2024/04/22 更新

写真a

マツオカ ジュン
松岡 純
MATSUOKA Jun
所属
先端工学研究院
部局
工学部 材料化学科
職名
教授
兼務
工学部 材料化学科 教授
外部リンク

私の一言メッセージ

  • 目指すのは「知の探究と具象化」。ものを作るのではなく,ものを作るための考え方を作ることを念頭に研究を進めています。
    <1> 大学生・高校生の方へ: 勉強では単なる暗記でなく,イメージをつかむことと,繋がりを見つけることを,心がけてください。また,大学での1科目の授業は15回です。前の年より5%だけ真剣に取り組めば,15回の後では1.05の15乗,つまり2倍以上が身につくはずです。
    <2> 卒論生・院生の方へ: 真剣に何か月も取り組んだ実験がやっと成功したときや,実験データの解釈に何週間も悩んだ末にアイデアが浮かんだときは,自然と身体がポカポカと温かくなります。皆さんも真剣に研究に取り組めば,このような素晴らしい体験ができるでしょう。
    <3> 企業の若手エンジニアへ: 100万人の人に何となく騒がれる仕事でなく,100人のプロに高く評価される仕事を。そうして,打ち上げ花火でなく,長く燃え続ける炭火や松明のような仕事を。
    <4> 企業のマネージャーの方へ: 大学教員が何も申請しなくても使える研究費は過去30年で全国的に十分の一になり,それが,すぐ結果の出るテーマへと大学教員をシフトさせています。このような状況を変える行動をしていただければ幸いです。ガラス産業界は既に動いています( https://www.newglass.jp/kenkyu/ )。
    <最後に> 下記をご覧いただければ幸いです。
    https://www.newglass.jp/mag/TITL/maghtml/123-pdf/+123-p001.pdf
    https://www.newglass.jp/mag/TITL/maghtml/106-pdf/+106-p039.pdf

学歴

  • 京都大学   工学部   工業化学科

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 京都大学   工学研究科   工業化学

      詳細を見る

    国名: 日本国

学位

  • 博士(工学) ( 1997年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • ガラス科学,熱物性,力学特性,無機材料

経歴

  • 滋賀県立大学   理事・副学長

    2023年4月 - 現在

  • 滋賀県立大学   工学部 材料科学科   教授

    2023年4月 - 現在

  • 滋賀県立大学   工学部 材料科学科   教授

    2005年4月 - 2023年3月

  • 滋賀県立大学   工学部 材料科学科   助教授

    2001年4月 - 2005年3月

  • 滋賀県立大学   工学部 材料科学科   講師

    1995年4月 - 2001年3月

  • 三重大学 工学部 分子素材工学科   助手

    1991年3月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 通商産業省 工業技術院 大阪工業技術試験所   研究員

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • イギリスガラス学会(Society of Glass Technology)

    2012年1月 - 現在

  • 日本材料学会

    2006年7月 - 現在

  • アメリカセラミックス学会 (American Ceramic Society)

    2001年3月 - 現在

  • 日本熱測定学会

    1999年4月 - 現在

  • 日本セラミックス協会

    1986年4月 - 現在

  • 日本化学会

    1985年4月 - 現在

▼全件表示

研究分野

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員

  • 滋賀県教育委員会(米原高等学校)  学校評議員  委員   2018年5月7日 ~ 2021年3月1日

  • 国土交通省 近畿地方整備局  透光性遮音板ワーキンググループ 委員  委員   2018年3月10日 ~ 2020年1月31日

  • 滋賀県教育委員会(彦根東高等学校)  スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会  委員   2016年6月1日 ~ 2017年3月31日

  • 滋賀県教育委員会(彦根東高等学校)  スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会  委員   2015年6月1日 ~ 2016年3月31日

  • 滋賀県教育委員会(彦根東高等学校)  スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会  委員   2014年6月1日 ~ 2015年3月31日

  • 滋賀県教育委員会(彦根東高等学校)  スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会  委員   2013年6月1日 ~ 2014年3月31日

  • 滋賀県教育委員会(彦根東高等学校)  スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会  委員   2012年6月1日 ~ 2013年3月31日

  • (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構  NEDO技術委員  委員   2008年5月21日 ~ 2009年3月31日

  • (株)リベルタス・コンサルティング(近畿経済産業局委託先)  近畿経済産業局 地域資源活用型研究開発事業に係る中間評価ピアレビューア(技術評価)  委員   2008年2月13日 ~ 2008年2月15日

  • 経済産業省  地域技術開発事業に係る事前評価委員  委員   2007年5月14日 ~ 2008年5月13日

  • 滋賀県教育委員会(彦根工業高等学校)  学校評議員  委員   2006年5月7日 ~ 2009年3月1日

  • (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構  NEDO技術委員  委員   2006年4月17日 ~ 2007年3月31日

▼全件表示

学会等における役職

  • ガラス産業連合会  ガラス研究振興部会委員  その他役職   2021年7月8日 ~ 現在

  • (公社)日本セラミックス協会  ガラス部会事務局長  その他役職   2018年4月1日 ~ 2020年3月31日

  • (一社)ニューガラスフォーラム  ニューガラス大学院委員会 委員長  委員会委員長、調査団団長等   2015年4月1日 ~ 2018年3月31日

  • (社)日本セラミックス協会  国際交流委員会 委員  その他役職   2009年4月1日 ~ 2011年3月31日

  • International Commission on Glass  member of the Council  その他役職   2008年6月25日 ~ 2012年7月6日

  • International Commission on Glass  member of TC8 (Glass Transition and Relaxation)  その他役職   2007年7月6日 ~ 2015年12月31日

  • International Commission on Glass  member of the Coordinating Technical Committees  その他役職   2007年7月6日 ~ 2012年7月6日

  • (社)日本セラミックス協会  ガラス部会 ICG委員  その他役職   2007年4月1日 ~ 2010年12月31日

  • (社)ニューガラスフォーラム  評価技術研究会 主査  その他役職   2007年4月1日 ~ 2009年3月31日

  • (社)日本セラミックス協会  ガラス部会 事務幹事(討論会担当)  その他役職   2005年4月1日 ~ 2006年3月31日

  • (社)日本セラミックス協会  関西支部 企画委員会委員  その他役職   2000年4月1日 ~ 2006年3月31日

  • (社)日本セラミックス協会  ガラス部会 事務幹事(若手セミナー担当)  その他役職   2000年4月1日 ~ 2001年3月31日

  • International Commission on Glass  menber of TC6 (Mechanical Properties of Glass)  その他役職   1999年11月25日 ~ 2016年12月31日

▼全件表示

研究シーズ

  • ガラスの融液物性・熱物性と破壊現象の研究

論文

  • Ultra-high temperature Soret effect in a silicate melt: SiO2 migration to cold side 査読

    The Journal of Chemical Physics   159 ( 13 )   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0167239

  • Role of mixing thermodynamic properties on the Soret effect 査読 国際誌

    Tomohiro Kiyosawa, Masahiro Shimizu, Jun MATSUOKA, Kento Nakashima, Kenzo Sato, Masayuki Nishi, Yasuhiko Shimotsuma, and Kiyotaka Miura

    Journal of Chemical Physics   157   174501   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    We demonstrate that the modified Kempers model, a recently developed theoretical model for the Soret effect in oxide melts, is applicable for predicting the composition dependence of the Soret coefficient in three binary molecular liquids with negative enthalpies of mixing. We compared the theoretical and experimental values for water/ethanol, water/methanol, water/ethylene glycol, water/acetone, and benzene/n-heptane mixtures. In water/ethanol, water/methanol, and water/ethylene glycol, which have negative enthalpies of mixing across the entire mole fraction range, the modified Kempers model successfully predicts the sign change of the Soret coefficient with high accuracy, whereas, in water/acetone and benzene/n-heptane, which have composition ranges with positive enthalpies of mixing, it cannot predict the sign change of the Soret coefficient. These results suggest that the model is applicable in composition ranges with negative enthalpies of mixing and provides a framework for predicting and understanding the Soret effect from the equilibrium thermodynamic properties of mixing, such as the partial molar volume, partial molar enthalpy of mixing, and chemical potential.

    DOI: 10.1063/5.0122015

    その他リンク: https://aip.scitation.org/doi/10.1063/5.0122015

  • Composition-dependent sign inversion of the Soret coefficient of SiO<inf>2</inf>in binary borosilicate melts 査読

    Shimizu M., Sato K., Nakashima K., Kiyosawa T., Matsuoka J., Shimotsuma Y., Miura K.

    Journal of Chemical Physics   156 ( 21 )   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    Using a laser-induced local-heating experiment combined with temperature analysis, we observed the composition-dependent sign inversion of the Soret coefficient of SiO2 in binary silicate melts, which was successfully explained by a modified Kempers model used for describing the Soret effect in oxide melts. In particular, the diffusion of SiO2 to the cold side under a temperature gradient, which is an anomaly in silicate melts, was observed in the SiO2-poor compositions. The theoretical model indicates that the thermodynamic mixing properties of oxides, partial molar enthalpy of mixing, and partial molar volume are the dominant factors for determining the migration direction of the SiO2 component under a temperature gradient.

    DOI: 10.1063/5.0090939

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85131561520&origin=inward

  • Determination of thermodynamic and microscopic origins of the Soret effect in sodium silicate melts: Prediction of sign change of the Soret coefficient 査読 国際誌

    M. Shimizu, T. Fukuyo, J. Matsuoka, K. Nakashima, K. Sato, T. Kiyosawa, M. Nishi, Y. Shimotsuma, and K. Miura

    The Journal of Chemical Physics   154 ( 7 )   074501   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing LLC.   参加形態:共同(副担当)  

    The Soret effect in silicate melts has attracted attention in earth and material sciences, particularly in glass science and engineering, because a compositional change caused by the Soret effect modifies the material properties of silicate melts. We investigated the Soret effect in an Na2O–SiO2 system, which is the most common representative of silicate melts. Our theoretical approach based on the modified Kempers model and non-equilibrium molecular dynamics simulation was validated for 30Na2O–70SiO2(mol. %). The sign and order of the absolute values of the calculated Soret coefficients were consistent with the experimental values. The positive Soret coefficient of SiO2 in the SiO2-poor composition range was accurately predicted. Previous experimental studies have focused on SiO2-rich compositions, and only the negative sign, indicating SiO2 migration to the hot side, has been observed. In the SiO2-poor composition range, the Q0 structure was dominant and had four Si–O–Na bonds around an SiO4 unit. The Si–O–Na bond had high enthalpic stability and contributed to the large negative enthalpy of SiO2 mixing. According to our model, components with a large negative partial molar enthalpy of mixing will concentrate in the cold region. The microscopic and thermodynamic origins of the sign change in the Soret effect were determined.

    DOI: 10.1063/5.0040513

  • Transition in deformation mechanism of aluminosilicate glass at high pressure and room temperature 査読

    Osada K., Yamada A., Ohuchi T., Yoshida S., Matsuoka J.

    Journal of the American Ceramic Society   103 ( 12 )   6755 - 6763   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Ceramic Society  

    Deformation experiments for 20(MgO or Na O)-20Al O -60SiO glasses were performed in simple shear geometry at 1.5-5 GPa and room temperature. An abrupt change in the thinning rate and the turning of the birefringence azimuth at a shear strain of γ = 1-2 indicate a transition of deformation mechanism from uniaxial compression aided by densification to shear flow in the glasses. The high-dense magnesium aluminosilicate glass showed strain softening controlled by the rearrangement of the tetrahedral network. On the other hand, low-dense sodium aluminosilicate glass deformed by packing-induced flow associated with densification and via the rearrangement of the tetrahedral network at lower and higher strains, respectively. The transition of the deformation mechanism was triggered by the limitations of the densification of the tetrahedral network. The difference of deformation mechanism brought about higher strain in magnesium aluminosilicate glass than sodium aluminosilicate glass at the same stress condition. Easiness of remarkable deformation, which relaxed residual stress, and high deformability contributed to the high ductility of the MgO-aluminosilicate glass. 2 2 3 2

    DOI: 10.1111/jace.17429

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090438356&origin=inward

  • Soret coefficient of a sodium germanate glass melt: Experiment, theory, and molecular dynamics simulation 査読

    Nakashima K., Shimizu M., Matsuoka J., Fukuyo T., Kato H., Nishi M., Shimotsuma Y., Miura K.

    Journal of the American Ceramic Society   103 ( 11 )   6208 - 6214   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Ceramic Society  

    The Soret effect is a diffusion phenomenon driven by a temperature gradient in a multicomponent system. This effect in condensed systems is not fully understood. Previously, we reported a theoretical model called “adjusted Kempers model” to predict the Soret coefficient in glass melts, and compared the experimental value to the theoretical value for 11Na O-89B O (mol%) melts. Here, molecular dynamics calculations, as well as theoretical and experimental values, are quantitatively compared in 10Na O-90GeO melts. We used a vertical tubular furnace to cause a temperature gradient and heated the sample from top side to reduce the natural convection. We measured the composition of 10Na O-90GeO glass samples after 45, 90, and 180 hours of heat treatment under a temperature gradient, and estimated the steady-state Soret coefficient near 1373 K to be 1.09 × 10  K . In addition, we calculated Soret coefficients to be 3.65 × 10  K and 1.85 × 10  K in theory and molecular dynamics calculation, respectively. The ratios between the experimental and theoretical Soret coefficients were 1.2 and 3.3 for 11Na O-89B O melts and 10Na O-90GeO melts, respectively. The difference in ratios may be attributed to the mass and size of diffusion species in the glass melts. 2 2 3 2 2 2 2 2 2 3 2 2 −3 −1 −3 −1 −3 −1

    DOI: 10.1111/jace.17375

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85089012684&origin=inward

  • Effect of B2O3 substitution for SiO2 in alkali aluminoborosilicate glasses on chemical strengthening 査読

    Hidekatsu Morozumi, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    Journal of the Ceramic Society of Japan   128 ( 1 )   24 - 31   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Micro-Photoelastic Evaluation of Indentation-Induced Stress in Glass 査読

    Keisuke Asai, Satoshi Yoshida, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Andrei Errapart, Charles R. Kurkjian

    Materials Transactions   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Institute of Metals and Materials   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.2320/matertrans.MD201903

  • Role of partial molar enthalpy of oxides on Soret effect in high-temperature CaO–SiO <inf>2</inf> melts 査読

    Shimizu M., Matsuoka J., Kato H., Kato T., Nishi M., Visbal H., Nagashima K., Sakakura M., Shimotsuma Y., Itasaka H., Hirao K., Miura K.

    Scientific Reports   8 ( 1 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    © 2018, The Author(s). The Soret effect or thermodiffusion is the temperature-gradient driven diffusion in a multicomponent system. Two important conclusions have been obtained for the Soret effect in multicomponent silicate melts: first, the SiO 2 component concentrates in the hot region; and second, heavier isotopes concentrate in the cold region more than lighter isotopes. For the second point, the isotope fractionation can be explained by the classical mechanical collisions between pairs of particles. However, as for the first point, no physical model has been reported to answer why the SiO 2 component concentrates in the hot region. We try to address this issue by simulating the composition dependence of the Soret effect in CaO–SiO 2 melts with nonequilibrium molecular dynamics and determining through a comparison of the results with those calculated from the Kempers model that partial molar enthalpy is one of the dominant factors in this phenomenon.

    DOI: 10.1038/s41598-018-33882-1

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85055071472&origin=inward

  • Soret coefficient of a sodium borate melt: Experiment with a vertical furnace and thermodynamic theory 査読

    Shimizu M., Hosoya S., Kato T., Matsuoka J., Kato H., Nishi M., Hirao K., Shimotsuma Y., Miura K.

    Journal of the Ceramic Society of Japan   126 ( 12 )   997 - 1004   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Ceramic Society of Japan  

    ©2018 The Ceramic Society of Japan The Soret effect or thermodiffusion is temperature-gradient-driven diffusion in a multicomponent system. A physical model to accurately predict the Soret coefficient of oxide melts has not yet been proposed. Here, for the first time, we report a quantitative comparison between experiment and theory concerning the Soret coefficient in binary glass-forming oxide melts. We measured the Soret coefficient of 11Na 2 O89B 2 O 3 (mol %) after 90- and 180-h heat treatment under a temperature gradient near 1200 K and estimated the Soret coefficient for the steady state. We used a vertical furnace to reduce the effect of natural convection on the Soret effect by heating the sample from the top side. The Soret coefficient estimated for the steady state near 1200 K was 5.12 © 10 13 K 11 , whereas that obtained by the adjusted Kempers model, in which we adjusted the original Kempers thermodynamic model for binary oxide melts, was 6.09 © 10 13 K 11 . The sign and order of magnitude were consistent, which suggests that the adjusted Kempers model is a promising model to explain the Soret effect and that the equilibrium thermodynamic parameters of partial molar volume, partial molar enthalpy, and chemical potential are important factors in the phenomenon.

    DOI: 10.2109/jcersj2.18135

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85057611394&origin=inward

  • In-situ Raman Measurements of Silicate Glass during Vickers Indentation 査読

    Satoshi Yoshida, Thu Huyen Nguyen, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka

    Materials Transactions   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Institute of Metals and Materials   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.2320/matertrans.MD201901

  • In-situ observation of the structural change in MgO-B <inf>2</inf> O <inf>3</inf> -SiO <inf>2</inf> glass at high pressure and the permanent structural change 査読

    Yamada A., Harada M., Masuno A., Yamanaka K., Higo Y., Yoshida S., Ohta T., Matsuoka J.

    Journal of Non-Crystalline Solids   499   25 - 31   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Non-Crystalline Solids  

    © 2018 Elsevier B.V. A 41.6MgO-27.1B 2 O 3 -31.2SiO 2 glass was synthesized by container-less levitation method. B K-edge X-ray absorption near edge structure (XANES) spectroscopy was used to quantify the coordination of boron in the as-made glass, resulting in ~72% of boron in 3-fold coordination. Raman spectroscopy indicated that the glass structure includes depolymerized borate units, which are pyroborate (B 2 O 54− ) and ring and/or chain-type metaborate (B 3 O 63− , (BO 2 O − ) ∞ ) groups. The structural changes in the glass under hydrostatic condition were investigated by high-pressure Raman spectroscopy within a diamond anvil cell at pressures up to 8.5 GPa. On the borate structure, metaborate groups decreased with pressure. In contrast, triborate groups, which include tetrahedrally coordinated boron and have a fully polymerized borate network, increased; suggesting that the coordination transformation of B and polymerization were induced via compression. However, the modification of the borate structure units seems to be reversible at least up to 8.5 GPa. As for the silicate network, Q 0 and Q 1 structures were responsible to compression. Specifically, Q 0 could be replaced by Q 1 with elevating pressure, which means that the silicate network becomes polymerized with pressure. Whereas, structure of glass samples recovered from the pressure higher than 5 GPa displayed depolymerized silicate network, as dissociation of Q 2 to Q 1 . The observed structural changes in the silicate network implied a partial change of the coordination number of Si 4+ ions, which can be enhanced by the presence of a modifier cation with high field strength such as Mg 2+ .

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2018.07.002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049742005&origin=inward

  • Cross-section Morphology of the Scratch-Induced Cracks in Soda-Lime-Silica Glass 査読 国際誌

    Jun Matsuoka, Danwei Guo, Satoshi Yoshida

    Frontiers in Materials   4   8   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media S.A.   参加形態:共同(主担当)  

    At the scratch process of glass, both median (vertical to the glass surface) and lateral (horizontal to the glass surface) cracks are formed. In this study, morphology of the scratch-induced cracks in a commercial soda-lime-silica glass was investigated by the scanning electron microscopy for the specimen broken across the scratch groove. Scratch test was carried out using a Knoop indenter in water and in dehydrated heptane. When scratch speed was 70 × 10^−6 m s−1, length of both vertical and horizontal cracks was proportional to the normal load at scratching, and environmental dependence was not observed. When scratch speed was increased with the constant normal load of 200 g, length of both cracks was decreased. In the case of horizontal crack, no environmental effect was observed. On the other hand, length of the vertical crack scratched in water was much longer than that in heptane. At very high scratch speed as high as 1,000 × 10^−6 m s−1, no vertical crack was formed in the heptane. These differences between horizontal and vertical cracks should be due to the differences of crack initiation position and the influence of subcritical crack growth to these cracks.

    DOI: 10.3389/fmats.2017.00008

  • Evaluation of Sinking-In and Cracking Behavior of Soda-Lime Glass under Varying Angle of Trigonal Pyramid Indenter 査読 国際誌

    Satoshi Yoshida, Ken Wada, Takahiro Fujimura, Akihiro Yamada, Mitsuo Kato, Jun Matsuoka, Naohiro Soga

    Frontiers in Materials   3   54   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media S.A.   参加形態:共同(副担当)  

    It is well known that glass undergoes elastic and inelastic deformation under a sharp diamond indenter. Although brittle or less brittle behavior of glass must be connected with such mechanical responses of glass under the indenter, there has been limited research on in situ deformation behavior of glass during the loading and unloading indentation cycle. This is because most indentation tests were conducted using a commercial hardness tester for which this information is not available. In this study, the in situ sinking-in region of glass during indentation test is determined using a custom-designed indentation microscope with trigonal pyramid indenters having different tip angles. It is found that both the shape of contact region and the amount of sinking-in are affected by indenter geometries and that the projected contact region of the glass sample under Berkovich indenter is not a regular triangle but a concave triangle with bowed-in edges. This is due to the larger amount of sinking-in under the face than under the ridge of indenter. It is also found that these deformation behaviors of glass are inseparably linked with contact damage or cracking in glass.

    DOI: 10.3389/fmats.2016.00054

  • Composition dependence of crack formation probability in aluminoborosilicate glass 査読 国際誌

    H. Morozumi, S. Yoshida, J. Matsuoka

    Journal of NonCrystalline Solids   444   31 - 37   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    We investigate the effect of glass composition on crack formation probability in aluminoborosilicate(ALBS) glass. The ALBS glass base composition is 13Na2O4K2O6MgO16Al2O312B2O349SiO2(mol%). Various glass compositions are prepared by replacing SiO2 in the base composition with other oxides. Mechanical properties, including crack formation probability, are evaluated and their compositional variation is discussed in terms of glass structure. Lower crack formation probability results from larger concentrations of bridging oxygen atoms around Si in glass.

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2016.04.030

  • Direct observation of indentation deformation and cracking of silicate glasses 査読 国際誌

    Satoshi Yoshida, Mitsuo Kato, Akiko Yokota, Shohei Sasaki, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Naohiro Soga, Charles R. Kurkjian

    Journal of Materials Research   30 ( 15 )   2291 - 2299   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Research Society   参加形態:共同(副担当)  

    Indentation deformation of glass under a sharp diamond indenter causes cracking during and after a loading–unloading cycle. To get a deeper insight into the indentation cracking in glass, it is critical to understand the elastic and inelastic deformation behavior of glass under the indenter. In this study, in situ observations during Vickers indentations are carried out for silica, soda-lime, and lead–silicate glasses. It is found that the true contact area during indentation is different from the area estimated from the contact depth and the indenter geometry, and that the ridges of a Vickers indenter affect the contact shape during indentation. The contact region of silicate glasses under a Vickers indenter is not a regular square but a concave square. This results in edge cracking during indentation. It is concluded that the contact shape and the deformation mechanism of glass under the indenter are closely related to its cracking behaviors.

    DOI: 10.1557/jmr.2015.214

  • Crack Initiation Tendency of Chemically Strengthened Glasses 査読

    Hidekatsu Morozumi, Hirotaka Nakano, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    International Journal of Applied Glass Science   6 ( 1 )   64 - 71   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Ceramic Society   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1111/ijag.12089

  • High-temperature heat capacity and density of simulated high-level waste glass 査読

    Toru Sugawara, Junki Katsuki, Takashi Shiono, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka, Kazuhiro Minami, Eiji Ochi

    Journal of Non-Crystalline Solids   454   298 - 307   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/j.jnucmat.2014.07.055

  • Heat capacity measurements of 75SiO2-6B2O3-10Al2O3-9MO (M=Mg, Ca, Sr and Ba) glasses and melts 査読

    Toru Sugawara, Yuji Hamano, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    Journal of the Ceramic Society of Japan   121 ( 12 )   972 - 980   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

    Heat capacities of 75SiO2-6B2O3-10Al2O3-9MO(M=Mg,Ca, Sr and Ba) glasses and melts were determined between 345 and 1877 K by differential scanning calorimetry and drop calorimetry. The heat capacities of glasses and melts increase with increasing field strength of alkaline-earth metals. The glass transition takes place when the heat capacity of glass reaches 95-97%
    of Dulong-Petit harmonic limit. The configurational contribution to the melt heat capacity is about 20% and is independent of temperature. The partial molar heat capacity of B2O3 (CpB2O3 ) in borosilicate melts containing alkaline-earth metals approaches to constant value (110-120 J·K¹1·mol¹1) above 1600 K and is consistent with heat capacity of pure B2O3 liquid. This suggests that there are no significant differences in coordination state of boron and in B-Si
    ordering among Mg, Ca, Sr and Ba-bearing alumino-borosilicate melts.

  • Density measurement of simulated radioactive waste glass by the Archimedean immersion method using molten chloride salts 査読

    Toru Sugawara, Takashi Shiono, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka, Kazuhiro Minami, Eiji Ochi

    Physics and Chemistry of Glasses: European Journal of Glass Science and Technology Part B   54 ( 6 )   270 - 278   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology   参加形態:共同(副担当)  

    The densities of two simulated radioactive waste glasses and melts were determined between 298 and 1278 K by the Archimedean immersion method for annealed glasses at room temperature, dilatometric measurements for glasses in the temperature range from 373 K to the glass transition region and Archimedean densitometry using a molten chloride salt for liquids above 825 K. At temperatures above 1079 K the density of a stable liquid can be measured with a precision of 0·3%. The molar volume of waste glass melt between 1079 and 1278 K is consistent with both the high temperature extrapolation of the molar volume at the glass transition temperature and the value estimated using partial molar volumes reported previously, which has been obtained using double-bob Archimedean densitometry. The temperature dependence of the molar volume (dV/dT) between the glass transition temperature and 1278 K is significantly larger than that calculated using partial molar thermal expansivities in the previous model. This suggests that the thermal expansivity of borosilicate melts is temperature dependent.

  • Na2O activity and thermodynamic mixing properties of SiO2–Na2O–CaO melt 査読

    Toru Sugawara, Masahiro Seto, Mitsuo Kato, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka, Yoshinari Miura

    Journal of Non-Crystalline Solids   371-372   58 - 65   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    Electro-motive force (EMF) measurement using concentration cell has been carried out to determine the Na2O activity of silicate melt, and the thermodynamic mixing properties of silicate melts have been examined. The Na2O activities for (100-x-y)SiO2-xNa2O-yCaO (x = 12-30; y = 5-22, mol%) melts have been measured between 1273 K and 1573 K. The Na2O activity increases with increasing Na2O and CaO content when the melt is a depolymerized composition. The effect of Na2O and CaO contents on the Na2O activity decreases with increasing SiO2 content. They can be interpreted in terms of Gibbs energy of mixing as a concave function of composition. The comparison of partial molar entropy of mixing for soda-lime silicate and sodium silicate melts suggests the existence of local maximum of the entropy of mixing in depolymerized composition of SiO2-Na2O-CaO system. The effect of CaO on redox reaction of iron in silicate melt calculated from the Na2O activity is quantitatively consistent with that measured by voltammetry and wet-chemical analysis.

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2013.03.031

  • Densification and plastic deformation under microindentation in silicate glasses and the relation to hardness and crack resistance 査読

    C. Hermansen, J. Matsuoka, S. Yoshida, H. Yamazaki, Y. Kato, Y.Z. Yue

    Journal of Non-Crystalline Solids   364   40 - 43   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2012.12.047

  • Structural relaxation of dense crown optical glass and soda-lime-silicate glass via Raman spectroscopy 査読

    Tatsuya Fukuda, Jun Matsuoka

    Journal of the Ceramic Society of Japan   121 ( 2 )   176 - 181   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

    Fictive temperature dependence of the refractive index, density, and Raman spectra of commercial dense crown optical glass widely used for lens production is investigated. It is found that the main peak in Raman spectra shifts higher with increasing the fictive temperature. As well as density and refractive index, this peak position around 1100cm-1 has linear relation with the fictive temperature. Relaxation of Raman spectra is similar with that of refractive index, and they are different from that of density.
    For the comparison, one commercial soda-lime-silicate glass is investigated as well as dense crown optical glass. Raman spectrum of this glass shifts lower as the fictive temperature. The difference between each relaxation time is less than that of dense crown optical glass.

  • Fracture- and Indentation-Induced Structural Changes of Sodium Borosilicate Glasses 査読

    Satoshi Yoshida, Yoshinori Nishikubo, Akiko Konno, Toru Sugawara, Yoshinari Miura, Jun Matsuoka

    International Journal of Applied Glass Science   3 ( 1 )   3 - 13   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Ceramic Society   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1111/j.2041-1294.2011.00077.x

  • Intrinsic Strength of Sodium Borosilicate Glass Fibers by Using a Two-Point Bending Technique 査読

    Yoshinori Nishikubo, Satoshi Yoshida, Toru Sugawara, Jun Matsuoka

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18   112019-1 - 112019-4   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IPO publishing   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1088/1757-899X/18/11/112019

  • Load Dependence of Densification in Glass during Vickers Indentation Test(共著) 査読

    Y. Kato, H. Yamazaki, S. Itakura, S. Yoshida, J. Matsuoka

    Journal of the Ceramic Society of Japan   119 ( 2 )   110 - 115   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Thermodynamic Mixing Properties of Liquids in the System Na2O-SiO2 査読

    Toru Sugawara, Kentaro Shinoya, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    Journal of Non-Crystalline Solids   357   1390 - 1398   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2010.09.064

  • Effect of Indenter Geometry on Indentation-Induced Densification of Soda-Lime Glass(共著) 査読

    S. Yoshida, H. Sawasato, T. Sugawara, Y. Miura, Jun Matsuoka

    Journal of Materials Research   25 ( 11 )   2203 - 2211   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Research Society   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1557/JMR.2010.0287

  • Effects of Composition on Redox Behaviors of Antimony or Arsenic Ion in Silicate Melts by Differential Pulse Voltammetry(共著) 査読

    S. Yoshida, T. Sudo, M. Kato, T. Sugawara, J. Matsuoka, Y. Miura, Y. Kii

    Journal of Non-Crystalline Solids   356 ( 50-51 )   2842 - 2849   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2010.09.040

  • Effect of B2O3 content on Crack Initiation under Vickers Indentation Test 査読

    Y. Kato, H. Yamazaki, Y. Kubo, S. Yoshida, J. Matsuoka, T. Akai

    Journal of the Ceramic Society of Japan   118 ( 9 )   792 - 798   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Effect of Densification on Crack Initiation under Vickers Indentation Test 査読

    Yoshinari Kato, Hiroki Yamazaki, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    Journal of Non-Crystalline Solids   356 ( 35-36 )   1768 - 1773   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/j.jnoncrysol.2010.07.015

  • Evaluation of Voltammetric Redox Potential for Fe3+/Fe2+ in Silicate Liquids 査読

    T. Sugawara, Y. Fujita, M. Kato, S. Yoshida, J. Matsuoka, Y. Miura

    Journal of the Ceramic Society of Japan   117 ( 12 )   1317 - 1323   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Enthalpy of Mixing of Liquids in the System CaMgSi2O6-CaAl2Si2O8 査読

    T. Sugawara, S. Nakagawa, S. Yoshida, J. Matsuoka

    Physics and Chemistry of Glasses - European Journal of Glass Science and Technology Part B   50 ( 6 )   384 - 388   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology,UK   参加形態:共同(副担当)  

  • Thermal Conductivity of Sodium Borate Glasses at Low Temperature 査読

    M. Tohmori, T. Sugawara, S. Yoshida, J. Matsuoka

    Physics and Chemistry of Glasses - European Journal of Glass Science and Technology Part B   50 ( 6 )   358 - 360   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology,UK   参加形態:共同(主担当)  

  • Boron Isotope Effect on the High Temperature Viscosity of Sodium Borosilicate Glasses 査読

    J. Matsuoka, Y. Nishida, K. Kimura, S. Yoshida, T. Sugawara

    Physics and Chemistry of Glasses - European Journal of Glass Science and Technology Part B   50 ( 6 )   355 - 357   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology,UK   参加形態:共同(主担当)  

  • Indentation Induced Densification of Sodium Borate Glasses 査読

    S. Yoshida, Y. Hayashi, A. Konno, T. Sugawara, Y. Miura, J. Matsuoka

    Physics and Chemistry of Glasses: European Journal of Glass Science and Technology Part B   50 ( 1 )   63 - 70   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology,UK   参加形態:共同(副担当)  

  • Stress-Induced Second Harmonic Generation in Silica Glass 査読

    H. Nasu, K. Sawada, S. Ninagawa, T. Hashimoto, A. Ishihara, J. Matsuoka

    Journal of the Ceramic Society of Japan   116 ( 11 )   1232 - 1233   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Relaxation Behaviors of Vickers Indentations in Soda-Lime Glass 査読

    H. Sawasato, S. Yoshida, T. Sugawara, Y. Miura, J. Matsuoka

    Journal of the Ceramic Society of Japan   116 ( 8 )   864 - 868   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • ガラスファイバーの2点曲げ強度 査読

    M. Inoue, S. Yoshida, J. Matsuoka, Y. Kato, H. Yamazaki

    材料   57 ( 5 )   557 - 561   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本材料学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Composition Dependence of the Optical Absorption Spectra of Cupric Ion in Sodium Borosilicate Glass Melts 査読

    J. Matsuoka, M. Toyoda, S. Yoshida

    Journal of Non-Crystalline Solids   354   255 - 258   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1016/jnoncrysol.2007.08.081

  • Thermal Conductivity of Mixed Alkali Silicate Glasses at Low Temperature 査読

    Y. Hiroshima, Y. Hamamoto, S. Yoshida, J. Matsuoka

    Journal of Non-Crystalline Solids   354   341 - 344   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1016/jnoncrysol.2007.08.082

  • Effect of Aluminum Ions on Intrinsic Sub-Critical Crack Growth in Methaphosphate glasses 査読

    T. Nakai, S. Yoshida, J. Matsuoka

    Journal of Non-Crystalline Solids   353   2250 - 2257   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/jnoncrysol.2007.03.011

  • Scratch Test for Evaluation of Surface Damage in Glass 査読

    S. Yoshida, T. Hayashi, T. Fukuhara, K. Soeda, J. Matsuoka, N. Sog

    Fracture Mechanics of Ceramics   14   101 - 111   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Fracture-Induced Change in the Internal Energy of Silicate Glasses 査読

    J. Matsuoka, M. Sumita, M. Numaguchi, S. Yoshida, N. Soga

    Journal of Non-Crystalline Solids   349   185 - 188   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1016/jnoncrysol.2004.08.183

  • Isotope Effects on the Glass Transition Phenomena and Thermal Properties of B2O3 Glass 査読

    J. Matsuoka, M. Numaguchi, Y. Fujino, M. Matsuo, S. Kurose, S. Yoshida, N. Soga

    Journal of Non-Crystalline Solids   345&346   542 - 545   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1016/jnoncrysol.2004.08.081

  • Crack Initiation Behavior of Sodium Aluminosilicate Glasses 査読

    S. Yoshida, A. Hidaka, J. Matsuoka

    Journal of Non-Crystalline Solids   344 ( 41276 )   37 - 43   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1016/jnoncrysol.2004.07.019

  • Compositional Dependence of Elastic Modulus in Binary Tellurite Glasses 査読

    S. Yoshida, T. Hidaka, J. Matsuoka, N. Soga

    日本セラミックス協会学術論文誌   112 ( 5 )   S1225 - S1229   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Sub-critical Crack Growth in Sodium Germanate Glasses 査読

    S. Yoshida, J. Matsuoka, N. Soga

    Journal of Non-Crystalline Solids   316   28 - 34   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Subcritical Crack Growth in Sodium Borate Glasses 査読

    S. Yoshida, J. Matsuoka, N. Soga

    Physics and Chemistry of Glasses   43C   436 - 440   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology,UK   参加形態:共同(副担当)  

  • Red-to-Yellow Electroluminescence from CdSe Microcrystal-Doped Indium Tin Oxide Thin Films 査読

    H. Nasu, Y. Matsuzaki, H. Goto, Y. Tohata, H. Iwatani, Y. Yamamoto, J. Matsuoka, T. Hashimoto, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   41 ( 5A )   2951 - 2953   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:物理系学術誌学術刊行協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Indentation Behavior of Zinc Tellurite Glasses by Using a Knoop Indenter 査読

    S. Yoshida, S. Aono, J. Matsuoka, N. Soga

    日本セラミックス協会学術論文誌   109 ( 9 )   753 - 756   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Shrinkage Behavior of Knoop Indentations in Silica and Soda-Lime Silica Glasses 査読

    S. Yoshida, S. Isono, J. Matsuoka, N. Soga

    Journal of the American Ceramic Society   84 ( 9 )   2141 - 2143   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Ceramic Society   参加形態:共同(副担当)  

  • Scratch Resistance of Sodium Borosilicate Glass 査読

    S. Yoshida, H. Tanaka, T. Hayashi, J. Matsuoka, N. Soga

    日本セラミックス協会学術論文誌   109 ( 6 )   511 - 515   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Crack Growth Behavior of Zinc Tellurite Glass with or without Sodium Oxide 査読

    S. Yoshida, J. Matsuoka, N. Soga

    Journal of Non-Crystalline Solids   279 ( 1 )   44 - 50   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Heat of Reaction of the Hydrolysis- Polymerization Process of Tetraethyl Orthosilicate in Acidic Condition 査読

    J. Matsuoka, M. Numaguchi, S. Yoshida, N. Soga

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   19   661 - 664   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kluwer   参加形態:共同(主担当)  

  • Crack Growth in the High Crack Velocity Region for Binary Sodium Silicate Glasses 査読

    S. Yoshida, J. Matsuoka, N. Soga

    日本セラミックス協会学術論文誌   108 ( 10 )   948 - 951   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Evaluation of Crack Growth in Glass by Using Stress-Wave Fractography 査読

    S. Yoshida, J. Matsuoka, N. Soga

    Journal of American Ceramic Society   82 ( 6 )   1621 - 1623   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Ceramic Society   参加形態:共同(副担当)  

  • Preparation of Silicon Oxycarbide Glass Fibers by Sol-Gel Method -Effect of Starting Sol Composition on Tensile Strength of Fibers 査読

    K. Kamiya, A. Katayama, H. Suzuki, K. Nishida, T. Hasimoto, J. Matsuoka, H. Nasu

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   14 ( 1 )   95 - 102   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kluwer   参加形態:共同(副担当)  

  • X-ray Diffraction of Silica Gels Made by Sol-Gel Method under Different Conditions 査読

    K. Kamiya, T. Dokai, M. Wada, T. Hashimoto, J. Matsuoka, H. NasKamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   240   202 - 211   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Studies on Sol-Gel Synthesis and Properties of Gold Microcrystal-Doped Oxide Films

    Jun Matsuoka

    1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    その他リンク: https://doi.org/10.11501/3135670

  • Structure Study of Sol-Gel-Derived Sodium Germanate Glasses by X-Ray Diffraction and EXAFS Methods 査読

    K. Kamiya, M. Tatsumi, J. Matsuoka, H. Nasu

    Physics and Chemistry of Glasses   39 ( 1 )   9 - 16   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Glass Technology,UK   参加形態:共同(副担当)  

  • Structure of Sol-Gel-Derived Sodium Dititanate Glass 査読

    H. Harada, K. Kamiya, H. Nasu, J. Matsuoka

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   10 ( 3 )   291 - 300   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kluwer   参加形態:共同(副担当)  

  • Second Harmonic Generation and Structure of Mixed Alkali Titanosilicate Glasses 査読

    H. Nasu, K. Kurachi, A. Mito, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   217   182 - 188   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Preparation of Gold Microcrystal-doped Oxide Optical Coatings through Adsorption of Tetrachloroaurate Ions on Gel Films 査読

    J. Matsuoka, R. Naruse, H. Nasu, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   218   151 - 155   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

  • Preparation of Gold Microcrystal-Doped TiO2, ZrO2 and Al2O3 Films through Sol-Gel Process 査読

    J. Maysuoka, H. Yoshida, H. Nasu, K. Kamiya

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   9 ( 2 )   145 - 155   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kluwer   参加形態:共同(主担当)  

  • Second Harmonic Generation from Surface Crystallized Li2O-Ta2O5-SiO2 Glass 査読

    H. Hase, H. Nasu, A. Mito, T. Hashimoto, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   35 ( 10 )   5355 - 5356   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Third-Order Optical Non-linearity of Bi2O3-Based Glasses 査読

    H. Nasu, T. Ito, H. Hase, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   204 ( 1 )   78 - 82   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Sol-Gel Preparation and Third-Order Optical Nonlinearity of Amorphous Bi2O3-TiO2 and Nb2O5-TiO2 Films 査読

    H. Nasu, M. Sato, J. Matsuoka, K. Kamiya

    日本セラミックス協会学術論文誌   104 ( 8 )   777 - 780   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Sol-Gel Preparation of Alumina Gels Forming alpha-Alumina around 500`C 査読

    K. Kamiya, J. Yotani, R. Senba, J. Matsuoka, H. Nasu

    日本セラミックス協会学術論文誌   104 ( 7 )   685 - 687   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Observation of Electroluminescence from CdSe-Microcrystal-Embedded Indium Tin Oxide Film 査読

    J. Matsuoka, Y. Kawasaki, H. Nasu, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   35 ( 7 )   3928 - 3929   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Third-Order Optical Nonlinearity of LiX-Li2O-TeO2 and AgX-Ag2O-TeO2 (X = Cl, Br, I) Glasses 査読

    H. Hase, H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    日本セラミックス協会学術論文誌   103 ( 11 )   1117 - 1121   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Second-Harmonic Generation from Electrically Poled Niobium Alkali Silicate Glasses 査読

    M. Miyata, H. Nasu, A. Mito, K. Kurachi, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   34 ( 11A )   L1455 - L1457   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Sol-Gel Coating of the Cu2O.Al2O3.4SiO2 Glass-Ceramics with SiO2 Glass Films for Suppressing Abnormal Thermal Expansion Behavior 査読

    K. Kamiya, N. Mori, J. Matsuoka, H. Nasu

    Journal of Materials Science Letters   14 ( 16 )   1102 - 1104   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chapman & Hall   参加形態:共同(副担当)  

  • Preparation of PbS Microcrystal-Doped SiO2 Glass Thin Films by RF-Sputtering Method 査読

    H. Yamada, H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   183 ( 3 )   290 - 296   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Preparation and Magnetooptical Properties of Cd1-xMnTe Microcrystal-Doped SiO2 Glass Thin Films 査読

    H. Nasu, M. Hayashi, J. Matsuoka, K. Kamiya, K. Tanaka, K. Hirao

    Japanese Journal of Applied Physics   34 ( 4A )   L440 - L443   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Second-Harmonic Generation from Electrically Poled SiO2 Glasses: Effects of OH Concentration, Defects, and Poling Conditions 査読

    H. Nasu, H. Okamoto, K. Kurachi, J. Matsuoka, K. Kamiya, A. Mito, H. Hosono

    Journal of the Optical Society of America: B   12 ( 4 )   644 - 649   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Optical Society of America   参加形態:共同(副担当)  

  • Effect of Pre-heat Treatment on the Tensile Strength of Sol-Gel-Derived SiO2 Glass Fiber - Relation to the Structure Change during Gel-to-Glass Conversion - 査読

    K. Kamiya, R. Uemura, J. Matsuoka, H. Nasu

    日本セラミックス協会学術論文誌   103 ( 3 )   245 - 250   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Non-Resonant-Type Third-Order Optical Non-Linearity of Alkali Silicate and Alkali Aluminosilicate Glasses - Contribution of Individual Chemical Species in the Glasses to kai(3) 査読

    H. Nasu, O. Sugimoto, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   182 ( 3 )   321 - 327   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Second Harmonic Generation from an Electrically Polarized TiO2-Containing Silicate Glass 査読

    H. Nasu, K. Kurachi, A. Mito, H. Okamoto, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   181 ( 1,2 )   83 - 86   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • rf-スパッタリング法による半導体微粒子ドープガラス薄膜の作製とその光学的性質 査読

    H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    粉体および粉末冶金   42 ( 1 )   78 - 83   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:粉体粉末冶金協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Second- and Third- Order Optical Nonlinearity of Homogeneous Glasses 査読

    H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   178   23 - 30   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Preparation and Optical Properties of Semiconductor Microcrystals-Doped SiO Glass Thin Films by RF-Sputtering 査読

    H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   178   148 - 154   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Coating of Polymethylmethacrylate with Transparent SiO2 Thin Films by Sol-Gel Method 査読

    R. Mizutani, Y. Oono, J. Matsuoka, H. Nasu, K. Kamiya

    Journal of Materials Science   29 ( 21 )   5773 - 5778   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chapman & Hall   参加形態:共同(主担当)  

  • X-ray Diffraction Study on Medium-Range Structure and Thermal Change of Silica Gel Made from Triethoxysilane by Sol-Gel Method 査読

    K. Kamiya, M. Wada, M. Izumi, J. Matsuoka, H. Nasu

    Bulletin of the Institute for Chemical Research, Kyoto University   72 ( 2 )   105 - 123   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:京都大学   参加形態:共同(副担当)  

  • X-Ray Absorption Fine Structure (XAFS) Study on the Coordination State of Te in PbO-TiO2-TeO2 Glasses with High Third-Order Optical Nonlinearity 査読

    H. Yamamoto, H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   170 ( 1 )   87 - 96   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Sol-Gel Preparation and Optical Nonlinearity of the Lead(II) Oxide-Titanium(IV) Oxide Amorphous Monoliths 査読

    Y. Katagiri, H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of American Ceramic Society   77 ( 3 )   673 - 677   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Ceramic Society   参加形態:共同(副担当)  

  • Effect of Cadmium to Sulfur Ratio on the Photoluminescence of CdS-Doped Glasses 査読

    H. Okamoto, J. Matsuoka, H. Nasu, K. Kamiya, H. Tanaka

    Journal of Applied Physics   75 ( 4 )   2251 - 2256   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Institute of Physics   参加形態:共同(主担当)  

  • Structure of the Sol-Gel-Derived Sodium Germanate Glass - Comparison with the Melt-Derived Glass 査読

    K. Kamiya, M. Tatsumi, H. Nasu, J. Matsuoka

    日本セラミックス協会学術論文誌   101 ( 11 )   1201 - 1205   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Relation between Third-Order Optical Non-Linearity and Structure of Na2O-GeO2 Glasses 査読

    O. Sugimoto, H. Nasu, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Journal of Non-Crystalline Solids   162 ( 1,2 )   118 - 122   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • EXAFS Study on the Coordination State of Germanium in PbO-GeO2 Glasses - Relation between Structure and Optical Nonlinearity 査読

    H. Yamamoto, K. Kamiya, J. Matsuoka, H. Nasu

    日本セラミックス協会学術論文誌   101 ( 9 )   974 - 979   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • RF-スパッタリング法により作製したCdSe微粒子ドープガラス薄膜の微細構造と光学的特性 査読

    H. Nasu, S. Kaneko, J. Matsuoka, K. Kamiya

    日本セラミックス協会学術論文誌   101 ( 5 )   548 - 555   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Influence of OH Content on Second Harmonic Generation from Electrically Polarized SiO2 Glasses 査読

    H. Nasu, H. Okamoto, A. Mito, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   32 part2 ( 3B )   L406 - L407   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Non-Resonant Type Third-Order Optical Nonlinearity of Rare Earth Oxide-Containing GeO2 Glasses 査読

    H. Nasu, J. Matsuoka, O. Sugimoto, M. Kida, K. Kamiya

    日本セラミックス協会学術論文誌   101 ( 1 )   43 - 47   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • Optical Non-Linear Property of Au Colloid-Doped Glass and the Laser Irradiation Stability 査読

    K. Kadono, T. Sakaguchi, M. Miya, J. Matsuoka, T. Fukumi, H. Tanaka

    Journal of Materials Science: Materials in Electronics   4 ( 1 )   59 - 61   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chapman & Hall   参加形態:共同(副担当)  

  • Sol-Gel Processing and Optical Nonlinearity of Gold Colloid-Doped Silica Glass 査読

    J. Matsuoka, R. Mizutani, S. Kaneko, H. Nasu, K. Kamiya, K. Kadono, T. Sakaguchi, M. Miya

    日本セラミックス協会学術論文誌   101 ( 1 )   53 - 58   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(主担当)  

  • Effect of Infrared Image Heating on Bi-Pb-Sr-Ca-Cu-O High-Tc Superconducting Films and Fibers Prepared by Pyrolysis of Organic Acid Salts 査読

    H. Nasu, K. Aruga, M. Shoyama, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   31 part2 ( 12A )   L1679 - L1682   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Structure Analysis of Sol-Gel-Derived SiO2 Gels by Neutron Diffraction 査読

    M. Wada, K. Kamiya, H. Nasu, J. Matsuoka, T. Yoko, T. Fukunaga, M. Misawa

    Journal of Non-Crystalline Solids   149 ( 3 )   203 - 208   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Refractive Index of Silica Glass in the UV Region 査読

    N. Kitamura, J. Matsuoka, I. Kondo, J. Hayakawa, H. Yamashita

    Transactions of the Material Research Society of Japan   8   284 - 299   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本MRS   参加形態:共同(副担当)  

  • Effect of Preparation Condition on the Properties of CdSe Microcrystal-Doped SiO Glass Thin Films Prepared by RF-Sputtering 査読

    S. Kaneko, H. Nasu, T. Ikegami, J. Matsuoka, K. Kamiya

    Japanese Journal of Applied Physics   31 part1 ( 7 )   2206 - 2211   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用物理学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Evidence of Plastic Deformation on Slow Crack Growth of Borate Glasses 査読

    J. Matsuoka, K. Hirao, N. Soga

    Fracture Mechanics of Ceramics   10   261 - 270   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:Plenum   参加形態:共同(主担当)  

  • Quantum Size CdS Particles in a Phosphate Glass Matrix 査読

    S. Crichton, H. Yamanaka, J. Matsuoka, H. Wakabayashi

    Ceramic Transactions   28   493 - 497   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Ceramic Society   参加形態:共同(副担当)  

  • Preparation of Au-Doped Silica Glass by Sol-Gel Method 査読

    J. Matsuoka, R. Mizutani, H. Nasu, K. Kamiya

    日本セラミックス協会学術論文誌   100 ( 4 )   599 - 601   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   参加形態:共同(主担当)  

  • Temperature Dependence of Refractive Index of SiO2 Glass 査読

    J. Matsuoka, N. Kitamura, S. Fujinaga, T. Kitaoka, H. Yamashita

    Journal of Non-Crystalline Solids   135 ( 1 )   86 - 89   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

  • Inelastic Deformation of Bioactive Glass-Ceramics 査読

    K. Hirao, Y. Benino, J. Matsuoka, N. Soga

    Engineering Fracture Mechanics   40 ( 41369 )   837 - 842   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Depth Profiling by XPS for Corroded Glass 査読

    H. Yamanaka, M. Yamashita, J. Matsuoka, H. Wakabayashi, R. Terai

    Journal of Non-Crystalline Solids   116 ( 2,3 )   286 - 288   1990年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Inelastic Deformation and Structure of Borate Glasses 査読

    K. Hirao, J. Matsuoka, N. Soga

    Journal of Non-Crystalline Solids   112 ( 41277 )   336 - 340   1989年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ガラスの破壊メカニズムと高強度化

    松岡純,伊藤節郎,長嶋廉仁,藤田卓,増田優子( 担当: 分担執筆)

    (株)R&D支援センター  2013年7月  ( ISBN:978-4-905507-03-1

     詳細を見る

    総ページ数:92   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    本書は,ガラスの破壊メカニズム,物理強化および化学強化の方法と強度評価方法,および破損事故解析について,これらの概要をまとめたものである。

  • エレクトロニクス用途におけるガラスの超精密加工【技術全集】(共著)

    松村隆ほか49名( 担当: 共著)

    技術情報協会  2008年3月  ( ISBN:978-4-86104-210-2

     詳細を見る

    総ページ数:552   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • ガラスの百科事典(共著)

    作花済夫ほか116名( 担当: 共著)

    朝倉書店  2007年10月  ( ISBN:978-4-254-20124-6

     詳細を見る

    総ページ数:668   記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

  • セラミック工学ハンドブック(第2版)(共著)

    丹羽紘一,三宅通博ほか537名( 担当: 共著)

    技報堂出版  2002年3月  ( ISBN:4-7655-0032-2

     詳細を見る

    総ページ数:2412   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • ガラス工学ハンドブック(共著)

    作花済夫ほか94名( 担当: 共著)

    朝倉書店  1999年7月  ( ISBN:4-254-25238-2

     詳細を見る

    総ページ数:702   記述言語:日本語   著書種別:学術書

MISC

  • 国際ガラス年2022に寄せて ガラス科学の基礎および応用研究への期待 招待 査読

    松岡 純

    化学と工業   75 ( 5 )   327 - 329   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本化学会  

  • ガラスと融液の熱物性 -その物理化学と工学- 招待

    松岡 純

    第51回ガラス部会夏季若手セミナー テキスト   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)   出版者・発行元:日本セラミックス協会  

  • ガラス融液の構造と物性 招待 査読

    松岡純

    耐火物   70 ( 11 )   532 - 539   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:耐火物技術協会  

  • 巻頭言 点と点を線で結ぶこと 招待

    松岡 純

    NEW GLASS   33 ( 123 )   1 - 2   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人ニューガラスフォーラム  

  • ガラス融液の物性 招待

    松岡 純

    NEW GLASS   32 ( 1 )   4 - 9   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人ニューガラスフォーラム  

  • ガラスの熱伝導率の組成依存性

    松岡 純

    NEW GLASS   27 ( 4 )   20 - 23   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人ニューガラスフォーラム  

  • 無機ガラスの熱伝導特性

    松岡 純

    熱測定   39 ( 3 )   106 - 111   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本熱測定学会  

  • ガラス材料の疲労

    松岡 純

    トライボロジスト   55 ( 10 )   702 - 707   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本トライボロジー学会  

  • ガラスの破壊とその周辺

    松岡 純

    ニューガラス   23 ( 3 )   4 - 9   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)ニューガラスフォーラム  

  • ガラスの破壊現象から見た平面ディスプレイ

    松岡 純

    セラミックス   43 ( 6 )   460 - 463   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本セラミックス協会  

  • ガラスの破壊における永久変形と構造変化

    松岡 純

    材料   56 ( 6 )   489 - 494   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本材料学会  

  • ガラスの強度とディスプレイ大型化への課題

    松岡 純

    科学と工業   81 ( 6 )   266 - 272   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)大阪工研協会  

  • ガラスの破壊における水分の効果

    松岡 純

    ニューガラス   21 ( 3 )   41 - 45   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)ニューガラスフォーラム  

  • ガラスの強度はどのように決まるか

    松岡 純

    MRS-J NEWS   17 ( 4 )   3 - 4   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本MRS (The Materials Research Society of Japan)  

  • ガラスの強度と強化法

    松岡 純

    ニューガラス   15 ( 2 )   19 - 24   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)ニューガラスフォーラム  

  • セラミックス以外の分野に学ぶ

    松岡 純

    セラミックス   33 ( 5 )   375 - 375   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本セラミックス協会  

  • 液晶をテンプレートに用いた多孔質シリカの作製

    松岡 純

    化学と工業   49 ( 6 )   804 - 804   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本化学会  

  • セラミックス基礎科学の最近の話題

    野上正行,大門啓志,松岡純,田草川信雄,塩見治久,荒井弘道

    セラミックス   28 ( 7 )   692 - 697   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • ガラスの温故知新

    尾坂明義,松岡純,前川尚

    セラミックス   27 ( 11 )   1086 - 1091   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本セラミックス協会   参加形態:共同(副担当)  

  • ACカロリメトリーとガラスの熱容量スペクトロスコピー

    松岡 純

    ニューガラス   6 ( 4 )   337 - 342   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)ニューガラスフォーラム  

  • 半導体微粒子分散ガラスの光学非線形性

    松岡 純

    化学   44 ( 9 )   626 - 627   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:化学同人  

▼全件表示

受賞

  • 日本セラミックス協会 2013 JCerSJ優秀論文賞

    2014年6月   公益社団法人日本セラミックス協会   Heat capacity measurements of 75SiO2-6B2O3-10Al2O3-9MO (M=Mg, Ca, Sr and Ba) glasses and melts

    T.Sugawara, Y. Hamono, S. Yoshida, J. Matsuoka

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 日本セラミックス協会 2010 JCerSJ優秀論文賞

    2011年6月   公益社団法人日本セラミックス協会   Effect of B2O3 content on crack initiation under Vickers indentation test

    Yoshinari Kato, Hiroki Yamazaki, Yoshihiro Kubo, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka, Tomoko Akai

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ガラス科学 (熱物性,破壊特性,光物性)

    1985年4月 - 現在

    ガラス

講演・口頭発表等

  • シリカガラスのせん断変形

    山田 明寛, 桂川 晴名, 大内 智博, 肥後 祐司, 松岡 純

    第64回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2023年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山市  

    Infrared absorption spectra of sodium borosilicate melts were measured at wavelength range of 1-5 μm and a maximum temperature of 1200 degC. Absorption near 2700 cm-1 which is due to three-fold coordinated boron increased with temperature above Tg. When the concentration ratio [SiO2]/[B2O3] is fixed, the enthalpy change from 4-fold to 3-fold coordinated boron obtained by van’t Hoff equation was decreased with the ratio [Na2O]/[B2O3] when the ratio was less than 0.85. On the other hand, the enthalpy change was constant when the ratio was larger than 0.9. The enthalpy change also depended on the concentration ratio [SiO2]/[B2O3].

  • ガラス研究振興プログラム-ガラス産業に関連する基礎科学を支える大学研究者発掘の試み- 招待

    松岡 純

    日本セラミックス協会 第1回 関西支部オープンラボ&ファクトリー  2023年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:伊丹市  

  • 超高圧下での熱処理によるホウケイ酸塩ガラスの構造変化

    山田明寛, 朝見遼太, 入澤明典, 柴田大輔, 松岡 純

    第64回高圧討論会  2023年11月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:柏市  

  • Co2+含有ナトリウムホウケイ酸塩ガラス融液の光吸収の組成依存性

    浅野航大, 山田明寛, 松岡純

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  2023年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • バナジウム含有ホウ酸塩融液の電気伝導

    加藤晴香, 林優樹, 山田明寛, 山本茂, 松岡純

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  2023年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • ホウケイ酸塩ガラスの異方性の発現と網目構造の変化

    谷口 真梧, 山田 明寛, 柴田 大輔, 松岡純

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  2023年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • ナトリウムホウ酸塩ガラスのガラス転移温度付近における熱伝導

    井下 和輝, 山田 明寛, 松岡 純

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  2023年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • In-situ observation of shear deformation of oxide glasses at high pressure 招待 国際会議

    Akihiro Yamada, Goki Kato, Haruna Katsuragawa, Tomohiro Ohuchi, Yuji Higo, Jun Matsuoka

    The 9th International Discussion Meeting on Relaxations in Complex Systems  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  • バナジウム含有ホウ酸塩融液の電気伝導

    加藤晴香, 山田明寛, 山本茂, 松岡純

    第17回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会  2023年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東大阪市  

  • ナトリウムホウケイ酸塩ガラスの異方性に与える構造の影響

    谷口真梧, 山田明寛, 松岡純

    第17回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会  2023年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東大阪市  

  • Co2+含有ナトリウムホウケイ酸塩ガラス融液の光吸収の組成依存性

    浅野航大, 山田明寛, 松岡純

    第17回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会  2023年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東大阪市  

  • ナトリウムホウ酸塩ガラスのガラス転移温度付近における熱伝導

    井下 和輝, 山田 明寛, 松岡 純

    第17回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会  2023年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東大阪市  

  • 室温高圧下におけるアルミノケイ酸塩ガラスの変形機構

    山田明寛, 長田康生, 大内智博, 肥後祐司, 吉田智, 松岡純

    第63回高圧討論会  2022年12月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木市  

  • ナトリウムホウケイ酸塩の融液状態での赤外吸収スペクトル

    松岡純, 田中雅人, 山田明寛, 吉田智

    第63回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2022年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:八王子市  

    Infrared absorption spectra of sodium borosilicate melts were measured at wavelength range of 1-5 μm and a maximum temperature of 1200 degC. Absorption near 2700 cm-1 which is due to three-fold coordinated boron increased with temperature above Tg. When the concentration ratio [SiO2]/[B2O3] is fixed, the enthalpy change from 4-fold to 3-fold coordinated boron obtained by van’t Hoff equation was decreased with the ratio [Na2O]/[B2O3] when the ratio was less than 0.85. On the other hand, the enthalpy change was constant when the ratio was larger than 0.9. The enthalpy change also depended on the concentration ratio [SiO2]/[B2O3].

  • ホウケイ酸塩ガラスのせん断変形のその場観察

    加藤豪起, 山田明寛, 大内智博, 松岡純

    第63回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2022年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:八王子市  

    In-situ and ex-situ shear deformation experiments were performed on 25Na2O-25B2O3-50SiO2 and 25Na2O-50B2O3-25SiO2 glasses. Yield by shear stress begins at τ=0.5-1 GPa with densification, which could be dominated structural modification of borate and/or borosilicate network including boron coordination changes. By further deformation, the mechanism shift to simple shear flow with transformation of [Ⅳ]B to [Ⅲ]B, which is highly structural anisotropy. In actual, retardation measurement indicates orientation of the glass structure to the direction of shear flow.

  • ソーダ石灰ガラスの静水圧下における弾性と構造変化

    山田明寛, 宮崎慧一郎, 肥後祐司, 松岡純

    第63回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2022年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:八王子市  

    Change in elasticity and structural modification of soda-lime silicate glass has been investigated under hydrostatic condition. Static compression curve showed an abrupt increase in density from ~4 GPa, attributed to the topological change in ring structure from 6- to 3-membered ring. The present structural modification results in the elastic anomaly of Young's modulus and increase in bulk modulus at high pressure.

  • 鉄含有簡素化模擬廃棄物固化ガラスの粘度への鉄の価数の効果の予備的検討

    松岡純,川島栄里子,野村冠斗,山本茂,山田明寛

    第4回放射性廃棄物固化体討論会  2022年10月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青森市,Web(ハイブリッド)  

  • ホウケイ酸塩ガラスのせん断応力による変形挙動

    加藤豪起,山田明寛,松岡純

    日本セラミックス協会 第35回秋季シンポジウム  2022年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:徳島市,Web(ハイブリッド)  

  • ガラス製造の高効率化へ向けた融液物性の評価 招待

    松岡 純

    日本セラミックス協会 第35回秋季シンポジウム  2022年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徳島市,Web(ハイブリッド)  

  • 高密度アルミノケイ酸塩ガラスの物性と構造

    山田 明寛,吉川 裕太,尾原 幸治,木村 友亮,松岡 純

    日本セラミックス協会 第35回秋季シンポジウム  2022年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島市,Web(ハイブリッド)  

  • ガラスはなぜ割れるのか: 原子レベルのメカニズムと強化方法

    松岡 純

    日本化学会第102春季年会  2022年3月  日本化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Web  

  • Indentation induced photoelastic patterns in oxide glasses: a numerical approach 国際会議

    G.A. Rosales Sosa, Y. Kato, E. Barthel, S. Yoshida, A. Yamada, J. Matsuoka, S. Nakane, H. Yamazaki, C. R. Kurkjian

    14th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web (Vancouver)  

  • ホウケイ酸塩ガラスのガラス転移温度付近における熱伝導

    籾倉 凌,山田明寛,菅原 透,松岡 純

    第62回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2021年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 無容器法によって合成されたMg ホウケイ酸塩ガラスの機械特性と構造

    山田明寛,夏原佳奈,湯地真大,増野敦信,山岸弘奈,肥後祐司,吉田 智,松岡 純

    第62回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2021年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 差応力印加による異方性ホウケイ酸塩ガラスの合成とその構造変化

    橋本凌冶,山田明寛,松岡 純

    第62回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2021年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 静水圧下におけるアルミノホウケイ酸塩ガラスの弾性変化

    山田 明寛, 光永 佳織, 西川 貴晴, 肥後 祐司, 吉田 智, 松岡 純

    第62回高圧討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • CaSiO3ガラスの高密度化に伴う構造−物性変化

    山田 明寛, 信氏 周知, Greaux Steeve, 肥後 祐司, 松岡 純

    日本セラミックス協会 第34回秋季シンポジウム  2021年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • アルカリホウ酸塩ガラス融液におけるソレー効果のアルカリ種依存性

    清澤 友博, 清水 雅弘, 松岡 純, 西 正之, 下間 靖彦, 三浦 清貴

    日本セラミックス協会 第34回秋季シンポジウム  2021年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • ナトリウムホウケイ酸塩ガラスの封圧下におけるせん断変形

    加藤 豪起, 山田 明寛, 松岡 純, 大内 智博

    日本セラミックス協会 第34回秋季シンポジウム  2021年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • ホウケイ酸塩ガラスのガラス転移温度付近における熱拡散率

    籾倉 凌,山田 明寛,松岡 純

    第15回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会  2021年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • ソーダ石灰ガラスのクラック発生および伸展に対するアルコール水溶液の影響

    湯地真大, 山田明寛, 松岡純

    日本セラミックス協会2021年会  2021年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web meeting (Osaka)  

  • B2O3-GeO2 系ガラス融液におけるソレー効果の組成比依存性

    中嶋 健斗, 清水 雅弘, 松岡 純, 下間 靖彦, 三浦 清貴

    日本セラミックス協会2021年会  2021年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web meeting (Osaka)  

  • 低濃度バナジウム含有B2O3ガラス融液の電気伝導

    林優樹, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    日本セラミックス協会2021年会  2021年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web meeting (Osaka)  

  • 異方性を有するホウケイ酸塩ガラスの合成とその構造

    橋本凌冶, 山田明寛, 山岸弘奈, 吉田智, 松岡純

    日本セラミックス協会2021年会  2021年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web meeting (Osaka)  

  • レーザー局所加熱によりガラス内部で生じるソレー効果の組成比依存性

    清水雅弘, 佐藤乾蔵, 松岡純, 下間靖彦, 三浦清貴

    The 31st Meeting on Glasses for Photonics  2021年1月  The Ceramic Society of Japan

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web meeting (Osaka)  

  • Thermal diffusivity of borosilicate glasses near the glass transition 国際会議

    Momikura R., Yamada A., Yoshida S., Matsuoka J.

    Glass Meeting 2020  2020年12月  The Ceramic Society of Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web meeting (Tokyo)  

  • Composition dependence of the Soret effect in binary B2O3-SiO2 glass 国際会議

    Kenzo Sato, Masahiro Shimizu, Jun Matsuoka, Yasuhiko Shimotsuma, Kiyotaka Miura

    Glass Meeting 2020  2020年12月  The Ceramic Society of Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web meeting (Tokyo)  

  • 温度勾配化におけるナトリウムケイ酸塩ガラス融液の組成分布と構造 招待

    清水雅弘, 福輿翼, 松岡純, 中嶋健斗, 佐藤乾蔵, 清澤友博, 下間靖彦, 三浦清貴

    日本セラミックス協会 第33回秋季シンポジウム  2020年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Web meeting (Sapporo)  

  • 単一および混合アルカリケイ酸塩ガラスの機械的特性評価

    吉田壮志,吉田智,山田明寛,松岡純

    日本セラミックス協会2020年年会  2020年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 90GeO2-10Na2O (mol%) ガラス融液のソレー係数

    中嶋建斗, 清水雅弘, 松岡純, 福與翼, 下関靖彦, 三浦清貴

    第60回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2019年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Na2O-B2O3-SiO2ガラス融液の赤外吸収の組成依存性

    田中雅人, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    第60回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2019年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • アルミノホウケイ酸塩ガラスの高圧下での音速測定

    西川貴晴, 山田明寛, 光永佳織, 肥後祐司, 吉田智, 松岡純

    第60回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2019年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • レーザー局所加熱を用いたB2O30-SiO2およびPbO-SiO2融液におけるソレー効果

    佐藤乾蔵,清水雅弘,松岡純,下問靖彦,三浦清貴

    第60回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2019年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 高温高圧処理による異方性ホウケイ酸塩ガラスの合成

    山田明寛, 梶山南帆, 橋本凌治, 長田康生, 山岸弘奈, 肥後祐司, 吉田智, 松岡純

    第60回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2019年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 室温下でのアルミノケイ酸塩ガラスの流動挙動

    長田康生, 山田明寛, 大内智博, 吉村真史, 吉田智, 松岡純

    第60回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2019年12月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • In-situ observation of the evolution of phase separation in Ni2+ -doped sodium borosilicate glass melts by optical absorption spectroscopy 国際会議

    Kazuma IDE, Akihiro YAMADA, Satoshi YOSHIDA, Jun MATSUOKA

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  2019年10月  The Ceramic Society of Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ginowan, Okinawa, Jpn  

  • Thermal Conduction of Phosphate and Other Oxide Glasses in Relation to their Network Structure 国際会議

    Jun MATSUOKA, Maki TANAKA, Akihiro YAMADA, Satoshi YOSHIDA

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  2019年10月  The Ceramic Society of Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ginowan, Okinawa, Jpn  

  • Density of borosilicate glass melts over a wide temperature range 国際会議

    Shintaro NISHIKAWA, Akihiro YAMADA, Satoshi YOSHIDA, Jun MATSUOKA

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  2019年10月  The Ceramic Society of Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ginowan, Okinawa, Jpn  

  • 単一および混合アルカリケイ酸塩ガラスの押し込み変形挙動

    吉田壮志,吉田智,山田明寛,松岡純

    第14回日本セラミックス協会 関西支部学術講演会  2019年7月  日本セラミックス協会 関西支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

  • Thermal expansion of binary and ternary silicate melts in relation to the Qn distribution 国際会議

    J. Matsuoka, M. Tsujisaka, J. Katsuki, T. Sugawara, A. Yamada, S. Yoshida

    25th International Congress on Glass  2019年6月  The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, USA  

  • Comparison in densification characteristics among various glass compositions: Under hydrostatic pressure and spherical imprint 招待 国際会議

    Y. Kato, G. A. Rosales-Sosa, H. Yamazaki, S. Yoshida, A. Yamada, J. Matsuoka

    25th International Congress on Glass  2019年6月  The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Boston, USA  

  • Shear-induced deformation and the structural change in aluminosilicate glasses at room-temperature condition 国際会議

    K. Osada, A. Yamada, M. Yoshimura, S. Yoshida, J. Matsuoka

    25th International Congress on Glass  2019年6月  The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston, USA  

  • In-situ Raman mapping of glass under a Vickers indenter 招待 国際会議

    S. Yoshida, T. Kobayashi, A. Yamada, J. Matsuoka

    25th International Congress on Glass  2019年6月  The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Boston, USA  

  • ガラス転移温度付近におけるアルカリケイ酸塩ガラスの熱拡散率

    小野山一輝, 菅原透, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    日本セラミックス協会 2019年年会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • メタリン酸塩ガラスの押し込み応力分布の「その場」評価

    浅井 敬祐, 吉田 智, 山田 明寛, 松岡 純, エラパルト アンドレイ・カーキャン チャールズ

    日本セラミックス協会 2019年年会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホウケイ酸塩融液の広い温度範囲での密度

    西川慎太郎, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    日本セラミックス協会 2019年年会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • ガラスの高温物性

    松岡純

    第11回溶融シミュレーション研究会  2018年11月  ニューガラスフォーラム

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:彦根  

  • Infrared Absorption Spectra of Sodium Borate and Borosilicate Melts in Relation to their High Temperature Structure 国際会議

    Jun Matsuoka, Takumi Washo, Satoshi Yoshida, Akihiro Yamada

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Finite Element Analysis (FEA) of spherical indentation in silica glass and measurement of densification distribution by means of Raman Spectroscopy 国際会議

    Gustavo Alberto Rosales-Sosa, Yoshinari Kato, Seiichi Isawa, Satoshi Yoshida, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Hiroki Yamazaki

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Densification Distribution Measurement below Vickers Imprint in Silica Glass by a Combination between Raman Spectroscopy and HF Etching 国際会議

    Yoshinari Kato, Gustavo A. Rosales-Sosa, Satoshi Yoshida, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Hiroki Yamazaki

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Effects of average bonding number and the non-bridging oxygen content on the MoO3 solubility and chemical durability of borosilicate glasses 国際会議

    Ryo Souma, Katsushige Komatsu, Shigeru Yamamoto, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Kouhei Oowaku, Norio Kanehira

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • In-situ Structural Observation of Aaluminosilicate Glasses at High Pressure 国際会議

    Daichi Morita, Akihiro Yamada, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka, Tatsuya Sakamaki, Akio Suzuki, Daisuke Wakabayashi

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Precise measurement of the thermal diffusivity around the glass transition temperature by considering radiative heat transfer 国際会議

    Kazuki Onoyama, Toru Sugawara, Akihiro Yamada, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • In-situ Evaluation of Stress Distributions and Cracking Behavior in Silica and Soda-lime Glasses 国際会議

    Keisuke Asai, Satoshi Yoshida, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Andrei Errapart, Charles Kurkjian

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Densification of Borosilicate Glass and the Structure 国際会議

    Akihiro Yamada, Takuhisa Koumi, Tomohiro Ohuchi, Yuji Higo, Keisuke Yamanaka, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Indentation-induced Transient and Permanent Structural Changes of Glass Probed by Raman Spectroscopy 国際会議

    Satoshi Yoshida, Thu Huyen Nguyen, Kana Maruyama, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka

    ICG 2018 Annual Meeting  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • Ni2+を含むナトリウムホウケイ酸塩ガラス融液の分相領域における光吸収スペクトルの実時間変化

    井手和真, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • 室温でのアルミノケイ酸塩ガラスのせん断応力誘起構造変化と高密度化

    長田康生, 山田明寛, 吉村真史, 吉田智, 松岡純

    日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

  • 微小圧子押し込み法によるソーダ石灰ガラスの表面残留応力の評価

    友納明希乃, 吉田智, 山田明寛, 松岡純

    第13回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会  2018年7月  日本セラミックス協会関西支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:姫路  

  • In-situ Raman Measurements of Silicate Glasses during Indentation 国際会議

    Satoshi Yoshida, Thu Huyen Nguyen, Akihiro Yamada and Jun Matsuoka

    6th International Indentation Workshop  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • Micro-photoelastic evaluation of indentation-induced stress in glass 国際会議

    K. Asai, S. Yoshida, A. Yamada, J. Matsuoka, A. Errapart, C.R. Kurkjian

    6th International Indentation Workshop  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sapporo, Japan  

  • 平均結合数と非架橋酸素量がホウケイ酸ガラスの MoO3溶解度及び耐水性に及ぼす影響

    相馬諒,小松克茂,山本茂,山田明寛,松岡純,大和久耕平,兼平憲男

    2018年日本原子力学会春の年会  2018年3月  日本原子力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:吹田  

  • アルミノケイ酸塩ガラスの圧力誘起構造変化のその場観察

    森田大智,山田明寛,吉田智,松岡純,坂巻竜也,鈴木昭夫,若林大佑

    日本セラミックス協会2018年年会  2018年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    Pressure-induced structural change in 20(Na2O, MgO)-20Al2O3-60SiO2 (mol%) glasses (NAS, MAS) has been investigated using high-pressure Raman spectroscopy and high-pressure X-ray diffraction(XRD) with synchrotron X-rays. Raman spectra implied the decrease in inter-tetrahedral bond angles (i.e., T-O-T, T=Si, Al) and the increase in coordination number of Al3+ with compression. Radial distribution functions indicated lengthening of T–O bond up to 1.68 Å from 1.65 Å with compression, suggesting coordination change in tetrahedral unit (i.e., AlO4) to higher configuration states. The formation of highly coordinated Al3+ species via compaction is more pronounced in MAS glass.

  • ガラス融液中のホウ素による赤外吸収の定量的評価

    和所拓洋,山田明寛,吉田智,松岡純

    第56回セラミックス基礎科学討論会  2018年1月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

    Infrared absorption of xNa2O-(100-x)B2O3 (x=0,10, 15, 20, 30), 20Na2O-20B2O3-60SiO2 and 30Na2O-10B2O3-60SiO2 glass melts were measured in the temperature range from 100 to 700°C. Absorption at 2700 cm-1 which originates from BO stretching vibration of three-fold coordinated boron increased with increasing the temperature above Tg. This should be due the formation of BØ3 unit by decomposition of BØ4 to BØ3 + NBO and of boroxol ring to loose BØ3.

  • 放射性廃棄物の減容化に向けたガラスマトリクスの検討 1価金属及び2価金属の含有量変化に伴う耐水性への影響評価

    相馬諒,小松克茂,山本茂,山田明寛,松岡純,大和久耕平,兼平憲男

    第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2017年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    Chemical durability of the glasses with simplified composition for high-level radioactive waste was measured for exploration of vitrification matrix with high-loading capacity. Leaching rate showed maximum at ZnO/(ZnO+CaO) = 0.58 and improved at Li2O/(Li2O+Na2O) = 0.52.

  • 交流電圧印加によるケイ酸塩ガラス融液の電気化学反応と泡発生機構

    中居慎詞,吉田智,加藤光夫,山田明寛,松岡純,三浦嘉也,片上優大,紀井康志,吉田紀之,川口正隆

    第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2017年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    In the glass manufacturing process, bubbles should be removed from glass melt. Many efforts have been made to produce glass products without any bubbles. It is considered that electrolytic decomposition of glass melt should be one origin of bubble generation. However, the mechanism is still unclear. In order to develop manufacturing process with high efficiency, it is of primary importance to evaluate the electrolytic decomposition of glass melt. In this study, electrochemical reactions of silicate glass melt under alternating voltage application are investigated, and a mechanism of bubble generation is discussed using the Nernst equation for oxygen evolution.

  • 放射熱伝達を考慮した熱伝導率の解析とガラスの高温熱伝導

    小野山一輝, 菅原透, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2017年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

    Thermal diffusivity(D) was measured for vitreous SiO2, soda lime silicate(SLS) glass and E glass from room temperature to 1073 K. Temperature response curves were obtained by Step heating method. Values of D were estimated by using an analysis method which removes radiative heat transfer effect from irradiated to back faces of the transparent sample. Reliable values of D were obtained for vitreous SiO2. D of SLS glass and E glass decreased more than 10% around the glass transition temperature.

  • 高強度ホウ珪酸塩ガラスの合成とその構造

    山田明寛,夏原佳奈,増野敦信,山中恵介,肥後祐司,吉田 智,松岡 純

    第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2017年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    The structure on MgO-B2O3-SiO2 (4:2:4 and 6:2:2 in molar ratio) glasses has been investigated by means of Mg, B K-edge XANES and Raman spectroscopy. Highly de-polymerized borate groups, which almost consist of B[3], was observed in the glass with the higher MgO content, suggesting that the glass has more closed structure. As the evidence, the glass exhibits fairly high Young's modulus, 138 GPa. However, the glass with lower MgO content was more tougher (high crack resistance) because of the enhancement of the network structures, which consist of B[4].

  • 直接観察法を用いた流電圧印加によるガラス融液の発泡開始位差の特定

    片上優大, 紀井康志, 吉田紀之 川口正隆, 山田明寛, 吉田智, 松岡純, 三浦 嘉也

    第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2017年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  • 高充填ガラスマトリクスの検討 - 1価金属及び2価金属の含有量変化に伴う耐水性への影響評価 -

    相馬諒, 小松克茂, 山本茂, 山田明寛, 松岡純, 大和久耕平, 兼平憲男

    日本原子力学会2017年秋の大会  2017年9月  日本原子力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    高充填ガラスマトリクスを開発する一環として、ガラスの網目修飾成分であるLi, Na, Ca, Znが耐水性に及ぼす影響を調査し、さらに、その中で将来的に有用となり得るガラス組成について、SiO2/B2O3比が耐水性に及ぼす影響も調査した。

  • Thermal properties and viscosity of isotope substituted borate glasses: concept of vibrational connectivity 招待 国際会議

    Jun Matsuoka

    The 9th Internat. Conf. BORATE GLASSES, CRYSTALS AND MELTS and The 2nd Internat. Conf. PHOSPHATE GLASSES, CRYSTALS AND MELTS  2017年7月  the Society of Glass Technology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Oxford, UK  

    Mixing of 11B and 10B in borate glass increases the low temperature heat capacity and decreases the thermal diffusivity. These can be explained by the localization of atomic vibration. Mixing of them also causes the decrease of viscosity which will be due to the inhibition of cooperative motion. Borosilicate glasses can be separated to two groups; one shows the mixed isotope effect in viscosity and the other doesn’t. This difference should be due to the difference of dominant atomic process in viscose flow.

  • 押し込み試験中のガラス応力分布評価とその圧子形状依存性

    浅井敬祐, 吉田智, 山田 明寛, 松岡純, アンドレイ・エラパルト,チャールズ・カ-キャン

    日本セラミックス協会関西支部 第12回学術講演会  2017年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

    ガラスのクラックの発生挙動は押し込み試験により評価されている。ダイヤモンド製鋭角圧子をガラスに押し込むと変形痕が生じ、押し込み荷重の増加とともにクラックが発生する。このクラックの発生しやすさやクラックの形状は、ガラス組成や圧子形状に依存することが知られているが、押し込み試験中に連続的に変化する応力場と、発生するクラックの形状や発生タイミングとの関係はほとんど理解されていない。そこで本研究では光弾性応力解析法により押し込み負荷除荷試験中のガラスの応力分布を決定した。顕微光弾性測定により、圧子押し込み試験中のガラス内部の応力分布の測定に初めて成功した。押し込み負荷中は、ガラス表面に引張り応力が発生し、この応力がリングクラックの原因になると考えられた。鋭い圧子を用いると除荷過程に押し込み軸直下に引張り応力が発生し、この応力がメジアン/ラジアルクラックの原因になると考えられた。

  • CaO-SiO2融液におけるソレー効果の分子動力学計算

    清水雅弘, 加藤寛, 加藤毅之, 松岡純, 西正之, 平尾一之

    日本セラミックス協会関西支部 第12回学術講演会  2017年7月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    分子動力学計算によってケイ酸塩融液においてはじめてSiO2が低温側に移動する挙動を見出した。分子動力学計算と理論モデルの熱力学部分の比較では、SiO2濃度分布の逆転が両方で生じており(ただし15 mol%の差がある)、また単調減少が一致しており、かつ分子動力学計算結果に約4×10-4 K-1を加えるとよく重なる。CaO-SiO2系融液のソレー効果の理論予測式として既存のモデルを一部改変し新しい式を提案した。

  • Intrinsic strength of germanate glasses 国際会議

    K. Katsumi, S. Yoshida, A. Yamada, J. Matsuoka,Y. Kato, H. Yamazaki

    7th International Workshop on Flow and Fracture of Advances Glasses  2017年7月  Organizing Committee of FFAF-7

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Aalborg, Denmark  

    Two-point bending(2PB) tests were performed for Na2O-SiO2-GeO2 and Na2O-B2O3-GeO2 glass fibers. 2PB failure strain (or strength) increases with increasing 6-coordinated Ge in glass. Some inelastic dissipation energy at failure may result in high-strength germanate glasses. We should look at such permanent structural change in glass under high stress to design ‘High-strength’ glass.

  • Composition dependence of crack formation probability in aluminoborosilicate glass 国際会議

    H. Morozumi, S. Yoshida, J. Matsuoka

    7th International Workshop on Flow and Fracture of Advances Glasses  2017年7月  Organizing Committee of FFAF-7

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Aalborg, Denmark  

    Relationship between composition, crack resistance and structure was investigated for aluminoborosilicate glasses. The crack resistance suddenly decreases when the ratio of (Q3+Q4)/(Q2+Q3+Q4) is less than ca. 0.7. In series B, crack resistance increases with increasing four-coordinated boron units. By the addition of a small amount of B2O3, the glass can be produced with improved productivity, effective ion-exchange rate, and higher crack resistance.

  • In-situ observation of the structural change in MgO-B2O3-SiO2 glass at high pressure 国際会議

    A. Yamada, M. Harada, A. Masuno, K. Yamanaka, K. Mitsuhara, S. Yoshida, J. Matsuoka

    The 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology  2017年5月  American Ceram. Soc., Australian Ceram. Soc., Ceram. Soc. Japan, Chinese Ceram Soc., Korean Ceram. Soc.

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Waikoloa, Hawaii, USA  

    The structural change in magnesium borosilicate glass under hydrostatic pressure was investigated by high-pressure Raman spectroscopy. The elastic moduli of the glass showed relatively higher value compared with Na2O-B2O3-SiO2 glass. The structure of as-made glass was investigated by B and Mg k-edge x-ray absorption near edge structure (XANES), which indicate that the coordination number of B could be almost 3 and that Mg may have higher coordination number. The structural response in compression was examined within diamond anvil cell, up to 8 GPa. As for silicate group, Q2 and Q3 structure were responsible to compression. The silicate network becomes polymerized with pressure. However, the structural change was almost reversible. On the borate group, metaborate group, which consists of three triangular boron with one non-bridging oxygen, decreased with pressure. In contrast, triborate group, which includes four-fold coordinated boron and has fully polymerized borate network, increased.

  • ガラスの成形にかかわる高温物性 招待

    松岡純

    第2回ガラス先端加工に関するシンポジウム  2017年3月  産業技術総合研究所,京都大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪市  

    ガラスの先端加工に関係する融液の高温物性について,筆者のグループの研究成果を中心に概観した。その内容には,粘度,密度,比熱,光吸収と熱伝達,電気伝導,酸化還元平衡,ガラス転移温度付近での緩和が含まれる。

  • Electrochemical reaction of soda-lime silicate glass melt under alternating voltage application 国際会議

    S. Nakai, S. Yoshida, A. Yamada, J. Matsuoka, Y. Miura, Y. Katagami, Y. Kii, N. Yoshida, M. Kawaguchii

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Intrinsic Strength and Structure of Germanate Glasses 国際会議

    K. Katsumi, S. Yoshida, A. Yamada, J. Matsuoka, Y. Kato, H. Yamazaki

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Na2O-MgO-B2O3ガラスの局所構造

    山田明寛, 泉将, 山中恵介, 光原圭, 吉田智, 松岡純

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • ナトリウムホウケイ酸塩ガラスの圧力下でのホウ酸異常とそれに伴う物性変化

    高味拓永, 山田明寛, 肥後祐司, 吉田智, 松岡純

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 数種のガラスの屈折率分散の仮想温度依存性

    松岡純, 目片仁美, 吉田智, 山田明寛, 趙鵬, 関根圭二

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • ナトリウムホウケイ酸塩ガラス融液の赤外吸収スペクトル

    和所拓洋, 松岡純, 吉田智, 山田明寛

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 広い温度範囲でのケイ酸塩ガラス融液の熱膨張率

    辻阪舞, 松岡純, 吉田智, 山田明寛

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • ホウケイ酸塩ガラスの構造と物性に及ぼす仮想温度の影響

    奥井克樹, 山田明寛, 山中恵介, 松本修治, 吉田智, 太田俊明, 松岡純

    日米ガラス部会-GOMD 合同国際ガラス科学技術シンポジウム 第57 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2016年11月  日本セラミックス協会, The American Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Mg ホウ珪酸塩ガラスの圧縮による構造変化その場観察

    山田明寛,原田昌弥, 増野敦信, 山中恵介, 光原圭, 吉田智, 松岡純

    第57回高圧討論会  2016年10月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市  

  • ガラス融液の物性

    松岡純

    第118回ニューガラスセミナー  2016年9月  ニューガラスフォーラム

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京  

  • Identification of bubble generation potential of glass melts with low DC and AC voltage by direct observation 国際会議

    Y. Katagami, Y. Kii, N. Yoshida, M. Kawaguchi, A. Yamada, S. Yoshida, J. Matsuoka and Y. Miura

    Society of Glass Technology Centenary Conference and the 2016 European Society of Glass  2016年9月  Society og Glass Technology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sheffield, UK  

  • Effect of the partial substitution of calcium to other divalent cations on the viscosity of ternary soda lime silicate glass 国際会議

    Jun Matsuoka, Takahiro Yoshida, Akihiro Yamada, Satoshi Yoshida

    Society of Glass Technology Centenary Conference and the 2016 European Society of Glass  2016年9月  Society og Glass Technology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sheffield, UK  

  • Search of vitrification matrix with high-loading capacity -change of chemical durability and MoO3 solubility with B2O3 and Al2O3 contents- 国際会議

    Katsushige Komatsu, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Naomichi Shimoyama, Norio Kanehira

    Society of Glass Technology Centenary Conference and the 2016 European Society of Glass  2016年9月  Society og Glass Technology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sheffield, UK  

  • Application of Scribing/Breaking Technique to Ceramic Thin Plates for High Efficient Cutting 国際会議

    N. Tomei, K. Murakami, T. Hashimoto, M. Kitaichi, S. Hirano, T. Fukunishi, S. Yoshida, J. Matsuok

    The 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing  2016年8月  The Japan Institute of Metals and Materials, The Minerals, Metals & Materials Society, and three other societies (Korea, China, Australia)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto  

  • 交流電圧印加によるソーダ石灰ガラス融液の電気化学反応

    中居慎詞, 吉田智, 加藤光夫, 山田明寛, 松岡純, 三浦嘉也, 片上優大, 紀井康志, 吉田 紀之, 川口正隆

    第11回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2016年7月  日本セラミックス協会関西支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市  

  • Identification of bubble generation potential of glass melts with low DC voltage by direct observation 招待 国際会議

    Y. Katagami, Y. Kii1, N. Yoshida, M. Kawaguchi, H. Yamazaki, A. Yamada, S. Yoshida, J. Matsuoka and Y. Miura

    24th International Congress on Glass  2016年4月  International Commission on Glass, The Chinese Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shanghai  

  • Raman Spectra of Borate Glasses Containing High Amount of Divalent Ions 国際会議

    J. Matsuoka, H. Shimauchi, S. Yoshida

    24th International Congress on Glass  2016年4月  International Commission on Glass, The Chinese Ceramic Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shanghai  

  • 高充填減容固化用ガラスマトリックスの検討 -ガラスのB2O3及びAl2O3含有量がMoO3溶解度と耐水性に与える影響-

    小松克茂,松岡純,山田明寛,駒嶺哲,兼平憲男

    日本原子力学会2016年春の大会  2016年3月  日本原子力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

    高レベル放射性廃棄物固化ガラスのイエローフェーズ生成抑制を目的に、ガラスの相分離抑制成分であるB2O3含有量がMo溶解度と耐水性に与える影響について調査した。また、ガラスの耐水性担保を目的にAl2O3含有量の変化がこれらに与える影響についても調査し、BとAlの配位数変化との関係について考察した。なお、調査には廃棄物ガラスの元素数を減少させた簡素化ガラス組成を用いた。

  • ソーダ石灰ガラスの引っ掻きおよび押し込み誘起変形挙動

    村田大輔, 吉田智, 山田明寛, 松岡純

    日本セラミックス協会2016年年会  2016年3月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    In order to evaluate scratch- and indentation-induced deformation behavior, scratch grooves and indentation imprints on soda-lime silicate glass were investigated using a scanning probe microscope. It was found that the scratch grooves and the indentation imprints can shrink by annealing. The annealing recovery in volume of the scratch groove and the indentation imprint corresponds to the recovery of densified volume under the indenter. The contribution of densification in glass under a conical indenter was higher than that under a Knoop indenter. In addition, %densification of Knoop imprint was higher than that of Knoop scratch groove.

  • 次世代再処理ガラス固化技術基盤研究(その2)~高充填マトリックスの開発~

    多田晴香, 兼平憲男, 矢野哲司, 松岡純, 菅原透

    第11回再処理・リサイクル部会セミナー  2015年12月  日本原子力学会再処理・リサイクル部会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Crack initiation tendency of aluminoborosilicate glasses suitable for chemical strengthening

    H. Morozumi, H. Nakano, S. Yoshida, J. Matsuoka

    第56回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2015年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  • 放射性廃棄物の高充填減容固化のための簡素化組成模擬ガラスの耐水性評価 -ホウ素とナトリウムの含有量の影響-

    小松克茂, 山田明寛, 松岡純, 駒嶺哲, 兼平憲男

    第56回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2015年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 熱履歴の異なるナトリウムホウケイ酸塩ガラスの構造変化とその物性

    奥井克樹, 山田明寛, 山中恵介, 吉田智, 太田俊明, 松岡純

    第56回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2015年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 顕微インデンターを用いたソーダ石灰ガラスの押し込み変形領域の評価

    吉田智, 和田健, 加藤光夫, 山田明寛, 松岡純, 曽我直弘

    第56回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2015年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  • 高密度アルカリホウケイ酸塩ガラスの作成とその物性

    山田明寛, 元重雅嗣, 肥後祐司, 吉田智, 松岡純

    第56回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2015年11月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  • 高密度アルカリホウ珪酸塩ガラスの構造と物性

    山田明寛, 元重雅嗣, 肥後佑司, 吉田 智, 松岡 純

    第56回高圧討論会  2015年11月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島市  

  • Morphology of the Scratch Induced Cracks in Soda-Lime-Silica Glass 国際会議

    Jun Matsuoka, Danwei Guo, Satoshi Yoshida

    International Commission on Glass Annual Meeting 2015  2015年9月  Department of Science Service, Thailand

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok  

  • Elastic and Inelastic Deformations of Glass Using an Indentation Microscope 招待 国際会議

    Satoshi Yoshida, Shohei Sasaki, Ken Wada, Mitsuo Kato, Akihiro Yamada, Jun Matsuoka, Naohiro Soga

    International Commission on Glass Annual Meeting 2015  2015年9月  Department of Science Service, Thailand

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Bangkok  

  • Pressure-induced structural change in alkaline borate glass 国際会議

    Akihiro Yamada, Atsushi Tomoda, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka, Takeshi Sakai

    International Commission on Glass Annual Meeting 2015  2015年9月  Department of Science Service, Thailand

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok  

  • Effect of viscous flow on the structural relaxation of pyrex and soda-lime-silica glasses 国際会議

    Yoshimi Mekata, Kazutaka Houjo, Akihiro Yamada, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    International Commission on Glass Annual Meeting 2015  2015年9月  Department of Science Service, Thailand

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok  

  • Thermal conductivity of silicate and germanate glasses containing group 13 elements 国際会議

    Mao Fujino, Akihiro Yamada, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    International Commission on Glass Annual Meeting 2015  2015年9月  Department of Science Service, Thailand

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok  

  • Temperature dependence of the optical absorption spectra of Ni2+ -doped glass melts 国際会議

    Tamaki Ikuho, Akihiro Yamada, Satoshi Yoshida, Jun Matsuoka

    International Commission on Glass Annual Meeting 2015  2015年9月  Department of Science Service, Thailand

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok  

  • 数種のガラスの熱伝導に対する実温度と仮想温度の影響 招待

    松岡純,大森莉沙,木村太郎,菅原透,吉田智,山田明寛

    日本セラミックス協会第28 回秋季シンポジウム  2015年9月  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:富山市  

    Thermal conductivity of glass is lower than that of crystal because of its random structure. As the randomness of glass depends on its actual and fictive temperatures, their effects on thermal conduction was investigated. Thermal diffusivity of Na2O-B2O3 glasses decreased drastically above the glass transition temperature. Thermal conductivity showed a complicated behavior due to the decrease of thermal diffusivity and the increase of heat capacity. At room temperature, thermal diffusivity of glasses with higher fictive temperature shows lower thermal diffusivity in the cases of Na2O-B2O3 and Na2O-SiO2. However, its effect is smaller than the effect of actual temperature.

  • 次世代再処理ガラス固化技術基盤研究;(13)高充填減容固化用ガラスマトリックスの検討-ホウ素及びアルカリ含有量に伴う耐水性への影響評価-

    小松克茂,松岡純,山田明寛,駒嶺哲,兼平憲男

    日本原子力学会2015年秋の大会  2015年9月  日本原子力学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡市  

  • ファイバー2点曲げ試験によるナトリウムホウゲルマン酸塩ガラスの本質強度 国際会議

    勝見健太,吉田智,山田明寛,松岡純,加藤嘉成,山崎博樹

    第10回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2015年7月  日本セラミックス協会関西支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇治市  

  • In-Situ Evaluation of Elastic and Inelastic Deformations of Glasses under Some Indenters 招待 国際会議

    Satoshi YOSHIDA, Shohei SASAKI, Ken WADA, Mitsuo KATO, Akihiro YAMADA, Jun MATSUOKA, Naohiro SOGA

    ACerS GOMD-DGG Join Annual Meeting 2015  2015年5月  American Ceramic Society / Deutsche Glastechnische Gesellschaft

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Maiami, USA  

  • アルカリホウ酸塩ガラスの圧縮による構造変化その場観察

    山田明寛,友田敦士,吉田智,松岡純,境毅

    日本セラミックス協会2015年年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

  • ZrO2管を用いたケイ酸塩ガラス融液中の酸素活量測定

    安田衣里,吉田智,加藤光夫,山田明寛,松岡純,三浦嘉也,菅原透,紀井康志,川口正隆

    日本セラミックス協会2015年年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

  • 2成分系ナトリウムケイ酸塩融液中のスズと硫黄の酸化還元挙動

    小西和明,吉田智,加藤光夫,山田明寛,松岡純,三浦嘉也,菅原透,紀井康志,川口正隆

    日本セラミックス協会2015年年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

  • 13族元素含有酸化物ガラスの熱伝導

    藤野真臣,山田明寛,吉田智,松岡純

    日本セラミックス協会2015年年会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

  • ガラス融液に発生する熱起電力

    紀井康志, 東條真, 川口正隆, 中村篤史, 加藤光夫, 吉田智,三浦嘉也, 松岡純, 菅原透

    第55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 顕微インデンターを用いたガラスの押し込み変形挙動および破壊挙動の評価

    吉田智, 佐々木翔平, 横田亜希子, 加藤光夫, 山田明寛, 松岡純, 曽我直弘

    第55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 仮想温度の異なるアルカリホウ珪酸塩ガラス中の局所構造

    山田明寛, 内藤拓也, 吉田智, 松岡純, 山中恵介, 藤岡大毅, 太田俊明

    第55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 13 族元素含有ケイ酸塩ガラスの熱伝導

    藤野真臣, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    第55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • ガラス融液中のNi2+による光吸収とその組成依存性

    郁芳珠生, 山田明寛, 吉田智, 松岡純

    第55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • パイレックスガラスおよびソーダ石灰ガラスの緩和に対する粘性流動の影響

    目片仁美, 福田叡, 山田良寛, 吉田智, 松岡純

    第55 回ガラスおよびフォトニクス材料討論会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • Crack initiation tendency of aluminoborosilicate glasses suitable for chemical strengthening 国際会議

    H.Morozumi, H.Nakano, S.Yoshida, J.Matsuoka

    6th International Workshop on Flow and Fracture of Advanced Glasses  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Weimar, Germany  

  • Micro-photoelastic evaluation of indentation stresses in glass using some axisymmetrical indenters 国際会議

    K.Yoshida, S.Yoshida, A.Yamada, J.Matsuoka, N.Soga, A.Errapart, C.R.Kurkjian

    6th International Workshop on Flow and Fracture of Advanced Glasses  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: Weimar, Germany  

  • In situ observation of indentation deformation and cracking of silicate glasses using an indenter microscope 招待 国際会議

    S.Yoshida, S.Sasaki, M.Kato, A.Yokota, A.Yamada, J.Matsuoka, N.Soga, C.R.Kurkjian

    6th International Workshop on Flow and Fracture of Advanced Glasses  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: Weimar, Germany  

  • Temperature dependence of the optical absorption spectra of cobalt (II) doped sodium borate and silicate glass melts 国際会議

    T.Morimoto, S.Yoshida, J.Matsuoka

    12th European Society of Glass Science and Technology  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Parma, Italy  

  • Fictive temperature dependence of the thermal conductivity of alkali-borate glass 国際会議

    R.Oomori, A.Yamada, S.Yoshida, J.Matsuoka

    12th European Society of Glass Science and Technology  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Parma, Italy  

  • 仮想温度変化に伴うアルカリホウ珪酸塩ガラスの局所構造変化

    山田明寛,内藤拓也,吉田智,松岡純,山中恵介,藤岡大毅,太田俊明

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 顕微光弾性法によるガラスの押し込み残留応力の評価とその圧子形状依存性

    吉田圭佑,吉田智,山田明寛,曽我直弘,松岡純,アンドレイ・エラパルト,チャールズ・カーキャン

    第9回日本セラミックス協会関西支部学術講演会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺  

  • Plastic deformation in glasses: Composition dependence and implications 国際会議

    C.Hermansen, J.Matsuoka, S.Yoshida, H.Yamazaki, Y.Kato, Y.-Z.Yue

    1st Joint Meeting of DGG – ACerS GOMD  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Aachen, Germany  

  • アルミニウムを含まないケイ酸塩メルトおよびホウケイ酸塩メルトにおける熱膨張特性の温度度依存性

    菅原透,勝木準貴,吉田智,松岡純,南和宏,越智英治

    日本地球惑星科学連合2014大会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • ガラスの強度支配因子としての応力誘起構造変化

    松岡 純

    日本セラミックス協会 第22回秋季シンポジウム  2009年9月  (社)日本セラミックス協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:松山  

  • Mixed Isotope Effects on the Heat Capacity and Viscosity of Borate Glasses 国際会議

    松岡 純

    The 9th ESG Conference with the Annual Meeting of the ICG: Satellite Program "Zero Entropy of Glass"  2008年6月  Organizing Commottee of 9th ESG

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Trencin, Slovakia  

  • ガラスの破壊における永久変形と構造変化

    松岡 純

    日本材料学会 第121回セラミック材料部門委員会(公開)  2006年7月  (社)日本材料学会 セラミック材料部門委員会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

  • Fracture, Permanent Deformation and Structure Change in Oxide Glasses 国際会議

    松岡 純

    11th International Conference on Fracture  2005年3月  ICF Organizing Committee

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Torino, Italy  

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 分子・統計力学

    2008年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 材料プロセス熱力学

    2008年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

  • 非晶質無機材料

    2009年4月 - 2021年3月 機関名:滋賀県立大学

  • 無機化学Ⅰ

    2008年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 研究方法論

    2016年4月 - 2020年3月 機関名:滋賀県立大学

  • 電子と化学結合

    2008年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 自然科学入門~自然科学の歴史と技法~[自然科学の視点]

    2020年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部全学共通科目 

  • 自然科学の視点

    2008年4月 - 2021年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部全学共通科目 

  • 地域共生論

    2015年4月 - 2016年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部全学共通科目 

  • 環境マネジメント総論

    2010年4月 - 2013年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部全学共通科目 

  • セラミックス材料

    2001年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 構造・化学機能セラミックス

    2021年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 定量・機器分析および同実験

    2020年4月 - 2023年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 材料科学実験Ⅰ

    2020年4月 - 2023年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 電子・光機能セラミックス

    2020年4月 - 2021年3月 機関名:滋賀県立大学

  • 科学技術英語(材料)

    2010年4月 - 2023年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 物理化学BⅠ

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 人間探求学(材料科学)

    2007年4月 - 2023年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部全学共通科目 

  • 材料外国語演習

    2006年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 構造・化学機能セラミックス

    2001年4月 - 2008年3月 機関名:滋賀県立大学

  • 材料科学実験

    1997年4月 - 2008年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 自然科学への招待

    機関名:国立大学法人 滋賀大学

  • 機能材料工学特別講義 (大学院,集中講義)

    機関名:愛媛大学

▼全件表示

社会貢献活動

  • 青少年のための科学の祭典 滋賀大会

    役割:企画, 運営参加・支援

    2008年4月 - 現在

     詳細を見る

    2008-2011年度: 実行副委員長
    2012-2016年度: 実行委員
    2017-2018年度: 実行副委員長
    2019-    : 実行委員長

  • 国際化学オリンピック日本委員会 科学委員会 実験問題小委員会 委員

    2008年4月 - 2010年12月

     詳細を見る

    その他/42nd International Chemistry Olympiad/科学オリンピック日本委員会/早稲田大学,東京大学,海外職業訓練協会 (OVTA)

  • 「建築用ガラスの曲げ強度試験方法:4部,5部」JIS原案作成委員会(委員長)

    役割:助言・指導

    板硝子協会(および,日本規格協会)  2022年1月 - 2022年8月

  • 「建築用ガラスの曲げ強度試験方法」JIS原案作成委員会(委員長)

    役割:助言・指導

    板硝子協会(および,日本規格協会)  2020年4月 - 2021年9月

  • 透光性遮音板の耐衝撃性能に関する検討会(委員)

    役割:助言・指導

    NEXCO3社 および 高速道路総合技術研究所  2016年9月 - 2017年3月

  • 透光性遮音板の基本性能に関する検討会(委員)

    役割:助言・指導

    NEXCO3社 および 高速道路総合技術研究所  2015年7月 - 2026年6月

▼全件表示