呉 凌非 (ゴ リョウヒ)

GO Ryohi (WU Lingfei)

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

自然言語処理・言語学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究課題(研究概要)
自然言語処理の視点からは、文(sentence)は客観事実を表す部分(命題)とその客観事実を伝える際に話者が加えた付加情報の部分(モダリティ)から成り立っている。命題については日本語及び中国語から大量の言語データをもとにその意味を記述する意味構造を明らかにする。モダリティについては、まず分類を行い、日本語モダリティと中国語モダリティの対照研究を行う。
近年は中国語動詞の分析に重点を置き、研究を行っている。

研究業績等(概要)
論文
1988.10 ECAT-P英中自動翻訳システム」『情報科学』
2002.10「動詞の周期性及びその周辺」 『現代中国語研究』
ほか28篇
学会発表:
2007.10.28. 「動詞の周期から見る了1と了2 」日本中国語学会
ほか9編
国際学会発表 
2009.6.8 「日动词重叠的条件及其语法意义」
The 21st North American Conference on Chinese Linguistics (NACCL-21)
アメリカ Bryant University
ほか9編
著書 
1999.4 「中国語を楽しもう」呉凌非 郁文堂
2000.12 「日本語の語彙・文法」共著、くろしお出版
2004.1 「大学生のための基礎中国語」呉凌非 郁文堂
2010.4 「ジョイフル中国語」呉凌非 郁文堂
2012.4 「ジョイフル中国語」初級編 呉凌非 郁文堂
2015.6 「漢語独特性研究与探索」共著 学林出版社
翻訳 
1993.4  Situational Functional Japanese Vol.Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ. 呉凌非 筑波大学ランゲージグループ

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  国際コミュニケーション学科  教授   2015年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  ■廃止組織■  国際教育センター  准教授   2007年04月 ~ 2015年03月

  • 滋賀県立大学  国際教育センター  助教授   2004年04月 ~ 2007年03月

  • 滋賀県立大学  国際教育センター  講師   1996年04月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 自然言語処理学会  

  • 日本計量国語学会  

  • 日本中国語学会  

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 日本語モダリティと中国語モダリティの対照研究

 
 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 翻訳文化論

  • 中国語コミュニケーションⅡD

  • 人間探求学

  • 中国語コミュニケーションⅠB

  • 言語接触論

全件表示 >>