基本情報

写真a

大脇 万起子

OWAKI Makiko


職名

准教授

研究分野・キーワード

臨床看護学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
疾病や障害を抱える子ども達の多くはその疾病や障害ゆえに、順調な成長発達を果たし得ないでいます。時には二次的障害を起こすこともあります。そのような子ども達にとって、遊びをはじめとする様々な活動が発達援助の手掛かりになることは多いのではないでしょうか。そうした考え方から、看護的視点を持ったより効果的な遊びをはじめとする活動の展開について、実践・研究をしています。
研究業績等(概要)
 一番最初の研究では、慢性疾患を抱え、神経性症状を示している子ども達への英語を用いた看護的遊戯療法English Approachの開発に取り組み、多くの子ども達の前向きな情緒の安定と成長発達の促進に効果を上げました。
 その後、地域の在宅病・障害児とその家族に対するレクリエーション活動や生活活動の支援などの実践を通し、大学における看護実践モデルの開発に取り組み、新たな小児看護および家族看護の可能性を追求しています。最近ではコンピュータやWebを用い、母子を中心対象とした看護実践研究にもとりくんでいます。〔平成13年度~平成15年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(B)「在宅病児・障害児と家族を対象とした地域連携型継続看護システムの実践モデル開発」(代表:杉下知子、分担研究)、平成16年度~18年度 厚生労働省科学研究費 医療安全・医療技術評価総合研究事業「地域で生活する障害児・者の自律生活を支援する看護プログラムの開発-居住型モ最近ではコンピュータやWebを用いた看護実践研究にもとりくんでいます。〔デルの開発・実践-」(代表:杉下知子、分担研究)〕、平成14年度~平成16年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(C)「病障害をもつ子どもと家族へのインターネットを用いた在宅看護介入プログラムの開発」(代表)、平成17年度~平成19年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(C)「表出言語と知能に障害をもつ病児の電子合成音声による認知開発と社会参加への看護支援」(代表)、平成20年度~~平成24年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)「発達障害児の地域社会で自立・自律生活できる能力を育てる看護支援システムの開発」(代表)、平成25年度~~平成29年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)「保護者を対象とした子どもの発達障害の早期発見・早期支援を円滑にする看護方法の開発」(代表)〕

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学  教育学研究科  障害児教育  修士課程  1995年03月

  • 石川県立看護大学  看護学研究科  看護学専攻  博士課程  2017年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(看護学)  石川県立看護大学  2017年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  准教授   2007年04月  - 現在

  • 滋賀県立大学  人間看護学部  人間看護学科  助教授   2005年04月  - 2007年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児看護学会  

  • 日本家族看護学会  

  • 日本看護教育学会  

  • 日本心理臨床学会  

  • 日本特殊教育学会  

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 家族看護に関する研究

    家族,同胞,看護

  • 看護教育に関する研究

    看護学生,教育

  • 子どもの遊びに関する研究

    遊び,子ども

  • 発達障害児に対する看護支援の開発

    発達障害 看護支援方法の開発

論文 【 表示 / 非表示

  • 知的障がい児の家族支援プログラムにおける同胞への支援

    大脇万起子,鈴木育子,鳥居央子,飯田恭子

    日本家族看護学会  家族看護学研究  15 (3)   2  - 10  2010年03月

    共著  共同(主担当)

  • 知的障害児・者の自律生活を支援する居住型看護サービス提供の課題

    鈴木育子, 大脇万起子, 宮崎孝子

    日本在宅ケア学会  第12回日本在宅ケア学会 学術集会講演集  - (-)   -  2008年03月

    共著  共同(副担当)

  • 知的障害者の自立を支援する看護の検討

    鈴木育子, 大脇万起子, 宮崎孝子, 石垣和子

    日本看護科学学会  第27回日本看護科学学会学術集会講演集  - (-)   -  2007年12月

    共著  共同(副担当)

  • 知的障害児・者の自律生活を支援する看護提供に関する調査 -居住型看護サービスプログラムの可能性と課題-

    大脇万起子・鈴木育子・沖野良枝・宮崎孝子・杉下知子

    家族看護学研究  日本家族看護学会第11回学術集会抄録集  12 (2)   91  2006年09月

    共著  共同(副担当)

  • SOOKE CHILD、 YOUTH & FAMILY CENTER について

    大脇万起子

    家族看護学研究  家族看護学研究  11 (3)   149  - 151  2006年04月

    単著  

  • The Nursing Intervention for Japanese Mothers of Children with Mental Retardation

    M.Ohwaki,T.Miyazaki,H.Torii,Y.Iida,K.Ishigaki,C.Sugishita

    Inviting Dialogue in Family Nursing  Inviting Dialogue in Family Nursing FINAL PROGRAM&BOOK OF ABSTRACTS  - (-)   -  2005年04月

    共著  共同(主担当)

  • Development of a Web-edition Nursing Intervention Program for Mentally Retarded Children at Home and Their Families

    Naohiro Hohashi, Makiko Ohwaki

    Journal of Computer Science  Journal of Computer Science  10 (1)   5  - 11  2005年04月

    共著  共同(副担当)

著書 【 表示 / 非表示

  • 第25章 遊びと面談を糸口とした在宅病障害児とその家族への看護支援モデルの開発,龍谷大学仏教文化研究叢書32  対人援助をめぐる実践と考察(編著 吉川 悟)

    大脇 万起子

    ナカニシヤ出版  2014年03月

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 家族システムストレスへの不適応(慢性期)-障害のある子どもと共に生きる家族のケース-,新しい家族看護学-理論・実践・研究-(編著 法橋尚宏)

    大脇万起子

    メヂカルフレンド社  16p  2010年02月

    単行本(学術書)  単著

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 人間探求学

  • 助産実習

  • 育成看護論実習

  • 助産診断学演習

  • 助産診断学Ⅰ

全件表示 >>

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 彦根市  彦根市障害者福祉サービス支援費認定審査会  委員   2005年04月  - 2007年03月