    https://doi.org/10.3825/ece.21-00014  共著  

  • An economic value for ecosystem-based disaster risk reduction using paddy fields in the kasumitei open levee system

    Yamada Y., Taki K., Yoshida T., Ichinose T.

    Paddy and Water Environment  Paddy and Water Environment  20   215 ~ 226  2022年01月

    10.1007/s10333-021-00885-0  共著  

    [概要]

    In this article, we examined the value of the traditional Japanese flood control measure that uses a discontinuous levee (kasumitei). By avoiding the use of flood-prone lowlands for inhabitation and allowing floodwater movement through the kasumitei, the cost of building damage can be reduced, and water supply to wetlands can be increased. The purpose of our study was to quantify flood damage cost reductions and the potential gains for wetland species as part of an ecosystem-based disaster reduction initiative. The study was conducted in the Amano River basin in central Japan. First, we applied a drainage model and calculated the flood damage cost reduction in the floodplain from an evaluation of inundation depth differences. As part of an analysis of potential wetness, we identified areas where 1 m of flooding was predicted in rice paddies near kasumitei. We also quantified a topographic wetness index, the ratio of lowlands, and the ratio of poorly drained soil types, all of which would be beneficial to wetland species. We also investigated land-use change in the area and the relevant financial support framework. The results showed that a simulated closed levee system causes greater inundation and exposure to residents, and the value of paddy areas near kasumitei was calculated to be 43,830 JPY/1000 m2/year at the maximum. Even though the paddies tend to be poorly drained, these areas have been continuously used as paddies for the past century even under development pressure. The economic value and habitat potential of kasumitei levee systems have not been considered as part of any previous flood-management policies. We propose these existing flood control areas to be considered in the financial support framework in the context of river basin and ecosystem-based disaster risk reduction management.

  • 河川合流の特性を活かした防災・減災(Eco-DRR)の可能性:那珂川周辺に存在する水田の利活用アイディア

    大澤剛士,瀧健太郎,三橋弘宗

    一般社団法人日本生態学会  保全生態学研究  26 (2)    2022年

    共著  共同(副担当)

    [概要]

    生態系を利用した防災・減災(Ecosystem based Disaster Risk Reduction:Eco-DRR)は、人口減少社会における防災インフラストラクチャー整備の考え方として近年注目が集まっている。国内において大面積を占める土地利用である水田が持つ外水氾濫に対する防災・減災機能は、多面的機能の一部として知られ、近年その評価が進んでいる。水田が持つこの機能を最大限に発揮させるために、外水氾濫が発生しやすい場所を事前に特定し、その周辺の水田を保全しておくことは、一つの有効な手段と考えられる。そこで本研究は、令和元年東日本台風において甚大な被害が発生した那珂川を対象に、河川合流という自然地形に注目し、防災・減災機能が高い水田の立地条件および、現状において治水機能が発揮される可能性について検討した。河川合流は自然河川には必ず存在する地形であり、その周辺は外水氾濫が発生しやすく、その氾濫は地域の生物多様性に貢献すると考えられている。令和元年東日本台風の被害情報から那珂川における越水、溢水の発生地点を入手し、ランダマイゼーションテストによって発生地点の空間分布を検討したところ、データ数は十分でなかったものの、合流点の周辺1kmの範囲内は豪雨時に外水氾濫が発生しやすい傾向が見られた。続いて、合流点周辺1kmにおける現状の土地利用を定量評価したところ、合流点の周辺における水田比率は全域に比してわずかに低かったものの、一定面積が存在していた。さらに現存植生図を用いて合流点周辺1kmに成立する植生パタンを検討したところ、外水氾濫に影響を受けていると考えられる湿性植生が多い傾向がみられた。少なくとも那珂川において、河川の合流点周辺の水田を保全することは、外水氾濫の発生時には被害を軽減し、平常時には食料生産、生物多様性保全を実現する等、多様な生態系サービスを期待できると考えられた

  • 球磨川周辺における令和2年7月豪雨犠牲者の被災要因に関する聴き取り調査

    藤原未奈,早崎水彩,北村美香,上原三知,瀧健太郎,牧野厚史,嘉田由紀子

    環境社会学会  環境社会学研究  (27)   242 ~ 249  2021年12月

    共著  共同(副担当)

    [概要]

    洪水災害での犠牲者はどのような状況で生じるのか。2020(令和2)年7月3日深夜から4日午前にかけ,梅雨末期の線状降水帯に伴う記録的豪雨により球磨川流域では甚大な氾濫と土砂災害が発生した。4ヵ所の降雨観測局(神瀬・人吉・多良木・久連子)では,戦後最大の被害をもたらした昭和40年7月豪雨を超える降雨量を記録した(九州地方整備局,2020)。球磨川本川上流域の被害は比較的少なかったものの,本川では2箇所で堤防が決壊し,川辺川合流付近から球磨川中流部では浸水被害や家屋倒壊が至る所で発生した(浸水被害約1,150ha,約6,280戸)。当該豪雨による関連死者65名のうち,球磨川流域での犠牲者は50名(行方不明者1名)と推測される。内訳は,八代市4名,芦北町1名,球磨村25名(一勝地地区6名,神瀬地区3名,渡地区2名,千寿園14名),人吉市20名(上薩摩瀬町1名,下薩摩瀬町5名,上青井町1名,下青井町3名,下林町4名,紺屋町2名,老神町2名,相良町1名,中神町1名)である。死因は49名が水死,1名が多発外傷である。うち,65歳以上が43名で86%を占めている。以下では地区別に詳細な災害死の状況を述べ(第3節),本災害で何が生死をわけたかを資料として提示したい(第4節)。本稿は,嘉田(1995)をベースとし,犠牲者に置かれた状況に可能な限り寄り添い,収集した被災要因群から被災構造を総体として明らかにするための基礎作業である。

  • d4PDF領域気候モデルと洪水流出解析による流域を俯瞰した洪水規模・頻度の分布特性の分析

    原田守啓, 瀧健太郎

    公益社団法人土木学会  土木学会論文集B1(水工学)  77 (2)   I_1027 ~ I_1032  2021年12月

    共著  共同(副担当)

  • 令和2年7月豪雨時に農業利水施設が球磨川流域の洪水流出・氾濫に与えた影響

    早崎 水彩, 前川 勝人, 瀧 健太郎

    公益社団法人土木学会  土木学会論文集B1(水工学)  77 (2)   I_451 ~ I_456  2021年12月

    https://doi.org/10.2208/jscejhe.77.2_I_451  単著  

    [概要]

    本研究では,令和2年7月豪雨で甚大な被害を受けた球磨川流域を対象に,中流部にある農業利水施設(幸野溝・百太郎溝)が洪水流出・氾濫に与えた影響を推定した.両水路は球磨川の左岸側を並走し,平面交差・立体交差・サイフォンなど多様な形式で支川群を横断する.降雨・流出~流下~氾濫の一連過程を表現できるモデルを構築し,両水路がある場合(現況)と仮になかった場合を想定し解析した.結果,両水路があることで,平面交差をしない支川では洪水が緩和されたものの,排水先支川では早い段階から水位が上昇し,本川ではピーク水位が僅かに高まった.また,両水路周辺では氾濫域が減少する一方で,本支川合流部に氾濫が集中する傾向も確認された.流域治水の計画にあたっては,長大な農業利水施設の影響は無視できず陽に考慮することが望ましい.

  • A nature-based approach to mitigate flood risk and improve ecosystem services in Shiga, Japan

    Huang W., Hashimoto S., Yoshida T., Saito O., Taki K.

    Ecosystem Services  Ecosystem Services  50    2021年08月

    10.1016/j.ecoser.2021.101309  共著  

    [概要]

    The increased frequency of extreme rain events due to climate change has garnered attention in Japan. In 2018, the country enacted the Act of Climate Change Adaptation to formulate plans at national and local levels. The government has suggested the use of nature-based solutions (NBSs) across the country to address the increased risk of natural disasters. This study employs scenario analysis to examine the effectiveness of NBSs for the mitigation of flood risk and their implications on the provision of ecosystem services (ESs). Shiga prefecture in Japan enacted its own ordinance in 2015. This ordinance considers existing land use and building regulations to mitigate flood risk. The quantitative analysis assumes nine scenarios up to the year 2050, combining the current policy of Shiga and our original assumption of advance policy options to evaluate the future flood risk and ES. The analysis revealed that land use management can partially mitigate the flood risk by banning new residences and relocating residential land from flood-prone areas to safer areas and converting residential land into forest and paddy fields. It also suggests that both flood risk mitigation and provision of ESs can be further improved if local governments introduce a residence growth management strategy.

  • 霞堤の治水機能の評価方法および 流域治水計画における位置付けに関する一考察

    瀧健太郎,中村亮太,原田守啓,田中耕司

    公益社団法人土木学会  河川技術論文集  27   557 ~ 562  2021年06月

    https://doi.org/10.11532/river.27.0_557  共著  共同(主担当)

    [概要]

    Using the integrated hydraulic model, we evaluated the disaster reduction functions of the open levees in the Kita River (Fukui Pref. Japan) and Ado River (Shiga Pref. Japan). As a result, it was clarified that the open levee system is effective not only in lowering the peak water level at the planning reference point, but also in preventing embankment breakage of the main river, draining inland and flooded water, and limiting the flooded area. For social implementation, it was proposed that the effect of open levee should be evaluated by the amount of damage reduction in the river basin. We also suggested that the open levees should be managed with a planning system separate from the traditional and unchanging river planning under River Low like other countermeasures in watershed and floodplain.

  • 霞堤が形成する堤内遊水地の洪水調節機能に関する基礎的検討

    瀧健太郎,泉野珠穂,松田哲裕

    公益社団法人土木学会  河川技術論文集  27   87 ~ 92  2021年06月

    https://doi.org/10.11532/river.27.0_87  共著  共同(主担当)

    [概要]

    We examined how the hydraulic effect of the open levee system changes depending on the riverbed gradient, the surrounding topography, the width of the section without the embankment, and the length, height, and angle of the second embankment. Using a two-dimensional analysis model, we verified the effectiveness not only for design floods but also for excess floods. In all cases, a single open levee did little to reduce the peak discharge of the river for planned floods. It was found that by setting the length of the levee appropriately for excessive floods, it is effective in reducing the peak discharge of the river while preventing the embankment from breaking. However, overflow from the upper reaches of the retarding basin is permitted because it’s the “open levee”.

  • 滋賀県内自治会における地域防災力の変化要因に関する考察

    平山 奈央子, 瀧 健太郎

    公益社団法人土木学会  土木学会論文集F6(安全問題)  77 (2)   I_108 ~ I_113  2021年

    https://doi.org/10.2208/jscejsp.77.2_I_108  共著  

    [概要]

    近年,激甚化・頻発化する豪雨水害を背景に,水防災意識や地域防災力の向上が重要である.本研究は,地域防災力の変化に影響を与える要因を明らかにすることを目的として,滋賀県内の全自治会を対象として実施されたアンケート調査の回答を用いて,地域防災力の約10年間の変化を把握し,その要因を分析した.その結果,消防団等もしくは行政との連絡頻度,洪水ハザードマップの確認状況が向上(低下)した自治会は地域防災力の全ての要素が向上(低下)する傾向にあった.一方,自主防災組織の有無の変化は影響を与える項目が少なかったが,水害危険度上昇時の避難誘導活動との間に正の関係が見られた.自主防災組織の存続が難しい現代社会において,避難誘導や安否確認など命に関わる活動を可能な限り義務的に進める段階にあることが示唆された.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Green Infrastructure and Climate Change Adaptation

    Futoshi Nakamura, Ayumi Onuma, Kentaro Taki, Takeshi Osawa, Takaaki Nishida, et.al

    Springer  2022年01月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 人と生態系のダイナミクス5 河川の歴史と未来

    西廣淳,瀧健太郎,原田守啓,宮崎佑介,河口洋一,宮下直

    朝倉書店  152p  2021年09月

    単行本(学術書)  共著

  • 関西広域連合10周年記念誌〜関西から新時代をつくる!〜

    瀧健太郎

    関西広域連合  242p  2021年03月

    調査報告書  分担執筆

  • 2019年台風19号(令和元年東日本台風)災害を踏まえた応用生態工学災害調査団の活動 報告書

    中村太士, 島谷幸宏, 大槻順朗, 倉本宣, 関根秀明, 瀧健太郎, 西廣淳, 原田守啓

    公益社団法人応用生態工学会  71p  2021年03月

    調査報告書  分担執筆

  • 2019年台風19号(令和元年東日本台風)災害を踏まえた治水・環境への提言

    中村太士, 島谷幸宏, 大槻順朗, 関根秀明, 瀧健太郎, 西廣淳, 原田守啓

    公益社団法人応用生態工学会  24p  2021年01月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 実践版!グリーンインフラ

    桑江朝比呂, 瀧健太郎, 中村太士, 西田貴明, 西廣淳, 福岡孝則, 吉田丈人 他

    日経BP社  2020年07月

    単行本(学術書)  共編者

  • グリーンインフラ技術レポート

    吉田丈人, 小笠原 奨悟, 西田 貴明, 渡邊 敬史,瀧 健太郎 他

    総合地球環境学研究所EcoDRRプロジェクト  2020年06月

    調査報告書  単著

  • できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生事例集 第2集

    三橋弘宗,原田守啓,瀧健太郎 他

    日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)  2020年03月

    啓蒙書  共著

  • リスク学辞典

    日本リスク研究学会編,瀧健太郎,久保英也

    丸善出版  2019年06月

    事典・辞書  分担執筆

  • 琵琶湖・淀川流域における課題と解決の方向性について - 地域の個性を活かす流域ガバナンスの実現に向けて -

    琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会(座長:中川博次)

    関西広域連合  2016年09月

    調査報告書  その他

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県が先導する「流域治水」

    瀧健太郎

    日経BP社  日経コンストラクション  752   36 ~ 39  2021年01月

     単著  

  • Evolving Issues Toward Improvement of the Lake Biwa–Yodo River Basin Governance

    Masahisa Nakamura, Keiko Wada, Kentaro Taki, Naoko Hirayama

    Springer, Cham  Lake Biwa: Interactions between Nature and People 2nd Edition   485 ~ 528  2020年08月

    10.1007/978-3-030-16969-5_6  共著  

  • 滋賀県における流域治水の導入プロセス:河川管理と氾濫原管理

    瀧健太郎

    公益社団法人日本水環境学会  水環境学会誌  43 (8)   267 ~ 270  2020年08月

     単著  

  • 流域治水とグリーンインフラ

    瀧健太郎

    都市計画協会  新都市  74 (5)   1 ~ 5  2020年05月

     単著  

  • 流域から考える治水のあり方

    瀧健太郎

    公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所  都市問題  111 (2)   21 ~ 27  2020年02月

     単著  

  • これからの多自然川づくり~中小河川の役割

    瀧健太郎

     RIVER FRONT  88   6 ~ 8  2019年02月

     単著  

  • 氾濫原管理とグリーンインフラ―滋賀県版流域治水の政策的意義―

    瀧健太郎

     水循環 貯留と浸透  (109)   4 ~ 8  2018年06月

     単著  

  • 滋賀県独自の水害リスク評価指標「地先の安全度」

    瀧健太郎,山浦浩太

     土木學會誌  97 (5)   70 ~ 71  2012年05月

     共著  

  • 滋賀県発、水害を軽減するまちづくり

    真鍋政彦,瀧健太郎

    日経BP社  日経コンストラクション  507   68 ~ 70  2010年11月

     共著  

  • 水害に強い地域づくり--流域治水対策の取組

    西嶌照毅,西山 康弘,瀧健太郎

    都市計画協会  新都市  64 (11)   61 ~ 64  2010年10月

     共著  

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 愛知川扇状地帯のコウノトリ生息地に対する水利用可能性

    日本生態学会第68回全国大会  2021年03月

  • 水辺の小さな自然再生〜魅力的な川まちづくり

    「目田川でほたるの自生をめざす小さな自然再生」講演会  2021年03月

  • 滋賀県版流域治水〜基本コンセプトと展望〜

    第18回防災研究会  2021年03月

  • グリーンインフラと流域治水

    社会資本整備審議会及び交通政策審議会 環境部会及び技術部会 グリーン社会WG(第2回)  2021年03月

  • 流域治水の展望と課題

    2020年度第6回研究会「淀川水系の流域治水を考える〜どうすれば命も環境も守れるのか〜」  2021年03月

  • 小さな自然再生と流域治水

    静岡県地域づくり発表会2020  2021年02月

  • 小さな「流域治水」のススメ

    KAWAREL MIZUBERING CAMPUS公共越境力養成講座 DAY6  2021年01月

  • 流域治水と多自然川づくり

    第28回リバーフロント研究所研究発表会  2020年12月

  • グリーンインフラの視点から流域治水を考える

    グリーンインフラ官民連携プラットフォーム プレナリーセッション(合同部会)  2020年12月

  • 流域治水対策の評価〜EcoDRRの視点から〜

    公開座談会「気候変動時代の自然環境保全と水防災」  2020年12月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県子ども観光パンフレット「わくわく どきどき」しが探検

    滋賀県子ども観光パンフレット編集委員会,朝比奈遥,矢野由季子,瀧健太郎

     その他    2019年03月

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第22回河川生態学術研究発表会 最優秀ポスター賞

       国内学会・会議・シンポジウム等の賞  河川生態学術研究会  共同(副担当)  2019年11月

  • 土木学会関西支部技術賞

     氾濫原における水害危険度分布に基づく洪水対策の評価法とその適用  その他の賞  公益社団法人土木学会関西支部  単独  2013年05月

  • 2010年度・河川技術に関するシンポジウム 優秀発表者賞

     中小河川群の氾濫域における減災型治水システムの設計  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  土木学会水工学委員会河川部会  単独  2010年06月

  • 第30回 滋賀県土木技術発表会 奨励賞

     超過洪水を考慮した減災対策の評価方法に関する研究  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  滋賀県  単独  2008年12月

  • 2007年度応用生態工学会研究発表会 ポスター発表 一般投票部門賞及び選考委員会賞

     絶滅危惧藻類チスジノリの生息適地を最大化する流量の推定  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  応用生態工学会  共同(副担当)  2007年09月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な流域社会の実現に向けた政策研究

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • 人口減少時代における気候変動適応としての生態系を活用した 防災減災(Eco-DRR)の評価と社会実装

    大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所  共同研究   2018年04月 ~ 2023年03月

 
 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県農政水産部水産課  愛知川内水面振興協議会  委員   2019年01月 ~ 現在

  • 公益財団法人リバーフロント研究所  100年先の将来を見据えた河川のあり方研究会  委員   2018年11月 ~ 現在

  • 長浜市  環境基本計画策定委員会  委員長   2018年03月 ~ 2019年03月

  • 公益財団法人リバーフロント研究所  多自然型川づくり技術検討会  委員   2017年11月 ~ 2019年03月

  • 関西広域連合  琵琶湖・淀川流域に係る研究会・部会  委員   2017年05月 ~ 2020年03月

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 手づくり市民メディア あまいろだより 40 特集「川と暮らしとハザードマップ」」   2019年12月

  • よさの未来大学 講師   2019年09月

  • 日本水道新聞 「防災の日」特集   2019年08月

  • 滋賀県立守山中学校・高等学校 SGH・SSH   2015年04月 ~ 2020年03月

  • 「小さな自然再生」研究会 委員   2012年06月 ~ 現在

全件表示 >>