奥村 進 (オクムラ ススム)

OKUMURA Susumu

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ライフサイクル工学、メンテナンス工学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
 工業製品の市場が成熟した現在では、消費者は製品に対して個別化、差別化を望む傾向が強くなってきている。この結果、工業製品の種類は多品種化するとともに、製品のライフサイクルも短くなり、現在の製造企業においては、消費者の嗜好にあった製品をいち早く開発し、しかも高品質で安く作り、なおかつ製品を市場にタイムリーに投入しなければ売れない時代となっている。また、これら以外にも環境への配慮、ライフサイクルにわたっての最適化、顧客満足の向上、労働環境改善、時間短縮などの課題が山積みになっており、製造企業を取り巻く環境には厳しさが増していく一方である。こういった問題を解決していくためには、柔軟性の高い生産システムとその管理方法が必要となる。この具体的実現方法の一つとして、環境へのインパクトを考慮した環境配慮型製品に関する研究、ライフサイクル最適化などの研究を主として行っている。
研究業績等(概要)
(1)環境配慮型製品の設計
・Environmental Effects of Physical Life Span of a Reusable Unit Following Functional and Physical Failures in a Remanufacturing System, International Journal of Production Research.
(2)メンテナンス工学
・Optimisation of Inspection Time Vector and Warning Level in Condition-Based Maintenance Considering Residual Life Loss and Constraint on Preventive Replacement Probability, International Journal of Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Management.
・An Inspection Policy for a Deteriorating Single-Unit System Characterized by a Delay-Time Model, International Journal of Production Research.
(3)知的状態診断
・Error Prevention in Robotic Assembly Tasks by Machine Vision and Statistical Pattern Recognition Method, International Journal of Production Research.

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学部  精密工学科  1986年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学研究科  精密工学専攻  修士課程  1988年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  京都大学  1993年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  教授   2015年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  工学部  電子システム工学科  教授   2008年04月 ~ 2015年03月

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  教授   2004年08月 ~ 2008年03月

  • 滋賀県立大学  工学部  機械システム工学科  助教授   1995年04月 ~ 2004年07月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学研究科  講師   1994年10月 ~ 1995年03月

  • 京都大学  工学部  助手   1988年04月 ~ 1994年09月

  • トロント大学  インダストリアルエンジニアリング学科  客員研究員   1993年09月 ~ 1994年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 精密工学会  

  • 日本機械学会  

  • 日本設備管理学会  

  • システム制御情報学会  

  • 日本経営工学会  

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生産工学・加工学

  • 知能機械学・機械システム

  • 環境材料・リサイクル

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 環境を考慮した製品設計

    環境,設計,リマニュファクチャリング

  • メンテナンスの最適化

    保全,信頼性,最適化

  • 品質設計

    パラメータ設計、最適化

  • GISによる土地管理システムの開発

    GIS、応用情報システム

論文 【 表示 / 非表示

  • A mathematical model to evaluate reusable products' circularity towards optimising durability, collection rate, and reuse cycles

    Susumu Okumura

     Proceedings of the 12th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign2021)   675 ~ 680  2021年12月

    単著  

    [概要]

    A mathematical model for reuse efficiency is developed to quantitatively evaluate how many end-of-life products with repairs are circulated as reused products. Circular products have relative deterioration and absolute deterioration, in which the time to each deterioration follows an independent probability distribution. The reuse-efficiency model is generated by the harmonic mean of three reuse-efficiency factors generated by the relative and absolute deteriorations and repairs. Contour plots of the reuse efficiency, collection rate, durability, and repairing rate are shown when relative and absolute deteriorations follow independent Weibull distributions. Optimal solutions for product durability, the collection rate of end-of-life products, the repairing rate of the collected products, and the number of reuse cycles are obtained.

  • Production Planning of Remanufactured Products with Inventory by Life-Cycle Simulation

    Susumu Okumura, Nobuyoshi Hashimoto, and Taichi Fujita

     Proceedings of the 11th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign2019)   624 ~ 631  2019年11月

    共著  

    [概要]

    Manufacturers can reduce environmental impact and costs by introducing remanufacturing. In remanufacturing, inventory control of remanufactured and newly manufactured products should be considered for production planning. It is indispensable for predicting the demand quantity of products and the collecting quantity of used products to minimize the total cost incurred by remanufacturing and newly manufacturing. The prediction varies depending on the product characteristics and the time elapsed since shipment. In this paper, we study a remanufacturing system minimizing the total cost by a life-cycle simulation method. In the flow of products, there are two types of inventory: one is a remanufactured and newly manufactured product inventory before shipment to the market, and the other is a collected product inventory for used products. Depending on the time elapsed since launch, products pass through an introductory stage, a growth stage, a maturity stage, and a decline stage in a usual manner. We analyze the impact on the total cost of the prediction accuracy of the product demand and the collected used products to each stage. When the ratio of an ordering cost for newly manufactured products to an inventory holding cost for the finished products has a significant value, or as the life-cycle stage is approaching the decline stage, the predicting accuracy of collection of the used products and the product demand has a high impact on the total cost.

  • Automated microaneurysm detection in retinal fundus images based on the combination of three detectors

    Yuji Hatanaka, Tsuyoshi Inoue, Kazunori Ogohara, and Susumu Okumura

     Journal of Medical Imaging and Health Informatics    2018年03月

    共著  

  • Automated blood vessel extraction based on high-order local autocorrelation features on retinal images

    Hatanaka Y., Samo K., Ogohara K., Sunayama W., Muramatsu C., Okumura S., Fujita H.

    Lecture Notes in Computational Vision and Biomechanics  Lecture Notes in Computational Vision and Biomechanics  27   803 ~ 810  2018年01月

    10.1007/978-3-319-68195-5_87  共著  

    [概要]

    © 2018, Springer International Publishing AG. Automated blood vessels detection on retinal images is an important process in the development of pathologies analysis systems. This paper describes about an automated blood vessel extraction using high-order local autocorrelation (HLAC) on retinal images. Although HLAC features are shift-invariant, HLAC features are weak to turned image. Therefore, a method was improved by the addition of HLAC features to a polar transformed image. We have proposed a method using HLAC, pixel-based-features and three filters. However, we have not investigated about feature selection and machine learning method. Therefore, this paper discusses about effective features and machine learning method. We tested eight methods by extension of HLAC features, addition of 4 kinds of pixel-based features, difference of preprocessing techniques, and 3 kinds of machine learning methods. Machine learning methods are general artificial neural network (ANN), a network using two ANNs, and Boosting algorithm. As a result, our already proposed method was the best. When the method was tested by using “Digital Retinal Images for Vessel Extraction” (DRIVE) database, the area under the curve (AUC) based on receiver operating characteristics (ROC) analysis was reached to 0.960.

  • Automated blood vessel extraction based on high-order local autocorrelation features on retinal images

    Yuji Hatanaka, Kazuki Samo, Kazunori Ogohara, Wataru Sunayama, Chisako Muramatsu, Susumu Okumura, and Hiroshi Fujita,

    springer  VipIMAGE 2017    2017年10月

    共著  

  • 眼底画像における主幹動静脈の独立抽出法

    畑中裕司,立木宏和,奥村 進,小郷原一智,村松千左子,藤田広志

     医用画像情報学会雑誌  34 (3)   136 ~ 140  2017年10月

    共著  

  • Effect of a reusable unit's physical life distribution on reuse efficiency in environmentally conscious products

    Susumu Okumura, Yuya Sakaguchi, Yuji Hatanaka, and Kazunori Ogohara

    Elsevier  Procedia CIRP  61   161 ~ 165  2017年04月

    10.1016/j.procir.2016.11.155  共著  

  • Effect of a reusable unit's physical life distribution on reuse efficiency in environmentally conscious products

    Susumu Okumura, Yuya Sakaguchi, Yuji Hatanaka, and Kazunori Ogohara

     Proceedings of the 24th CIRP Conference on Life Cycle Engineering (LCE2016)   1 ~ 5  2017年03月

    共著  

  • Automated detection of Martian water ice clouds using Support Vector Machine and simple feature vectors

    Kazunori Ogohara, Takafumi Munetomo, Yuji Hatanaka, and Susumu Okumura

     Planetary and Space Science  134   64 ~ 70  2016年10月

    共著  

  • Simultaneous evaluation of environmental impact and incurred cost on selection of end-of-life products recovery options

    Susumu Okumura, Yuuki Matsumoto, Yuji Hatanaka, and Kazunori Ogohara

     International Journal of Automation Technology  10 (5)   699 ~ 707  2016年09月

    共著  

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • リスクベースマネジメントにおける影響度評価

    石丸 裕,奥村 進 他

    養賢堂  205p  2020年03月

    単行本(学術書)  共著

  • Proceedings of the 23rd International Congress on Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Management (COMADEM 2010): Advances in Maintenance and Condition Diagnosis Technologies towards Sustainable Society

    Susumu Okumura, Tadao Kawai, Peng Chen and Raj. B.K.N. Rao eds.

    Sunrise Publishing  930p  2010年06月

    単行本(学術書)  共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ライフサイクルエンジニアリングの現状とこれから

    奥村 進

    システム制御情報学会  システム/制御/情報  59 (2)   53 ~ 58  2015年02月

     単著  

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 感覚呈示遅れが技能的作業に与える影響

    精密工学会 2022年度春期大会  2022年03月

  • 工業製品の相対耐久性と使用済製品の回収率が製品リユース性に及ばす影響

    精密工学会 2022年度春期大会  2022年03月

  • 深層学習を利用した機械加工作業者の動作検知・予測

    日本設備管理学会 2021年度春期研究発表大会  2021年06月

  • 環境配慮型製品におけるリユースユニットの物理寿命分布および機能寿命分布がリユース効率に及ぼす影響

    精密工学会 2021年度春期大会  2021年03月

  • 工業製品循環性評価のためのリユース効率確率モデル

    エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2020  2020年11月

  • ディープラーニングを利⽤した切りくず排出による旋削条件の識別

    精密工学会 2020年度秋季大会  2020年09月

  • 仮想感覚を利用した旋盤作業における熟練技能の解析:仮想視覚の呈示遅れがハンドル操作に及ぼす影響

    精密工学会 2020年度春季大会  2020年03月

  • リマニュファクチャリングにおけるリユース効率の確率モデル:回収率・長寿命化・リユース回数の最適化に向けて

    精密工学会 2020年度春季大会  2020年03月

  • 仮想感覚を利用した旋盤加工における熟練技能の解析-仮想視覚の遅れが旋盤作業に与える影響-

    電気学会 電子・情報・システム部門(C部門) 知覚情報研究会  2019年08月

  • 視覚情報に基づく熟練技能者の加工状況判断の評価

    日本設備管理学会 2019年度 春期研究発表大会  2019年06月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 環境配慮型製品設計・メンテナンス・ 品質設計に関する研究

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 電子システム工学セミナー   2009年04月 ~ 2010年03月

  • 環境マネジメント総論   2009年04月 ~ 2010年03月

  • 情報処理基礎   2009年04月 ~ 2010年03月

  • アルゴリズムとデータ構造   2009年04月 ~ 2010年03月

  • コンピュータハードウェア   2009年04月 ~ 2010年03月

全件表示 >>