基本情報

写真a

伴 修平

BAN Syuhei


職名

教授

研究分野・キーワード

水圏生態学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究の概要
 私の研究室では,琵琶湖の動・植物プランクトンの生活史や個体群動態に関する研究から,湖沼の栄養塩バランスがプランクトンの多様性に与える影響,メタン発酵処理廃液を用いた微細藻類大量培養技術の確立まで,多岐にわたる研究課題について研究を行っています。

1)ミジンコを用いた込み合い応答に関する研究(2001年以降)
 オオミジンコをモデル生物として,個体数密度が生物に与えるストレスとそれに対する生物の応答機構を調べています。現在はこの現象に関わる遺伝子発現について解析中です。

2)水田排水が琵琶湖沖帯の生物生産に与える影響の評価(2004~2007年)
 水田排水,いわゆる「代かき水」が琵琶湖沖帯の生物生産に与える影響について明らかにしました。

3)琵琶湖における動物プランクトン生物量の長期変動解析(2008年以降)
 滋賀県水産試験場には1960年代から動物プランクトンのホルマリン固定試料が保存されています。我々は,これを分析し過去50年間の動物プランクトン生物量の長期変動を明らかにしました。現在,その変動要因の解析を進めているところです。

4)水田における動物プランクトン2次生産量の推定(2009〜2011年)
 滋賀県では,水田を用いた琵琶湖固有魚種の種苗生産に関する研究を進めています。湛水された水田には動物プランクトンが繁殖し,これが稚魚の良い餌となります。我々は稚魚の成長を支える動物プランクトンの生産力を測定しました。

5)気象イベントが琵琶湖の生物生産に与える影響(2010〜2012年)
 琵琶湖の植物プランクトン生産が風力や風向,降水量といった気象現象,そしてそれらによって生じる湖水の流動現象とどのような関係にあるのか確かめるための研究を行いました。湖沿岸域に堆積した有機物は分解されて間隙水中に蓄積されますが,湖水の流動がこの栄養塩を沖へ運ぶことによって植物プランクトン生産が促進される可能性があります。

6)淡水真珠養殖復興事業(2012〜2016年)
 草津市にある柳平湖は琵琶湖内湖の一つでびわパール発祥の地です。内湖の環境悪化や安い外国産淡水真珠の流通によって,びわパールの生産は激減しました。草津市は地域振興の一環として真珠養殖の復興のための事業を始めました。我々は真珠貝の成長と環境モニタリングを受託しました。同時に,真珠貝による環境浄化機能の検証も行い,真珠貝による水質浄化能力はそれほど高くはなく,そのため貝の餌となる植物プランクトンの供給不足になることもないことが分かりました。

7)メタン発酵消化液を用いた微細藻類大量培養技術の確立(2014年以降)
 メタン発酵処理は有機廃棄物を安価に処理する最も有用な方法です。しかし,栄養塩を大量に含む廃液が出てしまうのが欠点でした。我々はこの問題点を解消するために,廃液中に含まれるリンや窒素を微細藻類(植物プランクトン)に吸収させることでバイオマスに転換する効率的な方法を開発しています。

8)琵琶湖内湖における生物多様性と栄養塩バランスの関連(2015年以降)
 湖沼に生息する生物の多様性は何によって決まっているでしょう。その要因の一つは栄養塩バランスかもしれません。我々は流域の土地利用が異なるいくつかの内湖を対象に栄養塩バランスとプランクトンの多様性の関係を探っています。

9)動物プランクトンと共生する細菌叢の研究(2015年以降)
 我々の腸内には様々な微生物が共生しており,それらの活動が我々の健康に大きく関わっていることが近年になって明らかになってきました。動物プランクトンは1mmにみたない微小な生き物ですが,これらにも様々な細菌類が共生していることが分かってきました。しかし,それはまだまだ未知の研究分野です。我々は琵琶湖に棲息するミジンコに共生している細菌叢を調べています。

10)琵琶湖生態系に与えるツボカビの機能的役割(2011年以降)
 ツボカビは,遊走子を持つ真菌類の仲間です。これらは様々な寄主に寄生することで環境中に遊走子をまき散らしています。琵琶湖には植物プランクトンに寄生するツボカビがおり,通常は大きすぎて動物プランクトンが利用できない大型の植物プランクトンに寄生して,それを食べて遊走子を放出します。この遊走子は動物プランクトンの餌になるので,間接的に大型植物プランクトンが利用されることとなります。これは,まだよく知られていない食物連鎖の一つであり,我々は琵琶湖でこの詳細について研究しているところです。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学研究科  博士課程  1991年02月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(水産学)  北海道大学  1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  教授   2008年02月  - 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  准教授   2007年04月  - 2008年01月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  助教授   2001年05月  - 2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学水産学部  助手   1991年03月  - 2001年04月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 国際橈脚類学会  

  • 先進陸水海洋学会  

  • 日本生態学会  

  • 日本陸水学会  

  • 日本プランクトン学会  

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水圏生産科学

  • 生態・環境

  • 環境動態解析

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会-生態システムの健全性(湖沼班)

  • 水草バイオマスの持続可能な収穫と利活用による湖沼生態系保全技術の確立

    水草バイオマス, 環境保全, 湖沼環境, メタン発酵, 微細藻類培養

  • 湖沼および海洋におけるツボカビの多様性と機能評価

    ツボカビ, 多様性, 植物プランクトン, 湖沼

  • 琵琶湖における動物プランクトン生物量の長期変動解析

    琵琶湖、動物プランクトン、生物量、長期変動解析

  • 琵琶湖における内部波が植物プランクトン生産に与える影響の評価

    内部波、物質輸送、植物プランクトン生産、風向風速

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of operating temperature on anaerobic digestion of the Brazilian waterweed Egeria densa and its microbial community

    Watanabe, K., M. Koyama, J. Ueda, S. Ban, N. Kurosawa, T. Toda

     Anaerobe  47   8  - 17  2017年04月

    共著  共同(副担当)

  • Effects of acclimatization on metabolic plasticity of Eodiaptomus japonicus (Copepoda: Calanoida) determined using an optical oxygen meter

    Liu, X. and S. Ban

     Journal of Plankton Research  39   111  - 121  2017年04月

    10.1093/plankt/fbw084  共著  共同(副担当)

  • 水草バイオマスの持続的利用を通した里湖循環型社会の可能性

    伴 修平,戸田 龍樹,石川 可奈子,高津 文人

     環境技術  45 (9)   30  - 35  2016年04月

    共著  共同(主担当)

  • Effect of temperature on life history traits of the invasive calanoid copepod Arctodiaptomus dorsalis (Marsh, 1907) from Lake Taal, Philippines

    Tordesillas, D.T., N.K.P. Abaya, M.A.S. Dayo, L.E.B. Marquez, R.D.S. Papa and S. Ban

     Plankton Benthos Res.  11   1  - 7  2016年04月

    共著  共同(副担当)

  • Inhibition of anaerobic digestion by dissolved lignin derived from alkaline pre-treatment of an aquatic macrophyte

    Koyama, M., S. Yamamoto, K. Ishikawa, S. Ban and T. Toda

     Chemical Engineering Journal  311   55  - 62  2016年04月

    共著  共同(副担当)

  • Enhancing anaerobic digestibility of lignin-rich submerged macrophyte using thermochemical pre-treatment

    Koyama, M., S. Yamamoto, K. Ishikawa, S. Ban, T. Toda

     Biochem. Eng. J.    2015年04月

    共著  共同(副担当)

  • Characterization and mosquitocidal potential of neem cake-synthesized silver nanoparticles: genotoxicity and impact on predation efficiency of mosquito natural enemies

    Chandramohan, B., K. Murugan, C. Panneerselvam, P. Madhiyazhagan, R. Chandirasekar, D. Dinesh, P.M. Kumar, K. Kovendan, U. Suresh, J. Subramaniam, R. Rajaganesh, A.T. Aziz, S. Ban, M.S. Alsalhi, S. Devanesan, M. Nicoletti, H. Wei and G. Benelli

     Parasitol. Res.    2015年04月

    10.1007/s00436-015-4829-9  共著  共同(副担当)

  • Fighting arboviral diseases: low toxicity on mammalian cells, dengue growth inhibition (in vitro), and mosquitocidal activity of Centroceras clavulatum-synthesized silver nanoparticles

    Murugan, K., P. Aruna, C. Panneerselvam, P. Madhiyazhagan, M. Paulpandi, J. Subramaniam, R. Rajaganesh, H. Wei, M.S. Alsalhi, S. Devanesan, M. Nicoletti, S. Ban, A. Canale and G. Benelli

     Parasitol. Res.    2015年04月

    10.1007/s00436-015-4783-6  共著  共同(副担当)

  • Effectiveness of preservatives and poisons on sediment trap material in freshwater environments

    Goto, N., K. Hisamatsu, C. Yoshimizu and S. Ban

    Springer  Limnology  17   87  - 94  2015年04月

    共著  共同(副担当)

  • Combined effects of temperature and food concentration on growth and reproduction of Eodiaptomus japonicus (Copepoda: Calanoida) from Lake Biwa (Japan).

    Liu, X., D. Beyrend-Dur, G. Dur, S. Ban

    Wiley  Freshwater Biology  60   2003  - 2018  2015年04月

    10.1111/fwb.12626  共著  共同(副担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 温暖化の湖沼学

    永田俊 他

    京都大学出版会  289p  2012年02月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • フィールワーク心得帖(上)

    滋賀県立大学フィールドワーク研究会

    サンライズ出版  59p  2009年11月

    教科書  共著

  • フィールドワーク心得帖(下)

    滋賀県立大学フィールドワーク研究会

    サンライズ出版  61p  2009年11月

    教科書  共著

  • 流域環境の構造と機能ー犬上川流域の環境構造の変遷. p. 159-182. 滋賀県立大学環境フィールドワーク研究会編, 琵琶湖発環境フィールドワークのすすめ

    伏見硯二・伴 修平・香川雄一

    昭和堂  999p  2007年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 果報は眠って待て?!カイアシ類の休眠戦略. p. 162-174. 長澤和也編, カイアシ類学入門ー水中の小さな巨人たちの世界

    伴 修平

    東海大学出版会  999p  2007年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 湖沼にすむプランクトンを調べる.自然観察フィールドガイド-みなみ北海道の森・川・海

    自然史研究ネットワーク2000「みなみ北海道」編集

    北海道新聞社  186-193p  1997年06月

    単行本(学術書)  共著

  • 大沼に住むプランクトン みなみ北海道の自然誌

    伴 修平 自然史研究ネットワーク2000「みなみ北海道」編集

    幻洋社  134-142p  1994年01月

    単行本(学術書)  単著

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 水草のメタン発酵消化液を用いる微細藻類の培養方法

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 水草バイオマスの持続可能な収穫と利活用による湖沼生態系保全技術に関する研究

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 水圏生態系動態論

  • 陸水生態学・実験

  • 生態系生態学

  • 水環境管理学

  • 生態系生態学

全件表示 >>

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立琵琶湖博物館  滋賀県立琵琶湖博物館協議会  委員   2008年09月  - 2012年08月

  • 滋賀県エコライフ推進課  琵琶湖環境とエネルギー検討委員会  委員   2005年07月  - 2008年03月

  • 滋賀県水産課  滋賀県水産振興対策協議会  委員   2005年01月  - 2011年12月

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 日本陸水学会  Limnology編集委員長   2009年04月  - 2011年03月

  • 日本陸水学会  評議員   2008年04月  - 2010年03月

  • 日本生態学会  Ecological Research編集委員   2008年01月  - 2013年12月

  • 日本陸水学会  Limnology編集委員   2007年04月  - 2009年03月

  • 日本陸水学会  評議員   2006年04月  - 2008年03月

全件表示 >>