畑山 翔 (ハタヤマ ショウ)

HATAYAMA Sho

写真a

職名

講師

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活栄養学科  講師   2019年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活栄養学科  助教   2018年04月 ~ 2019年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会  

  • 日本栄養・食糧学会  

  • 日本食品微生物学会  

  • 日本ビタミン学会  

  • 日本アミノ酸学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Bacterial Contamination of Hemodialysis Devices in Hospital Dialysis Wards.

    Shimohata T, Mawatari K, Uebanso T, Honjo A, Tsunedomi A, Hatayama S, Sato Y, Kido J, Nishisaka R, Yoshimoto A, Yamashita T, Amano S, Maetani-Yasui M, Iba H, Harada Y, Nakahashi M, Yasui-Yamada S, Hamada Y, Nakagawa T, Sogabe M, Emoto T, Akutagawa M, Okahisa T, Kinouchi Y, Takahashi A

     Journal of Medical Investigation    2019年

    共著  

  • Host cellular unfolding protein response signaling regulates Campylobacter jejuni invasion.

    Tentaku A, Shimohata T, Hatayama S, Kido J, Nguyen AQ, Kanda Y, Fukushima S, Uebanso T, Iwata T, Mawatari K, Harada N, Takahashi A

     PloS One    2018年

    共著  

  • Cellular Tight Junction Prevent Effective Campyobacter jejuni Invasion and Inflammatory Barrier Disruption Promoting Bacterial Invasion from Lateral Membrane in Polarized Intestinal Epithelial Cells.

    Hatayama S, Shimohata T, Amano S, Kido J, Nguyen AQ, Sato Y, Kanda Y, Tentaku A, Fukushima S, Nakahashi M, Uebanso T, Mawatari K, Takahashi A

     Frontiers in Cellular and Infection Microbiology    2018年

    共著  

  • The relation of cellular Tight Junctions Formation and Campylobacter jejuni invasion in intestinal epithelial cells.

    Hatayama S, Shimohata T, Uebanso T, Mawatari K, Takahashi A

     Proceeding of 51st Year Joint Panel Conference Cholera and Other Bacterial Enteric Infectious    2017年

    共著  

  • Cystic Fibrosis Transmembrane Conductance Regulator Reduces Microtuble-Dependent Campylobacter jejuni Invasion.

    Kido J, Shimohata T, Amano S, Hatayama S, Nguyen AQ, Sato Y, Kanda Y, Tentaku A, Fukushima S, Nakahashi M, Uebanso T, Mawatari K, Takahashi A

     Infection and Immunity    2017年

    共著  

  • Evaluation of the UVA-LED disinfection system in plant factory.

    Tsunedomi A, Goyou M, Miyawaki K, Masamune A, Nakahashi M, Nishisaka R, Mawatari K, Hatayama S, Sato Y, Kido J, Yoshimoto A, Shimohata T, Uebanso T, Akutagawa M, Kinouchi Y, Takahashi A

     The Journal of Light Emmiting and Life Innovation    2016年

    共著  

  • Campylobacter jejuni infection suppressed Cl⁻ secretion induced by CFTR activation in T-84 cells.

    Negoro S, Shimohata T, Hatayama S, Sato Y, Matsumoto M, Iba Hitomi, Aihara M, Uebanso T, Hamada Y, Nishikawa Y, Yamasaki S, Mawatari K, Takahashi A

     Journal of Infection and chemotherapy    2014年

    共著  

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • ラットにおける非アルコール性脂肪肝疾患がB群ビタミン代謝におよぼす影響

    日本ビタミン学会第71回大会  2019年06月

  • Campylobacter jejuni汚染調理器具に対するUVA-LED照射殺菌の有効性について

    第39回日本食品微生物学会  2018年09月

  • 極性化腸管上皮細胞におけるタイトジャンクション形成はCampylobacter jejuniの細胞内侵入機構に影響する

    第38回日本食品微生物学会  2017年10月

  • 宿主腸管上皮細胞のTight Junction形成が食中毒原因菌Campylobacter jejuniの侵入機構に及ぼす影響について

    第71回日本栄養食糧学会大会  2017年05月

  • 極性化腸管上皮細胞でのタイトジャンクションによるCampylobacter jejuniの侵入制御について

    第90回日本細菌学会  2017年03月

  • The relation of cellular Tight Junctions function and Campylobacter jejuni invasion in intestinal epithelial cells

    19th Emerging Infectious Diseases Conference of Pacific Rim US-Japan Joint Panel Conference on Cholera and Other Bacterial Enteric Infectious  2017年02月

  • 食中毒原因菌Campylobacter jejuniは腸管上皮細胞側面の露出により宿主内へ効率的に侵入する

    第70回日本栄養食糧学会大会  2016年05月

  • The denudation of lateral part promote Campylobacter jejuni invasion in Caco-2 cells

    6th FEMS Microbiology Congress  2015年06月

  • Campylobacter jejuniは腸管上皮の側部より効率的に侵入する

    第88回日本細菌学会総会  2015年03月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 食品成分の新規機能と有効利用

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • ナイアシン栄養状態の変動が代謝調節にもたらす影響の網羅的解析

     科学研究費補助金(若手研究)   2019年04月 ~ 2021年03月

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 食品微生物学