入江 俊一 (イリエ トシカズ)

IRIE Toshikazu

写真a

職名

教授

生年

1969年

研究分野・キーワード

応用微生物、リグニン、木質バイオマス

プロフィール

研究課題(研究概要)
有用微生物の仕組みを調べ、より効率的な利用方法を模索することを課題としています。具体的には、シイタケ等が属する白色腐朽菌類の木質リグニン分解機構発現に関与する遺伝子をトランスクリプトーム解析を用いて検索し、それら遺伝子を制御する手法の開発を目指しています。将来的には、木質から簡単にセルロースを得るシステムの構築に役立てたり、自然界に存在する白色腐朽菌を制御することで難分解性有機物の分解を行ない、低コストで安全な環境浄化が可能になればと考えております。
研究業績等(概要)
最近の発表論文

 Irie,T.,T.Sato,K.Saito,Y.Honda,T.Watanabe,M.Kuwahara and H.Enei.(2003)Construction of a Homologous Selectable Marker Gene for Lentinula edodes Transformation.Bioscience,Biotechnology and Biochemistry 67(9): 2006-2009

 Irie,T.,H.matsumura,R.Terauchi and H.Saitoh.(2003)Serial Analysis of Gene Expression(SAGE)of Magnaporthe grisea: genes involved in appressorium formation.Molecular Genetics and Genomics 270:181-189

 Irie,T.,H.matsumura,R.Terauchi and H.Saitoh.(2004)SAGE(Serial Analysis of Gene Expression)of Magnaporthe grisea.In; Rice Blast: Interaction with Rice and Control.S.Kawasaki(eds.),Kluwer Academic Publishers,Dordrecht/Boston/London,23-28

 Sakamoto,Y.,T.Irie,and T.Sato.(2005)Isolation and characterization of a fruiting body-specific exo-beta-1,3-glucanase-encoding gene,exg1,from Lentinula edodes.Current Genetics 47 (4) : 244-252

 Yanagida,N.,T.Irie,E.Tanaka,C.Teramoto,K.Kuwabara and A.Tajimi.(2005)New choke diseases and their molecular phylogenetic analysis in Agropyron ciliare var.minus and Agropyron tsukushiense var. transiens.Mycologia 97 (6) : 1313-1317

 Minami,M.,O.Kureha,M.Mori,H.Kamitsuji,K.Suzuki and T.Irie.(2007)Long serial analysis of gene expression for transcriptome profiling during the initiation of ligninolytic enzymes production in Phanerochaete chrysosporium.Applied Microbiology and Biotechnology: In press

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 香川大学  農学部  生物資源科学  1992年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 香川大学  農学研究科  生物資源管理学専攻  修士課程  1994年03月

  • 京都大学  農学研究科  林産工学専攻  博士課程  2000年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  京都大学  2000年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  教授   2020年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  准教授   2010年01月 ~ 2020年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助教   2007年04月 ~ 2009年12月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助手   2001年04月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸科学会  

  • 日本菌学会  

  • 日本応用きのこ学会  

  • 日本木材学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境農学(含ランドスケープ科学)

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 応用微生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 木質リグニン分解酵素生産制御法の開発に関する研究

  • 白色腐朽菌cAMP関連遺伝子における分子機構の解明

    担子菌

  • リグニン分解酵素の転写後調節に関する研究

    担子菌

  • SAGE法を用いた担子菌におけるcAMP誘導性遺伝子発現プロファイリング

    担子菌、きのこ、リグニン分解、Phanerochaete chrysosporium

論文 【 表示 / 非表示

  • Stable and transient transformation, and a promoter assay in the selective lignin-degrading fungus, Ceriporiopsis subvermispora

    Honda Y., Tanigawa E., Tsukihara T., Nguyen D., Kawabe H., Sakatoku N., Watari J., Sato H., Yano S., Tachiki T., Irie T., Watanabe T., Watanabe T.

    AMB Express  AMB Express  9 (1)    2019年12月

    10.1186/s13568-019-0818-1  共著  

    [概要]

    © 2019, The Author(s). A genetic transformation system was developed for the selective white rot basidiomycete Ceriporiopsis subvermispora using a modified protocol with polyethylene glycol and CaCl2 treatment of the protoplasts and plasmids harboring recombinant hygromycin phosphotransferase (hph) driven by a homologous promoter. During repeated transfer on fresh potato dextrose agar plates containing 100 µg/ml hygromycin B, most transformants lost drug resistance, while the remaining isolates showed stable resistance over five transfers. No drug-resistant colonies appeared in control experiments without DNA or using a promoter-less derivative of the plasmid, indicating that a transient expression of the recombinant hph was driven by the promoter sequence in these unstable drug-resistant transformants. Southern blot analysis of the stable transformants revealed random integration of the plasmid DNA fragment in the chromosome at different copy numbers. This transformation system yielding mostly transient transformants was successfully used for promoter assay experiments, and only a 141-bp fragment was found to be essential for the basic promoter function of glyceraldehyde dehydrogenase gene (gpd) in this fungus. Subsequent mutational analyses suggested that a TATAA sequence is important for the basic promoter function of gpd gene. The promoter assay system will enable the functional analysis of gene expression control sequences quickly and easily, mostly in the absence of undesirable effects from differences in copy number and chromosomal position of an integrated reporter gene among stable transformants.

  • ウリ類炭疽病菌においてホメオボックス転写制御因子CoHox2は分生胞子形成および剛毛形成を制御する

    小幡善和也, 横山綾, 泉津弘佑, 入江俊一, 鈴木一実

     日本植物病理学会報    2019年04月

    共著  共同(副担当)

  • The homeobox transcription factor CoHox1 is required for the morphogenesis of infection hyphae in host plants and pathogenicity in Colletotrichum orbiculare.

    Yokoyama, A., Izumitsu, K., Irie, T., Suzuki, K.

     Mycoscience    2019年02月

    共著  共同(副担当)

  • Homeobox transcription factor CoHox3 is essential for appressorium formation in the plant pathogenic fungus Colletotrichum orbiculare

    AyaYokoyama, Kosuke Izumitsu, Takuya Sumita, Chihiro Tanaka, Toshikazu Irie, Kazumi Suzuki

     Mycoscience  59 (5)   353 ~ 362  2018年09月

    https://doi.org/10.1016/j.myc.2018.02.001  共著  共同(副担当)

  • Heterologous expression of the Pleurotus ostreatus MnP3 gene by the laccase gene promoter in Lentinula edodes

    Sato, T., Irie, T., Yoshino, F.

    日本農芸化学会  Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  81 (8)   1553 ~ 1556  2017年08月

    共著  共同(副担当)

  • A development and an improvement of selectable markers in Pleurotus ostreatus transformation.

    Matsunaga, Y., Ando, M., Izumitsu, K., Suzuki, K., Honda, Y., Irie, T.

    Elsevier Science  Journal of Microbiol Methods  134   27 ~ 29  2017年03月

    共著  共同(主担当)

  • Effects of overexpression of PKAc genes on expressions of lignin modifying enzymes by Pleurotus ostreatus.

    Toyokawa C, Shobu M, Tsukamoto R, Okamura S, Honda Y, Kamitsuji H, Izumitsu K, Suzuki K, Irie T

    日本農芸化学会  Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  80 (9)   1759 ~ 1767  2016年09月

    共著  共同(主担当)

  • Marker recycling via 5-fluoroorotic acid and 5-fluorocytosine counter-selection in the white-rot agaricomycete Pleurotus ostreatus.

    Nakazawa, T., Tsuzuki, M., Irie, T., Sakamoto, M., Honda, Y.

    Elsevier Science  Fungal Biology  120 (9)   1146 ~ 1155  2016年09月

    共著  共同(副担当)

  • Effects of calmodulin on expression of lignin-modifying enzymes in Pleurotus ostreatus

    Suetomi T, Sakamoto T, Tokunaga Y, Kameyama T, Honda Y, Kamitsuji H, Kameshita I, Izumitsu K, Suzuki K, Irie T

    Springer  Curr Genet  61 (2)   127 ~ 140  2015年

    共著  共同(主担当)

  • The White-Rot Fungus Pleurotus ostreatus Transformant Overproduced Intracellular cAMP and Laccase

    Yuki Yao, Takaiku Sakamoto, Yoichi Honda, Yasuyuki Kagotani, Kousuke Izumitsu, Kazumi Suzuki, and Toshikazu Irie

     Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  77 (11)   2309 ~ 2311  2013年11月

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • PKAc 遺伝子の破壊がヒラタケ木質分解に与える影響

    日本菌学会第64回大会  2020年06月

  • ヒラタケを用いたクズ葉のタンパク質資源への変換

    大学院研究交流会2018  2018年09月

  • 酸素抑制シイタケにおける発現遺伝子変動

    大学院研究交流会2018  2018年09月

  • ヒラタケを用いたクズ葉のタンパク質資源への変換

    日本きのこ学会第22回大会  2018年09月

  • ヒラタケを用いたクズ葉のタンパク質資源への変換

    日本きのこ学会第22回大会  2018年09月

  • Conversion of Pueraria montana to a fish feed by Pleurotus ostreatus

    The 11th International Mycological Congress  2018年07月

  • Pleurtotus ostreatusによるクズの魚類用飼料への変換

    日本菌学会第62回大会  2018年05月

  • Pleurtotus ostreatusによるクズの魚類用飼料への変換

    日本菌学会第62回大会  2018年05月

  • 白色腐朽菌ヒラタケにおけるGH10・GH11の機能喪失がsリグニン分解に及ぼす影響について

    第62回リグニン討論会  2017年10月

  • ヒラタケ処理を用いた配合飼料原料としてのクズ性能の向上

    環境微生物系学会合同大会2017  2017年08月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • リグニン分解酵素群高生産ヒラタケ

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 駆除対象草本植物の飼料化に適した白色腐朽菌の分子育種

     科学研究費補助金(基盤研究(C))   2022年04月 ~ 2025年03月

  • 木材腐朽菌と酵素法の併用が拓く安価で安心安全なバイオ医薬品の製造

    文部科学省  挑戦的研究   2019年04月 ~ 2021年03月

  • プロテインキナーゼA触媒サブユニット遺伝子過剰発現によるリグニン分解系誘導の機構

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2015年04月 ~ 2018年03月

  • 木質リグニン分解酵素生産制御法の開発に関する研究

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2009年04月 ~ 2012年03月

  • 白色腐朽菌cAMPシグナリング関連遺伝子における分子機構の解析

    滋賀県立大学  科学研究費補助金 若手研究(B)   2004年04月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • 県内食用キノコの増収と品質保持及び機能性成分増量技術等の開発

    岐阜県森林研究所  共同研究   2016年12月 ~ 2018年03月

  • 担子菌における炭素代謝リプレッサー遺伝子の解析

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2012年04月 ~ 2013年03月

  • リグニン分解酵素発現を支配するカルモデュリン経路の解析

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2011年04月 ~ 2012年03月

  • 環境応答システムに関するポストゲノム解析を利用した新規なリグニン分解菌の育種

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2010年04月 ~ 2011年03月

  • 白色腐朽菌リグニン分解酵素マスターレギュレーターの検索

    京都大学生存圏研究所  受託研究   2009年04月 ~ 2010年03月

全件表示 >>

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 農業と環境B~微生物と生活~[植物の病気]   2020年04月 ~ 現在

  • 生物資源管理学実験Ⅴ   2010年04月 ~ 現在

  • 生物資源管理学概論   2010年04月 ~ 現在

  • 人間探求学   2010年04月 ~ 現在

  • 生物資源管理学実験Ⅳ   2010年04月 ~ 現在

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子工学特論   2008年04月 ~ 2013年03月(年月日)