基本情報

写真a

小栗 裕子

OGURI Yuko


職名

教授

研究分野・キーワード

英語教授法,英語授業学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
ライティング力を向上させるためのフィードバックについての研究
英語の授業において、発信力としてのライティング力のみならず受信力としてのリスニング力を伸ばすための指導法に関する研究

研究業績等(概要)
英語学習と動機づけを長期的に比較した研究
学習者の動機づけとリスニング力上達に関する研究
リスニング力上達と学習者のストラテジーとの関係についての研究
教室内での風土と言語不安や緊張に関する研究
英語学習の動機づけとカリキュラムとの関係についての研究
リスニングの下位能力習得に関する研究
英語習得における聴解力と読解力の関係についての研究
英語の授業全般に関する研究(授業学)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 兵庫教育大学大学院連合  学校教育研究科  学校教育実践学  博士課程  2004年09月

  • アリゾナ大学大学院  英語学科  修士課程  1985年12月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学校教育学  兵庫教育大学連合大学院  2004年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  国際コミュニケーション学科  教授   2014年04月  - 現在

  • 滋賀県立大学  ■廃止組織■  国際教育センター  准教授   2007年04月  - 2014年03月

  • 滋賀県立大学  国際教育センター  助教授   2002年04月  - 2007年03月

  • 滋賀県立大学  国際教育センター  講師   1996年04月  - 2002年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大学英語教育学会  

  • 関西英語教育学会  

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育

  • 教育心理学

  • 教科教育学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • リスニングの指導

    リスニング ライティング プリ・リスニング活動

  • 英語授業学

    省察 アクション・リサーチ

論文 【 表示 / 非表示

  • 「リスニング授業に探るライティング力育成方法の検証」

    小栗裕子

    滋賀県立大学国際教育センター研究紀要  滋賀県立大学国際教育センター研究紀要  1 (15)   35  - 43  2010年12月

    単著  

  • 「センター試験リスニングテストの波及効果:高校における指導法への提言」

    小栗裕子

    -  滋賀県立大学国際教育センター研究紀要  - (14)   35  - 44  2009年12月

    単著  

  • 「リスニング指導におけるライティング導入の有効性」

    小栗裕子

    -  滋賀県立大学国際教育センター研究紀要  - (13)   27  - 38  2008年12月

    単著  

  • 英語教員研修のあり方:「『英語が使える日本人』の育成のための戦略構想」の効果を検証する

    小栗裕子

    滋賀県立大学国際教育センター  『国際教育センター研究紀要』  - (12)   23  - 32  2007年12月

    単著  

著書 【 表示 / 非表示

  • 『リスニングとスピーキングの理論と実践ー効果的な授業を目指して』

    冨田かおる・小栗裕子・河内千栄子

    大修館書店  256p  2011年01月

    単行本(学術書)  共著

  • 『大学英語教育学』

    森住衛・神保尚武・岡田伸夫・寺内一編集

    大修館書店  286p  2010年02月

    単行本(学術書)  共著

  • 『高等教育における英語授業の研究ー授業実践事例を中心に』

    大学英語教育学会授業学研究委員会

    松柏社  339p  2007年01月

    単行本(学術書)  共著

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 大学英語教育学会実践賞

     『高等教育における英語授業の研究ー授業実践事例を中心に』  国内学会・会議・シンポジウム等の賞  大学英語教育学会  共同(副担当)  2008年09月

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 英語ⅤA(異文化受容伝達コース)

  • 英語Ⅰ(活性化コース)

  • 英語Ⅱ(応用コース)

 

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 大学英語教育学会  関西支部副支部長および紀要編集委員長   2010年04月  - 2012年03月