大浦 靖典 (オオウラ ヤスノリ)

OURA Yasunori

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

振動工学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
回転する円板(ディスク)の両面に摩擦材(パッド)を押し付けて制動するディスクブレーキは、安定した効きを発揮するブレーキとして、自動車や産業機械などに幅広く用いられている。その一方で、ブレーキをかけたときに、キーという甲高い騒音、鳴きが発生することがある。ディスクブレーキの鳴きは、使用者だけでなく周囲にとっても不快である。鳴きの有無や周波数、音圧は、制動時のディスクとパッドの摩擦接触部の押付圧の大きさで変化することが知られている。そこで、押付圧依存性をもつ鳴きが発生するメカニズムを明らかにし、有効な鳴き対策を提案することを目指している。
研究業績等(概要)
ディスクブレーキで鳴きが発生する基本的なメカニズムを、構造を簡単にした鳴き試験機と解析モデルを用いて検討している。特に、ディスクとパッドの摩擦接触部の分布ばね特性に着目している。
・摩擦接触部のばね剛性が、接触部に働く押付圧の大きさによって変化することが、鳴きの発生と押付圧依存性の原因となることを示す理論を提案した。
・パッドの摩擦接触部の動剛性を測定する装置を開発した。各種パッドの剛性の大きさや押付圧依存性の違いを鳴きやすさと関連づけて評価することを可能とした。
・パッドの面取りや制動時の押付力の与え方によって、摩擦接触部の剛性分布を操作することで、鳴きを低減できることを示した。

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  准教授   2013年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  助教   2008年04月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機械力学・制御

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Localization method of contact-type failure by measuring the structural intensity of low-frequency vibrations caused by frequency down-conversion of elastic vibrations

    Takashi Tanaka, Junnosuke Asano, Yasunori Oura

    日本機械学会  Mechanical Engineering Journal  8 (5)   20-00201 ~  2021年10月

    共著  共同(副担当)

  • Excitation of ultrasonic natural vibrations by multi-Excitation using decentralized control for failure monitoring

    Takashi Tanaka, Takato Tamura, Yasunori Oura

     Proceedings of the ASME 2021 Conference on Smart Materials, Adaptive Structures and Intelligent Systems  No. SMASIS2021-67457    2021年09月

    共著  共同(副担当)

  • Localization of multiple contact-type failures using structural intensity of low-frequency vibration caused by frequency down-conversion

    Takashi Tanaka, Junnosuke Asano, Yasunori Oura

     Proceedings of the ASME 2021 Conference on Smart Materials, Adaptive Structures and Intelligent Systems  No. SMASIS2021-67739    2021年09月

    共著  共同(副担当)

  • Detection of contact-type failure based on nonlinear wave modulation utilising ultrasonic vibration driven by self-excitation

    Takashi Tanaka, Yasunori Oura, Syuya Maeda

     International Journal of Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Management  Vol. 24 (No. 2)   43 ~ 49  2021年04月

    共著  共同(副担当)

  • 非線形波動変調によって生じる固有振動数変動を用いた接触型損傷の程度評価 (時刻歴応答解析による固有振動数変動推定手法の検討)

    田中昂, 大浦靖典, 前田秀哉,呉志強

     日本機械学会論文集  86 (889)    2020年09月

    共著  共同(副担当)

  • 分散制御による多自由度振動系の共振点駆動 (局所フィードバック制御とクロスフィードバック制御による大自由度・大減衰システムの固有振動励起)

    田中 昂, 栗田 裕, 大浦 靖典, 上原 大貴

     日本機械学会論文集  86 (887)    2020年06月

    共著  共同(副担当)

  • 薄肉円筒工作物の切削加工時に発生する工作物変形型びびり振動(びびり振動の発生メカニズム)

    栗田裕,大浦靖典,田中昂,川田昌宏

     日本機械学会論文集  86 (884)    2020年04月

    10.1299/transjsme.19-00335  共著  共同(副担当)

  • Detection Method of Contact-Type Failure Based on Nonlinear Wave Modulation Utilizing Ultrasonic Vibration Driven by Self-excitation

    Tanaka T., Oura Y., Maeda S.

    Smart Innovation, Systems and Technologies  Smart Innovation, Systems and Technologies  166   79 ~ 89  2020年01月

    10.1007/978-3-030-57745-2_8  共著  

    [概要]

    This paper introduces the concept of new detection method of contact-type failure based on nonlinear wave modulation utilizing ultrasonic vibration driven by self-excitation. It is difficult to detect the contact-type failure in standard inspection utilizing linear ultrasonic vibration. The constructional element of infrastructure is excited by environmental disturbance or forced excitation. In this situation, the contact condition of the failure fluctuates in synchronization with vibration. As this result, local stiffness in the vicinity of failure location fluctuates at the vibration frequency. Thereby, the amplitude and phase of ultrasonic vibration are modulated caused by local stiffness fluctuation (nonlinear wave modulation). This phenomenon can be expressed by a linear time-varying system caused by fluctuation of the natural frequency. In this paper, the new detection method of contact-type failure utilizing self-excited ultrasonic vibration is introduced. Firstly, the concept of detection method of contact-type damage based on nonlinear wave modulation is proposed. It is indicated from time history response analysis using single degree-of-freedom model of nonlinear wave modulation that the fluctuation amplitude of the amplitude and phase of ultrasonic as failure index varies depending on viscous damping. Secondly, the self-excited method utilizing local feedback control and characteristics are introduced. This method realizes oscillator which start to oscillate at the natural frequency automatically. Thus, the frequency of oscillation signal controlled by local feedback control is fluctuated in synchronization with fluctuation of natural frequency when nonlinear wave modulation occurred. Lastly, it is proved that the fluctuation amplitude of frequency of oscillation signal is the failure index independent of viscous damping.

  • ディスクブレーキの鳴きに及ぼすパッドの表面性状の影響

    西澤幸男,栗田裕,大浦靖典,小坂享子

    一般社団法人日本機械学会  日本機械学会論文集C編  78 (786)   382 ~ 395  2012年02月

    共著  共同(副担当)

  • 楕円振動を利用した分別搬送(接触面隙間の大きさによる分別)(共著)

    栗田裕,大浦靖典,神田真輔,藤田佳孝

    一般社団法人日本機械学会  日本機械学会論文集C編  78 (785)   35 ~ 49  2012年01月

    共著  共同(副担当)

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 振動問題の解決と振動を利用した機械の駆動や診断