基本情報

写真a

上町 達也

UEMACHI Tatsuya


職名

准教授

研究分野・キーワード

園芸学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
植物遺伝資源の中の園芸植物,特に観賞用植物・景観植物を対象とした研究を行っています.現在,主に①植物の観賞価値,観賞期間の向上に関する研究、②日本に自生するアジサイ属植物の未利用遺伝資源の探索,③レトロトランスポゾン(動く遺伝子)に関する研究、について集中的に取り組んでいます.

研究業績等(概要)
・Uemachi, T, Y. Mizuhara, K. Deguchi, Y. Shinjo, E. Kajino and H. Ohba. 2014. Phylogenetic relationship of Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. and H. serrata (Thunb.) Ser. evaluated using RAPD markers and plastid DNA sequences. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 83: 163-171.

・Uemachi, T. and A. Okumura. 2012. The Inheritance of Inflorescence Types in Hydrangea macrophylla. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 81: 263-268.

・Uemachi,T.,Kurokawa,M.and Nishio,T.2006.Comparison of inflorescence composition and development in the lacecap and its sport,hortensia Hydrangea macrophylla(Thunb.)Ser.J.Japan.Soc.Hort.Sci.75: 154-160.

・上町達也・西尾敏彦.2005.アジサイ及びヤマアジサイの額咲き型品種における花序の構造と装飾花の着生との関係.園芸学研究4:435-438.

・Uemachi,T.,Kato,Y.and Nishio,T.2004.Comparison of decorative and non-decorative flowers in Hydrangea macrophylla(Thunb.)Ser. Scientia Horticulturae.102.325-334.

・Uemachi,T.and Nishio,T.2000.Inflorescence development in Hydrangea macrophylla. Acta Horticulturae 515:265-271

・Uemachi,T.,Watanabe,H.and Yazawa,S.1995.Emergence of vigorous-growing lateral shoots from a CMV-infected plant of Capsicum frutescens L.found on a subtropical island in Japan.Capsicum and Eggplant Newsletter.,14:56-59.

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  農学専攻  修士課程  1992年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  京都大学  2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  准教授   2013年04月  - 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助教   2007年04月  - 2013年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  助手   1996年04月  - 2007年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 園芸科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アジサイ属日本固有種の未利用遺伝資源を活用した耐候性育種素材の開発

    強光耐性 乾燥耐性 遺伝資源

  • アジサイにおけるレトロトランスポゾンの活性化現象の解明

    レトロトランスポゾン 転写活性 突然変異

  • 高品質国産ニンニクの周年安定供給を実現する収穫後処理技術の開発

    貯蔵 品質 りん茎 障害

  • アジサイ,ヤマアジサイ,エゾアジサイの系統分類

    アジサイ 系統分類

  • アジサイ属植物の花序の構造と小花の形態形成に関する研究

    花序 装飾花 二形花 花弁化

論文 【 表示 / 非表示

  • Non-decorative floral organs largely contribute to transpiration and vase life of cut hydrangea flowers with lacecap inflorescence.

    Yoshikuni Kitamura, Tatsuya Uemachi, Yukari Kato

    園芸学会  The Horticulture Journal    2017年04月

    単著  

  • くぼみ症の発生を助長するニンニクの収穫後処理条件

    山崎博子,庭田英子,伊藤篤史,上町達也,石田信昭,矢野孝喜,長管香織,稲本勝彦

    園芸学会  園芸学研究  13 (2)   169  - 176  2014年04月

    共著  共同(副担当)

  • Phylogenetic relationship of Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. and H. serrata (Thunb.) Ser. evaluated using RAPD markers and plastid DNA sequences

    Uemachi, T, Y. Mizuhara, K. Deguchi, Y. Shinjo, E. Kajino and H. Ohba

    園芸学会  Journal of the Japanese society for horticultural science  83 (2)   163  - 171  2014年04月

    共著  共同(主担当)

  • Comparison of inflorescence composition and development in the lacecap and its sport, hortensia Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser.

    Uemachi, T., Kurokawa, M. and Nishio, T.

    園芸学会  J. Japan. Soc. Hort. Sci.  75 (2)   154  - 160  2006年04月

    共著  共同(主担当)

  • Correlation of phytoplasma concentration in Hydrangea macrophylla with green-flowering stability.

    Kesumawati, E., Kimata, T., Uemachi, T., Hosokawa, M. and Yazawa, S.

    elsevier  Scientia Horticulturae  108 (1)   74  - 78  2006年04月

    共著  共同(副担当)

  • アジサイ及びヤマアジサイの額咲き型品種における花序の構造と装飾花の着生との関係

    上町達也・西尾敏彦

    園芸学会  園芸学研究  4 (4)   435  - 438  2005年04月

    共著  共同(主担当)

著書 【 表示 / 非表示

  • 花の園芸事典

    今西英雄、腰岡政二、柴田道夫、土井元章

    朝倉書店  444p  2014年09月

    事典・辞書  分担執筆

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • クロロフィル蛍光分析によるガクアジサイおよびヤマアジサイの強光耐性の評価

    園芸学会  2016年09月

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会年間優秀論文賞

     Uemachi, T, Y. Mizuhara, K. Deguchi, Y. Shinjo, E. Kajino and H. Ohba. 2014. Phylogenetic relationship of Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. and H. serrata (Thunb.) Ser. evaluated using RAPD markers and plastid DNA sequences. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 83  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  園芸学会  単独  2015年03月

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 植物生産学

  • 栽培植物各論A