大野 光明 (オオノ ミツアキ)

ONO Mitsuaki

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

歴史社会学、社会運動論、沖縄、軍事化、「戦後」史

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.arsvi.com/w/om14.htm

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  先端総合学術研究科  博士課程  2012年09月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)  立命館大学  2012年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  准教授   2017年04月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  国際平和ミュージアム 平和教育研究センター  リサーチャー   2018年04月 ~ 現在

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会学会  

  • 日本平和学会  

  • 同時代史学会  

  • 文化社会学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 史学一般

  • 社会学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 社会運動研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 「危機の時代」において沖縄を生きるということ

    大野光明

    明治学院大学国際平和研究所  PRIME  (42)   3 ~ 14  2019年03月

    単著  

  • 太平洋を越えるベトナム反戦運動の軍隊『解体』の経験史——パシフィック・カウンセリング・サーヴィスによる沖縄での運動を事例に

    大野光明

    立命館大学国際平和ミュージアム  立命館平和研究  (20)    2019年03月

    単著  

  • 運動のダイナミズムをとらえる歴史実践——社会運動史研究の位置と方法

    大野光明

     社会運動史研究  (1)   47 ~ 64  2019年02月

    単著  

著書 【 表示 / 非表示

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • インタビュー 谷合佳代子さん 社会運動アーカイブズの現在

    谷合佳代子, 大野光明, 小杉亮子

     社会運動史研究  (1)   106 ~ 116  2019年02月

     共著  

  • 座談会 社会運動史をともにつくるために――問題意識と争点

    阿部小涼, 安岡健一, 大野光明, 小杉亮子, 松井隆志

     社会運動史研究  (1)   65 ~ 90  2019年02月

     共著  

  • 文学的想像力が世界をつくる――沖縄を生きるために 新城郁夫『沖縄に連なる』

    大野光明

     図書新聞  (3384)    2019年01月

     単著  

  • 下半期読書アンケート

    大野光明

     図書新聞  (3332)    2018年12月

     単著  

  • 「1968年」をどう歴史化するか

    大野光明

    同時代史学会  同時代史研究  (11)   83 ~ 86  2018年12月

     単著  

  • 廃墟のなかで戦後思想を検証し、鍛え直すために

    大野光明

     読書人  (3262)    2018年10月

     単著  

  • 上半期読書アンケート

    大野光明

     図書新聞  3360    2018年07月

     単著  

  • 宇川とわたし——これまでとこれからに思いをはせる

    大野光明, 永井友昭

    スワロウカフェ  Hello! Ukawa  (6)   2 ~ 7  2018年06月

     共著  

  • あたらしい人との暮らし(1)ーー命の力に変えられて

    大野光明

    ジャパンマシニスト社  Chio通信  (4)   4 ~ 5  2018年01月

     単著  

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 文書史料から見たハンパク

    立命館大学国際平和ミュージアム・メディア資料研究会  2019年02月

  • 問題提起

    タテカンの撤去は必要か!?  2019年01月

  • 沖縄と日本国憲法、あるいは民主主義

    実はあんまり知らない沖縄のコト  2018年10月

  • 宇川の米軍基地建設問題

    丹後・宇川のおむすびを食べながら話す会  2018年10月

  • コメント

    自衛隊の地域社会史プロジェクト第1回研究会  2018年08月

  • コメント

    グローバルヒバクシャ分科会、日本平和学会 2018年度秋季研究集会  2018年06月

  • 脱軍事化の実践と経験--1970年代、沖縄へ渡ったアメリカ人反戦運動(パシフィック・カウンセリング・サーヴィス)を事例に

    日本平和学会 2018年度秋季研究集会  2018年06月

  • 軍事基地があるということ

    喫茶・辺野古リレー  2018年06月