高橋 卓也 (タカハシ タクヤ)

TAKAHASHI Takuya

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

森林政策・計画,環境経営

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.asahi-net.or.jp/~zf6t-tkhs/

プロフィール

(研究概要)
森林政策・計画、企業の環境経営についての社会科学的研究。

(森林政策・計画の政治経済学)森林の多面的機能の発揮を保証する社会的仕組みについての研究である。事例としては、森林の環境ラベルである森林認証、水源林の経営、公社林の経営、共有林(入会林)の経営、森林環境税の政策過程などの政治経済面について研究を進めている。国際的視野から滋賀・日本の地域的課題を見つめたい。

(企業の環境経営)企業が環境に配慮した経営を行う道筋はどのようなものか研究している。ISO14001環境マネジメントシステム(EMS)、組織文化と環境経営の関係、グリーン購入などが研究テーマである。企業内部の視点からの情報も収集することによって、経済的要因のみならず、社会のステークホルダーからの影響、企業人の価値観にも注意をはらうよう心がけている。

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 環境経営の「人」の側面,組織面に関心を持って調べております。滋賀の地にいることから近江商人の三方よしの経営哲学も勉強中です。森林については,新たな政策手法である森林認証,カーボンオフセット,環境支払い,について研究しております。現場に意味のある教育・研究を目指しております。これらのテーマにご関心を持たれた方はお気軽にご連絡ください。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • ブリティッシュ・コロンビア大学(University of British Columbia)  大学院(Faculty of Graduate Studies)  資源管理・環境学プログラム(Resource Management and Environemntal Studies Program)  博士課程  2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境政策・計画学科  教授   2015年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  環境科学部  環境政策・計画学科  准教授   2007年10月 ~ 2015年03月

  • 滋賀県立大学  環境科学部環境計画学科・環境社会計画専攻  講師   2007年04月 ~ 2007年09月

  • 滋賀県立大学  環境科学部  生物資源管理学科  講師   2001年04月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本森林学会  

  • 林業経済学会  

  • 社団法人 環境情報科学センター  

  • 産業のグリーン化国際ネットワーク(Greening of Industry International Network)  

  • 環境経済・政策学会  

全件表示 >>

委員歴・役員歴 【 表示 / 非表示

  • 長浜市森林ディレクション審議会 会長   2015年06月 ~ 2017年06月

  • 滋賀グリーン活動ネットワーク 理事 副会長   2016年04月 ~ 現在

  • 近江八幡市廃棄物削減等委員会,副委員長,委員   2016年04月 ~ 現在

  • 大津市森林整備推進審議会 委員   2017年01月 ~ 現在

  • 第72回全国植樹祭滋賀県実行委員会 委員   2018年07月 ~ 2022年02月

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

  • 環境影響評価

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 所有者や境界が不明な森林の増加問題に関するミクロ統計的分析

    森林所有、地籍調査、測量技術

  • 共有林の経営

    コモンズ、慣行共有、入会林、生産森林組合

  • 企業の環境経営

    企業の環境経営,環境マネジメントシステム,環境パフォーマンス,カーボンオフセット

論文 【 表示 / 非表示

  • Cedars of the North Mountains : Historical forest culture and practices in modern day nature policies

    W D Jong, E Urushima, A Flores, B Jacquet, T Takahashi

    Commonwealth Forestry Association  International Forestry Review  24 (3/S1)   380 ~ 392  2022年09月

    共著  共同(副担当)

    [概要]

    The region north of Kyoto is referred to as Kitayama, which literally translates as North Mountains. The region is the location of Cryptomeria japonica, Japanese cedar or sugi, production in Japan. Cedar logs grown there are used as pillars in the construction of buildings in a typical Japanese minimalist style, but also traditional rooms included in modern houses. Cedar was planted widely in Japan following World War II not only to rebuild the economy but also to grow raw materials to contribute to post-war housing reconstruction. In Kitayama, cedar has been grown for over 600 years and using specific silvicultural techniques by a community that has a unique cultural legacy which developed around cedar cultivation. The Kitayama sugi economic-socio-cultural-ecological complex thrived following World War II but is currently under stress. Demand for its highly priced products is declining. It is recognized in Japan and by the city of Kyoto as a valuable cultural historical heritage and efforts are being made to preserve it as such. The success of these efforts has been mixed so far. This paper reviews the Kitayama sugi economic-socio-cultural-ecological complex in order to understand how historical indigenous forestry practices change over time and how they might be dealt with in advanced societies such as Japan.

  • Effects of forests and forest-related activities on the subjective well-being of residents in a Japanese watershed: An econometric analysis through the capability approach

    Takuya Takahashi, Satoshi Asano, Yukiko Uchida, Kosuke Takemura, Shintaro Fukushima, Kyohei Matsushita, Noboru Okuda

    Elsevier  Forest Policy and Economics  139   102723  2022年06月

    10.1016/j.forpol.2022.102723  共著  共同(主担当)

    [概要]

    The purpose of this study is to assess the effects of natural capital on overall subjective well-being and forest-related subjective well-being. A questionnaire survey of 1698 urban and rural residents living in a watershed of Japan was conducted in February and March of 2016. Multiple regression and moderation effect analyses are conducted to statistically estimate the respective influences of natural capital, human-made capital, social capital, human capital, and other demographic factors on the above-mentioned two types of subjective well-being. Forest-related activities, human engagement with forests, are supposed to be of great societal and political importance for Japanese society, where past management practices have, at least quantitatively, restored forests from past deforestation. Our statistical analysis tests whether specific engagement with natural capital (forest-related activities) is positively related to subjective well-being. Following the capability approach developed by Amartya Sen, forest-related activities are interpreted as functionings, and the analysis highlights the importance of functionings as links between natural capital and subjective well-being. The results show several forest-related activities have statistically significant effects on overall and forest-related well-being. For respondents living in less forested areas and with less social capital, forest-related activities have stronger effects on their subjective well-being, suggesting that the individual subjective well-being of urban residents and those with less social capital can be enhanced through engagement with forests.

  • Innovativeness of Japanese Forest Owners Regarding the Monetization of Forest Ecosystem Services

    Takahashi, Takuya, Takahiro Tsuge, and Shingo Shibata

     Sustainability  14 (4)   2119  2022年02月

    10.3390/su14042119  共著  共同(主担当)

    [概要]

    The monetization of forest ecosystem services requires actors to innovate and tackle difficulties. We conducted a questionnaire survey with forest owners—important actors in implementing monetization—to investigate their innovativeness in Japan. We measured innovativeness regarding monetization by asking whether the owner was interested in, planning for, or had implemented four types of monetization: (i) multifunctional payments, (ii) habitat payments, (iii) non-wood forest product (NWFP) sales, and (iv) forest service industries. Based on the ordered probit analyses of 312 responses, we find that ownership type, age, holding size, and the purpose of forest ownership are associated with owners’ innovativeness indices. Private and corporate owners, ones in their thirties, forties, or fifties, and with larger holding sizes are more innovative than others. Regional characteristics are not relatively important in terms of innovativeness. However, clear ownership purposes, such as investment and non-wood forest products (NWFP), are positively correlated with the indices. These findings shed new light on the entire process of innovation from conceptualization to implementation, as well as practices in under-researched geographical areas in Asia.

  • 森林所有者の森林幸福度にかかわる要因の検討—滋賀県野洲川上流域のアンケート調査結果の統計解析から

    高橋 卓也, 内田 由紀子, 石橋 弘之, 奥田 昇

    日本森林学会  日本森林学会誌  104 (1)   39 ~ 43  2022年02月

    10.4005/jjfs.104.39  共著  共同(主担当)

    [概要]

    森林所有者の森林幸福度(以下,幸福度)が非所有者に比べ低いことが先行研究より明らかになっている。政策目標として,また経営意欲の促進のため,所有者の幸福度向上を目指すことは重要である。そこで,所有者の幸福度向上に関わる可能性がある要因のうち,特に森林政策に関連するものを2018年に滋賀県野洲川流域で実施したアンケート調査結果(回答数 1,457)の分析を通じて検討した。調整効果分析および所有者に限定した重回帰分析を行った結果,森林所有者の幸福度と関連する要因が特定された。木工,のんびりするといった森林関連活動が所有者の幸福度と関連しており,幸福度の向上要因である可能性が示唆される。加えて財産区の役員を務めること,所有森林の人工林率の高さ,境界の把握程度の高さも幸福度と関連していた。過去1年以内に所有森林から得られた収入・収穫は幸福度を向上させ,成人以降の過去の収入・収穫は幸福度を低下させる可能性があることが示唆された。

  • Safety climate and risk perception of forestry workers: a case study of motor-manual tree felling in Indonesia

    Efi Yuliati Yovi, Dalia Abbas, Takuya Takahashi

     International Journal of Occupational Safety and Ergonomics    2021年11月

    10.1080/10803548.2021.1986306  共著  共同(副担当)

    [概要]

    Timber harvesting processes, especially motor-manual felling, are hazardous to forestry workers’ health and safety. The purpose of this study is to examine forestry workers’ mental safety models (at the supervisor and operator levels) using the Nordic Safety Climate Questionnaire. This study also examines how operators and their families perceive workplace risks (dread and unknown risk factors). The safety climate analysis revealed that supervisors misunderstand management safety priority, competence, empowerment, and justice. Additionally, this study found that operators do not yet prioritize safety. There was a lack of safety communication and operators’ skepticism about the current safety system. These findings highlight the critical importance of implementing safety measures into operators’ work environments. The risk perception analysis revealed that family members had a greater risk aversion to dread risk factors than operators. As a result, we see a possibility for family members to act as safety-net figures, bolstering the operators’ safety values.

  • 森林に関わる主観的幸福度に影響を及ぼす要因の実証的検討 ―滋賀県野洲川上流域を対象として―

    高橋 卓也, 内田 由紀子, 石橋 弘之, 奥田 昇

    日本森林学会  日本森林学会誌  103 (2)   122 ~ 133  2021年06月

    10.4005/jjfs.103.122  共著  共同(主担当)

    [概要]

    森林に関わる主観的幸福度を測定し,得られた結果とその要因について検討した。滋賀県野洲川上流域を対象として,2018年に一般世帯を対象とするアンケート調査を実施した。因子分析の結果を踏まえ,森林に関する幸福度を満足度,充実感,プラスの感情,マイナスの感情の4種類に分類し,森林との関わりについての説明変数等による回帰分析を行った。農業,林業への従事は森林充実感と,個人所有林およびボランティアでの森林管理は森林満足度や充実感と正の相関が見られた。一方,地元の山の森林管理はプラスの感情と負の相関を示した。居住地域の森林比率と幸福度との間の相関は特定できなかった。森林所有は4種類すべての森林幸福度と負の関係が見られたが,これは森林の資産価値が低下し,森林管理の負担感が大きくなっていることを示すものと推測される。森林資源の量的な再生がある程度達成され,質的な面での改善が求められている日本の現状において,個々人が森林とどのように関わり,個人およびコミュニティの幸福度をいかに促進するか検討する上で,森林幸福度の構造的な(種類別の)把握が政策課題としても必要とされることを論じる。

  • New Frontiers in Japanese Forest Policy: Addressing ecosystem disservices in the 21st Century

    Takuya Takahashi, Wil de Jong, Hiroaki Kakizawa, Mari Kawase, Koji Matsushita, Noriko Sato, Atsushi Takayanagi

     Ambio  50   2272 ~ 2285  2021年06月

    10.1007/s13280-021-01566-2  共著  共同(主担当)

    [概要]

    Forests are a potential solution to numerous global environmental issues, and their restoration is widely pursued. Forty percent of Japan’s forests are planted forests. This has caused the common occurrence of forest ecosystem disservices in the country, like—wildlife damage, pollinosis, and driftwood damage. Forest policy processes in Japan are characterized by incrementalism, central mobilization, and hegemony of career civil servants. Responses to forest ecosystem disservices have changed the central mobilization policy pattern. Punctuated equilibrium theory can be applied to several policy processes in Japan, but it provides only limited explanation for policy responses to forest ecosystem disservices. The responses are influenced by national governance and public administration traditions and cultures. It is relevant to expand research on policy responses to forest ecosystem disservices, recognizing that ideal responses may require unusual approaches not within traditional policy making or outside of established policy cultures.

  • Models Explaining the Levels of Forest Environmental Taxes and Other PES Schemes in Japan

    Takuya Takahashi, Katsuya Tanaka

     Forests  12 (6)   685 ~  2021年05月

    10.3390/f12060685  共著  共同(主担当)

    [概要]

    Between 2003 and April 2016, 37 of 47 prefectures (i.e., sub-national local governmental units) introduced forest environmental taxes—local payment for environmental services (PES) schemes. These introductions are unique historical natural experiments, in which local governments made their own political decisions considering multiple factors. This study empirically evaluates models that explain normalized expenditures from forest environmental taxes as well as other PES schemes (subsidies for enhancing forests’ and mountain villages’ multifunction, and green donation) and traditional forestry budgets for Japan’s 47 prefectures based on the median voter model. Results demonstrate that the median voter model can particularly explain forest environmental taxes and forestry budgets. Specifically, the past incidence of droughts and landslides is positively correlated with the levels of forest environmental taxes. The higher the number of municipalities in a prefecture, the lower the amount of forest environmental tax spent on forests. Moreover, the number of forest volunteering groups, possibly an indicator of social capital in the forest sectors, had strong positive correlations with the levels of forest environmental taxes and forestry budgets. Other PES schemes and forestry budgets had unique patterns of correlations with the examined factors.

  • Subjective well-being as a potential policy indicator in the context of urbanization and forest restoration

    Takahashi, T., Y. Uchida, H. Ishibashi, N. Okuda

     Sustainability  13 (6)   3211 ~  2021年03月

    10.3390/su13063211  共著  共同(主担当)

    [概要]

    The enhancement of human well-being is one of the ultimate goals of resource management; however, it is not explicitly considered by forest policy indicators. Our previous studies examined how Japanese citizens in the Yasu River watershed of the Shiga Prefecture perceived subjective well-being related to forests (forest SWB).We found a negative correlation between forest SWB and forest ownership, suggesting dissatisfaction with the low profitability of forest ownership. Based on this result, in this paper, we argue that forest SWB can be an important indicator for policymaking in the context of urbanization and forest restoration and can complement existing forest indicators focusing mainly on physical and objective properties. First, we propose that a direct measurement of well-being (e.g., forest SWB) is preferable over an indirect measurement (e.g., GDP), for policymaking processes related to forests. Second, forest SWB can reflect the quality of our interactions with forests, which is important in urbanized societies which tend to have reduced experiences with nature. Third, forest SWB could identify inequalities between the users of forest ecosystem services and forest managers. Overall, forest SWB can be a holistic indicator to capture a variety of perspectives held by citizens.

  • Community actions against anticommons of forests in contemporary Japan: Case studies of former common forests

    Takuya Takahashi, Koji Matsushita, Toshiaki Nishimura

    Taylor & Francis  Journal of Forest Research    2020年10月

    10.1080/13416979.2020.1834715  共著  共同(主担当)

    [概要]

    Over the past few decades, many Japanese forest owners and communities have suffered from the outcomes of anticommons (parcelization) phenomenon. Since the Edo Era (17th through 19th centuries), many Japanese commons forests have been subdivided and placed under private ownership. Individual owners of the subdivided small forests (carved out from former commons forests) have lost interest in forestry, resulting in unclear borders. Many owners have relocated outside the villages (absent owners) and/or have passed the land down through generations, resulting in unknown ownership. There are several ways to ameliorate the anticommons phenomenon in Japan, as illustrated by these examples, which we examined employing case study and comparative study approaches. 1) Despite the expense, a residents’ association successfully re-appropriated co-ownership land by “technically” suing the current respective co-owners. 2) Some residents’ associations collectively manage subdivided forests as one unit to reduce the damage caused by animals such as wild boars or deer. However, the units are still legally separate and owned by individuals. 3) A land owners’ association stipulated that a vacating resident owner must sell her forest to the remaining residents. These three cases show how motivations, other than profits, could help address the anticommons phenomenon. These motivations include the intent to keep the community’s holding intact in the event of consolidation at the municipality level, to protect the land against pest animals, and to keep the community’s drinking water pure.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Urban Agriculture, Forestry and Green-Blue Infrastructure as “Re-discovered Commons”: Bridging Urban-Rural Interface.

    Takahashi, T., Uchida, Y., Ishibashi, H., Okuda, N.

    MDPI  101p  2021年12月

    単行本(学術書)  共著

  • 森林学の百科事典

    高橋 卓也

    丸善出版  659p  2021年01月

    事典・辞書  分担執筆

  • 流域ガバナンス:地域の「しあわせ」と流域の「健全性」

    石橋 弘之, 石田 卓也, 高橋 卓也

    京都大学学術出版会  2020年12月

    単行本(学術書)  共著

  • 第5章 環境問題と資源利用・資源管理「森林資源の経済学」『環境経済・政策学事典』

    高橋卓也

    丸善  2p  2018年05月

    事典・辞書  単著

  • 資源と環境の経済学 ケーススタディで学ぶ

    馬奈木俊介,高橋 卓也,赤尾 健一 他

    昭和堂  270p  2013年10月

    教科書  共著

  • A Survey of International Corporate Responsibility

    M. Dobashi, J. N. Hooker, and P. Madsen (Eds.), Takuya TAKAHASHI, et. al

    Philosophy Documentation Center  366p  2009年11月

    単行本(学術書)  共著

  • 水資源・環境研究の現在

    高橋卓也ほか(編集・土屋正春・伊藤達也)

    成文堂  -p  2006年04月

    単行本(学術書)  共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 近江商人から学ぶ「三方よし」流 環境経営

    高橋卓也

     電気ガラス  (61)   9 ~ 13  2019年10月

     単著  

  • 生態系サービス(自然の恵み)の経済評価:TEEB の現状と課題

    高橋卓也

    環境情報科学センター  環境情報科学  48 (1)   14 ~ 19  2019年03月

     単著  

  • 世界の入会・協同組合・コモンズから―国際コモンズ学会2017(オランダ・ユトレヒト)参加報告―

    高橋 卓也

    中日本入会林野研究会  入会林野研究  38   33 ~ 39  2018年03月

     単著  共同(主担当)

  • カナダの林業・林産業と伐採権制度

    高橋 卓也

    一般社団法人 日本森林技術協会  森林技術   8 ~ 11  2018年03月

     単著  共同(主担当)

  • 大会感想記~生産森林組合に関する制度改正からサイロ・シンドロームを考える~

    高橋卓也

     入会林野研究  (37)   42 ~ 44  2017年03月

     単著  

  • 3部 環境保全と酒造り―地域振興―

    高橋卓也

    ひと・健康・未来財団  ひと・健康・未来  11   15 ~ 20  2016年12月

     単著  

  • 地理地図資料 特別付録,世界の産業の最前線を見に行く!カナダの林業編【専門家解説】カナダの林業~持続可能性への挑戦~

    高橋卓也

     帝国書院 地理地図資料    2016年

     単著  

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 近年の生産森林組合の事業実施状況の変化について―規模による差異を中心に―

    第132回日本森林学会  2021年03月

  • 都市化と森林再生の時代における政策指標としての主観的幸福度

    第132回日本森林学会大会  2021年03月

  • 生態系サービスの提供についての森林所有者の意識について

    第132回日本森林学会大会  2021年03月

  • 森林組合の規模と収益等の関係についての統計的分析

    2020年度林業経済学会秋季大会  2020年12月

  • 生産森林組合の財務に関する一考察

    2020年度林業経済学会秋季大会  2020年12月

  • 経営面積規模別にみた生産森林組合の事業実施状況に関する統計的検討 ―平成23年度森林組合一斉調査による―

    第71回応用森林学会  2020年11月

  • 森林にかかわる主観的幸福度の観点からみた森林所有者の意向・態度

    第131回日本森林学会大会(新型コロナウイルス感染拡大のため中止)  2020年03月

  • アンケート自由回答にみる森林の動植物に関する経験と認識:琵琶湖・野洲川上流域の調査から

    林業経済学会2019年秋季大会  2019年11月

  • Evidence Statements - Japan

    SINCERE (Spurring INnovations for forest eCosystem sERvices in Europe) Learning Lab, Stream 2 (Cultural and spiritual forest ecosystem services from an Asian and a European perspective)  2019年10月

  • How does forest ownership influence forest-related subjective well-being? A case study in the upper Yasu River watershed, Shiga Prefecture, Japan

    Society of Environmental Economics and Policy Studies 24th Annual Conference  2019年09月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 幸せのための森林との付き合い方を求めて/ 市場と環境を結びつける

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • 所有者や境界が不明な森林の増加問題に関するミクロ統計的分析

    日本学術振興会  科学研究費助成金 基盤研究(B)   2020年04月 ~ 2024年03月

  • 森林を対象として環境サービスへの支払い制度導入に向けた検討

    日本学術振興会  科学研究費助成金 基盤研究(C)   2021年04月 ~ 2024年03月

  • 社会が支える森林管理を実現する手法開発のための基礎研究

     科学研究費補助金 基盤研究(B)   2015年04月 ~ 2019年03月

  • 環境保全,多様な選好,長期の時間軸の3要素を統合する市町村森林計画手法の開発

     科学研究費補助金 基盤研究(C)   2012年04月 ~ 2016年03月

  • 森林・湿地のCO2吸収クレジット需給調査に基づいた進化経済学的取引制度設計

    滋賀県立大学  科学研究費補助金(基盤研究(C))   2009年04月 ~ 2010年03月

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • 農林環境政策論   2015年10月 ~ 現在

  • 人間探求学(環境政策・計画)   2015年04月 ~ 現在

  • 環境開発論   2015年04月 ~ 現在

  • 資源経済学   2015年04月 ~ 現在

  • 環境経営学   2010年10月 ~ 現在

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • 農林環境政策論   2009年04月 ~ 現在

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県  生物多様性専門家会議  委員   2020年03月 ~ 現在

  • 草津市  第3次草津市みどりの基本計画策定委員会  委員長   2020年03月 ~ 現在

  • 滋賀県  滋賀もりづくりアカデミー講座検討委員会  委員長   2019年12月 ~ 現在

  • 近江八幡市  近江八幡市廃棄物減量等推進審議会  委員   2019年04月 ~ 現在

  • ながはま森林マッチングセンター  業務推進連絡会議  委員長   2018年04月 ~ 現在

全件表示 >>

学会等における役職 【 表示 / 非表示

  • 水資源・環境学会  理事   2008年04月 ~ 2009年03月

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • ホントのところの「三方よし」   2019年12月

  • 近江商人から学ぶ「三方よし流」環境経営   2019年05月

  • 生物多様性は誰のため―私たちの日常生活と生き物たちの隠された関係―   2010年04月

  • 特別講演会「アラブの国で三方よし」   2009年05月