基本情報

写真a

入江 俊一

IRIE Toshikazu


職名

准教授

生年

1969年

研究分野・キーワード

応用微生物、リグニン、木質バイオマス

プロフィール

研究課題(研究概要)
有用微生物の仕組みを調べ、より効率的な利用方法を模索することを課題としています。具体的には、シイタケ等が属する白色腐朽菌類の木質リグニン分解機構発現に関与する遺伝子をトランスクリプトーム解析を用いて検索し、それら遺伝子を制御する手法の開発を目指しています。将来的には、木質から簡単にセルロースを得るシステムの構築に役立てたり、自然界に存在する白色腐朽菌を制御することで難分解性有機物の分解を行ない、低コストで安全な環境浄化が可能になればと考えております。
研究業績等(概要)
最近の発表論文

 Irie,T.,T.Sato,K.Saito,Y.Honda,T.Watanabe,M.Kuwahara and H.Enei.(2003)Construction of a Homologous Selectable Marker Gene for Lentinula edodes Transformation.Bioscience,Biotechnology and Biochemistry 67(9): 2006-2009

 Irie,T.,H.matsumura,R.Terauchi and H.Saitoh.(2003)Serial Analysis of Gene Expression(SAGE)of Magnaporthe grisea: genes involved in appressorium formation.Molecular Genetics and Genomics 270:181-189

 Irie,T.,H.matsumura,R.Terauchi and H.Saitoh.(2004)SAGE(Serial Analysis of Gene Expression)of Magnaporthe grisea.In; Rice Blast: Interaction with Rice and Control.S.Kawasaki(eds.),Kluwer Academic Publishers,Dordrecht/Boston/London,23-28

 Sakamoto,Y.,T.Irie,and T.Sato.(2005)Isolation and characterization of a fruiting body-specific exo-beta-1,3-glucanase-encoding gene,exg1,from Lentinula edodes.Current Genetics 47 (4) : 244-252

 Yanagida,N.,T.Irie,E.Tanaka,C.Teramoto,K.Kuwabara and A.Tajimi.(2005)New choke diseases and their molecular phylogenetic analysis in Agropyron ciliare var.minus and Agropyron tsukushiense var. transiens.Mycologia 97 (6) : 1313-1317

 Minami,M.,O.Kureha,M.Mori,H.Kamitsuji,K.Suzuki and T.Irie.(2007)Long serial analysis of gene expression for transcriptome profiling during the initiation of ligninolytic enzymes production in Phanerochaete chrysosporium.Applied Microbiology and Biotechnology: In press

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 香川大学  農学部  生物資源科学  1992年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 香川大学  農学研究科  生物資源管理学専攻  修士課程  1994年03月

  • 京都大学  農学研究科  林産工学専攻  博士課程  2000年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  京都大学  2000年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  准教授   2010年01月  - 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助教   2007年04月  - 2009年12月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助手   2001年04月  - 2007年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用きのこ学会  

  • 日本菌学会  

  • 日本農芸科学会  

  • 日本木材学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 環境農学(含ランドスケープ科学)

  • 応用微生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 木質リグニン分解酵素生産制御法の開発に関する研究

  • 白色腐朽菌cAMP関連遺伝子における分子機構の解明

    担子菌

  • リグニン分解酵素の転写後調節に関する研究

    担子菌

  • SAGE法を用いた担子菌におけるcAMP誘導性遺伝子発現プロファイリング

    担子菌、きのこ、リグニン分解、Phanerochaete chrysosporium

論文 【 表示 / 非表示

  • Transcriptional effect of a calmodulin inhibitor, W-7, on the ligninolytic enzyme genes in Phanerochaete chrysosporium

    Sakamoto T., H. Kitaura, M. Minami, Y. Honda, T. Watanabe, A. Ueda, K. Suzuki, T. Irie

    Springer  Current Genetics  56 (5)   401  - 410  2010年05月

    共著  共同(主担当)

  • Changes in the gene expression of the white rot fungus Phanerochaete chrysosporium by the addition of atropine.

    Masahiko Minami, Kazumi Suzuki, Akifumi Shimizu, Tomohiro Hongo, Takaiku Sakamoto, Naoki Ohyama, Hironori Kitaura, Akiho Kusaka, Kenji Iwama, and Toshikazu Irie

    日本農芸化学会  Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  73 (8)   1722  - 1731  2009年08月

    共著  共同(主担当)

  • Heterologous expression of lcc1 from Lentinula edodes in tobacco BY-2 cells results in the production an active, secreted form of fungal laccase

    Y. Sakamoto, K. Nakade, A. Yano, Y. Nakagawa, T. Hirano, T. Irie

    Springer  Applied Microbiology and Biotechnology  96 (6)   971  - 980  2008年04月

    共著  共同(副担当)

  • Long serial analysis of gene expression for transcriptome profiling during the initiation of ligninolytic enzymes production in Phanerochaete chrysosporium.

    Minami, M., O. Kureha, M. Mori, H. Kamitsuji, K. Suzuki and T. Irie.

    springer  Applied Microbiology and Biotechnology  75 (3)   609  - 618  2007年04月

    共著  共同(主担当)

  • New choke diseases and their molecular phylogenetic analysis in Agropyron ciliare var. minus and Agropyron tsukushiense var. transiens.

    Yanagida, N., T. Irie, E. Tanaka, C. Teramoto, K. Kuwabara and A. Tajimi.

    Mycological Society of America  Mycologia  97 (6)   1313  - 1317  2005年04月

    共著  共同(副担当)

  • Isolation and characterization of a fruiting body-specific exo-beta-1,3-glucanase-encoding gene, exg1, from Lentinula edodes.

    Sakamoto, Y., T. Irie, and T. Sato.

    springer  Current Genetics  47 (4)   244  - 252  2005年04月

    共著  共同(副担当)

  • リアルタイムRT-PCRを用いたイネの翻訳開始遺伝子(eIF5A)の解析

    藤山佳代、奥ゆか里、小西良司、入江俊一、長谷川博

    近畿作物・育種研究会  近畿作物・育種研究会  - (50)   63  - 65  2005年04月

    共著  共同(副担当)

  • SAGE (Serial Analysis of Gene Expression) of Magnaporthe grisea

    Irie, T., H. matsumura, R. Terauchi and H. Saitoh

    Dordrecht/Boston/London  Rice Blast: Interaction with Rice and Control  1 (1)   23  - 28  2004年04月

    共著  共同(主担当)

  • Construction of a Homologous Selectable Marker Gene for Lentinula edodes Transformation

    Irie, T., T. Sato, K. Saito, Y. Honda, T. Watanabe, M. Kuwahara and H. Enei

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  67 (9)   2006  - 2009  2003年04月

    共著  共同(主担当)

  • Serial Analysis of Gene Expression (SAGE) of Magnaporthe grisea: genes involved in appressorium formation

    Irie, T., H. matsumura, R. Terauchi and H. Saitoh

    springer  Molecular Genetics and Genomics  270 (2)   181  - 189  2003年04月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • ヒラタケにおける新規選択マーカー遺伝子の開発

    第66回 日本木材学会大会  2016年03月

  • Overexpression of PKAc genes enhanced lignin degradation in the white-rot fungus Pleurotus ostreatus

    International Symposium on Wood Science and Technology  2015年03月

  • Effects of CaM on Manganese Peroxidase Expression in Pleurotus ostreatus

    The 10th International Mycological Congress  2014年04月

  • PKAc過剰発現はヒラタケのリグニン分解速度を増加させる

    日本きのこ学会25周年記念大会  2014年04月

  • ウリ類炭疽病菌におけるホメオボックス転写因子の機能解析

    植物感染生理談話会  2014年04月

  • ウリ類炭素病菌における病原性関連遺伝子の機能解析

    植物感染生理談話会  2014年04月

  • ウリ類炭疽病菌のlow affinity cAMP phosphodiesterase遺伝子は病原性発現に重要である

    平成26年度日本植物病理学会大会  2014年04月

  • ウリ類炭疽病菌におけるホメオボックス転写因子CoHox1の機能解析

    平成26年度日本植物病理学会大会  2014年04月

  • ヒラタケにおけるPKA触媒サブユニット遺伝子の過剰発現

    日本菌学会第58回大会  2014年04月

  • カルモデュリン遺伝子組換えヒラタケにおけるマンガンペルオキシダーゼアイソザイム遺伝子の発現様式

    第64回 日本木材学会大会  2014年03月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • リグニン分解酵素群高生産ヒラタケ

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • プロテインキナーゼA触媒サブユニット遺伝子過剰発現によるリグニン分解系誘導の機構

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2015年04月  - 2018年03月

  • 木質リグニン分解酵素生産制御法の開発に関する研究

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2009年04月  - 2012年03月

  • 白色腐朽菌cAMPシグナリング関連遺伝子における分子機構の解析

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 若手研究(B)   2004年04月  - 2007年03月

  • SAGE法を用いた担子菌におけるcAMP誘導性遺伝子発現プロファイリング

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 若手研究(B)   2002年04月  - 2004年03月

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • 県内食用キノコの増収と品質保持及び機能性成分増量技術等の開発

    岐阜県森林研究所  共同研究   2016年12月  - 2017年03月

  • 担子菌における炭素代謝リプレッサー遺伝子の解析

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2012年04月  - 2013年03月

  • リグニン分解酵素発現を支配するカルモデュリン経路の解析

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2011年04月  - 2012年03月

  • 環境応答システムに関するポストゲノム解析を利用した新規なリグニン分解菌の育種

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2010年04月  - 2011年03月

  • 白色腐朽菌リグニン分解酵素マスターレギュレーターの検索

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2009年04月  - 2010年03月

全件表示 >>

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 環境生物学実験

  • 生物資源管理学概論

  • 生物資源管理学実験Ⅴ

  • 生物資源管理学実験Ⅳ

  • 人間探求学

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子工学特論