谷口 友梨 (タニグチ ユリ)

TANIGUCHI Yuri

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

社会心理学、実験心理学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  文学研究科  人文学専攻  博士前期課程  2011年03月

  • 大阪市立大学  文学研究科  人間行動学専攻  博士後期課程  2018年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)  大阪市立大学  2020年12月

  • 修士(文学)  立命館大学  2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  講師   2022年04月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都文教大学  総合社会学部  講師   2019年04月 ~ 2022年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会  

  • 日本社会心理学会  

  • 日本認知科学会  

  • 日本グループ・ダイナミックス学会  

  • 法と心理学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験心理学

  • 社会心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 量刑判断における心理的距離の影響を抑制する要因の検討

    谷口 友梨,池上 知子

     法と心理  21 (1)   109 ~ 122  2021年12月

    共著  共同(主担当)

  • Influence of Psychological Distance on People’s Willingness to Help Accident Victims: Discrepancies Between Implicit and Explicit Inferences

    Yuri Taniguchi, Tomoko Ikegami

     SAGE Open  11 (3)    2021年07月

    10.1177/215824402110332  共著  共同(主担当)

  • 量刑判断にもたらす心理的距離の影響:事件の発生時期に着目して

    谷口 友梨,池上 知子

     法と心理  18 (1)   99 ~ 116  2018年10月

    共著  共同(主担当)

  • 自発的特性推論と他者の行動予測:心理的距離の変化がもたらす影響

    谷口 友梨,池上 知子

     認知科学  25 (2)   172 ~ 187  2018年06月

    共著  共同(主担当)

  • 心理的距離が対人認知プロセスに及ぼす影響 : 解釈レベル理論の観点から

    谷口 友梨,池上 知子

     人文研究 : 大阪市立大学大学院文学研究科紀要  69 (1)   99 ~ 114  2018年03月

    共著  共同(主担当)

  • 対人認知場面での自発的推論を規定する要因:解釈レベル理論に基づく検討

    谷口 友梨,池上 知子

     実験社会心理学研究  57 (2)   78 ~ 92  2018年02月

    共著  共同(主担当)

  • Can spontaneous trait inferences be based on spontaneous motive inferences?

    Yuri Taniguchi, Yasuki Yagi

     Ritsumeikan Journal of Human Sciences  35   103 ~ 114  2017年02月

    共著  共同(主担当)

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 事件の発生時期が裁判員の心的過程と集団討議にもたらす影響

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究   2020年04月 ~ 現在

  • 量刑判断における潜在的推論の影響-事件の発生時期に着目して-

    公益財団法人日本科学協会  笹川科学研究助成<学術研究部門・人文・社会系>   2016年04月 ~ 2017年03月