基本情報

写真a

横井 和美

YOKOI Kazumi


職名

教授

研究分野・キーワード

臨床看護学,慢性期の看護,看護管理

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
1. 自立を支援する安全な動作援助に関する研究
2. 音楽療法の臨床適応と看護連携に関する研究
3. 成人看護学における看護実践能力を高める授業の工夫と教材開発に関する研究
研究業績等(概要)
「元気のでる音楽療法」共著、ドレミ楽譜出版社(1999年)
「NCブックス 看護過程の展開に沿った実習記録の書き方」共著、医学芸術社(2004年)
「看護理論のケアへの活用」共著、金芳堂(2004年)
「リスクを防ぐ臨床看護ガイダンス」監修、医学芸術社 (2005年)
「安全なベッドからの立ち上がりに関する研究」フランスベッドメディカルホームケア研究助成報告書、2003年.
「成人看護学授業の基礎的研究―発達段階別にみた健康観と健康行動の特徴理解のための調査」人間看護学研究2(2005年)
「緩和ケアにおける音楽療法の研究―提供した楽曲のテンポの測定および検討―」近畿音楽療法学会誌Vol.4(2005年)
「成人の活動の特徴を支援する看護エビデンスの教育方法」看護教員と実習指導者(日総研)Vol.2No.4~5(2005年)
「地域の高齢者生涯学習事業につながる健康教育活動としての認知症予防プログラム開発に関する研究―音楽療法とレクリエーションの取り組み」ニッセイ財団高齢社会実践的研究助成(2005年~)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  社会学研究科  応用社会学  修士課程  2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  教授   2015年04月  - 現在

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  准教授   2009年09月  - 2015年03月

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  講師   2005年04月  - 2009年08月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本看護研究学会  

  • 日本看護科学学会  

  • 日本音楽療法学会  

  • 日本看護学教育学会  

  • 日本慢性看護学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

  • 基礎看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 安全な立ち上がりを支援するアセスメントツールの開発

    立ち上がり動作  看護アセスメント

  • 看護学実習における実習評価と実習指導

    看護学実習、実習評価、実習指導

  • 健康教育としての音楽療法的介入の方法

    音楽療法、健康教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 成人看護学実習にルーブリック評価を活用したことの有用性

    横井和美、他

    日本看護学教育学会  日本看護学教育学会誌   26 (3)   13  - 24  2017年03月

    共著  共同(主担当)

  • 集団音楽療法によって高齢者が抱いた自己概念

    高岡有希、横井和美

    滋賀県立大学人間看護学部  人間看護学研究  15   53  - 60  2017年03月

    共著  共同(副担当)

  • 脳卒中患者のセルフマネジメントの困難―脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の語りからの検討

    片山将宏、横井和美、奥津文子

     人間看護学研究  13   9  - 20  2015年03月

    共著  共同(副担当)

  • 安全な立ち上がり動作のアセスメント項目に関する文献検討(第1報)―最新の国内文献から

    横井和美,伊丹君和,森 敏,栗田裕

     人間看護学研究  12   65  - 76  2014年03月

    共著  共同(主担当)

  • 成人看護学実習における実習指導者参加型の技術演習に対する実習指導者からの評価

    横井和美、前川直美、本田可奈子、米田輝美、奥津文子

     日本看護学教育学会誌  21 (3)   49  - 57  2012年03月

    共著  共同(主担当)

  • リカレント教育としての大学と職能団体の協同による臨床看護研究の支援―看護研究支援者育成研修後における施設活動の実態調査

    横井和美,古株ひろみ,田畑公子,他:

     人間看護学研究  9   83  - 90  2011年03月

    共著  共同(主担当)

  • 我が国の慢性疾患患者の補完・代替療法に対する看護研究の動向―慢性疾患患者とがん患者に対する補完・代替療法の看護研究の比較

    横井和美

     人間看護学研究  8   25  - 32  2010年03月

    単著  

著書 【 表示 / 非表示

  • 実習アセスメント実践ノート

    竹村節子、横井和美

    医学芸術社  530p  2008年04月

    単行本(一般書)  監修書

  • リスクを防ぐ臨床かbb後ガイダンス

    竹村節子、横井和美

    医学芸術社  683p  2005年03月

    単行本(一般書)  監修書

  • 看護理論のケアへの活用

    竹村節子、横井和美、他

    金芳堂  178p  2004年11月

    単行本(一般書)  共著

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 心と体にはたらく音楽の力ー音楽療法への誘い

    日本健康・環境セラピー学会  2014年11月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • ホリスティックケアにおける音楽療法と看護の協働 感覚を意識した安全な立ち上がり支援のためのアセスメントツールの開発

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 発達看護論演習Ⅲ

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 慢性看護学特論A

  • 慢性看護学特論B

  • 慢性看護支援論A

  • 慢性看護支援論B

  • 慢性看護支援論C

全件表示 >>