基本情報

写真a

丸尾 雅啓

MARUO Masahiro


職名

教授

研究分野・キーワード

水圏化学、分析化学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
◎海水・湖水・河川水中の微量元素の存在形態(いわゆる化学的スペシエーション)と挙動~琵琶湖など陸水の微量金属(鉄・銅など)

◎微量元素、生元素(N,P)の分析法改良~固相抽出、イオンクロマトグラフィーなど

研究業績等(概要)
<微量元素の存在形態、金属と有機物の相互作用>
Tanveer Ahmed, Keiichi Ohta, Osamu Nagafuchi, Masahiro Maruo (2012) Binding interaction of 1-naphthol with the dissolved organic matter of Lake Biwa and treated sewage wastewater: role of microbial fulvic acid molecules. Environmental Toxicology and Chemistry, 31(10), 2201-2209.

Masahiro Maruo, Keisuke Tate, Keiichi Ohta, Kazuhide Hayakawa, Hajime Obata (2010) Vertical distribution of iron(II) and its relation to organic substances in Lake Biwa, Japan, Verh. Internat. Verein. Limnol., 30, 1379-1383.

丸尾雅啓、戸田全則、左部智子、小畑元 (2007)
琵琶湖表層水及び流入河川水中に存在する鉄(Ⅱ)の濃度分布と存在形態, 陸水学雑誌 68, 415-423.

Masahiro Maruo,KristinJ.Orians (2006) Determination of copper complexation in freshwaters of west Canadian lakes by electrochemical analysis, Verh.Internat.Verein.Limnol.,29,1481-1486.

<化学分析の条件検討>

Masahiro Maruo, Mana Ishimaru, Yuma Azumi, Yuki Kawasumi, Osamu Nagafuchi, Hajime Obata (2016)Comparison of soluble reactive phosphorous and orthophosphate concentrations in river waters. Limnology 17(1), 7-12.

Masahiro Maruo, Hajime Obata (2011)
Unique elution behavior of bromide and nitrate in anion-exchange chromatography using potassium chloride eluent containing cadmium or zinc ion, Analytical Sciences, 27(9), 949-951.

丸尾雅啓、永岡一樹、小林一星、小沢佳那子、小畑元 (2010)
水圏試料中微量溶存鉄(Ⅱ)の比色定量における至適pH条件に関する再検討, 分析化学, 59, 1143-1147.

Masahiro Maruo, Takashi Doi, Hajime Obata (2006)
Anion Chromatographic determination of submicromolar nitrate in seawater with a high-capacity anion exchanger and lithium chloride eluent on shipboard, Anal.Sci.,22,1175-1178.

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部  化学科  1988年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻  博士課程  1994年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  京都大学  1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  教授   2016年04月  - 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  准教授   2007年11月  - 2016年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  講師   2005年09月  - 2007年10月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境生態学科  助手   1995年04月  - 2005年08月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院人間・環境学研究科  日本学術振興会特別研究員   1994年04月  - 1995年03月

  • ブリティッシュコロンビア大学理学部地球・海洋科学科  客員研究員   2003年06月  - 2003年11月

  • 奈良教育大学  教育学部  非常勤講師   2003年10月  - 2004年03月

  • 奈良教育大学  教育学部  非常勤講師   2004年10月  - 2005年03月

  • 滋賀大学  教育学部  非常勤講師   2004年10月  - 2005年03月

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本陸水学会  論文賞選考委員

  • 日本分析化学会  近畿支部幹事、日本分析化学会第62年会実行委員

  • 日本地球化学会  

  • 国際陸水学会(SIL)  

  • 先進陸水海洋科学会(ASLO)  

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 気象・海洋物理・陸水学

  • 地球宇宙化学

  • 分析化学

  • 環境動態解析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Assessment of the Status of Groundwater Arsenic at Singair Upazila, Manikganj Bangladesh; Exploring the Correlation with Other Metals and Ions

    Md. Mostafizur Rahman, Rebeka Sultana, Mashura Shammi, Joti Bikash, Tanveer Ahmed, Masahiro Maruo, Masaaki Kurasaki, M. Khabir Uddin

    Springer  Exposure and Health  8 (2)   217  - 225  2016年02月

    10.1007/s12403-016-0196-8  共著  共同(副担当)

  • Trace elements influenced by environmental changes in Lake Biwa: (I) Seasonal variations under suboxic hypolimnion conditions during 2007 and 2009

    Yusuke Nakashima, Akiyoshi Shimizu, Masahiro Maruo, Yoshiki Sohrin

    Springer  Limnology  17 (2)   151  - 162  2016年01月

    10.1007/s10201-015-0474-3  共著  共同(副担当)

  • Trace elements influenced by environmental changes in Lake Biwa: (II) Chemical variations in the hypolimnion over the last half-century

    Yoshiki Sohrin, Yusuke Nakashima, Masahiro Maruo

    Springer  Limnology  17 (2)   163  - 173  2016年01月

    10.1007/s10201-015-0477-0  共著  共同(副担当)

  • Determination of aquatic humic substances in Japanese lakes and wetlands by the carbon concentration-based resin isolation technique

    Kumiko Tsuda, Morimaru Kida, Suzuka Aso, Taku Kato, Nobuhide Fujitake, Masahiro Maruo, Kazuhide Hayakawa, Mitsuru Hirota

    Springer  Limnology  17 (1)   1  - 6  2015年12月

    10.1007/s10201-015-0455-6  共著  共同(副担当)

  • Comparison of soluble reactive phosphorous and orthophosphate concentrations in river waters

    Masahiro Maruo, Mana Ishimaru, Yuma Azumi, Yuki Kawasumi, Osamu Nagafuchi, Hajime Obata

    Springer  Limnology  17 (1)   7  - 12  2015年12月

    10.1007/s10201-015-0463-6  共著  共同(主担当)

  • Annual layers in river-bed sediment of a stagnant river-mouth area of the Kitagawa Brook, Central Japan

    Yoshimasa Kurashige, Toshiaki Nakano, Eri Kasubuchi, Masahiro Maruo, Hanako Domitsu

    IAHS Publishing  IAHS-AISH Proceedings and Reports: International Symposium on Sediment Dynamics: From the Summit to the Sea, ICCE 2014; Astor Crowne PlazaNew Orleans; United States; 11 December 2014 through 14 December 2014; Code 115823  367   251  - 257  2014年12月

    共著  共同(副担当)

  • びわ湖内湖・西の湖における水環境教育

    三田村緒佐武、石川聡子、石田典子、後藤直成、橘淳治、丸尾雅啓

    日本陸水学会近畿支部会  陸水研究  1 (1)   5  - 15  2014年07月

    共著  共同(副担当)

  • Characteristics and role of groundwater dissolved organic matter on arsenic mobilization and poisoning in Bangladesh

    Tareq S. M., M. Maruo, K. Ohta

    Elsevier  Physics and Chemistry of the Earth, Parts A/B/C  58-60   77  - 84  2013年05月

    10.1016/j.pce.2013.04.014  共著  共同(副担当)

  • Binding interactions of 1-naphthol with dissolved organic matter of Lake Biwa and treated sewage wastewater: the role of microbial fulvic acid

    Ahmed T., K. Ohta, O. Nagafuchi, M. Maruo

    Wiley-Blackwell  Environmental Toxicology & Chemistry  31 (10)   2201  - 2209  2012年05月

    10.1002/etc.1934  共著  共同(主担当)

  • Seasonal characteristics of surface water fulvic acids from Lake Biwa and Lake Tankai in Japan

    Fujitake N., K. Tsuda, S. Aso, H. Kodama, M. Maruo, K. Yonebayashi

    Springer  Limnology  13 (1)   45  - 53  2012年04月

    10.1007/s10201-011-0354-4  共著  共同(副担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 琵琶湖と環境

    琵琶湖と環境編集委員会 編

    サンライズ出版  456p  2015年06月

    単行本(学術書)  共著

  • 地球化学実験法

    日本地球化学会 監修、田中剛、吉田尚弘 共編、丸尾雅啓ほか 著

    培風館  332p  2010年07月

    単行本(学術書)  共著

  • ベーシック機器分析化学

    池上、丸尾 他20名

    化学同人  198p  2008年07月

    単行本(学術書)  共著

  • 「第5版 実験化学講座」第20巻-2 環境化学、分析化学

    鷲田伸明編:丸尾雅啓ほか著者多数

    丸善  519p  2007年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 「琵琶湖発フィールドワークのすすめ」

    滋賀県立大学環境フィールドワーク研究会編:丸尾雅啓ほか著者多数

    昭和堂  266p  2007年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 東アジアモンスーン域の湖沼と流域 水源環境保全のために

    坂本充、熊谷道夫編;伏見碩二、丸尾雅啓、村瀬潤ほか21名

    名古屋大学出版会  348p  2006年04月

    単行本(学術書)  共著

  • 陸水の事典

    日本陸水学会 編

    講談社  574p  2006年03月

    事典・辞書  共著

  • The Geology, Biodiversity and Ecology of Lake Hovsgol (Mongolia)

    C. E. Goulden, T. Sitnikova, J. Gelhaus, B. Boldgiv編:熊谷道夫、占部城太郎、CE Goulden、D Hadbaatar、辻村茂男、速水祐一、関野樹、丸尾雅啓、B. Boldgiv、N. Soninkhshig ほか

    Backhuys Publishers, Leiden, Nederland  526p  2006年02月

    単行本(学術書)  共著

  • 海と湖の化学

    藤永太一郎監修 一色健司・宗林由樹 編

    京都大学学術出版会  560p  2005年03月

    単行本(学術書)  共著

  • Marine Environment: The Past, Present and Future

    Chen-Tung Arthur Chen編、著者:中山英一郎、丸尾雅啓ほか多数

    Fuwen Press, Kaohsiung, Taiwan  516p  2002年09月

    単行本(学術書)  共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 陸水における金属の化学スペシエーション

    丸尾 雅啓

    一般財団法人 海洋化学研究所  海洋化学研究  28 (1)   2  - 9  2015年04月

     単著  

  • 天然水中の金属配位子の分析

    丸尾 雅啓

    日本分析化学会  ぶんせき  * (470)   71  - 75  2014年02月

     単著  

  • 琵琶湖の水環境

    丸尾 雅啓

    日本機能水学会  機能水研究  6 (1)   11  - 14  2011年04月

     単著  

  • 淡水における金属のスペシエーション

    丸尾 雅啓

    海洋化学研究所  海洋化学研究  18 (2)   65  - 68  2005年11月

     単著  

  • 海水中銅のスペシエーションおよび配位子の解明

    丸尾 雅啓

    海洋出版  月刊 海洋 号外  * (39)   61  - 68  2005年02月

     単著  

  • 海洋における懸濁粒子の化学組成と間隙水を経由する物質の拡散フラックス

    南秀樹・北畑謙一・土井崇史・小畑元・丸尾雅啓・中口譲・加藤義久

    海洋出版  月刊 海洋 号外  * (39)   104  - 113  2005年02月

     共著  共同(副担当)

  • トピックス:マイクロファブリケーションによる液体クロマトグラフィー用ナノカラムの作製

    丸尾 雅啓

    日本分析化学会  ぶんせき  294 (*)   504  1999年06月

     単著  

  • トピックス:光ファイバーを用いるミクロpHセンサー

    丸尾 雅啓

    日本化学会  化学と工業  50 (11)   1677  1997年11月

     単著  

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • Determination of nanomolar levels of phosphate in water of P-limited lake in Japan (Lake Biwa) bu ion chromatography

    SIL2016 (33rd SIL Congress)  2016年08月

  • Determination of trace orthophosphate in water of Lake Biwa (Japan) by ion chromatography

    25th Goldschmidt 2015  2015年08月

  • Characterization of highly strong metal binding ligands in waters of natural lakes in Japan and Korea by electroanalysis

    The 16th International Symposium on River and Lake Environments (ISRLE2014)  2014年08月

  • 陸水における金属の化学スペシエーション

    第34回石橋正義先生記念講演会  2014年04月

  • Speciation of Iron(II) in oxic freshwater Lake Biwa, Japan

    SIL XXXII (SIL2013)  2013年08月

  • Investigation of highly strong copper complexing ligands in lake water by peudopolarography

    The 15th International Symposium on River and Lale Environments,  2012年10月

  • Optical Characteristics and Molecular Weight Distributions of Whole Natural Organic Matter in Lake BIWA and Other Freshwater Systems in Japan - An Indication of NOM Sources and Speciation

    ASLO Aquatic Science Meeting 2012  2012年07月

  • Comparison of Determination Methods of Iron(II) in Freshwater of Lake Biwa, Japan, in Consideration of Organic Complexation

    ASLO Aquatic Science Meeting 2012  2012年07月

  • Azo Dye Binding Interactions with Freshwater and Treated Wastewater Dissolved Organic Matter

    Sixth International Conference on Environmental Science and Technology  2012年06月

  • Binding Interaction of 1-Napthol with the Dissolved Organic Matter of Lake Biwa and Treated Sewage Wastewater: A Comparative Analysis based on UV-Visible and Fluorescence Characteristics

    International Conference on Environmental Pollution and Remediation, ICPER2011  2011年08月

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 研究航海(南極海)

    フィールドワーク   2014年12月  - 2015年01月

  • 大韓民国東北部汽水湖における水質調査(夏期)

    フィールドワーク   2013年08月

  • 湖沼調査(鹿児島県 池田湖、鰻池、藺牟田池)

    フィールドワーク   2013年05月

  • 湖沼調査(白駒池 諏訪湖)

    フィールドワーク   2012年08月

  • 湖沼調査(白駒池 諏訪湖)

    フィールドワーク   2011年10月

全件表示 >>

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 環境化学Ⅰ

  • 水域環境機能論

  • 環境フィールドワークⅢ

  • 環境生態学演習Ⅰ

  • 環境生態学演習Ⅱ

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 生態系影響論

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 彦根市  彦根市公共下水道事業審議会  委員   2015年10月  - 2017年10月

  • 滋賀県立琵琶湖フローティングスクール  琵琶湖フローティングスクール運営懇話会  委員   2013年04月  - 現在

  • 滋賀県立琵琶湖フローティングスクール  琵琶湖フローティングスクール運営委員会  委員   2008年04月  - 2013年03月

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会近畿支部  会計幹事   2015年04月  - 2017年03月

  • 日本陸水学会  日本陸水学会論文賞選考委員   2013年04月  - 2015年03月

  • 日本陸水学会  学会賞選考委員長   2012年04月  - 2013年03月

  • 日本陸水学会  学会賞選考委員   2011年04月  - 2012年03月

  • 日本分析化学会近畿支部  幹事   2009年04月  - 2015年03月

全件表示 >>