2023/09/27 更新

写真a

コシヤマ マサフミ
越山 雅文
KOSHIYAMA Masafumi
所属
人間看護学研究院
部局
人間看護学部 人間看護学科
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 1997年1月   京都大学 )

経歴

  • 京都大学医学部婦人科学産科学教室医員   職員(医療系)

    1991年7月 - 1994年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立姫路病院産婦人科医長   職員(医療系)

    2001年7月 - 2008年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 大津赤十字病院産婦人科部長   職員(医療系)

    2008年7月 - 2013年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学医学部婦人科学産科学教室講師   講師

    2013年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 滋賀県立大学   人間看護学部 人間看護学科   教授

    2016年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本母性衛生学会

      詳細を見る

    役職・役割名:理事

  • 婦人科腫瘍学会

      詳細を見る

    役職・役割名:婦人科腫瘍専門医

  • 癌治療学会

      詳細を見る

    役職・役割名:癌治療認定医

  • 日本産婦人科学会

      詳細を見る

    役職・役割名:産婦人科専門医

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

各種免許(危険物取扱者免許等)の保持

  • 医師

学会等における役職

  • 日本母性衛生学会  理事  副会長、理事、支部長等   2023年6月15日 ~ 2025年6月15日

研究シーズ

  • 超音波を使ったヒト下肢浮腫定量測定装置の開発

論文

  • Ovarian serous borderline tumors with recurrent or extraovarian lesions: a Japanese, retrospective, multi-institutional, population-based study. 査読

    Baba T, Koshiyama M, Kagabu M, Mikami Y, Minamiguchi S, Moritani S, Ishikawa M, Okamoto A, Terao Y, Nakanishi T, Katabuchi H, Tokunaga H, Satoh T, Konishi I, Yaegashi N.   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-023-02393-z

  • A histogram analysis of the pixel grayscale (luminous intensity) of B-mode ultrasound images of the subcutaneous layer predicts the grade of leg edema in pregnant women. 査読

    Ikuta E, Koshiyama M, Watanabe Y, Banba A, Yanagisawa N, Nakagawa M, Ono A, Seki K, Kambe H, Godo T, Sakamoto S, Hara Y, Nakajima A.

    Healthcare   ( 11 )   1 - 9   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3390/healthcare11091328

  • Measurement of skin thickness using ultrasonography to test the usefulness of elastic compression stocking for leg edema in pregnant women. 招待 査読 国際誌

    Banba A, Koshiyama M, Watanabe Y, Makino K, Ikuta E, Yanagisawa N, Ono A, Nakagawa M, Seki K, Sakamoto S, Hara Y, Nakajima A.

    Healthcare   10   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.3390/healthcare10091754

  • Basic study for the quantitative diagnosis of edema focusing on ultrasound propagation time waveform information. 査読 国際誌

    Sakamoto S, Godo T, Koshiyama M, Ikuta E, Watanabe Y,

    Women’s Health open journal.   8   9 - 18   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-8-147

  • 看護学系大学生の避妊行動に対する意識ならびに実態と性教育との関連 査読

    鈴木柚衣、森日香里、上野奈穂、菅沼信彦、清川加奈子、渡邊浩子、中塚幹也、越山雅文、大橋一友 

    母性衛生   63 ( 2 )   483 - 491   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • The preventive effect of dietary antioxidants on viral infection (coronavirus disease-2019, influenza and human papillomavirus) and the development of cervical carcinogenesis. 査読 国際誌

    Ikuta E, Koshiyama M, Nakagawa M, Ono A, Watanabe Y, Seki K, Oowaki M, Okuda Y

    Women's Health open journal   7 ( 2 )   34 - 37   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-7-145

  • The preventive effect of dietary antioxidants on cervical cancer development. 招待 査読 国際誌

    Ono A, Koshiyama M, Nakagawa M, Watanabe Y, Ikuta E, Seki K, Oowaki M.

    Medicina   56 ( 0604 )   1 - 12   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.3390/medicina56110604

  • Measurement of women's leg edema using ultrasonography. 査読 国際誌

    Ikuta E, Watanabe Y, Yanagisawa N, Nakagawa M, Ono A, Seki K, Oowaki M, Koshiyama M, Sakamoto S.

    Women's Health open journal   ( 6 )   - 7   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-6-136

  • Anti-VEGF therapy resistance in ovarian cancer is caused by GM-CSF-induced myeloid-derived suppressor cell recruitment. 査読 国際誌

    Horikawa N, Abiko K, Matsumura N, Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Murakami R, Taki M, Ukita M, Hosoe Y, Koshiyama M, Konishi I, Mandai M.

    Br J Cancer   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1038/s41416-019-0725-x

  • The preventive effect of dietary antioxidants against cervical cancer versus promotive effect of tobacco smoking. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Nakagawa M, Ono A.

    Healthcare   7 ( 162 )   1 - 6   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.3390/healthcare7040162

  • Relationship between tobacco smoking and cervical cancer. 招待 査読 国際誌

    Ono A, Nakagawa M, Ikuta E, Watanabe Y, Koshiyama M

    Women's Health open journal   ( 5 )   19 - 21   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.17140/WHOj-5-133

  • Development and themes of diagnostic and treatment procedures for secondary leg lymphedema in patients with gynecologic cancers. 招待 査読 国際誌

    Watanabe Y, Koshiyama M, Seki K, Nakagawa M, Ikuta E, Oowaki M, Sakamoto S.

    Healthcare   7 ( 100 )   1 - 18   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.3390/healthcare7030101

  • The effects of the dietary and nutrient intake on gynecologic cancers. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M

    Healthcare   7 ( 88 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.3390/healthcare7030088

  • A quantitative method to measure skin thickness in leg edema in pregnant women using B-scan portable ultrasonography: A comparison between obese and non-obese women. 査読 国際誌

    Yanagisawa N, Koshiyama M, Watanabe Y, Sato S, Sakamoto S

    Med Sci Monit   ( 25 )   1 - 9   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.12659/MSM.911799

  • Development and significance of "Mamin": A child-care record-keeping mobile application for parents. 査読 国際誌

    Oowaki M, Iida Y, Koshiyama M

    Women's Health open journal   ( 4 )   8 - 10   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-4-126

  • The effect of the type of dietary protein on the development of ovarian cancer. 査読 国際誌

    Taha AAA, Koshiyama M, Matsumura N, Abiko K, Yamaguchi K, Hamanishi J, Baba T, Kharma B, Mohamed IH, Ameen MM, Ismail SA, Konishi I, Mandai M

    Oncotarget   ( 9 )   23987 - 23999   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Potential efficacy of anti-PD-1 or PD-L1 antibody treatments for gynecologic cancers. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M

    Women’s Health open journal   ( 3 )   e21 - e23   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-3-e013

  • Exome sequencing landscape analysis in ovarian clear cell carcinoma shed light on key chromosomal regions and mutation gene networks. 査読 国際誌

    Murakami R, Matsumura N, Brown JB, Higasa K, Tsutsumi T, Kamada M, Abou-Taleb H, Hosoe Y, Kitamura S, Yamaguchi K, Abiko K, Hamanishi J, Baba T, Koshiyama M, Okuno Y, Yamada R, Matsuda R, Konishi I, Mandai M

    Am J Pathol   ( 187 )   2246 - 2258   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Subtypes of ovarian cancer and ovarian cancer screening. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M, Matsumura N, Konishi I

    Diagnostics   ( 12 )   1 - 12   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Treatment of leg and foot edema in women (review). 査読 国際誌

    Watanabe Y, Koshiyama M, Yanagisawa N

    Women’s Health Open J   ( 3 )   68 - 73   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-3-124

  • Combination of aprepitant, azasetron, and dexamethasone as antiemetic prophylaxis in women with gynecologic cancers receiving paclitaxel/carboplatin therapy. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Matsumura N, Imai S, Yamanoi K, Abiko K, Yoshioka Y, Yamaguchi K, Hamanishi J, Baba T, Konishi I.

    Med Sci Monit   ( 23 )   826 - 833   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Cesarean hysterectomy for abnormal placentation using balloon occlusion of the common iliac artery: case series. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M, Ukita S, Ueda M, Hishikawa K, Furukawa Y, Itaya Y, Watanabe Y, Meguro MY, Horiuchi H, Oowaki M.

    Women’s Health Open J   ( 3 )   15 - 20   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Groin lymph node detection and sentinel lymph node biopsy in vulvar cancer. 査読 国際誌

    Sakae C, Yamaguchi K, Matsumura N, Nakai H, Yoshioka Y, Kondoh E, Hamanishi J, Abiko K, Koshiyama M, Baba T, Kido A, Mandai M, Konishi I.

    J Gynecol Oncol   ( 27 )   1 - 10   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Expression of vascular endothelial growth factor in ovarian cancer inhibits tumor immunity through the accumulation of myeloid-derived suppressor cells. 査読 国際誌

    Horikawa N, abiko K, Matsumura N, Hamanishi J, Baba T, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Koshiyama M, Konishi I.

    Clin Cancer Res.   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-16-0387

  • Clinical efficacy of ovarian cancer screening 査読 国際誌

    Koshiyama M, Matsumura N, Konishi I.

    J Cancer   ( 7 )   1311 - 1316   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Comprehensive assesment of the expression of the SWI/SNF complex defines two distinct prognostic subtypes of ovarian clear cell carcinoma. 査読 国際誌

    Abou-Taleb H, Yamaguchi K, Matsumura N, Murakami R, Nakai H, Higasa K, Amano Y, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Koshiyama M, Baba T, Yamada R, Matsuda F, Konishi I, Mandai M.

    Oncotarget   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.10181

  • The current state of professional midwives in Japan and their traditional virtues. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M, Watanabe Y, Motooka N, Horiuchi H.

    Women’s Health Open J   ( 2 )   8 - 10   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.17140/WHOJ-2-114

  • Suppression of ABHD2, identified through a functional genomics screen, causes anoikis resistance, chemoresistance and poor prognosis in ovarian cancer. 査読 国際誌

    Yamanoi K, Matsumura N, Murphy SK, Baba T, biko K, Haamanishi J, Yamaguchi K, Koshiyama M, Konishi I, Mandai M.

    Oncotarget   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.9951

  • Prediction of taxane and platinum sensitivity in ovarian cancer based on gene expression profiles. 招待 査読 国際誌

    Murakami R, Matsumura N, Brown JB, Wang Z, Yamaguchi K, Abiko K, Yoshiokaa Y, Hamanishi J, Baba T, Koshiyama M, Mandai M,Yamada R, Konishi I.

    Gynecol Oncol   ( 141 )   49 - 56   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Establishment of a novel histopathological classification of high-grade serous ovarian carcinoma correlated with prognostically distinct gene expression subtypes 査読 国際誌

    Murakami R, Matsumura N, Mandai M, Yoshihara K, Tanabe H, Nakai H, Yamanoi K, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Yamaguchi K, Baba T, Koshiyama M, Enomoto T, Okamoto A, Murphy SK, Mori S, Mikami Y, Minamiguchi S, Konishi I.

    Am J Pathol   ( 186 )   1103 - 1113   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Magnetic resonance imaging findings and prognosis of gastric-type mucinous adenocarcinoma (minimal deviation adenocarcinoma or adenoma malignum) of the uterine corpus: Two case reports. 査読 国際誌

    Hino M, Yamaguchi K, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Kondoh E, Koshiyama M, Baba T, Matsumura N, Minamiguchi S, Kido A, Konishi I.

    Mol Clin Oncol   ( 4 )   699 - 704   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Clinical efficacy of neoadjuvant chemotherapy with irinotecan (CPT-11) and nedaplatin followed by radical hysterectomy for locally advanced cervical cancer. 査読 国際誌

    Abou-Taleb H, Koshiyama M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Hamanishi J, Abiko K, Yamanoi K, Murakami R, Horikawa N, Taha AA, Kitamura S, Konishi I.

    J Int Med Res   ( 44 )   346 - 356   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Genomic profile predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for cervical cancer patients. 査読 国際誌

    Horikawa N, Baba T, Matsumura N, Murakami R, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Koshiyama M, Yoshioka Y, Konishi I.

    BMC Cancer.   ( 15 )   2 - 9   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Prophylactic corticosteroids in pulmonary oil embolism after hysterosalpingography. 査読 国際誌

    Ueda M, Moshiyama M, Sato Y.

    J Obstet Gynecol   1 - 2   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Invasion of uterine cervical squamous cell carcinoma cells is facilitated by locoregional interaction with cancer-associated fibroblasts via activating transforming growth factor-beta. 査読 国際誌

    Nagura M, Matsumura N, Baba T, Murakami R, Kharma B, Hamanishi J, Yamaguchi K, Abikio K, Koshiyama M, Mandai M,Murata T, Murphy SK, Konishi I.

    Gynecol Oncol.   ( 136 )   104 - 111   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Clinical approaches to treating papillary squamous cell carcinoma of the uterine cervix. 査読 国際誌

    Nagura M, Koshiyama M, Matsumura N, Kido A, Baba T, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Mikami Y, Konishi I.

    BMC Cancer   ( 14 )   1 - 7   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Menstrual cyclic change of metastin/GPR54 in endometrium. 査読 国際誌

    Baba T, Kang HS, Hosoe Y, Kharma B, Abiko K, Matsumura N, Hamanishi J, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Koshiyama M, Mandai M, Murphy SK, Konishi I.

    Med Mol Morphol   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1007/s00795-014-0081-0

  • Recent concepts of ovarian carcinogenesis: Type I and Type II [review]. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M, Matsumura N, Konishi I.

    Biomed Res Int.   1 - 11   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1155/2014/934261

  • Two cases of recurrent ovarian clear cell carcinoma treated with sorafenib. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Konishi I.

    Cancer Biol Ther.   ( 15 )   22 - 25   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Exchange of intraoperative balloon occlusion of the internal iliac artery for the common iliac artery during cesarean hysterectomy in a patient with placenta percreta: a case report. 査読 国際誌

    Hishikawa K, Koshiyama M, Ueda M, Yamaguchi A, Ukita S, Yagi H, Kakui K.

    Am J Case Rep.   ( 14 )   409 - 411   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Advanced papillary serous carcinoma of the uterine cervix: a case with a remarkable response to paclitaxel and carboplatin combination chemotherapy. 査読 国際誌

    Ueda M, Koshiyama M, Yamaguchi A, Ukita S, Ukita M, Hishikawa K, Kakui K, Kim T, Shirase T.

    Rare Tumors   ( 4 )   e1 - e3   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Pathways of metastases from primary organs to the ovaries. 査読 国際誌

    Yamanishi Y, Koshiyama M, Ohnaka M, Ueda M, Ukita S, Hishikawa K, Nagura M, Kim T, Hirose M, Ozasa H, Shirase T.

    Obstet Gynecol Int   ( 2011 )   1 - 6   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Total uterine rupture during pregnancy after an adenomyomectomy.

    Ukita S, Koshiyama M, Yamaguchi A, Ueda M, Ukita M, Hishikawa K, Kakui K, Kim T.

    Am J Case Rep   ( 12 )   106 - 109   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Distinguishing primary from secondary mucinous ovarian tumors: an algorithm using the novel marker DPEP1. 査読 国際誌

    Okamoto T, Matsumura N, Mandai M, Oura T, Yamanishi Y, Horiuchi A, Hamanishi J, Baba T, Koshiyama M, Shiozawa T, Konishi I.

    Mod Pathol   ( 24 )   267 - 276   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Retroperitoneal lipoma arising from the urinary bladder. 招待 査読 国際誌

    Ukita S, Koshiyama M, Ohnaka M, Miyagawa N, Yamanishi Y, Nishimura F, Nagura M, Kim T. Hirose M, Shirase T, Kobayashi H, Ozasa H.

    Rare Tumors   ( 1 )   e1 - e12   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Chemosensitivity testing of paclitaxel versus docetaxel in human gynecological carcinomas: a comparison with carboplatin. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Kinezaki M, Uchida T, Sumitomo M.

    Anticancer Res   ( 26 )   3655 - 3660   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Chemosensivity testing of a novel platinum analog, nedaplatin (254-S), in human gynecological carcinomas: a comparison with cisplatin. 国際誌

    Koshiyama M, Kinezaki M, Uchida T, Sumitomo M.

    Anticancer Res   ( 25 )   4499 - 4502   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • The relationship between endometrial carcinoma and coexistent adenomyosis uteri, endometriosis externa and myoma uteri. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Okamoto T, Ueta M.

    Cancer Detect Prev   ( 28 )   94 - 98   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Rapidly growing leiomyoma in a postmenopausal woman. 査読 国際誌

    Okamoto T, Koshiyama M, Yamamoto K.

    J Obstet Gynaecol Res   ( 30 )   316 - 318   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Mulerian adenosarcoma arising from the uterine cervix. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Ueta M, Okamoto T, Yamamoto K.

    Acta Obstet Gynecol Scand   ( 83 )   315 - 316   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Treatment of huge uterine tumors thought to be benign in post-menopausal women. 招待 査読 国際誌

    Okamoto T, Koshiyama M, Yamamoto K.

    Med Sci Monit   ( 10 )   43 - 45   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Adenocarcinomas arising from adenomyosis uteri: A report of four cases. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Suzuki A, Ozawa M, Fujita K, Sakakibara A, Kawamura M, Takahashi S, Fujii H, Hirano T, Okagaki A, Nagano T, Ban C.

    Int J Gynecol Pathol   ( 21 )   239 - 245   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Cystic ocarian lesions in SSFP diffusion imaging. 査読 国際誌

    Kaji Y, Matsuo M, Matsuki M, Yoshida M, Hayashi M, Nanno H, Koshiyama M, Fujii H, Maruyama K, Takizawa O, Sugimura K.

    Magn Reson Med Sci   ( 1 )   183 - 189   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Two kinds of endometrial neoplasia arising from different origins in the uterine corpus. Comparison of p53 expression and sex steroid receptor status. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Ueta M

    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol   ( 104 )   167 - 170   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intermittent, repetitive administrations of irinotecan (CPT-11) reduces its side-effect. 招待 査読 国際誌

    Fujii H, Koshiyama M, Konishi M, Yoshida M, Tauchi K.

    Cancer Detect Prev.   ( 26 )   210 - 212   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Immunohistochemical expression of Topoisomerase II α (Topo II α) and multidrug resistance-associated protein (MRP), plus chemosensitivity testing, as chemotherapeutic indices of ovarian and endometrial carcinomas. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Fujii H, Kinezaki M, Morita Y, Nanno H, Yoshida M. .

    Anticancer Res.   ( 21 )   2925 - 2932   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Correlation between Topo II α expression and chemosensitivity testing for Topo II-targeting drugs in gynaecological carcinomas. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M, Fujii H, Kinezaki M, Yoshida M.

    Anticancer Res.   ( 21 )   905 - 910   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Chemosensitivity testing of irinotecan (CPT-11) in ovarian and endometrial carcinomas : a comparison against cisplatin. 国際誌

    Koshiyama M, Fujii H, Kinezaki M, Ohgi S, Konishi M, Nanno H, Hayashi M, Yoshida M.

    Anticancer Res.   ( 20 )   1353 - 1358   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Ovarian actinomycosis complicated by diabetes mellitus simulating an advanced ovarian carcinoma. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Yoshida M, Fujii H, Nanno H, Hayashi M, Tauchi K,Kaji Y

    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol   ( 87 )   95 - 99   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Erythrocytosis and a fibroid. 査読 国際誌

    Yoshida M, Koshiyama M, Fujii H, Konishi M.

    Lancet   ( 354 )   216 - 216   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Expression of multidrug resistance-associated protein in endometrial carcinomas: Correlation with clinicopathology and prognosis. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Yoshida M, Fujii H, Konishi M, Nanno H, Hayashi M, Tauchi K.

    Ann Diagn Pathol   ( 3 )   81 - 87   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Recurrent clear cell carcinoma of the ovary changing into producing parathyroid hormone-related protein (PTH-rP) with hypercalcemia. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Fujii H, Konishi M, Nanno H, Hayashi M, Tauchi K, Toshida M.

    Eur J Obstet Gyneco Reprod Biol   ( 82 )   227 - 229   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Pathology, hormonal aspects, and molecular genetics of the two types of endometrial cancer [Review]. 招待 査読 国際誌

    Koshiyama M, Konishi I, Fujii S.

    Cancer J   ( 11 )   277 - 283   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ovarian dysgerminoma showing high serum levels and positive immunostaining of placental alkaline phosphatase and neuron-specific enolase associated with elevation of serum prolactin level. 査読 国際誌

    Yoshida M, Koshiyama M, Konishi M, Fujii H, Nanno H, Hayashi M,Kanehira K, Matsuki M, Tauchi K.

    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol   ( 81 )   123 - 128   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Management of malignant ovarian tumors in young women: 21 nulliparous cases. 査読

    Koshiyama M, Yoshida M, Takemura M, Konishi M, Yura Y, Matsushita K, Hayashi M, Tauchi K.

    Gynecol Obstet Invest   ( 45 )   132 - 136   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Increased expression of LH/hCG receptors in endometrial hyperplasiaand carcinoma in anovulatory women 査読 国際誌

    Konishi I, Koshiyama M, Mandai M, Kuroda H, Yamamoto S, Nanbu K,Komatsu T, Matsushita K, Rao CV, Mori T.

    Gynecol Onco   ( 65 )   273 - 280   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Expression of pS2 protein in endometrial carcinomas: Correlation with clinicopathlogic features and sex steroid receptor status. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Yoshida M, Konishi M, Takemura M, Yura Y, Matsushita K, Hayashi M, Tauchi K.

    Int J Cancer   ( 74 )   237 - 244   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Messenger ribonucleic acid expression of heat shock proteins HSP70 and HSP90 in human endometrium and myometrium during the menstrual cycle. 査読

    Komatsu T, Konishi I, Fukumoto M, Nanbu K, Koshiyama M, Mandai M, Mori T.

    J Clin Endocrinol Metab   ( 82 )   1385 - 1389   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Parametrial involvement in endometrial carcinomas: Its incidence and correlation with other histological parameters. 査読 国際誌

    Yura Y, Tauchi K, Koshiyama M, Konishi I, Yura S, Mori T, Matsushita K, Hayashi M, Yoshida M.

    Gynecol Oncol   ( 63 )   114 - 119   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Immunohistochemical analysis of distribution of estrogen receptors and progesterone receptors in the postmenopausal endometrium. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Yoshida M, Takemura M, Yura Y, Matsushita K, Hayashi M, Tauchi K, Konishi I, Mori T.

    Acta Obstet Gynecol Scand   ( 75 )   702 - 706   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Expression of heat shock proteins HSP70 and HSP90 in endometrial carcinomas: Correlation with clinicopathology, sex steroid receptor status, and p53 protein expresssion. 査読 国際誌

    Nanbu K, Konishi I, Komatsu T, Mandai M, Yamamoto S, Kuroda H, Koshiyama M, Mori T.

    Cancer   ( 77 )   330 - 338   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Ascitic positive cytology and intraperitoneal metastas in ovarian dysgerminoma. 査読 国際誌

    Mandai M, Konishi I, Koshiyama M, Momatsu T, yamamoto S, Nanbu KMori T, Fujii S.,

    J Obstet Gynaecol Res.   ( 22 )   89 - 94   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Sex steroid receptors, LH/hCG receptor, and oncogene expression in endometrial carcinomas. 招待 査読 国際誌

    Konishi I, Koshiyama M, Mandai M, Komatsu T, Yamamoto S, Nanbu K,Fujii S, Rao CV, Mori T.

    Recent Develop Gynecol   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Minimal deviation adenocarcinoma of endometrioid type may arise in the isthmus: Clinicopathological and immunohistochemical study of two cases. 国際誌

    Nanbu K, Konishi I, Yamamoto S, Koshiyama M, Mandai M, Komatsu T, Li W, Tokushige M, Higuchi K, Mori T.

    Gynecol Oncol.   ( 58 )   136 - 141   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Altered expression of nm23-H1 and c-erbB-2 proteins have prognostic significance in adenocarcinoma but not insquamous cell carcinoma of the uterine cervix. 国際誌

    Mandai M, Konishi I, Koshiyama M, Komatsu T, Yamamoto S, Nanbu K, Mori T, Fukumoto M.

    Cancer.   ( 75 )   2523 - 2529   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Immunohistochemical localization of heat shock proteins HSP70 and HSP90 in the human endometrium: Correlation with sex steroid receptors and Ki-67 antigen expression. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Konishi I, Nanbu K, Nanbu Y, Mandai M, Komatsu T, Yamamoto S, Mori T, Fujii S.

    J Clin Endocrinol Metab.   ( 80 )   1106 - 1112   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Peritoneal papillary serous carcinoma arising in an infertile woman during ovulation-induction therapy:Immunohistochemical expression of LH/hCG receptors. 査読 国際誌

    Komatsu T, Konishi I, Mandai M, Koshiyama M, Nanbu K, Yamamoto S, Kanzaki H, Rao CV, Mori T.

    Gynecol Oncol.   ( 56 )   470 - 474   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Immunohistochemical analysis of p53 protein and 72 kDa heat Immunohistochemical analysis of p53 protein and 72 kDa heat Correlation with clinicopathology and sex steroid receptor status. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Konishi I, Mandai M, Komatsu T, Yamamoto S, Nanbu K, Mori T.

    Virchows Arch.   ( 425 )   603 - 609   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Expression of metastasis-related nm23-H1 and nm23-H2 genes in ovarian carcinomas: Correlation with clinicopathology, EGFR, c-erbB-2, and c-erbB-3 genes, and sex steroid receptor expression. 査読 国際誌

    Mandai M, Konishi I, Koshiyama M, Mori T, Arao S, Tashiro H, Okamura H, Nomura H, Hiai H, Fukumoto M.

    Cancer Res.   ( 54 )   1825 - 1830   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Expression of transforming growth factor-α in the normal cervix and in benign and malignant lesions of the uterine cervix. 査読 国際誌

    Konishi I, Ishikawa Y, Wang SY, Wang DP, Koshiyama M, Mandai M, Komatsu T, Yamamoto S, Mori T.

    . Br J Obstet Gynaecol.   ( 101 )   325 - 329   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Transitional cell carcinoma of the fallopian tube: A light and electron microscopic study. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Konishi I, Yoshida M, Wang DP, Mandai M, Mori T, Fujii S.

    Int J Gynecol Pathol   ( 13 )   175 - 180   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Expression of c-erbB-2 protein and epidermal growth factor receptor in endometrial carcinomas. 査読 国際誌

    Wang DP, Konishi I, Koshiyama M, Mandai M, nanbu Y, ishikawa Y, Mori T, Fujii S.

    Cancer.   ( 72 )   2628 - 26   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Immunohistochemical analysis of p53 protein over-expression in endometrial carcinomas: inverse correlation with sex steroid receptor status. 査読 国際誌

    Koshiyama M, Konishi I, Wang DP, Mandai M, Komatsu T, Yamamoto S, Nanbu K, Naaito MF, Mori T.

    Virchows Arch A Pathol Anat Histopathol   ( 423 )   265 - 271   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Primary malignant tumor of the fallopian tube: Appearance at CT and MR imaging. 査読 国際誌

    Kawakami S, Togashi K, Kimura I, Nakano Y, Koshiyama M, Takakura K,Konishi I, Mori T, Konishi J.

    Radiology.   ( 186 )   503 - 508   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Immunohistochemical localization of c-erbB-2 protein and epidermal growth factor receptor in normal surface epithelium, surface inclusion cysts, and common epithelial tumours of the ovary. 査読 国際誌

    Wang DP, Konishi I, Koshiyama M, Nanbu Y, Iwai T, Nonogaki H, Mori T, Fujii S.

    Virchows Arch A Pathol Anat Histopathol   ( 421 )   393 - 400   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 婦人科がん

    越山 雅文 (編集:小西 郁生)( 担当: 共著)

    日本臨床社  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 婦人科がんの予防 update

    越山 雅文 (企画 松村 謙臣)( 担当: 共著)

    金原出版株式会社  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 子宮頚がん発生予防に関する禁煙と抗酸化栄養素摂取の効果

    2021年4月 - 2024年3月

    基盤研究(c) 

      詳細を見る

    配分額:1500000円 ( 直接経費:300000円 、 間接経費:1200000円 )

  • ヒト浮腫の診断と治療

    2016年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

  • 下肢浮腫に対し、医療スタッフが簡便に定量測定できる新しい超音波診断装置の開発

    2020年4月 - 2023年3月

    基盤研究(B) 

      詳細を見る

    配分額:12000000円 ( 直接経費:6500000円 、 間接経費:5500000円 )

  • 子宮頸癌の予防

    2019年7月 - 現在

    共同研究 

  • 食品の違いが卵巣がんの進展に影響を及ぼすメカニズムの解析

    2016年4月 - 2018年3月

    挑戦的萌芽研究 

    松村 謙臣

      詳細を見る

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

  • 卵巣癌に対する統合的がん免疫ゲノミクス解析に基づく新規がん治療開発の基礎的検討

    2016年4月 - 2018年3月

    挑戦的萌芽研究 

    越山雅文

      詳細を見る

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

  • 卵巣癌における抗VEGF抗体療法感受性・耐性機序の解明

    2015年4月 - 2018年3月

    基盤研究(B) 

    越山 雅文

      詳細を見る

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

  • 卵巣癌における「癌幹細胞化」機構の解明

    2014年4月 - 2016年3月

    挑戦的萌芽研究 

    越山 雅文

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

▼全件表示

社会貢献活動

  • Healthcare (PubMed 掲載誌):Editor

    役割:編集長

    2018年5月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:新聞・雑誌

  • Medicina (PubMed 掲載誌):Editor

    役割:編集長

    2019年10月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:新聞・雑誌

  • International Journal of Environmental Research and Public Health (PubMed 掲載誌): Editor

    役割:編集

    2020年3月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:会誌・広報誌

  • Women's Health open journal :Associate Editor

    役割:編集

    2016年5月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:その他