櫻井 悟史 (サクライ サトシ)

SAKURAI Satoshi

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

歴史社会学、文化社会学、犯罪社会学、観光社会学、日本近現代史、死刑、キャバレー、ユニバーサル・ツーリズム

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)  立命館大学  2013年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  地域文化学科  准教授   2020年04月 ~ 現在

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本犯罪社会学会  第16期編集員会査読委員

  • 日本社会学会  一般会員

  • 日本史研究会  一般会員

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

  • 社会学

 

論文 【 表示 / 非表示

著書 【 表示 / 非表示

  • 『障害者総合情報ネットワーク(BEGIN)収集資料集』

    伊東 香純,塩野 麻子,竹松未結希・櫻井悟史編

    立命館大学生存学研所・生存を巡る制度編成プロジェクト  270p  2021年02月

    調査報告書  共編者

  • 『知と実践のブリコラージュ――生存をめぐる研究の現場 』

    監修),立命館大学生存学研究所, 共編者),渡辺 克典,櫻井 悟史 他

    晃洋書房  100p  2020年03月

    単行本(学術書)  共編者

  • 『フードスタディーズ・ガイドブック』

    編者), 安井 大輔, 共著者), 上田 遥, 太田 和彦, 大渕 祐美, 河上 睦子, 近藤 宏, 櫻井 悟史, 澤野 美智子, 瀬戸徐 映里奈, 巽 美奈子, 田中 壮泰, 張 瑋琦, 都留 俊太郎, 中村 麻理, 野間 真里子, 朴 沙羅, 番匠 健一, 平賀 緑, 廣部 綾乃, 藤原 辰史, 御手洗 悠紀, 持木 良太, 湯澤 規子, 李 杏里

    ナカニシヤ出版  292p  2019年03月

    単行本(学術書)  単著

  • 『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』

    監修), 立命館大学生存学研究センター, 編者), 渡辺克典, 共著者), 櫻井悟史 他

    ハーベスト社  107p  2017年03月

    単行本(学術書)  共著

  • 『福祉+α 正義』

    編者), 後藤 玲子, 共著者), 後藤 隆, 水野 紀子, 横藤田 誠, 長谷川 貴陽史, 長谷川 晃, 内野 正幸, 秋元 美世, 小塩 隆士, 角崎 洋平, 宮崎 理枝, 櫻井 悟史, 井上 彰, 大澤 真幸

    ミネルヴァ書房  194p  2016年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 『生存学の企て――障老病異と共に暮らす世界』

    編者), 立命館大学生存学研究センター, 共著者), 立岩 真也, 村上 潔, 有吉 玲子, 定藤 邦子, 渋谷 光美, 長瀬 修, 西 成彦, 川口 有美子, 田中 壮泰, 斉藤 龍一郎, 小川 さやか, 石田 智恵, 高橋 菜穂子, やまだ ようこ, 藤原 信行, 渡辺 克典, 安部 彰, 坂本 徳仁, 佐藤 浩子, 渡邉 あい子, 櫻井 悟史, 松原 洋子, 堀田 義太郎, 利光 恵子, 横田 陽子

    生活書院  272p  2016年03月

    単行本(学術書)  共著

  • 『生存をめぐる規範と秩序』(生存学研究センター報告26)

    共編者), 藤原 信行, 中倉 智徳, 共著者), 井上 彰, 堀田 義太郎, 村上 慎司, 篠木 涼, 中倉 智徳, 角崎 洋平, 谷村 ひとみ, 倉橋 耕平, 櫻井 悟史, 安 孝淑, 安部 彰

    立命館大学生存学研究センター  251p  2016年03月

    単行本(学術書)  共著

  • 『生存をめぐる規範――オルタナティブな秩序と関係性の生成に向けて』(生存学研究センター報告21)

    編者), 大谷 通高, 村上 慎司, 共著者), 角崎 洋平, 堀田 義太郎, 倉橋 耕平, 藤原 信行, 櫻井 悟史, 安部 彰, 中倉 智徳

    立命館大学生存学研究センター  271p  2014年03月

    単行本(学術書)  共著

  • 『体制の歴史――時代の線を引きなおす』

    編者), 天田 城介, 角崎 洋平, 櫻井 悟史, 共著者), 佐藤 量, 松田 有紀子, 小泉 義之, 福間 良明, 酒井 隆史, 石田 智恵, 近藤 宏, 冨田 敬大

    洛北出版  608p  2013年03月

    単行本(学術書)  共編者

  • 『歴史から現在への学際的アプローチ』

    共編者, 角崎 洋平, 松田 有紀子, 共著者, 福間 良明, 石原 俊, 櫻井 悟史, 大谷 通高, 石田 智恵, 小出 治都子, 中田 喜一, 西嶋 一泰, 近藤 宏, 冨田 敬大, 天田 城介

    立命館大学生存学研究センター  431p  2012年03月

    単行本(学術書)  共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 障害者総合情報ネットワークの「アーカイヴィング・メソッド」

    公開シンポジウム 第1回 「マイノリティ・アーカイブズの構築・研究・発信」  2018年12月

  • 「大阪キャバレー100年史――盛り場と社交の歴史社会学」中間報告

    鳥井フェローシップ・サントリーフェローシップ中間報告会  2018年11月

  • 「キャバレーで遊ぶ人々今昔」

    盛り場研究会  2018年08月

  • 混沌の盛り場・キャバレー――大阪料飲社交業界100年史に向けて

    カルチュラル・タイフーン2018  2018年06月

  • 生命倫理研究会 公開研究会 「「預防」医学と倫理――「天命」から「人別」へ」についてのコメント

    生命倫理研究会 公開研究会  2016年11月

  • 1948 年の「残虐」観――死刑制度合憲判決の社会的背景Ⅱ

    第43回日本犯罪社会学会大会  2016年10月

  • 福間良明・山口誠編『「知覧」の誕生――特攻の記憶はいかに創られてきたのか』第二部についてのコメント

    福間良明・山口誠編『「知覧」の誕生――特攻の記憶はいかに創られてきたのか』合評会  2015年09月

  • 戦後の死刑論争史――死刑制度合憲から絞首刑合憲まで

    同時代史学会第17回関西研究会  2015年07月

  • 死刑制度についての議論と学問的分業――死刑合憲判決の歴史社会学的検討

    命館大学生存学研究センター「規範×秩序」研究会(若手研究者研究力強化型プロジェクト)特別企画「社会学と規範理論のあいだ――公共社会学を手がかりとして」  2015年02月

  • 死刑制度合憲判決の社会的背景――戦争受刑者世話の会と刑罰と社会改良の会の動向を手がかりに

    日本犯罪社会学会第41回(2014年度)大会  2014年10月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 地域の飲食・観光・娯楽文化を問い直す