榎本 洸一郎 (エノモト コウイチロウ)

ENOMOTO Koichiro

写真a

職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(システム情報科学)  公立はこだて未来大学  2014年03月

  • 修士(システム情報科学)  公立はこだて未来大学  2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  電子システム工学科  講師   2019年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  工学部  電子システム工学科  助教   2018年04月 ~ 2019年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 公立はこだて未来大学  研究員   2014年04月 ~ 2014年05月

  • 新潟大学  大学院自然科学研究科  助教   2014年06月 ~ 2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電気情報通信学会  

  • 日本水産学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Study of Bottom Sediment Classification System Using Seabed Images

    J. Kitagawa, K. Enomoto, M. Toda, K. Miyoshi, Y. Kuwahara,

     Sensors and Materials    2019年03月

    共著  共同(副担当)

  • Productivity and thallus toughness trade-off relationship in marine macroalgae from the Japan Sea

    Sakanishi Y., Kasai H., Enomoto K., Toda M., Tanaka J.

    Phycological Research  Phycological Research    2019年01月

    10.1111/pre.12375  共著  

    [概要]

    © 2019 Japanese Society of Phycology Trade-offs are considered key to understanding mechanisms supporting the coexistence of multiple plant species. Thus, understanding the mechanisms underlying trade-offs is expected to contribute to conservation and management of macroalgal beds composed of diverse macroalgae of rocky shore ecosystems. To test the occurrence of trade-offs between productivity and thallus toughness as well as pair-wise thallus trait relationships that are expected to indirectly relate to any trade-offs, traits and relationships for 13 species of macroalgae from the central area along the Japan Sea coast of Honshu, Japan were examined. In each species we examined for photosynthetic capacity per unit biomass (as A mass ) and nitrogen (i.e., photosynthetic nitrogen-use efficiency, PNUE), nitrogen content (as N mass ), thallus mass per unit thallus area (as TMA) and force required to penetrate the thallus (as F p , a common index of leaf toughness in land plants by punch test). A significant negative correlation indicating a trade-off between productivity and thallus toughness was found between A mass or PNUE and F p . Pair-wise relationships that were expected to indirectly relate to the trade-off were as follows. A mass was positively correlated with N mass . Thalli with high N mass extensively utilizing nitrogen in the photosynthetic parts, and consequently exhibiting elevated metabolic rates. Moreover, thalli with high N mass tended to be associated with low TMA, and N mass decreased with increasing TMA. A significant negative correlation was observed between TMA and A mass or PNUE because of the linkage of high A mass or PNUE with high N mass and high N mass associated with low TMA, while a significant positive correlation was observed between TMA and F p . The two correlations indicate a physiological and structural trade-off, which underlies the interdependency of thallus traits. Results of multivariate analyses also indicated that the thallus traits interdependently vary across a single axis based on the trade-off.

  • Fluorescent Staining for Detecting Larvae of the Japanese Scallops Mizuhopecten Yessoensis

    K. Enomoto, M. Toda, Y. Shimizu, Y. Kuwahara

     Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers    2018年12月

    共著  共同(主担当)

  • Effect of seawater turbulence on formation of coral primary polyp skeletons

     Shinya Iwasaki, Atsushi Suzuki, Akira Iguchi, Osamu Sasaki, Harumasa Kano, Yoshikazu Ohno, Koichiro Enomoto

     Coral Reefs    2018年03月

    共著  共同(副担当)

  • Convolutional Neural Networkを用いた海底画像からの底質判別手法

    北川純,榎本洸一郎,戸田真志,三好晃治,桒原康裕

     精密工学会誌  83 (12)   1172 ~ 1177  2017年12月

    共著  共同(主担当)

  • Circatidal activity rhythms in the soldier crab Mictyris guinotae

    T. Moriyama, K. Enomoto, H. Kawai, S. Watanabe

     Biological Rhythm Research  48 (1)   129 ~ 139  2017年01月

    共著  共同(副担当)

  • Visual image of neighbors to elicit wandering behavior in the soldier crab

    T. Moriyama, J. Mashiko, T. Matsui, K. Enomoto, T. Matsui, K. Iizuka, M. Toda, and Y. P. Gunji

     Artificial Life and Robotics  21 (3)   247 ~ 252  2016年09月

    共著  

  • 動画を用いた対人コミュニケーションにおける第一印象形成に対する客観的評価の検討

    山﨑達也,前原謙一,榎本洸一郎

     日本顔学会誌  15 (2)   131 ~ 138  2015年10月

    共著  共同(副担当)

  • Extraction Method of Scallop Area from Sand Seabed Images

    K. Enomoto, M. Toda, and Y. Kuwahara

     IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems  97 (1)   130 ~ 139  2014年01月

    共著  共同(主担当)

  • ミナミコメツキガニの群行動解析のための密な隣接を考慮した分布推定

    榎本洸一郎,西山雄大,戸田真志,郡司ペギオ幸夫,森山徹,飯塚浩二郎

     画像電子学会誌  42 (2)   229 ~ 237  2013年03月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 水産業支援のための画像処理技術とその利用

    戸田真志,榎本洸一郎

     情報処理学会    2019年03月

     共著  共同(副担当)

  • 水産物の画像計測

    榎本洸一郎,戸田真志

     精密工学会    2018年12月

     共著  共同(主担当)

  • タッチ教示を用いた画像計測支援システム

    榎本 洸一郎,戸田 真志,川崎 琢磨,清水 洋平

     画像ラボ    2017年09月

     共著  共同(主担当)

  • ミナミコメツキガニの群行動解析のための密な隣接を考慮した分布推定

    榎本 洸一郎、西山 雄大、戸田 真志、郡司 ペギオ幸夫、森山 徹、飯塚 浩二郎

     画像ラボ    2014年06月

     共著  共同(主担当)

  • コンブ漁業支援を目的とした水中映像からの海藻類抽出

    戸田真志,萩沢武志,榎本洸一郎,田村正勝,木村賢史,武田榮

     画像ラボ    2012年07月

     共著  

  • 殻縁特徴とその空間分布を利用した砂場環境でのホタテ領域抽出手法

    戸田真志,榎本洸一郎,桒原康裕

     画像ラボ    2012年06月

     共著  共同(副担当)

  • 動物とロボットが紡ぎ出す創発-兵隊ガニとロボットは社会を作れるか-

    飯塚浩二郎,森山徹,松井俊憲,榎本洸一郎,戸田真志,郡司幸夫

     日本ロボット学会    2010年05月

     共著  

  • 水産資源量調査を目的とした海底画像からのホタテ領域抽出

    戸田真志,榎本洸一郎,桒原康裕

     画像ラボ    2009年07月

     共著  共同(副担当)

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • ICPアルゴリズムを用いた3次元点群からのホタテガイ検出手法の検討

    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2019)  2019年03月

  • UAVによる水底地形計測のための水面反射軽減手法の検討

    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2019)  2019年03月

  • 半教師あり学習を用いた海底画像からの底質判別手法

    ViEW2018ビジョン技術の実利用ワークショップ  2018年12月

  • 逐次分散変更を利用したカルマンフィルタによる水中映像の画質改善

    ViEW2018ビジョン技術の実利用ワークショップ  2018年12月

  • 海中3次元計測による養殖ホタテガイの成育管理システムの検討

    マリンITワークショップ2018  2018年08月

  • 半教師あり学習を用いた海底環境可視化システムの開発

    マリンITワークショップ2018  2018年08月

  • UAV を利用したCNN による干潟の地形判別手法の検討

    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2018)  2018年03月

  • タッチ教示による角層細胞計測支援システムの開発と評価

    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2018)  2018年03月

  • UAV を用いた海底面地形推定のための水面反射軽減手法

    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2018)  2018年03月

  • カルマンフィルタを用いた水中動画像の画質改善

    動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2018)  2018年03月

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 画像処理装置

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 画像計測システムによる観測技術の確立

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • ICT技術による噴火湾養殖ホタテガイ生育状況モニター技術開発

    農林水産省  革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)   2017年04月 ~ 2020年03月

  • 効率的で頑健な地まきホタテガイ漁業を支える海底可視化技術開発

    農林水産省  革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)   2016年04月 ~ 2019年03月

  • UAVを用いた海洋環境モニタリングのための環境推定手法

    文部科学省  科学研究費補助金(若手研究B)   2016年04月 ~ 2019年03月

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • 角層細胞の形状パラメーターの自動計測

    ㈱CIEL  共同研究   2017年04月 ~ 2018年03月

  • 新幹線高架上残雪検出装置の開発

    東テク株式会社  共同研究   2017年04月 ~ 2018年03月

  • マルチコプタを用いた果樹園農場での情報収集とデータ可視化の研究

     受託研究   2015年06月 ~ 2017年03月

  • サンプリング調査のためのユーザー支援型画像計測システムの開発

     受託研究   2015年06月 ~ 2016年03月

  • ホタテガイ採苗安定化技術開発

     共同研究   2015年04月 ~ 現在

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェースシンポジウム2017(HIS2017)奨励賞  ヒューマンインタフェースシンポジウム  2017年09月

  • 高柳健次郎財団研究奨励賞  高柳健次郎財団  2015年01月

  • 第26回UBI研究発表会優秀論文賞  情報処理学会  2010年06月