後藤 崇志 (ゴトウ タカユキ)

Goto Takayuki

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

自己制御、動機づけ、感情

ホームページ

http://g01beza.web.fc2.com/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  教育学部  教育科学科  2010年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  教育学研究科  教育科学専攻  修士課程  2012年03月

  • 京都大学  教育学研究科  教育科学専攻  博士課程  2015年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学)  京都大学  2015年03月

  • 修士(教育学)  京都大学  2012年03月

  • 学士(教育学)  京都大学  2010年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  講師   2019年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  助教   2017年04月 ~ 2019年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会心理学会  

  • 日本心理学会  

  • 日本教育心理学会  

  • Society for Personality and Social Psychology  

  • 日本パーソナリティ心理学会  

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学

  • 教育心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 親の学習観と子の学習への取り組みの関連の予備的検討

    後藤崇志, 石橋優也, 後藤大樹

     日本教育工学会論文誌  44(Supp.)   125 ~ 128  2021年02月

    10.15077/jjet.S44080  共著  共同(主担当)

    [概要]

    本研究では,小・中学生とその親を対象とした調査を行い,親の学習観と子どもの学習への取り組みとの間に関連が見られるかを検討した.具体的には,親が持つ学習観(経験的で深い学習観,学校依存で浅い学習観)と,子どもの達成目標(マスタリー目標,パフォーマンス接近目標,パフォーマンス回避目標)と学習アプローチ(深いアプローチ,浅いアプローチ)の間に関連が見られるかを検討した.その結果,親が経験的で深い学習観を持つほど,子どもは学習内容を知識と結びつけるような学習アプローチを取りやすいなど,親の学習観と子どもの学習への取り組みとの間には一定の関連が示された.

  • 全国学力・学習状況調査「小学校理科」の教科横断的分析

    加納圭, 後藤崇志, 塩瀬隆之

     科学教育研究  44   77 ~ 85  2020年07月

    10.14935/jssej.44.77  共著  共同(主担当)

    [概要]

    Of recent, cross-curricular education has achieved greater importance. The present research aimed to obtain the psychometric properties of the nationwide achievement assessments on science, reading and mathematic literacy by analyzing the response data provided by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology in Japan. The data includes all of the sixth grade (1,066,295) students in Japan in the 2018 academic year. We randomly picked up 500,000 students from the data set. The results of a factor analysis showed that the science assessment test might be assessing a combination of reading skills, mathematics skills and scientific skills, although the reading and mathematics test assessed each skill specifically. To obtain a more detailed picture, we compared the correct answer rates among 4 groups of students; the higher-scientific-higher-reading skills group, the higher-scientific-lower-reading skills group, the lower-scientific-higher-reading skills group and the lower-scientific-lower-reading skills group. The results suggested that all questions in the science assessment tests required reading skills. Moreover, in some questions, reading skills could complement scientific skills to answer them. These results suggest that we should be careful when dealing with the science assessment test; instead of just using the answer rate as the index of scientific skills, it would be better to use a weighted factor score in order to find out more about students’ achievements by assessing three skills independently.

  • 親の学習観が子の学業達成に果たす役割についての文化的再生産論に基づく検討

    後藤崇志・石橋優也

     パーソナリティ研究  28   187 ~ 197  2020年03月

    10.2132/personality.28.3.2  共著  共同(主担当)

  • 「セルフコントロールが得意」とはどういうことなのか―「葛藤解決が得意」と「目標達成が得意」に分けた概念整理

    後藤崇志

     心理学評論  63   129 ~ 144  2020年

    単著  共同(主担当)

  • 間接的な要求は直接的な要求と同様に服従を引き起こすのか―Stanley Milgramの実験パラダイムを用いた「忖度」の心理学実験

    廣野優一郎・細馬宏通・後藤崇志

     人間文化  47   13 ~ 22  2019年12月

    共著  共同(副担当)

  • How science, technology and innovation can be placed in broader visions - Public opinions from inclusive public engagement activities

    Kano K., Kudo M., Yoshizawa G., Mizumachi E., Suga M., Akiya N., Ebina K., Goto T., Itoh M., Joh A., Maenami H., Minamoto T., Mori M., Morimura Y., Motoki T., Nakayama A., Takanashi K.

    Journal of Science Communication  Journal of Science Communication  18 (3)    2019年06月

    10.22323/2.18030202  共著  

    [概要]

    © The Author(s). This study investigates how different segments of the public, with varying degrees of interest in S & T, could formulate opinions on a broader vision and the role they think STI should play in Japanese society through 2020 (Tokyo's Olympic and Paralympic year) and toward 2030. We conducted nine inclusive public engagement activities. Results indicated that the broad public opinions did not completely overlap with officials' opinions, a value of "open and appropriate" was mainly found from the unengaged public, and the visions and values based on their opinions could well be incorporated into the official document. Engaging the disinterested in S & T remains an issue.

  • Trait-related concepts activate stereotypically consistent concepts on the same stereotype dimension, but may not spread to the other stereotype dimension.

    Takayuki Goto, Kenshiro Ichimura, Ryunosuke Oka, Yuta Kawamura, Takashi Kusumi

     Japanese Psychological Research  61 (2)   83 ~ 93  2019年04月

    10.1111/jpr.12247  共著  共同(主担当)

  • グローバルMOOCを用いた反転授業の事例研究―日本人学生を想定した授業デザインと学生の取り組みの個人差.

    田口真奈・後藤崇志・毛利隆夫

     日本教育工学会論文誌  42   155 ~ 169  2019年02月

    10.15077/jjet.42074  共著  共同(副担当)

  • 学習者の社会経済的背景による大規模公開オンライン講座(MOOC)受講動機の違い―7つのコースのデータを用いたメタ分析的検討

    後藤崇志, 田口真奈

     人間環境学研究  16 (1)   17 ~ 23  2018年07月

    10.4189/shes.16.17  共著  共同(主担当)

  • Belief in free will indirectly contributes to the strategic transition through sympathetic arousal

    Takayuki Goto, Yuya Ishibashi, Shogo Kajimura, Ryunosuke Oka, Takashi Kusumi

     Personality and Individual Differences  128   157 ~ 161  2018年04月

    10.1016/j.paid.2018.02.036  共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 公認心理師の基礎と実践 第8巻 学習・言語心理学

    楠見孝 編

    遠見書房  2019年09月

    教科書  分担執筆

  • はじめての心理学概論―公認心理師への第一歩

    古見文一, 小山内秀和, 樋口洋子, 津田裕之編

    ナカニシヤ出版  2019年03月

    教科書  分担執筆

  • たのしいベイズモデリング―事例で拓く研究のフロンティア

    豊田秀樹編

    北大路書房  2018年10月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 教職教養講座 第8巻 教育心理学

    楠見 孝編

    協同出版  2018年06月

    教科書  分担執筆

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 研究科長賞

       その他の賞  京都大学大学院教育学研究科  単独  2014年11月

  • 若手研究者奨励賞

       国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本社会心理学会  単独  2012年02月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 人の主体的なふるまいに関する心理学研究

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 「絵を描く」方略により教科を越えたコンピテンシーを身につける学習教材の開発

    滋賀県立大学  教育研究高度化促進費   2020年05月 ~ 2021年03月

  • セルフコントロールの個人差はどのように好ましい行動習慣を形成するのか

    日本学術振興会  科学研究費補助金(若手)   2019年04月 ~ 2022年03月

  • 多様な文化環境の中で学ぶ意欲を高める枠組みの構築

    博報財団  第14回児童教育実践についての研究助成   2019年04月 ~ 2020年03月

  • 正課外教育による地域レベルでの教育文化醸成の試み

    滋賀県立大学  SDGs特化型地域課題研究   2018年08月 ~ 2019年03月

  • 理科の見方・考え方が習得できる科学教育プログラム開発とICTを用いた評価指標構築

    日本学術振興会  科学研究費補助金(基盤B)   2018年04月 ~ 2022年03月

全件表示 >>

 
 

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 日本パーソナリティ心理学会 経常的交流委員会  委員   2015年09月 ~ 現在

学外の社会活動 【 表示 / 非表示