山根 浩二 (ヤマネ コウジ)

YAMANE Koji

写真a

職名

副学長

研究分野・キーワード

バイオディーゼル,内燃機関,油化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.mech.usp.ac.jp/~prw/index.html

プロフィール

研究課題(研究概要)
植物油や廃食油からバイオディーゼル燃料の製造,品質,ディーゼル機関での利用技術に関する研究,各種のバイオディーゼル燃料用添加剤の研究,SVOのディーゼルエンジン利用に関する研究,廃棄PSの選択的溶解減容とその燃料利用に関する研究,ディーゼル予混合SI−CI燃焼に関する研究,太陽光熱複合発電に関する研究など
研究業績等(概要)
(代表的な学術研究論文)1.ディーゼル機関の燃焼後期かく乱による黒煙およびNOXの同時低減に関する研究(日本機械学会論文集、55-517、B(1989))、2.スプールの油圧加速方式による高圧燃料噴射システム(同、59-559、B(1993))、3.直接噴射式バイオディーゼル燃料機関の燃焼および排気特性に及ぼす植物油種類と高圧噴射の影響(自動車技術会論文集、Vol32.No.2 (2001))、4.スプールの油圧加速を利用したパルス式高圧ウォータージェット加工システム(噴流工学、Vol.18.No.1(2001)),5.自動車用バイオディーゼル燃料の現状と課題(オレオサイエンス,第8巻,第8号(2008))
(受賞歴)1988年5月:日本工業新聞/フジサンケイグループ主催「先端技術論文表彰制度」・特別賞受賞,1994年4月:日本機械学会・論文賞受賞,2002年4月:日本ウォータージェット学会・論文賞受賞,2007年3月:日本機械学会関西支部賞受賞,2009年9月:日本油化学会オレオサイエンス賞受賞
(特許)日本国特許:第2599236号(燃料噴射装置)
(著書)バイオディーゼル~天ぷら鍋から燃料タンクへ~(東京図書出版会)

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  工学部  機械工学科  1983年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  工学研究科  機械工学専攻  博士課程  1988年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  北海道大学  1988年03月

  • 工学修士  北海道大学  1985年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  副学長   2017年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  教授   2002年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  助教授   1995年04月 ~ 2002年03月

  • 滋賀県立大学  工学部  評議員   2010年04月 ~ 2014年03月

  • 滋賀県立大学  工学部  学部長等   2015年04月 ~ 2017年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • マサチューセッツ工科大学  大学等非常勤研究員   2001年08月 ~ 2002年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会  

  • 自動車技術会  

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 兵庫県環境審議会特別委員   2007年03月 ~ 現在

  • 自動車技術会関西支部理事   2014年04月 ~ 現在

  • 滋賀県産業教育審議会副会長   2020年10月 ~ 2022年03月

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • エネルギー学

  • 反応工学・プロセスシステム

  • 熱工学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 希薄予混合圧縮自己着火に対する火花放電の誘発効果

    SI−CI燃焼

  • 廃棄PSの選択的減容溶解とその燃料利用

    燃料

  • ソーラー水素製造のための光熱電変換セルの開発

    機械工学

  • 米ヌカ油およびジャトロファ油を原料としたバイオディーゼルの製造とエンジン燃焼特性に関する研究

    ジャトロファクルカス油,米ヌカ油,バイオディーゼル,メチルエステル

  • バイオディーゼル燃料の酸化劣化防止のための基礎的研究

    バイオディーゼル,圧縮点火機関,自動酸化,油化学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Improvement in Combustion Characteristics of Biodiesel by Reforming with Cross-Metathesis Reaction

    Kiyoshi Kawasaki, Toru Inagaki, Koji Yamane, and Kazuhito Dejima

    SAE International  SAE Technical Paper Series, SAE 2021-01-1205   1 ~ 8  2021年09月

    10.4271/2021-01-1205  共著  共同(主担当)

    [概要]

    In the present study, the engine performance and exhaust emissions from reformulated FAME were investigated through engine bench tests.Surrogate fuels made from typical chemical components of reformulated FAME were used to clarify the effects of respective components upon combustion.The results show that 1-decene, in particular, has a higher efficiency for pilot combustion under a low-load condition due to its high volatility and ignition quality.

  • Control of the Distillation Curve of Biodiesel Fuel by Cross-Metathesis Reaction based on Fatty-Acid Composition

    Kiyoshi Kawasaki, Koji Yamane, Ryohei Umeno

    SAE International  SAE Powertrains, Fuels and Lubricants, SAE 2019-01-2187   1 ~ 7  2019年08月

    共著  共同(主担当)

    [概要]

    Biodiesel fuel (Fatty acid methyl esters: FAME) have lower volatility than petro-diesel fuel due to the larger molecular size of FAME. Recent studies report that the distillation temperature of biodiesel fuel can be lowered by the cross-metathesis reaction with short-chain olefin using ruthenium catalyst. In this study, the effect of cross-metathesis reaction conditions on the distillation characteristics of reformulated biodiesel fuel is investigated to reveal the reaction conditions for fitting the distillation curve of biodiesel fuels to that of petro-diesel fuel. Furthermore, the reactivity of typical biodiesel fuels such as RME (rapeseed oil), SME (soybean oil), and WME (waste cooking oil) for crossmetathesis reaction were examined to reveal the reaction conditions appropriate for their fatty-acid compositions.

  • 多量の含油排水からの油分回収およびBDF製造

    近藤 千尋,佐野 広季,一宮 暢希,山根 浩二,河﨑 澄

    日本機械学会  日本機械学会論文集    2019年04月

    10.1299/transjsme.18-00340  共著  共同(副担当)

    [概要]

    本研究では,ラーメン残渣汁1 杯からのBDF 製造コストが,既報で最も良好であった溶媒抽出による方法を基に,より短時間でより多くの残渣汁から油脂を回収できる方法を検討した.また,同方法を実際のラーメン店の残渣汁および含油排水の油脂回収・BDF 製造に適用し,製造規模の確認,製造した BDF のエネルギー収支比評価を行うとともに,製造上の課題などを示したので,その結果を報告する.

  • 尿素水の凝固点降下を目的としたメタノール添加がSCR触媒の浄化性能に及ぼす影響

    井上 翔太,河﨑澄,山根浩二

    自動車技術会  自動車技術会論文集  50 (2)   317 ~ 322  2019年03月

    https://doi.org/10.11351/jsaeronbun.50.317  共著  共同(副担当)

    [概要]

    本研究では, 尿素 SCR システムにおいて, 凍結防止をH的とした添加物を尿素水に加えたときのNOx 浄化率の挙動の変化と, その原因を明らかにすることを目的とする. 本報では, 机上サイズの SCR 触媒リグ試験器を試作し, 尿素水に凝固点降下効果のあるギ酸アンモニウムおよびメタノ ールを添加した場合の, NOx 浄化特性を明らかにした.

  • Micro-algae cultivation by enriched Co<inf>2</inf>from diesel tri-generation system with selective ccs and direct biofuel conversion from wet micro-algae by super-heated methanol vapor method

    Yamane K., Kawasaki K., Iwai S.

    European Biomass Conference and Exhibition Proceedings  European Biomass Conference and Exhibition Proceedings  2017 (25thEUBCE)   111 ~ 115  2017年06月

    共著  

    [概要]

    © 2017, ETA-Florence Renewable Energies. All rights reserved. The purpose of this study was to demonstrate mass production of microalgae in greenhouse photo-bioreactors by aeration with enriched CO2from a diesel engine tri-generation system. The study also demonstrates the capability of algal oil extraction and fuel production processes using a super-heated methanol vapor method with wet microalgal biomass. Approximately 60% of CO2emitted from the diesel engine was absorbed by the monoethanolamine (MEA) system, and one-third of the absorbed CO2was recovered. Cultivation was optimal at 2 vol% CO2for 7.5 hours per day during 2 weeks of the growth phase, after which starvation stress resulting from addition of NaCl and enriched CO2aeration with 10 vol% CO2was induced to increase the oil content. The super-heated methanol vapor method enables effective generation of fatty acid methyl esters from wet microalgae.

  • ディーゼルコジェネ排気中のCO2を導入した微細藻類の培養と藻油燃料生産

    岩井 慎吾,古川 丈晴,山根 浩二,河崎 澄,,小坂田 潔

    日本機械学会  日本機械学会論文集   1 ~ 10  2017年02月

    10.1299/transjsme.16-00389  共著  共同(副担当)

    [概要]

    本研究では,まず,ディーゼル排気中の CO2 を選択的に連続し て化学吸収・再生し,藻類培養に用いた場合の培養への効果を検証した.さらに,藻油の抽出方法として過熱メ タノール蒸気法(石川他, 2005)(山根他, 2006)を用いて,脱水・乾燥工程を省き,油分抽出と同時に触媒を使わ ずに燃料である脂肪酸メチルエステル(Fatty acid methyl ester, FAME)に変換する新規手法を提案すると共に,そ のエネルギー収支解析を行った.

  • ラーメン残渣汁由来 BDF の製造方法の検討とエンジン性能

    近藤 千尋,佐野 広季,山根 浩二,小坂田潔,河崎 澄

    日本機械学会  日本機械学会論文集   1 ~ 13  2017年01月

    10.1299/transjsme.16-00375  共著  共同(副担当)

    [概要]

    本研究では,ラーメン残渣汁からの油脂回収・BDF 製造まで行い,残渣汁由来 BDF の製造規模やエネルギーコストの定量評価を行うとともに,ラーメン残渣汁由来 BDF を小型ディーゼル発電機に使用し,B5 で エンジン性能試験を行ったので,その結果を報告する.

  • メタセシス反応を用いたFAMEの改質によるエンジン潤滑油希釈の改善

    森耕太郎,山根浩二,河﨑澄,小坂田潔

    自動車技術会  自動車技術会論文集  47 (6)   1229 ~ 1234  2016年11月

    共著  

    [概要]

    本研究では,メタセシス反応を用いたFAMEの低分子化による,潤滑油希釈の改善効果を,小型ディーゼル式発電機を用いた長時間試験によって明らかにすることを目的とした.ただし,メタセシス反応に必要な触媒が非常に高価であるため,メタセシス反応後のFAMEを模擬した燃料を試作し,エンジン定常連続運転試験の供試燃料とした.また,試験後の潤滑油から混入した燃料を抽出し,成分を分析することで,潤滑油希釈の原因となる沸点成分を明らかにした.

  • メタセシス反応を用いた種々のバイオディーゼル燃料の軽質化および燃料性状改善

    森耕太郎,山根浩二,小坂田潔,河﨑澄

    日本エネルギー学会  日本エネルギー学会誌  95 (10)   890 ~ 896  2016年10月

    共著  共同(副担当)

  • A Study of Plystyrene Solubility in Biodiesel

    山根浩二,河﨑澄

    InTech  Biofuels - Status and Perspective   205 ~ 221  2015年09月

    http://dx.doi.org/10.5772/59112  単著  

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 次世代パワートレイン開発と燃料技術

    山根浩二,他

    株式会社シ^エムシー出版  254p  2013年11月

    単行本(学術書)  監修

  • バイオマスプロセスハンドブック

    松村幸彦,山根浩二 ほか

    オーム社  546p  2012年05月

    単行本(学術書)  単著

  • 未利用バイオマスの活用技術と事業性評価

    山根浩二

    サイエンス&テクノロジー  387p  2010年09月

    単行本(学術書)  共著

  • 地域資源循環技術シリーズ4 バイオマス技術入門(共著)

    増島博,岡庭良安,中島康博,岩渕和則,阿部亮,野池達也,桒原正章,木村俊範,山根浩二,五十嵐泰夫

    地域地源循環技術センター  247p  2009年07月

    単行本(学術書)  共著

  • クリーンディーゼル開発の要素技術動向

    鈴木孝,山根浩二 他

    エヌティーエス出版  445p  2008年11月

    単行本(学術書)  共著

  • バイオマス技術ハンドブック ―導入と事業化のノウハウ―

    松村幸彦,山根浩二,他

    オーム社  722p  2008年10月

    単行本(学術書)  共著

  • Biodiesel Fuel Trade Handbook: 2010

    Shinichi GOTO, Koji YAMANE et al.

    ERIA  196p  2008年07月

    単行本(学術書)  単著

  • 自動車用バイオ燃料技術の最前線

    山根 浩二ほか

    シーエムシー出版  -p  2007年12月

    単行本(学術書)  共著

  • 改訂新装版「バイオディーゼル -天ぷら鍋から燃料タンクへ-」

    山根 浩二

    東京図書出版会  -p  2007年06月

    単行本(学術書)  単著

  • 新装版「バイオディーゼル -天ぷら鍋から燃料タンクへ-」

    山根 浩二

    東京図書出版会  -p  2006年09月

    単行本(学術書)  単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 自動車用バイオ燃料技術の最前線

    Koji Yamane

    公益社団法人自動車技術会  自動車技術  76 (12)   2 ~ 8  2022年12月

     単著  

  • バイオディーゼルの研究から地方大学の研究へ思うこと

    山根浩二

    公益社団法人自動車技術会  自動車技術  76 (9)   2 ~ 3  2022年09月

     単著  

  • 廃食用油のBDF製造技術の現状と今後

    山根 浩二

    一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会  環境技術会誌  (187)   14 ~ 16  2022年04月

     単著  

  • ドロップインバイオ燃料

    山根浩二

    養賢堂  機械の研究  68 (6)   462 ~ 469  2016年06月

     単著  共同(主担当)

  • 非食糧系バイオマス(ジャトロファ油)のバイオディーゼル燃料への利用

    山根浩二

    公益社団法人 化学工学会  化学工学  76 (8)   455 ~ 457  2012年08月

     単著  

  • バイオディーゼル燃料に対する酸化防止剤の効果

    山根浩二

    日本油化学会  オレオサイエンス  12 (5)   189 ~ 195  2012年05月

     単著  

  • 自動車用バイオ燃料技術

    山根浩二

    ニュースダイジェスト社  月刊生産財マーケティング別冊「クルマづくりNEXT」  0 (0)   100 ~ 103  2011年03月

     共著  共同(主担当)

  • バイオディーゼル開発の最新動向

    山根 浩二

    シーエムシー出版  月刊エコインダストリー  11 (4)   26 ~ 37  2009年04月

     単著  

  • バイオ燃料は地球を救えるか

    山根 浩二

    近畿作物・育種研究会  作物研究  53   97 ~ 103  2008年08月

     単著  

  • やさしい解説「バイオ燃料(その3)

    山根 浩二

    日本非破壊検査協会  非破壊検査  57 (2)   106 ~ 107  2008年02月

     単著  

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • CN燃料の現状と将来動向

    令和 4 年度 カーボンニュートラルに向けた自動車部品サプライヤー事業転換支援事業 キックオフセミナー  2022年09月

  • 壁面衝突ディーゼル噴霧の壁面近傍における流動特性

    日本機械学会2022年度年次大会講演会  2022年09月

  • KL情報量を用いた噴流画像解析手法の提案

    日本機械学会2022年度年次大会講演会  2022年09月

  • カーボンニュートラル燃料の現状と課題

    第26回動力エネルギー技術シンポジウム  2022年07月

  • 植物油の交差メタセシス変換による炭化水素基材生成

    第26回動力エネルギー技術シンポジウム  2022年07月

  • 壁面温度変動から推定される移流速度の物理的意味 の検証

    第59回伝熱シンポジウム  2022年05月

  • 低SAPS潤滑油の劣化に及ぼすディーゼル燃料中硫黄分の影響

    第32回内燃機関シンポジウム  2021年12月

  • Cross-sectional temperature distribution measurement in a flow pipe using resistance-wire computed tomography

    Second Asian Conference on Thermal Sciences  2021年10月

  • FAME の交差メタセシス反応による炭化水素燃料基材生 成に及ぼす反応物組成の影響

    第25回 動力・エネルギー技術シンポジウム  2021年07月

  • 燃料への微細気泡添加がディーゼル噴霧の発達および燃焼に及ぼす影響

    第70期講演会  2021年03月

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 燃料噴射装置

     日本国特許 第2599236号

  • 油分固形物を原料とする脂肪酸アルキルエステルの生産方法

     0

  • バイオディーゼル燃料用酸化防止剤及びバイオディーゼル燃料

     2011-256314

  • 脂肪酸メチルエステルの精製方法

     特開2008-280252

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会・熱工学部門・講演論文表彰

     バイオディーゼルを用いた廃ポリスチレンの選択的溶解と燃料特性  学会誌・学術雑誌による顕彰  (社)日本機械学会・熱工学部門  共同(主担当)  2011年10月

  • 排気弁再啓開を利用した内部EGRの導入による天然ガスHCCI燃焼の改善

     Improvement of Natural-gas HCCI Combustion by Internal EGR by Means of Exhaust Valve Re-opening  国際学会・会議・シンポジウム等の賞  SAE  共同(副担当)  2009年11月

  • 日本油化学会オレオサイエンス賞

       国内学会・会議・シンポジウム等の賞  日本油化学会  単独  2009年09月

  • 優秀教職員表彰

       その他の賞  公立大学法人滋賀県立大学  単独  2009年06月

  • 日本機械学会関西支部賞・貢献賞

       国内学会・会議・シンポジウム等の賞  (社)日本機械学会関西支部  単独  2007年03月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • バイオマス資源のエンジン用燃料としての有効利用 および高効率クリーンエンジンシステムに関する研究

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 植物油の交差メタセシス変換による炭化水素燃料基材の選択的生成

    滋賀県立大学工学部機械システム工学科山根研究室  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2020年04月 ~ 2023年03月

  • バイオディーゼル燃料のメタセシス触媒反応による軽質化と能動的組成制御

    滋賀県立大学工学部機械システム工学科山根研究室  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2017年04月 ~ 2020年03月

  • 火花放電による能動的活性化学種発生とその制御による低圧縮比自己着火燃焼の安定化

    滋賀県立大学工学部機械システム工学科山根研究室  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2014年04月 ~ 2016年03月

  • 火花放電による低圧縮比ディーゼル機関内自着火燃焼の能動的制御

    滋賀県立大学工学部機械システム工学科山根研究室  岩谷直治記念財団 平成24年度 岩谷科学技術研究助成   2013年04月 ~ 2014年03月

  • 希薄予混合圧縮自己着火に対する火花放電の誘発効果

    滋賀県立大学工学部機械システム工学科山根研究室  科学研究費補助金 基盤研究(C)   2012年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • イアトロスキャンによるバイオディーゼル分析法の開発

    三菱化学メディエンス(株)  共同研究   2011年04月 ~ 2012年03月

  • 新方式によるバイオディーゼル燃料を用いた電気・熱・CO2のトリジェネレーションシステムの開発

    アイシーエス(株)  共同研究   2011年04月 ~ 2012年03月

  • ディーゼル機関用燃料としての脂肪酸エチルエステル(FAEE)に関する調査研究

    ヤンマー(株)  受託研究   2011年04月 ~ 2012年03月

  • バイオ燃料生産のための微細藻類の培養等に関する調査

    マイクロアルジェコーポレーション(株)  共同研究   2011年04月 ~ 2012年03月

  • ディーゼル機関における未加工植物油のニート使用に関する研究

    ヤンマー(株)  受託研究   2011年04月 ~ 2012年03月

全件表示 >>

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 機械の再発見   2015年04月 ~ 現在

  • 基礎力学   2012年04月 ~ 2013年03月

  • 熱力学Ⅰ   2012年04月 ~ 2013年03月

  • 熱力学Ⅱ   2012年04月 ~ 2013年03月

  • 動力システム   2012年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • エコテクノロジー特論   2012年04月 ~ 2013年03月(年月日)

  • コミュニティ・プロジェクト実習Ⅱ   2012年04月 ~ 2013年03月(年月日)

  • 熱システム工学   2012年04月 ~ 2013年03月(年月日)

  • エコテクノロジー特論   2011年04月 ~ 2012年03月(年月日)

  • コミュニティ・プロジェクト実習Ⅱ   2011年04月 ~ 2012年03月(年月日)

全件表示 >>

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 農林水産省生産局農業生産支援課  農業資材審議会農業機械化分科会  委員   2009年04月 ~ 2010年03月

  • 全国バイオディーゼル燃料利用推進協議会  技術委員会  委員長   2012年04月 ~ 現在

  • (株)フチガミ(NEDO委託事業)  NBDF推進委員会  委員   2011年02月 ~ 2012年03月

  • 彦根市  緑の分権改革推進事業バイオマス部会  委員   2010年10月 ~ 2011年03月

  • 滋賀県教育委員会学校教育課  スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会  委員   2009年06月 ~ 2012年03月

全件表示 >>

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 自動車技術会関西支部  理事   2014年04月 ~ 現在

  • 日本機械学会  動力エネルギーシステム部門運営委員   2011年04月 ~ 2012年03月

  • 日本機械学会  RC244研究分科会主査   2010年04月 ~ 2012年03月

  • 日本機械学会  動力エネルギーシステム部門運営委員   2010年04月 ~ 2011年03月

  • (社)日本機械学会  RC234研究分科会主査   2007年04月 ~ 2009年03月

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • ジャトロファ利用の最新技術動向   2011年07月