基本情報

写真a

安田 寿彦

YASUDA Toshihiko


職名

教授

研究分野・キーワード

非線形システムの解析と制御、メカトロニクス

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.mech.usp.ac.jp/~maw/index.html

プロフィール

研究課題(研究概要)
ある種の生物の個体数増減、あるいは株価の変化などは、予測がきわめて困難な不規則挙動を示す。このような不規則変動は、従来、生態システムに対する環境変動や経済システムにおける不確定要因が原因であるものと考えられてきた。近年、不確定要因だけでなく、システム自体に不規則変動を生成するメカニズムが含まれている場合があることが明らかになった。このような現象をカオスと呼んでいる。工学においても、制御システムあるいは電気回路システムにおいて、しばしばカオス現象が観測されている。工学ではカオスを取り除くための方策などが研究の中心であったが、カオスの特性を生かした最適値の探索、情報処理あるいは通信などへの応用を研究課題とする。また、福祉ロボットの知能化にも挑戦している。
研究業績等(概要)
1981年3月京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科修士課程修了。1981年4月京都工芸繊維大学研究生。
1982年4月滋賀県立短期大学勤務。1995年4月より滋賀県立大学兼務、現在に至る。この間、確率システムおよび非線形システムに関する研究に従事。工学博士。
たとえば、ばねに加える力とのびの間には比例関係がある。ばねに加える力を入力、ばねののびを出力
と考えれば、ばねを入力と出力の間に比例関係があるシステムと考えることができる。このような入出力関係が比例関係であるシステムを線形システムと呼ぶ。しかしながら、工学では入出力関係が比例関係でない、すなわち非線形システムが数多く存在する。非線形システムにおいては、状態量たとえば物体の位置・速度、部屋の温度、品物の価格などが時間の経過とともにきわめて不規則な変化をすることがある。
このような現象をカオスと呼んでいる。これまでに、カオス現象を示すシステムに制御入力を加えて目標に一致させる方策、あるいはカオス現象に対するノイズの影響を明らかにした。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  教授   2012年01月  - 現在

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  准教授   2007年04月  - 2011年12月

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  助教授   1996年04月  - 2007年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本リハビリテーション工学協会  

  • 日本機械学会  

  • 電子情報通信学会  

  • 計測自動制御学会  

  • システム制御情報学会  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanism and Basic Characteristics of a Helical Inflatable Gripper

    Hideyuki AMASE, Yasutaka NISHIOKA, Toshihiko YASUDA

     Proceedings of the 2015 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation   2559  - 2564  2015年08月

    共著  

  • A Strategy for preventing collisions of an electric wheelchair running only by Go Straight and Turn on the Spot

    Toshihiko Yasuda, Hajime Tanaka, Naoya. Suehiro, Nozomi Miwa and Katsuyuki Tanaka

    --  Proceedings of the 13th International Conference on Advanced Robotics  -   683  - 688  2007年08月

    共著  共同(主担当)

  • On a One-dimensional Chaotic Discrete Dynamical System with Piecewise Uniform Invariant Density

    Toshihiko Yasuda

    -  International Journal of Innovative Computing, Information & Control  Vol.4 (No.1)   143  - 152  2007年04月

    単著  

  • Effect of Assist Function Compensating Running Resistance on One-hand Drive Wheelchair with a Triple Ring:

    Toshihiko Yasuda, Daisuke Furikado, Naoyuki Kawakubo and Katsuyuki Tanaka

    -  Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics  - (-)   1272  - 1277  2007年04月

    共著  共同(主担当)

  • Adjustability of neural networks with variant connection weights for obstacle avoidance in an intelligent wheelchair

    Toshihiko Yasuda, Hajime Tanaka, Kazushi Nakamura and Katsuyuki Tanaka

    -  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics  Vol.11 ( No.8)   922  - 930  2007年04月

    共著  共同(主担当)

  • Studies on a function for turning on the spot of one hand drive wheelchair with manipulation mechanism constructed by a triple ring,

    Naoyuki Kawakubo, Toshihiko Yasuda, Yuuichi Matsumura, Daisuke Furikado and Katsuyuki Tanaka

    -  Proceedings of the 13th International Conference on Advanced Robotics  - (-)   689  - 694  2007年04月

    共著  共同(副担当)

  • A Strategy for preventing collisions of an electric wheelchair running only by Go Straight and Turn on the Spot

    Toshihiko Yasuda, Hajime Tanaka, Naoya. Suehiro, Nozomi Miwa and Katsuyuki Tanaka

    -  Proceedings of the 13th International Conference on Advanced Robotics  - (-)   683  - 688  2007年04月

    共著  共同(主担当)

  • Adjustment Ability of a Neural Network with Variable Type Connection Weights for Autonomous Obstacle Avoidance in a Intelligent Wheelchair

    Toshihiko Yasuda, Hajime Tanaka, Kazushi Nakamura and Katsuyuki Tanaka

    -  Proceedings of Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on Advanced Intelligent Systems  - (-)   267  - 272  2006年04月

    共著  共同(主担当)

  • Neural Network with Variable Type Connection Weights for Autonomous Obstacle Avoidance on a Prototype of Six-wheel Type Intelligent Wheelchair

    Toshihiko Yasuda, Kazushi Nakamura, Akihiro Kawahara and Katsuyuki Tanaka

    -  International Journal of Innovative Computing, Information & Control  Vol.2 (No.5 )   1165  - 1177  2006年04月

    共著  共同(主担当)

  • One Hand Drive Wheelchair with New Manipulation Mechanism and Assist Functions

    Toshihiko Yasuda Daisuke Furikado and Katsuyuki Tanaka

    -  Proceedings of the 2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems  - (-)   2833  - 2838  2006年04月

    共著  共同(主担当)

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 形状記憶ゲルを用いたロボットアーム用剛性可変多自由度受動関節の試作

    日本機械学会関西支部第92回定時総会講演会  2017年03月

  • 揉捏法模倣型シート状ソフトマッサージ機の開発

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2016年12月

  • 血圧測定を目的とした人体固定用ソフトグリッパの開発

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2016年12月

  • 携帯型ボディメカニクス学習システムを用いた看護師の腰部負担軽減への試み

    第47回 日本看護学会 看護管理学術集会  2016年09月

  • 腰痛要因となる危険前傾姿勢を警告・モニタリング可能な携帯型姿勢計測器の開発と評価

    日本教育工学会 第32回全国大会  2016年09月

  • 様々な形態で使用できる介助用移動機器電動化ユニットの試作

    第31回リハ工学カンファレンスin高知  2016年08月

  • The Multilocomotor with pedaling system enhances mobility and the exploration in children with special needs. - Kids Loco Project -

    International Conference on Cerebral Palsy and other Childhood-onset Disabilities  2016年06月

  • 血圧測定を目的とした人体固定用ソフトグリッパの開発(第2報 対応椀周とその測定制度に関する基礎実験)

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年06月

  • 形状記憶ゲル製多指型ロボットハンドを有する双椀ロボットシステムの開発

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年06月

  • ワイヤー駆動を利用した螺旋状巻き付きインフレータブルグリッパの提案

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2016  2016年06月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 移動を支援する福祉ロボットおよび腰痛予防のための学習支援システムの研究

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 制御工学Ⅱ

  • 機械システム工学実験

  • 制御工学Ⅰ

  • 機械システム工学セミナー

  • 制御工学Ⅱ

全件表示 >>