山田 歩 (ヤマダ アユミ)

YAMADA Ayumi

写真a

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

私の一言メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 「〇〇してください」や「〇〇禁止」などと呼びかけても、人はなかなか行動を変えてくれません。思い通りに動かない相手(顧客、住民、生活者)を無理なく自然に動かすにはどのように働きかけたらよいのでしょうか。研究室では、社会心理学や行動経済学などから得られる行動インサイトと、生活者調査から得られる生活者インサイトを組み合わせながら、「人を動かす」コミュニケーション手法を研究開発しています。

    キーワード:行動政策学,社会心理学,行動経済学, 広告・広報, ナッジ

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  教育学部  2000年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学研究科  修士課程  2002年03月

  • 学習院大学  人文科学研究科  博士課程  2004年09月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学)  学習院大学  2013年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活デザイン学科  准教授   2020年04月 ~ 現在

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活デザイン学科  講師   2019年04月 ~ 2020年03月

  • 滋賀県立大学  人間文化学部  生活デザイン学科  助教   2014年04月 ~ 2019年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  助教   2012年10月 ~ 2013年09月

  • 帝塚山大学  講師   2013年10月 ~ 2014年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会  

  • 日本社会心理学会  

  • 日本消費者行動研究学会  

  • 行動経済学会  

  • 日本認知科学会  

全件表示 >>

研究分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学

  • 行動経済学

  • 行動デザイン

論文 【 表示 / 非表示

  • 歩きスマホを防止するナッジ―フィールド実験による検証

    山田 歩, 木戸 柚果, 古木 一朗, 椿 泰範, 橋口 拓弥, 橘 温希

    日本感情心理学会  エモーション・スタディーズ  8    2022年10月

    共著  共同(主担当)

  • 電柱・電線は景観を損ねるか―評価者の評価モードに着目した検討

    山田 歩

    日本感性工学会  日本感性工学会論文誌  21 (2)   161 ~ 165  2022年04月

    単著  

  • 検索エンジンが増幅させる日本における偏見とステレオタイプ(プロシーディングス)

    山田歩

    Hanyang University  International transmission and global solidarity in Japanese Studies    2021年08月

    単著  

  • 選択の誘導を考える

    山田 歩

    日本繊維製品消費科学会  繊維製品消費科学  61 (4)   262 ~ 267  2020年04月

    単著  

  • 意思決定者はナッジによる操作から逃れられるか(プロシーディングス)

    山田 歩

    行動経済学会  行動経済学  12   s41 ~ s47  2019年12月

    単著  

  • もっともらしい理由の利用可能性が自己報告に与える影響―経路選択課題を用いた検討―

    山田歩

    滋賀県立大学  人間文化  46   70 ~ 75  2019年03月

    単著  

  • Option-Splitting Effects in Poll Regarding Japan’s Right to Exercise Collective Self-Defense

    Yamada, Ayumi & Ji Young Kim

    Oxford University Press  Social Science Japan Journal  19 (1)   59 ~ 69  2016年

    共著  共同(主担当)

  • テイスティング状況が飲料への評価に与える影響

    山田 歩, 芳澤 希, 鮫島 和行, 野場 重都, 鰐川 彰, 舛田 晋, 植田 一博

     認知科学  22 (3)   437 ~ 446  2015年

    共著  共同(主担当)

  • 選択肢の分割が世論調査の回答に与える影響(プロシーディングス)

    山田歩, 金志英

     行動経済学  7   37 ~ 40  2015年

    共著  共同(主担当)

  • The Effect of an Analytical Appreciation of Colas on Consumer Beverage Choice

    Yamada, A., Fukuda, H., Samejima, K., Kiyokawa, S., Ueda, K., Noba, S., & Wanikawa, A.

    Elsevier  Food Quality and Preference  43   1 ~ 4  2014年

    共著  共同(主担当)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域共生論ー300人規模のアクティブラーニングー

    滋賀県立大学地域共生論運営委員会(編)

    サンライズ出版  2021年03月

    教科書  分担執筆

  • 選択と誘導の認知科学

    山田歩(著)

    新曜社  192p  2019年04月

    単行本(学術書)  単著

  • 消費者心理学

    山田一成(編),池内裕美(編)

    勁草書房  240p  2018年10月

    教科書  分担執筆

  • 心理学が描くリスクの世界―行動的意思決定入門―第3版

    広田すみれ(編),増田真也(編),坂上貴之(編)

    慶応義塾大学出版会  296p  2018年01月

    教科書  分担執筆

  • 社会心理学 過去から未来へ

    外山みどり(編)

    北大路書房  250p  2015年09月

    教科書  分担執筆

  • 顧客も気づいていない将来ニーズの発掘と新製品開発への活用

    技術情報協会(編)

    技術情報協会  2013年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 新製品開発における高級感・上質感・本物感を付与・演出する技術

    技術情報協会(編)

    技術情報協会  2012年

    単行本(学術書)  分担執筆

  • 心理学が描くリスクの世界―行動的意思決定入門―改訂版

    広田すみれ(編),増田真也(編),坂上貴之(編)

    慶應義塾大学出版会  2008年

    教科書  分担執筆

  • 単純接触効果研究の最前線

    宮本聡介(編),太田信夫(編)

    北大路書房  2008年

    単行本(学術書)  分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

会議での講演 【 表示 / 非表示

  • 点字フォントの開発と評価

    日本心理学会第86回大会  2022年09月

  • 行動経済学とダイレクトマーケティングー行動インサイトで人を動かす、人を守るー(基調講演)

    データドリブン・コミュニケーションセミナー 2022(主催:一般社団法人 日本ダイレクトメール協会))  2022年02月

  • Can decision-makers resist nudge interventions?

    14th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2021年07月

  • Are transparent defaults ethical?

    International Congress of Psychology 2020+  2021年07月

  • 温暖化を防ぐ暮らし方ーナッジで後押し!暮らしの中で脱CO2が進むアイデアー

    近江八幡市桐原学区協働まちづくり協議会・滋賀県地球温暖化防止活動推進センター 共同シンポジウム「水害にどのように向き合うか-温暖化を防ぎ備える桐原スタイル」  2020年11月

  • ナッジの開示は意思決定者に自由をもたらすか

    日本社会心理学会第61回大会  2020年11月

  • リバタリアン・パターナリズムにおける選択の自由(招待講演)

    日本認知科学会第37回大会  2020年09月

  • 意思決定者はナッジによる操作から逃れられるか

    第13回行動経済学会大会  2019年11月

  • ナッジと意識的自覚

    日本心理学会第83回大会  2019年09月

  • 選択と誘導の認知科学―ナッジはウェルビーイングを導くのか―(招待講演)

    人工知能学会第33回大会  2019年06月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • ひふみ(石州和紙のグリーティングカード)

    芸術と文化のまちづくり事業実行委員会

     その他  代表者  2017年05月

  • 滋賀麻工業のプロモーションムービー

    滋賀麻工業

     その他  代表者  2017年01月

  • ミニ新居(大兼工務店のダイレクトメール)

    大兼工務店,滋賀県立大学・藤木庸介,滋賀県立大学・三輪あさひ

     その他  代表者  2015年11月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 作品掲載:『西日本の和紙』理論社(2020年10月)

    芸術活動・建築作品等   2020年10月

  • 書評掲載: 『週刊読書人』(2020年9月11日号(3356号))

    その他   2020年09月

  • メディア掲載: 『滋賀テックプランター』(Apr2020)「県内大学の協力研究者による研究サポート」

    その他   2020年04月

  • メディア掲載: 『教育応援』(Mar2020)「研究者・スタートアップを巻き込んだ次世代育成の推進」

    その他   2020年03月

  • 書評掲載: 『大阪作業療法ジャーナル』(Jan2020)

    その他   2020年01月

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第33回全日本DM大賞 入選

       出版社・新聞社・財団等の賞  日本郵便  共同(主担当)  2019年03月

  • 石州和紙デザインコンペ2017 石州半紙技術者会長賞

       その他の賞  芸術と文化のまちづくり事業実行委員会  共同(主担当)  2017年10月

  • 第31回全日本DM大賞 金賞グランプリ

       出版社・新聞社・財団等の賞  日本郵便  共同(主担当)  2017年03月

  • NAC AWARD 2016 特別賞

       その他の賞  株式会社ナック  共同(主担当)  2016年07月

  • 石州和紙デザインコンペ2015 中国経済産業局長賞(グランプリ)

       その他の賞  芸術と文化のまちづくり事業実行委員会  共同(主担当)  2015年11月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • マーケティング・消費者行動

 

競争的資金(科学研究費補助金・振興調整費・JSPS等) 【 表示 / 非表示

  • ナッジによる行動変容を活かした安全で快適な公共空間づくり(代表研究者)

    滋賀県草津市  UDCBK社会実験準備事業   2022年07月 ~ 2023年03月

  • 理由のブレンドが社会的判断に与える影響(代表研究者)

    日本学術振興会  科学研究費(基盤C)   2019年04月 ~ 2022年03月

  • 人の観光にかかる意思決定構造のモデル化とローカル・リビングヘリテージの維持・保全(共同研究者)

    日本学術振興会  科学研究費(基盤C)   2018年04月 ~ 現在

  • 帰属過程に関する文化差の再検討(共同研究者)

    日本学術振興会  科学研究費(基盤C)   2017年04月 ~ 2022年03月

  • 選択アーキテクチャと態度形成(代表研究者)

    文部科学省  文部科学省科学研究費(若手研究 (B) 25780370)   2013年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

受託研究・共同研究・技術開発センタープロジェクト 【 表示 / 非表示

  • 図書館を活用した大学生世代の読書推進事業

    滋賀県長浜市  共同研究   2022年08月 ~ 2023年03月

  • ナッジによる行動変容を活かした安全で快適な公共空間づくり

    UDCBK社会実験準備事業  その他のプロジェクト   2022年07月 ~ 2023年02月

  • ナッジ理論を適用した公共マナー改善システム

    三菱電機情報技術総合研究所  共同研究   2022年06月 ~ 2023年03月

  • ナッジを用いた人の行動変容を促す技術に関する研究

    三菱電機情報技術総合研究所  共同研究   2021年06月 ~ 2022年03月

  • 図書館を活用した大学生世代の読書推進事業

    滋賀県長浜市  共同研究   2021年04月 ~ 2022年03月

全件表示 >>

 

学部講義等担当 【 表示 / 非表示

  • マーケティング演習[マーケティングリサーチ演習]   2021年04月 ~ 現在

  • 行動デザイン論[消費者行動論]   2021年04月 ~ 現在

  • 地域共生論   2020年04月 ~ 現在

  • 卒業研究・制作/論文Ⅰ(生活デザイン)   2014年04月 ~ 現在

  • 卒業研究・制作/論文Ⅱ(生活デザイン)   2014年04月 ~ 現在

全件表示 >>

大学院講義担当 【 表示 / 非表示

  • マーケティング特論   2015年04月 ~ 現在

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 戸田理菜(ゼミ生) 「kagikkako.」 bud brand award 2022 (主催:一般社団法人日本 DESIGN BANK) グランプリ   2022年06月

  • 北澤いづみ(受講生) 「信号無視を無くすアイデア」 「第10回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」Too奨励賞   2022年03月

  • 谷利華音(受講生) 「スポーツ観戦や音楽ライブなどで必ずマスクを着用してもらうアイデア」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ チェンジメーカー賞   2021年03月

  • 坂上晴穂(受講生) 「農家の人々への支援を促すアイデア」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞   2021年03月

  • 伊藤美月(受講生) 「時間と予定を同時に把握しやすくする掛け時計」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞   2021年03月

全件表示 >>

 

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人国際協力機構(JICA)  JICA緒方研究所 研究プロジェクト「COVID-19:ユニバーサル・ヘルシ・カバレッジと強靭な社会にむけて」  委員   2021年09月 ~ 現在

  • 滋賀県  広報戦略検討懇話会  委員   2021年06月 ~ 現在

  • 滋賀県  びわこモーターボート競走場場内警備に関する検討委員会  委員   2021年02月 ~ 2021年04月

  • 慶應義塾大学慶應SFC学会  外部審査員  委員   2020年11月 ~ 2021年03月

  • 滋賀県地球温暖化防止活動推進センター  省エネ脱CO2のまちづくりアドバイザー  委員   2020年08月 ~ 2021年02月

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • COOL CHOICE賛同会員   2022年09月 ~ 現在

  • 米原市における空き家対策に関する連携   2019年09月 ~ 2020年03月

  • 滋賀ジュニアリサーチグラント研究協力者   2019年07月 ~ 2020年03月