上野 有理 (ウエノ アリ)

UENO Ari

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

比較認知科学、発達心理学、霊長類学

プロフィール

研究課題(研究概要)
家族や友達との食事は子どもの食べ物への好みにどう影響するのか、に主に関心をもっています。食事場面は私たちにとって、日々繰り返されるごく身近なものです。そんな日常場面にあらわれるヒトらしさを探りたい、ひいては離乳期の養育支援に役立てられるような知見を得たい、と考えて、研究をしています。
研究業績等(概要)
上野有理「topic3チンパンジーにおける脳波計測」&「topic4フードシェアリング」ソーシャルブレインズ(開一夫・長谷川寿一編著)pp. 21-22, 東京大学出版会, 2009.

上野有理「チンパンジーの親子関係にみる「食育」」発達 No. 110, Vol. 28, ミネルヴァ書房. pp. 104-112. 2007.

上野有理「ヒトにおける食行動-ヒト以外の霊長類との比較から見えること-」発達研究 Vol. 20, 発達科学研究教育センター. pp. 81-87. 2006.

Ueno A. Food sharing and referencing behavior in chimpanzee mother and infant. In: Matsuzawa T., Tomonaga M., Tanaka M. (eds.) Cognitive development in chimpanzees, Springer-verlag Tokyo, 172-181. 2006.

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  生物科学専攻  博士課程  2004年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学  京都大学  2004年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  准教授   2009年04月 ~ 2017年03月

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  助教   2008年04月 ~ 2009年03月

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  人間関係学科  教授   2017年04月 ~ 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院総合文化研究科  日本学術振興会特別研究員   2007年04月 ~ 2008年03月

  • 東京大学21世紀COE「心とことば」  研究員   2005年04月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本家政学会  

  • 日本霊長類学会  

  • 日本発達心理学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 食をめぐる人間の親子関係:他の霊長類との比較からみえること

    上野有理

    心理学評論刊行会  心理学評論  53   394 ~ 404  2011年01月

    単著  

  • Brain activity in an awake chimpanzee in respons to the sound of her own name

    Ueno A., Hirata S., Fuwa K., Sugama K., Kusunoki K., Matsuda G., Fukushima H., Hiraki K., Tomonaga K., Hasegawa T.

    Royal Society Publishing  Biology Letters  published online   -  2009年12月

    共著  共同(主担当)

  • 食のもつ生物学的&文化的側面

    上野有理

    日本赤ちゃん学会  ベビーサイエンス  9   41 ~ 42  2010年03月

    単著  

  • Auditory ERPs to stimulus deviance in an awake chimpanzee (Pan troglodytes): Towards hominid cognitive neurosciences

    Ueno A., Hirata S., Fuwa K., Sugama K., Kusunoki K., Matsuda G., Fukushima H., Hiraki K., Tomonaga M., Hasegawa T.

    Public Library of Sceince  PLoS ONE  3   e1442 ~ -  2007年12月

    共著  共同(主担当)

  • Development of co-feeding behavior in young wild Japanese macaques (Macaca fuscata)

    Ueno A.

    Elsevier Science  Infant Behavior and Development  28   481 ~ 491  2005年04月

    単著  

  • Response to novel food in infant chimpanzees-Do infants refer to mothers before ingesting food on their own?-

    Ueno A., Matsuzawa T.

    Elsevier Science  Behavioural Processes  68   85 ~ 90  2005年04月

    共著  共同(主担当)

  • Brain response to affective pictures in the chimpanzee

    Hirata S., Matsuda G., Ueno A., Fukushima H., Fuwa K., Sugama K., Kusunoki K., Tomonaga M., Hiraki K., Hasegawa T.

     Scientific Reports  3 (1342)    2013年

    10.1038/srep01342  単著  

  • Neural representation of face familiarity in an awake chimpanzee

    Fukushima H., Hirata S., Matsuda G., Ueno A., Fuwa K., Sugama K., Kusunoki K., Hiraki K., Tomonaga M., Hasegawa T.

     PeerJ  1 (e223)    2013年

    共著  共同(副担当)

  • Event-related potentials in response to subject's own name: A comparison between humans and a chimpanzee

    Hirata S, Matsuda G, Ueno A, Fuwa K, Sugama K, Kusunoki K, Fukushima H, Hiraki K, Tomonaga M, Hasegawa T

    Landes Bioscience  Communicative & Integrative Biology  4 (3)   1 ~ 3  2011年05月

    共著  共同(副担当)

  • Neural correlates of face and object perception in an awake chimpanzee (Pan troglodytes) examined by scalp-surface event-related potentials

    Fukushima H, Hirata S, Matsuda G, Fuwa K, Sugama K, Kusunoki K, Hirai M, Hiraki K, Tomonaga M, Hasegawa T

    the Public Library of Science  PLoS ONE  5 (10)   e13366  2010年10月

    共著  共同(副担当)

著書 【 表示 / 非表示

  • 赤ちゃん学で理解する 乳児の発達と保育 第1巻

    三池輝久,上野有理,小西行郎

    中央法規  137p  2016年12月

    教科書  共著

  • 子どもと食-食育を超える

    根ヶ山光一、外山紀子、河原紀子(編)

    東京大学出版会  302p  2013年04月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 最新心理学事典

    藤永保(監)

    平凡社  870p  2013年12月

    事典・辞書  分担執筆

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 食べる他者から乳児は何を感じているのか

    日本赤ちゃん学会第9回学術集会  2009年05月

  • おいしい?おいしくない?-食べる他者にたいする乳児の反応-

    日本発達心理学会第20回大会  2009年03月

  • 食物にたいする5~6ヶ月齢児の反応

    日本発達心理学会第20回大会  2009年03月

  • 食事場面にみるチンパンジーの親子関係

    日本動物心理学会第150回例会  2009年03月

  • Neural activities in an awake chimpanzee: ERP studies towards hominid cognitive neurosciences

    The international symposium on comparative cognitive science  2008年05月

  • Neural activities in an awake chimpanzee in response to affective and self-relevant stimuli: visual and auditory ERPs

    International Primatological Soviety ⅩⅩⅢ Congress  2010年09月

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成17年度 発達科学研究教育奨励賞

       出版社・新聞社・財団等の賞  (財)発達科学研究教育センター  単独  2005年09月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児のこころと生活:発達と子育て支援の科学

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 共感の構造と進化に注目した養育の実証研究:子育て支援の実践に向けて

     科学研究費補助金 基盤研究(C)   2015年04月 ~ 現在

 
 

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • けいはんな赤ちゃん学講座   2016年09月

  • けいはんな赤ちゃん学講座   2015年10月

  • 「子どもの食を育む」健康教育,171:9-14,2014.   2014年04月

  • 「赤ちゃんの住む世界 食べる その2」赤ちゃんとママ,2014年3月号:26-27.   2014年03月

  • 「赤ちゃんの住む世界 食べる その1」赤ちゃんとママ,2014年2月号:26-27.   2014年02月

全件表示 >>