2023/09/15 更新

写真a

ゴトウ ナオシゲ
後藤 直成
GOTO Naoshige
所属
環境科学研究院
部局
環境科学部 環境生態学科
職名
教授
外部リンク

学歴

  • 名古屋大学   理学研究科   地球惑星理学

      詳細を見る

    修了課程: 博士課程

    国名: 日本国

学位

  • 博士(理学) ( 2000年3月   名古屋大学 )

研究キーワード

  • 環境科学,生物地球化学,物質循環

経歴

  • 滋賀県立大学   環境科学部 環境生態学科   教授

    2022年4月 - 現在

  • 滋賀県立大学   環境科学部 環境生態学科   准教授

    2009年11月 - 2022年3月

  • 滋賀県立大学   環境科学部 環境生態学科   助教

    2007年4月 - 2009年10月

  • 滋賀県立大学   環境科学部 環境生態学科   助手

    2001年6月 - 2007年3月

所属学協会

  • 日本リモートセンシング学会

    2018年4月 - 現在

  • 日本水環境学会

    2008年4月 - 現在

  • 日本陸水学会

    2008年4月 - 現在

研究分野

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学

  • 自然科学一般 / 大気水圏科学

  • 環境・農学 / 環境動態解析

研究シーズ

  • 水圏生態系における物質循環

論文

  • Opposite trends in environmental DNA distributions of two freshwater species under climate change 査読

    Qianqian Wu, Jinxin Zhou, Tatsuya Komoto, Toshiyuki Ishikawa, Naoshige Goto, Masayuki K. Sakata, Daisuke Kitazawa, Toshifumi Minamoto

    Ecosphere   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ecs2.4651

  • An Estimation of Precipitation Retention Time Using Depth Metres in the Northern Basin of Lake Biwa 査読

    Iwaki M., Hayakawa K., Goto N.

    Atmosphere   13 ( 5 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Atmosphere  

    To facilitate climate change adaptations and water management, estimates of precipitation retention time (time required for precipitation to reach a lake) can help to accurately determine a water body’s terrestrial water storage capacity and water cycle. Although estimating the precipitation retention time on land is difficult, estimating the lag between precipitation on land and a rise in lake water levels is possible. In this study, the delay times (using a depth metre installed in the mooring system in the northern basin of Lake Biwa from August 2017 to October 2018) were calculated using response functions, and it evaluated the precipitation retention time in the catchment. However, as several delays between the river surface flow (<1 d) and shallow subsurface flow (≈45 d) remained unidentified, the delay times resulting from direct precipitation on the lake as well as from internal seiches were determined. The results suggest that delay times of approximately 20 d correspond to the paddy–waterway system between the river inflow and the subsurface flow, and that this effect corresponds to that of large rivers such as the Ane River. These findings can enhance water management strategies regarding the regulation of river flows, adapting to climate change-induced fluctuations in precipitation.

    DOI: 10.3390/atmos13050724

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85130010047&origin=inward

  • Grain size distribution and chemistry of the brackish Lake sediment in Korea 査読 国際誌

    Chan Shin, Tetsuji Akatsuka, Hisayuki Azumi, Lan Ao, Nozomi Amahashi, Maki Oyagi, Noriko Ishida, Naoshige Goto, Masahiro Maruo, Akihiko Yagi, Yasushi Seike, Seuug Hyunn Lee, Sung Ae Yoon, Jun Kil Choi, Young Woong Byeon, Byuug Mo Lee, Osamu Mitamura, Kwang Jin Cho

    Environmental Engineering Research   26   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Temporal variation in community structure of zoosporic fungi in Lake Biwa, Japan 査読 国際誌

    Song P., Yi R., Tanabe S., Goto N., Seto K., Kagami M., Ban S.

    Aquatic Microbial Ecology   87   17 - 28   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aquatic Microbial Ecology   参加形態:共同(副担当)  

    Zoosporic fungi play an important role in aquatic environments, but their diversity, especially that of parasitic fungi of phytoplankton, has still not been fully revealed. We conducted monthly analyses of the community structure of zoosporic fungi at a pelagic site in Lake Biwa, Japan, from May to December 2016. Metabarcoding analysis, targeted to a large subunit region of ribosomal DNA in the nano-size fraction of particles (2-20 μm), was carried out on the samples. We also counted large phytoplankton and chytrid sporangia attached to the hosts. We detected 3 zoosporic fungal phyla (Blastocladiomycota, Chytridiomycota and Cryptomycota) within 107 operational taxonomic units (OTUs), in which Chytridiomycota was the most diverse and abundant phylum. Few fungal OTUs overlapped between months, and specific communities were detected in each month. These results showed that diverse zoosporic fungi with high temporal variability inhabited the lake. Five large phytoplankton species were found to be infected by chytrids: Staurastrum dorsidentiferum, S. rotula, Closterium aciculare, Asterionella formosa and Aulacoseira granulata. Some chytrids were detected by metabarcoding analysis: Zygophlyctis asterionellae infecting A. formosa, Staurastromyces oculus infecting S. dorsidentiferum and Pendulichytrium sphaericum infecting A. granulata. One OTU detected in association with infected C. aciculare by microscopic counting might have been an obligate parasitic chytrid of C. aciculare. The results indicated that a combination of metabarcoding and microscopic analysis revealed more information on zoosporic fungi, including those that are parasitic.

    DOI: 10.3354/AME01970

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85108663880&origin=inward

  • Effect of dissolved oxygen on nitrogen and phosphorus fluxes from lake sediments and their thresholds based on incubation using a simple and stable dissolved oxygen control method 査読 国際誌

    Ken'ichi Osaka,Rei Yokoyama,Takaaki Ishibashi,Naoshige Goto

    Limnology and Oceanography Method   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1002/lom3.10466

  • 琵琶湖における水質管理のあり方に関する研究と課題 査読

    早川和秀,佐藤祐一,岡本高弘,永田貴丸,後藤直成,冨岡典子,中野伸一

    地球環境   25 ( 1・2 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 衛星リモートセンシングを用いた琵琶湖におけるクロロフィルa濃度の推定 査読

    塚本浩貴,後藤直成,吉原亜悠,高木裕太,新井那莉,林正能,石坂丞二

    リモートセンシング学会誌   39   103 - 111   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 琵琶湖北湖第一湖盆における底質環境と表層堆積物による溶存酸素消費 査読

    後藤直成,小村沙織,福田紀,吉村葵,伴修平

    陸水学雑誌   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Effectiveness of preservatives and poisons on sediment trap material in freshwater environments 査読 国際誌

    Goto Naoshige, Kento Hisamatsu, Chikage Yoshimizu, Shuhei Ban

    Limnology   17 ( 1 )   87 - 94   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1007/s10201-015-0467-2

  • 琵琶湖とその周辺内湖の湖盆形態の特徴 査読

    三田村緒佐武,安積寿幸,後藤直成

    陸水研究   3   21 - 34   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 琵琶湖北湖水における近年10年間の生物地球化学因子の変動 査読

    三田村緒佐武,安積寿幸,紀平征希,赤塚徹志,安佛かおり,石川俊之,後藤直成

    陸水研究   2   3 - 15   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 琵琶湖北湖堆積物における硫黄酸化細菌と硫黄化合物濃度の分布

    三田村緒佐武,内田伸世,中島拓男,赤塚徹志,後藤直成

    滋賀大学環境総合研究センター研究年報   12   29 - 36   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   参加形態:共同(副担当)  

  • Relationships between carbon flow through freshwater phytoplankton and environmental factors in Lake Biwa, Japan. 査読

    Goto, N., Y. Tanaka and O. Mitamura

    Fundamental and Applied of Limnology   184   261 - 275   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • びわ湖内湖・西の湖における水環境教育 査読

    三田村緒佐武・石川聡子・石田典子・後藤直成・橘淳治・丸尾雅啓

    陸水研究   1   5 - 15   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 琵琶湖周辺内湖の植物プランクトン増殖に対する栄養評価

    三田村緒佐武,尾崎正樹,後藤直成

    滋賀大学環境総合研究センター研究年報   11   47 - 56   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   参加形態:共同(副担当)  

  • Highly efficient silica sink in the monomictic Lake Biwa in Japan 査読

    Goto Naoshige, Hisayuki Azumi, Tetsuji Akatsuka, Masaki Kihira, Masakazu Ishikawa, Kaori Anbutsu, Osamu Mitamura

    Annales de Limnologie - International Journal of Limnology   49   139 - 147   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • クロロフィル励起蛍光法を用いた植物プランクトンの一次生産速度の測定 査読

    太田洋平,後藤直成,伴修平

    陸水学雑誌   74   173 - 181   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Regeneration of silicic acid from sediment in Lake Biwa, Japan 査読

    Azumi Hisayuki, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    E. Schweizerbart science publishers   30   1041 - 1045   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Association of Theoretical and Applied Limnology   参加形態:共同(副担当)  

  • Relationships between electron transport rates determined by pulse amplitude modulated (PAM) chlorophyll fluorescence and photosynthetic rates by the traditional and common methods in natural freshwater phytoplankton 査読

    Goto Naoshige, Haruna Miyazaki, Nana Nakamura, Hisayoshi Terai, Noriko Ishida, Osamu Mitamura

    Fundamental and Applied Limnology   172   121 - 134   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:E. Schweizerbart science publishers   参加形態:共同(主担当)  

  • Seasonal distribution of photosynthetically active phytoplankton using pulse amplitude modulated (PAM) fluorometry in the large monomictic Lake Biwa, Japan 査読

    Goto Naoshige, Masaki Kihira, Noriko Ishida

    Journal of Plankton Research   30   1169 - 1177   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford Journal   参加形態:共同(主担当)  

  • Environmental factors which influence the sink of silica in the limnetic system of the large monomictic Lake Biwa and its watershed in Japan 査読

    Goto Naoshige, Takuro Iwata, Tetuji Akatuka, Masakazu Ishikawa, Masaki Kihira, Hisayuki Azumi, Kaori Anbutu, Osamu Mitamura

    Biogeochemistry   84 ( - )   285 - 295   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(主担当)  

  • C:N:P ratios of epilithic periphyton in Lake Biwa and its catchment basin 査読

    Matsuura Yoshiki, Naoshige Goto, Mitamra Osamu

    Proceedings of second Japan-Korea Joint Limnology Symposium   - ( - )   30 - 36   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Seasonal changes of nutrient concentration and algal biomass in the stagnant water system on sand bar of Kizu River, Japan 査読

    Anbutsu Kaori, Inoue Yasue, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    International Association of Theoretical and Applied Limnology   29 ( - )   1871 - 1876   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Distribution of biogeochemical compounds in interstitial and surface standing water bodies in the gravel bar of the Kizu River, Japan 査読

    Anbutsu Kaori, Osamu Mitamura, Naoshige Goto, Takuo Nakajima, Yasuhiro Takemon, Kazumi Tanida

    Archiv fur Hydrobiologie   166 ( - )   145 - 167   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Seasonal changes of carbon and nitrogen productivity in the north basin of Lake Biwa 査読

    Mitamura Osamu, Maeda Hiroto, Seike Yasushi, Kondo Kunio, Naoshige Goto, Kodama Tetsuo

    International Association of Theoretical and Applied Limnology   29 ( - )   1913 - 1924   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Production of extracellular organic carbon in the total primary production by freshwater benthic algae at the littoral zone and inflow river of Lake Biwa 査読

    Goto Naoshige, Hisayoshi Terai, Osamu Mitamura

    International Association of Theoretical and Applied Limnology   29 ( - )   2021 - 2026   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(主担当)  

  • Denitrification activities in epilimnetic sediments in littoral wetland areas of Lake Biwa 査読

    Akatsuka Tetsuji, Nakajima Takuo, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    International Association of Theoretical and Applied Limnology   29 ( - )   982 - 988   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Horizontal distribution and seasonal change of picophytoplankton in surface water of Lake Biwa 査読

    Kihira Masaki, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    The Korean Journal of Limnology   38 ( - )   12 - 16   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Environmental pollutants drained from highway pavement road 査読

    Takemura Shinsaku, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    The Korean Journal of Limnology   38 ( - )   58 - 61   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-   参加形態:共同(副担当)  

  • Basic limnological study in an alpine Lake Puma Yumco, the pre-Himalayas, China.

    Mitamura Osamu, Yasushi Seike, Kunio Kondo, Naoshige Goto, Kaori Anbutsu, Tetsuji Akatsuka, Msasaki Kihira, Quing TSERING, Mitsugu Nishimura

    The 11th International Symposium on River and Lake Environments   83 - 90   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   参加形態:共同(副担当)  

  • Distribution of biogeochemical parameters in the pool interstitial waters in sand bar system of the Kizu River.

    Anbutsu Kaori, Takuo Nakajima, Yasuhiro Takemon, Kazumi Tanida, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    The 11th International Symposium on River and Lake Environments   63 - 67   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   参加形態:共同(副担当)  

  • 矢作川中流域における糸状緑藻Cladophora glomerataの光合成活性

    野崎健太郎,神松幸弘,山本敏哉, 後藤直成,三田村緒佐武

    矢作川研究   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Development of filamentous green algae in the benthic algal community in a littoral sand-beach zone of Lake Biwa. 査読

    Nozaki Kentaro, Khadbaatar Darijav, Tetsuji Akatsuka, Naoshige Goto, Osamu Mitamura

    Limnology   4   161 - 165   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 干潟底生系および浮遊系における一次生産とそれに関わる微小藻類-細菌相互間の関係 査読

    後藤直成

    陸水学雑誌   63   233 - 239   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • First investigation of ultraoligotrophic alpine Lake Puma Yumco in the pre-Himalayas, China. 査読

    Mitamura Osamu, Yasushi Seike, Kunio Kondo, Naoshige Goto, Kaori Anbutsu, Tetsuji Akatsuka, Masaki Kihira, Tsering Qung, Mitsugu Nishimura

    Limnology   4   167 - 175   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Biodegradation of photosynthetically produced extracellular organic carbon from intertidal benthic algae. 査読

    Goto Naoshige, Osamu Mitamura, Hisayoshi Terai

    Journal of Experimental Marine Biology and Ecology   257   73 - 86   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Seasonal variation in primary production of microphytobenthos at the Isshiki intertidal flat in Mikawa Bay. 査読

    Goto Naoshige, Osamu Mitamura, Hisayoshi Terai

    Limnology   1   133 - 138   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Importance of extracellular organic carbon production in the total primary production by tidal flat diatoms in comparison to phytoplankton. 査読

    Goto Naoshige, Tomohiko Kawamura, Osamu Mitamura, Hisayoshi Terai

    Marine Ecology Progress Series   190   289 - 295   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Physicochemical features and primary production of microphytobenthos and phytoplankton at Wakaura Tidal Flat in Japan. 査読

    Goto Naoshige, Osamu Mitamura, Hisayoshi Terai, Noriko Ishida

    The Japanese Journal of Limnology   59   391 - 408   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 身近な水の環境科学 第2版

    日本陸水学会東海支部会(編)( 担当: 共著)

    朝倉書店  2022年4月  ( ISBN:978-4-254-18062-6

     詳細を見る

    総ページ数:168   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 河川生態系の調査・分析方法

    後藤直成・萱場 祐一・野崎健太郎(著),井上幹生・中村太士(編)( 担当: 共著)

    講談社  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 琵琶湖と環境,1.9 琵琶湖の一次生産

    琵琶湖と環境編集委員会 編( 担当: 共著)

    サンライズ出版  2015年 

     詳細を見る

    総ページ数:455   記述言語:日本語   著書種別:一般書・啓蒙書

  • 温暖化の湖沼学,3.1 一次生産,3.4(2)温暖化と植物プランクトンの群集構造,コラム2 一次生産の測定

    永田俊他( 担当: 共著)

    京都大学出版会  2012年2月  ( ISBN:978-4-87698-590-6

     詳細を見る

    総ページ数:289   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 環境フィールドワークのすすめ,第5章:琵琶湖の環境を観る・測る・考える

    三田村緒佐武,安野正之,丸尾雅啓,後藤直成( 担当: 共著)

    昭和堂  2007年4月  ( ISBN:978-4-8122-0717-8

     詳細を見る

    総ページ数:-   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 陸水の事典(日本陸水学会編集 )  *24項目執筆

    三田村緒佐武他約320名( 担当: 共著)

    講談社サイエンティフィク  2006年4月  ( ISBN:4-06-155224-X

     詳細を見る

    総ページ数:-   記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

  • 内湖からのメッセージ(西野麻知子・浜端悦治編) 第8章:琵琶湖周辺内湖の水質特性

    三田村緒佐武,後藤直成( 担当: 共著)

    サンライズ出版  2005年4月  ( ISBN:4-88325-269-8

     詳細を見る

    総ページ数:-   記述言語:日本語   著書種別:学術書

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 光学的手法による植物プランクトンの一次生産速度の測定

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  植物プランクトン,一次生産,光学的手法

  • 植物プランクトンと底性微小藻類の総生産,純生産,細胞外有機物生産

    2009年4月

    その他の研究制度 

  • 陸水域におけるシリカシンクに関する研究~河川・湖沼におけるシリカ循環の生物地球化学過程に関する研究~

    2002年4月 - 2005年3月

    その他の研究制度  珪素,珪藻,生物態珪素

  • 励起蛍光法による微小藻類(植物プランクトン、底生微小藻類)の光合成活性の測定

    2001年4月 - 2004年3月

    その他の研究制度  励起蛍光法、基礎生産、植物プランクトン、底生微小藻類

講演・口頭発表等

  • FIAを用いた琵琶湖底堆積物からの栄養塩溶出速度の測定

    尾坂兼一,横山粱,石橋孝晃,後藤直成

    フローインジェクション分析講演会  2022年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 琵琶湖における湖底堆積物中の無機態リン濃度とそのリン酸酸素安定同位体比分布:地下水によるリン供給評価を目指して

    石田卓也・奥田昇・友澤祐介・斎藤光代・小野寺真一・Xin Liu・後藤直成・伴修平

    日本陸水学会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 琵琶湖における内部栄養塩負荷測定: 任意の溶存酸素濃度による湖底堆積物カラム培養法の検討

    尾坂兼一,横山粱,石橋孝晃,後藤直成

    日本陸水学会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluating the skill of hydrodynamic simulations in two stratified lakes by Principal Component Analysis 国際会議

    John W., X. Liu, N. Goto, T. Nagano, I. Ostrovsky, Z. Zhang, M. Irie, S. Ban, D. Rempfer

    36th congress of the International Society of Limnology  2022年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Source and dynamics of phosphorus in the sediments of Lake Biwa using phosphate oxygen isotope analysis 国際会議

    石田卓也,奥田昇,友澤祐介,齋藤光代,小野寺真一,刘鑫,後藤直成,伴修平

    Japan Geoscience Union Meeting  2022年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 琵琶湖の深部湖底湧水について 国際会議

    小泉尚嗣,谷口和真,山野誠,笠谷貴史,岸和央,後藤慎平,後藤直成

    Japan Geoscience Union Meeting 2022  2022年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全循環湖から部分循環湖への変化が底生生物に与える影響について

    鄔倩倩,周金鑫,河本達也,石川俊之,坂田雅之,後藤直成,北澤大輔,源利文

    日本生態学会  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 琵琶湖北湖における植物プランクトン群集動態 国際会議

    後藤直成,伴修平

    日本陸水学会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Particle tracking simulations of littoral to pelagic transport in the North Basin of Lake Biwa during the rice-planting season of 2020

    Wells John,伴修平,刘鑫,後藤直成,尾坂兼一

    日本陸水学会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 冬期全循環停止がおきた琵琶湖における貧酸素水塊の広域観測

    石川俊之,合田幸子,赤塚徹志,後藤直成

    日本陸水学会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養塩負荷量と漁業生産の関係:水質総量規制は漁業生産の減少要因か? 国際会議

    伴修平,刘鑫,後藤直成,尾坂兼一,丸尾雅啓,他4名

    日本陸水学会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Monitoring and particle-tracking simulation to clarify littoral-to-pelagic nutrient export in Lake Biwa, Japan, during the spring rice-planting season 国際会議

    John C. Wells, Syuhei Ban, Xin Liu, Ken'ichi Osaka, Naoshige Goto

    35th Congress of the International Society of Limnology  2021年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • High resolution monitoring for subsidiary nutrient loadings and phytoplankton production in north basin of Lake Biwa 国際会議

    Syuhei Ban, Xin Liu, Ken-ichi Osaka, Naoshige Goto, John C. Wells

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Long-term trends in zooplankton production and ecological transfer efficiency over four decades in Lake Biwa, Japan 国際会議

    Xin Liu, Naoshige Goto, Syuhei Ban

    Japan Geoscience Union Meeting 2021  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 水域生態系保全修復論

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 湖沼環境学

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 集水域環境論

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学