2023/03/28 更新

写真a

スミタ タクヤ
住田 卓也
SUMITA Takuya
所属
環境科学研究院
部局
環境科学部 生物資源管理学科
職名
講師

学位

  • 博士(農学) ( 2019年3月   京都大学 )

経歴

  • 滋賀県立大学   環境科学部 生物資源管理学科   講師

    2020年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本植物病理学会

    2012年7月 - 現在

  • 糸状菌分子生物学研究会

    2011年9月 - 現在

研究分野

  • 環境・農学 / 植物保護科学

研究シーズ

  • 微生物による植物病害の防除作用と 病原菌の感染制御メカニズムに関する研究

論文

  • Marker-free genome editing in the edible mushroom, Pleurotus ostreatus, using transient expression of genes required for CRISPR/Cas9 and for selection 査読

    Koshi D., Ueshima H., Kawauchi M., Nakazawa T., Sakamoto M., Hirata M., Izumitsu K., Sumita T., Irie T., Honda Y.

    Journal of Wood Science   68 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Wood Science  

    In a previous study, we reported a transient transformation system using repeated screening for hygromycin B (Hyg) resistance in the basidiomycete Ceriporiopsis subvermispora. In the present study, by combining this technique with CRISPR/Cas9, we demonstrated successful marker-free genome editing in Pleurotus ostreatus, which is one of the most economically important cultivated mushrooms as well as a model white-rot fungus. At first, transformant selection mediated by the transient expression of marker genes was demonstrated using a plasmid harboring the Hyg resistance gene (hph) in P. ostreatus. Then, genome editing of fcy1, which confers 5-fluorocytosine (5-FC) resistance to the host cell, was performed by the transient expression of Cas9, gRNA, and hph and strains with 5-FC resistance and Hyg sensitivity were isolated. Additionally, genome editing of fcy1 in these strains was confirmed by Sanger sequencing. To our knowledge, this is the first report of marker-free genome editing through the transient expression of Cas9, gRNA, and hph in agaricomycetes, which opens the door for repeated genome editing in these fungi.

    DOI: 10.1186/s10086-022-02033-6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85129867285&origin=inward

  • An exocyst component, Sec5, is essential for ascospore formation in Bipolaris maydis. 査読

    Tsuji K., Y. Kitade, T. Sumita, C Tanaka

    Mycoscience   62 ( 5 )   289 - 296   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.47371/mycosci.2021.05.002

講演・口頭発表等

  • 菌寄生菌Dicyma pulvinataが分泌するdeoxyphomenoneの生合成遺伝子群は菌寄生時に高発現する

    前田和弥,住田卓也,須志田浩稔,中川博之,Much Zaenal Fanani,飯田祐一郎

    令和5年度日本植物病理学会大会  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 菌寄生菌Dicyma pulvinataAspergillus属が分泌するdeoxyphomenoneの機能解析

    前田和弥,住田卓也,須志田浩稔,中川博之,Much Zaenal Fanani,幸田真梨子,飯田祐一郎

    令和4年度日本植物病理学会関西部会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 菌寄生菌Dicyma pulvinataAspergillus属に保存されたdeoxyphomenoneの生合成遺伝子クラスター

    前田和弥,住田卓也,須志田浩稔,Much Zaenal Fanani,幸田真梨子,中川博之,飯田祐一郎

    令和3年度日本植物病理学会関西部会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 菌寄生菌と麹菌が分泌するセスキテルペンdeoxyphomenoneの機能解析

    前田和弥,住田卓也,中川博之,Much Zaenal Fanani,飯田祐一郎

    第31回イソプレノイド研究会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 菌寄生菌Dicyma pulvinataと麹菌Aspergillus oryzaeが分泌する抗菌性物質deoxyphomenoneの胞子形成における役割

    前田和弥,住田卓也,須志田浩稔,中川博之,飯田祐一郎

    令和3年度日本植物病理学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 菌寄生菌Dicyma pulvinataと麹菌Aspergillus oryzaeが分泌するセスキテルペンdeoxyphomenoneの機能

    住田卓也,須志田浩稔,東佑実子,中川博之,飯田祐一郎

    令和2年度日本植物病理学会関西部会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示