廣瀬 潤子 (ヒロセ ジュンコ)

HIROSE Junko

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

食品免疫学、栄養教育論、小児栄養

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
「食」に関する情報があふれているにもかかわらず、生活習慣病ややせの問題が増えています。このような状況を解決するためにそれぞれの健やかな生活を「食生活」の面から考えます。
1.乳児および授乳婦の栄養評価
2.母親の食事と母乳中免疫成分の関連
3.乳児の嗜好に関する研究
研究業績等(概要)
(1)Determination of the major food allergen,ovomucoid with an oligoclonal enzyme-linked immunosorbent assay.In “Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects”,eds.S.Iijima,and K. Nishijima,Springer,Dordrecht,p317-323,2006
(2)Ovalbumin-related gene Y protein bears carbohydrate chains of ovomucoid-type.Biosci. Biotechnol.Biochem.70,144-151,2006
(3)Oligoclonal enzyme-linked immunosorbent assay capable of determining the major food allergen, ovomucoid,irrespective of the degree of heat denaturation.Cytotechnology,47,145-149 2005(4) 「ビタミンの食事摂取基準の策定方法と策定に用いられた数値」、生体試料、第29巻、第5号、2006
(5)第21回日本母乳哺育学会学術集会奨励賞「母乳は食物アレルギーの飲むワクチンか」など

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  応用生命科学専攻  博士課程  2003年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学博士(農学)  京都大学  2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活栄養学科  准教授   2013年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活栄養学科  助教   2007年04月 ~ 2013年03月

  • 滋賀県立大学  人間文化学部生活文化学科・食生活専攻  助手   2004年04月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養士会  

  • 日本農芸化学会  

  • 日本栄養改善学会  

  • 日本栄養・食糧学会  

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 母親の食事摂取状況と母乳成分

    母乳、食事

論文 【 表示 / 非表示

  • Sharing of human milk oligosaccharides degradants within bifidobacterial communities in faecal cultures supplemented with Bifidobacterium bifidum

    Gotoh A., Katoh T., Sakanaka M., Ling Y., Yamada C., Asakuma S., Urashima T., Tomabechi Y., Katayama-Ikegami A., Kurihara S., Yamamoto K., Harata G., He F., Hirose J., Kitaoka M., Okuda S., Katayama T.

    Scientific Reports  Scientific Reports  8 (1)    2018年12月

    10.1038/s41598-018-32080-3  共著  

    [概要]

    © 2018, The Author(s). Gut microbiota of breast-fed infants are generally rich in bifidobacteria. Recent studies show that infant gut-associated bifidobacteria can assimilate human milk oligosaccharides (HMOs) specifically among the gut microbes. Nonetheless, little is known about how bifidobacterial-rich communities are shaped in the gut. Interestingly, HMOs assimilation ability is not related to the dominance of each species. Bifidobacterium longum susbp. longum and Bifidobacterium breve are commonly found as the dominant species in infant stools; however, they show limited HMOs assimilation ability in vitro. In contrast, avid in vitro HMOs consumers, Bifidobacterium bifidum and Bifidobacterium longum subsp. infantis, are less abundant in infant stools. In this study, we observed altruistic behaviour by B. bifidum when incubated in HMOs-containing faecal cultures. Four B. bifidum strains, all of which contained complete sets of HMO-degrading genes, commonly left HMOs degradants unconsumed during in vitro growth. These strains stimulated the growth of other Bifidobacterium species when added to faecal cultures supplemented with HMOs, thereby increasing the prevalence of bifidobacteria in faecal communities. Enhanced HMOs consumption by B. bifidum-supplemented cultures was also observed. We also determined the complete genome sequences of B. bifidum strains JCM7004 and TMC3115. Our results suggest B. bifidum-mediated cross-feeding of HMOs degradants within bifidobacterial communities.

  • 母乳中亜鉛の重要性を考える:亜鉛トランスポーターの変異と母乳中亜鉛量の調査報告

    神戸大朋、長尾早枝子、福江和久、廣瀬潤子

     亜鉛栄養治療    2018年10月

    共著  共同(副担当)

  • 食育推進隊の食育活動報告―秦荘やまいもの調理特性を活かした地域戦略商品の開発

    廣瀬潤子、立花彩華、野中えみな、橋本瀬奈、向樹理子、小澤惠子

    滋賀県立大学人間文化学部  人間文化  (45)   40 ~ 43  2018年10月

    共著  共同(主担当)

  • Molecular insight into evolution of symbiosis between breast-fed infants and a member of the human gut microbiome Bifodobacterium longum

    Yamada C, Gotoh A (equal contribution), Sakanaka M, Hattie M, Stubbs KA, Katayama-Ikegami A, Hirose J, Kurihara S, Arakawa T, Kitaoka M, Okuda S, Katayama T (corresponding author), and Fushinobu S (corresponding author).

     Cell Chemical Biology  24   515 ~ 524  2017年05月

    共著  共同(副担当)

  • Qualitative and Quantitative Analyses of Glycogen in Human Milk

    Hiroko Matsui-Yatsuhashi, Takashi Furuyashiki, Hiroki Takata, Miyuki Ishida,Hiroko Takumi, Ryo Kakutani, Hiroshi Kamasaka, Saeko Nagao,Junko Hirose, and Takashi Kuriki

     J. Agric. Food Chem.    2017年02月

    10.1021/acs.jafc.6b03644  共著  共同(副担当)

  • 母子の夜間睡眠状況と授乳の関連

    廣瀬潤子、長尾早枝子

     日本食育学会誌  10 (4)   283 ~ 288  2016年10月

    共著  共同(主担当)

  • アレルギー感作母マウスの摂取タンパク質が母乳を介して仔マウスに経口免疫寛容を誘導する

    松永 安由、木津 久美子 、有田 真緒、廣瀬 潤子、成田 宏史

     日本栄養・食糧学会誌  69 (1)   21 ~ 28  2016年01月

    共著  共同(副担当)

  • Method for evaluation of the requirements of B-group vitamins  using tryptophan metabolites in human urine

    Katsumi Shibata, Junko Hirose and Tsutomu Fukuwatari

     International Journal of Tryptophan Research  (8)   31 ~ 39  2015年05月

    共著  共同(副担当)

  • Induction of Oral Tolerance in Neonatal Mice by Transfer of Food Allergens as IgA-Immune Complexes in Breast Milk

    Kumiko Kizu, Ayu Matsunaga, Junko Hirose, Akihiro Kimura, Hiroshi Narita

     Food and Nutrition Sciences  6   221 ~ 233  2015年02月

    共著  共同(副担当)

  • Relationship Between Urinary Concentrations of Nine Water-soluble Vitamins and their Vitamin Intakes in Japanese Adult Males

    Katsumi Shibata, Junko Hirose and Tsutomu Fukuwatari

     Nutrition and Metabolic Insights  7   61 ~ 75  2014年06月

    共著  共同(副担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 乳房の科学‐女性のからだとこころの問題に向きあう‐母子栄養学から見た母乳哺育

    (北山、山口、田代編)成田宏史、廣瀬潤子

    朝倉書店  2017年06月

    単行本(一般書)  共著

  • 5. 新版ヘルス21栄養教育・栄養指導論

    辻とみ子・堀田千津子編、廣瀬潤子

    医歯薬出版株式会社  2017年03月

    教科書  共著

  • 栄養教育論第5版(中山玲子・宮崎由子編)

    中山玲子・宮崎由子、廣瀬潤子他

    化学同人  2016年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 栄養素で結ぶ食品と健康(柴田克己・木戸康弘編)

    柴田克己・木戸康弘編、廣瀬潤子他

    培風館  2016年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 栄養ケア・マネジメント論

    福井富穂、廣瀬潤子 他

    化学同人  228p  2012年08月

    教科書  分担執筆

  • 今日の病態栄養療法改定第2版

    渡辺明治、福井富穂編集、柴田克己、廣瀬潤子

    南江堂  -p  2008年04月

    単行本(学術書)  共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 母乳中に存在する食品タンパク質は食物アレルギーの原因となるか?

    廣瀬潤子、松永安由、森(木津)久美子、成田宏史

     アレルギーの臨床  38 (2)   51 ~ 55  2018年02月

     共著  共同(主担当)

  • 乳幼児期における食物アレルギー対策

    森(木津)久美子,松永安由,廣瀬潤子,成田宏史

     栄養―Trends of Nutrition  2 (4)   245 ~ 251  2017年12月

     共著  共同(副担当)

  • 保育所・学校給食における食物アレルギー対応の現状

    岡崎史子,山口友貴絵,廣瀬潤子,成田宏史

     栄養―Trends of Nutrition  2 (4)   253 ~ 258  2017年12月

     共著  共同(副担当)

  • 母と子をつなぐ母乳哺育

    成田宏史、竹下秀子、廣瀬潤子

     乳房文化研究会2013年度講演録    2014年06月

     共著  共同(副担当)

  • IgA免疫複合体がアトピー・アレルギーを予防する

    廣瀬潤子、木津久美子、成田宏史

    全国アトピー友の会  あとぴナビ  211   1 ~ 4  2010年07月

     共著  共同(副担当)

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食品科学工学会誌論文賞

     Lipid Transfer Proteinに対するモノクローナル抗体を用いた発酵食品中の小麦使用量の評価  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本食品科学工学会  単独  2010年09月

  • 日本農芸化学会2010年度大会トピックス賞

     母乳哺育による食物アレルギーの予防  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本農芸化学会  共同(副担当)  2010年03月

  • 第22回日本母乳哺育学会学術集会奨励賞

     母親の食生活と母乳のにおい  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本母乳哺育学会  共同(主担当)  2007年09月

  • 日本母乳哺育学会学術集会奨励賞

     母乳は食物アレルギー予防のワクチンか  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  第21回日本母乳哺育学会  共同(主担当)  2006年09月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • QOL向上を目指した栄養食事指導-母乳の神秘に迫ります-

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 栄養教育論Ⅰ

  • 栄養教育論Ⅱ

  • 栄養教育論Ⅲ(カウンセリング論演習を含む)

  • 栄養教育論実習

  • 臨床栄養活動論

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 栄養教育特論