2024/02/01 更新

写真a

タニモト サトシ
谷本 智史
TANIMOTO Satoshi
所属
先端工学研究院
部局
工学部 材料化学科
職名
准教授
外部リンク

学歴

  • 京都大学   工学研究科   高分子化学

      詳細を見る

    修了課程: 博士課程

    国名: 日本国

  • 京都大学   工学部   高分子化学科

      詳細を見る

    国名: 日本国

学位

  • 博士(工学) ( 1998年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • ブロックポリマー、相分離、ミセル、ペプチド、吸着、表面、界面、微粒子

  • ペプチド

  • 微粒子

  • キチン・キトサン

  • バイオミネラリゼーション

経歴

  • 滋賀県立大学   准教授

    2010年7月 - 現在

  • 滋賀県立大学   講師

    2002年11月 - 2010年6月

  • 北陸先端科学技術大学院大学   助手

    1998年4月 - 2002年10月

  • 北陸先端科学技術大学院大学   助手

    1998年4月 - 2002年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 高分子ゲル研究会

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

    役職・役割名:運営委員

  • 日本キチン・キトサン学会

    2008年4月 - 現在

  • アメリカ化学会

    2003年12月 - 現在

  • 高分子学会

    1992年4月 - 現在

  • 高分子学会

  • アメリカ化学会

▼全件表示

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • ナノテク・材料 / 高分子化学

  • ナノテク・材料 / 高分子材料

各種免許(危険物取扱者免許等)の保持

  • 高等学校教諭1種免許

委員歴

  • 日本キチン・キトサン学会 理事  

    2017年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本キチン・キトサン学会 理事  

    2017年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 高分子学会関西支部 地区幹事  

    2014年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 高分子学会関西支部 地区幹事  

    2014年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本キチン・キトサン学会 評議員  

    2014年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 高分子ゲル研究会 運営委員  

    2010年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 高分子ゲル研究会 運営委員  

    2010年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

学会等における役職

  • 日本キチン・キトサン学会  理事  副会長、理事、支部長等   2017年8月24日 ~ 現在

  • 高分子学会  地区幹事  その他役職   2014年6月1日 ~ 現在

研究シーズ

  • 有機/無機複合コアシェル型微粒子材料の創製および ペプチド材料を用いた水中からの金イオン捕集

論文

  • 自発還元反応を利用したキトサン/Au複合コアシェル微粒子の水中での調製 査読

    佐藤彩香,谷本智史

    キチン・キトサン研究   28 ( 1 )   5 - 9   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本キチン・キトサン学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Biomineralization-inspired preparation of chitosan microparticles with inorganic shells 招待

    Satoshi Tanimoto

    Glycoforum   25 ( 2 )   A4   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Seikagaku Corporation  

    DOI: 10.32285/glycoforum.25A4

  • 海洋バイオマス「キトサン」のバイオミネラリゼーションに倣った有機無機複合コアシェル微粒子化 招待

    谷本智史

    Glycoforum   25 ( 2 )   A4J   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:生化学工業株式会社  

    DOI: 10.32285/glycoforum.25A4J

  • Biomineralization-inspired fabrication of chitosan/calcium carbonates core-shell type composite microparticles as a drug carrier 査読 国際誌

    Satoshi Tanimoto, Izuka Nishii, Shokyoku Kanaoka

    International Journal of Biological Macromolecules   129   659 - 664   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1016/j.ijbiomac.2019.02.063

  • Biomineralization-inspired fabrication of chitosan/calciumcarbonate core-shell type composite microparticles as a drug camer 査読 国際誌

    S. Tanimoto, I. Nishii, S・Kanaoka

    Proceedings of 14th ICCC and 12th APCCS   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   参加形態:共同(主担当)  

  • 親水性架橋剤を用いて得られるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ゲルの感温特性 査読

    伊田翔平、冨永佳子、谷本智史、廣川能嗣

    高分子論文集   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:高分子学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Shape and Size Regulation of Gold Nanoparticles by Poly(N,N-diethylacrylamide) Microgels 査読

    Shohei Ida, Hiroyuki Harada, Kazunobu Sakai, Koki Atsumi, Yoshiki Tani, Satoshi Tanimoto, Yoshitsugu Hirokawa

    Chemistry Letters   46   760 - 763   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: 10.1246/cl.170115

  • End-crosslinking of controlled telechelic poly(N-isopropylacrylamide) toward a homogeneous gel network with photo-induced self-healing 査読 国際誌

    Shohei Ida, Ryohei Kimura, Satoshi Tanimoto, Yoshitsugu Hirokawa

    Polymer Journal   49   237 - 243   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature   参加形態:共同(副担当)  

  • 成長する架橋剤—RAFT重合によりビニル基間の鎖長を変化させる架橋剤の合成とそれを用いたゲル化 査読

    伊田 翔平, 古川 翔一, 谷本 智史, 廣川 能嗣

    高分子論文集   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:高分子学会   参加形態:共同(副担当)  

  • Thermoresponsive Properties of Copolymer Gels Induced by Appropriate Hydrophilic/Hydrophobic Balance of Monomer Combination 査読

    Shohei Ida, Toru Kawahara, Yuki Fujita, Satoshi Tanimoto, Yoshitsugu Hirokawa

    Macromolecular Symposia   350 ( 1 )   14 - 21   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 炭酸カルシウムシェルを有するキトサン微粒子の薬物徐放材料としての応用検討 査読

    谷本 智史,井上 隆太,フィンビンホア,伊田 翔平,廣川 能嗣

    キチン・キトサン研究   20 ( 3 )   212 - 217   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本キチン・キトサン学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Specific gold ion scavenger by means of sol-gel transition of peptide copolymer 査読

    Satoshi Tanimoto, Tohru Okunishi, Hitoshi Yamaoka, Yoshitsugu Hirokawa

    Polymer Journal   43   313 - 316   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: doi: 10.1038/pj.2010.138

  • Diblock/Triblock Structural Transition and Sol-Gel Transition of Peptide/PEG Diblock Copolymer Having a Terminal Terpyridine Group Induced by Complexation with Metal Ion 査読

    Satoshi Tanimoto, Yasushi Nakamura, Hitoshi Yamaoka, Yoshitsugu Hirokawa

    International Journal of Polymer Science   2010   1 - 6   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hindawi Publishing Corporation   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: doi:10.1155/2010/294790

  • バイオミネラリゼーションに倣ったキトサン/炭酸カルシウム複合コア-シェル型微粒子の開発 査読

    谷本智史, 伊藤遼佑, 廣川能嗣

    キチン・キトサン研究   16 ( 1 )   11 - 16   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:キチン・キトサン学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Conformational Study of Polypeptide Chains Grafted on the Surface of Polylactide Latex Particle 査読

    Satoshi Tanimoto, Toshiya Iwata, Hitoshi Yamaoka, Masahiro Yamada, Kana Kobori

    Research Letters in Materials Science   2009   1 - 4   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hindawi Publishing Corporation   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: doi:10.1155/2009/196950

  • Application of Thermosensitive Peptide Copolymer Gels to Removal of Endocrine Disruptor 査読

    Satoshi Tanimoto, Naoto Yagi, Hitoshi Yamaoka

    Research Letters in Materials Science   2009   1 - 4   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hindawi Publishing Corporation   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: doi:10.1155/2009/597308

  • ペプチドコポリマーゲルメソッドー金イオンを99%捕集するペプチド新材料

    谷本智史

    機能材料   26 ( 7 )   ー - ー   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:-  

  • Morphology and mechanical properties in the binary blends of isotactic polypropylene and novel propylene-co-olefin random copolymers with isotactic proplene sequence 1. Ethylene-propylene copolymers 査読

    Koh-Hei Nitta, Yong-Woo Shin, Hideto Hashiguchi, Satoshi Tanimoto, Minoru Terano

    Polymer   46 ( - )   965 - 975   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Crystallization behavior ofpoly(e-caprolactone) blocks starting from polyethylene lamellar morphology in poly(e-caprolactone)-block-polyethylene copolymers 査読

    Shuichi Nojima, Yosuke Akutsu, Michiaki Akaba, Satoshi Tanimoto

    Polymer   46 ( - )   4060 - 4067   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • Morphology of melt-quenched poly(e-caprolactone)-block-polyethylene copolymers 査読

    Shuichi Nojima, Yousuke Akutsu, Akira Washino, Satoshi Tanimoto

    Polymer   45   7317 - 7324   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:elsevier   参加形態:共同(主担当)  

  • Morphology of melt-quenched poly(epsilon-caprolactone)-block-polyethylene copolymers 査読

    S Nojima, Y Akutsu, A Washino, S Tanimoto

    POLYMER   45 ( 21 )   7317 - 7324   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    The morphology of a melt-quenched crystalline-crystalline diblock copolymer, poly(epsilon-caprolactone)-block-polyethylene (PCL-b-PE), was studied by small-angle X-ray scattering and transmission electron microscopy. The melting behavior of PCL-b-PE was also investigated by differential scanning calorimetry. The melting temperature of PCL blocks, T-m,T-PCL, was ca. 55 degreesC and that of PE blocks was ca. 96 degreesC. Therefore, the PE block always crystallized first during quenching from the microphase-separated melt into various temperatures T-c below T-m,T-PCL to yield an alternating structure composed of PE lamellae and amorphous layers (PE lamellar morphology), and subsequently the crystallization of PCL blocks started at T-c after some induction period. The PE lamellar morphology was preserved after the crystallization of PCL blocks at low crystallization temperatures (T-c < 30 degreesC), that is, the PCL block crystallized within the PE larnellar morphology. At high crystallization temperatures (45 degreesC > T-c > 30 degreesC), on the other hand, the crystallization of PCL blocks destroyed the PE lamellar morphology to result in a new lamellar morphology mainly consisting of PCL lamellae and amorphous layers (PCL lamellar morphology). The PE crystals were fragmentarily dispersed in the PCL lamellar morphology. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.polymer.2004.08.044

    Web of Science

  • Crystallization Process in Binary Blends of Poly(e-caprolactone)-b-Polybutadiene Copolymers 査読

    Satoshi Tanimoto, Kazuhiro Ito, Shintaro Sasaki, Hiroki Takeshita, Shuichi Nojima

    Polymer Journal   34   593 - 600   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:高分子学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Size Dependence of Crystallization within Spherical Microdomain Structures 査読

    Shuichi Nojima, Masashi Toei, Sigeo Hara, Satoshi Tanimoto, Shintaro Sasaki

    Polymer Journal   43   4087 - 4090   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:elsevier   参加形態:共同(主担当)  

  • Morphological Difference between Solution-Cast and Melt-Quenched Crystalline-Amorphous Diblock Copolymers 査読

    Awaludin Rohadi, Satoshi Tanimoto, Shintaro Sasaki, Shuichi Nojima

    Polymer Journal   32 ( 10 )   859 - 865   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Effects of Molecular Weight and Crystallization Temperature on the Morphology Formation in Asymmetric Diblock Copolymers with a Highly Crystalline Block

    Awaludin Rohadi, Ryuji Endo, Satoshi Tanimoto, Shintaro Sasaki, Shuichi Nojima

    Polymer Journal   32 ( 7 )   602 - 609   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Crystallization of Poly(ε-caprolactone)-block-Polystyrene Copolymers from Grassy Microdomain Structures 査読

    8. Shuichi Nojima, Hiroshi Kakihira, Satoshi Tanimoto, Hisayuki Nakatani, Shintaro Sasaki

    Polymer Journal   32 ( 1 )   75 - 78   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Melting Behavior of Poly(ε-caprolactone)-block -Polybutadiene Copolymers 査読

    Shuichi Nojima, Noriyuki Kikuchi, Awaludin Rohadi, Satoshi Tanimoto, Shintaro Sasaki

    Macromolecules   32 ( 11 )   3727 - 3734   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society   参加形態:共同(副担当)  

  • Direct Estimation of the Electrostatic Interaction between Colloidal Particle and Chemically Modified Glass Surface by the Evanescent Wave Light Scattering Microscope Method 査読

    Satoshi Tanimoto, Hideki Matsuoka, Hiroshi Yamauchi, Hitoshi Yamaoka

    Colloid and Polymer Science   277 ( 2-3 )   130 - 135   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Verlag   参加形態:共同(主担当)  

  • Direct Estimation of Interaction Potential between Phospholipid Liposome Particle and Glass Surface by Evanescent Wave Light Scattering Microscope Method 査読

    5. Satoshi Tanimoto, Katsunori Takahashi, Hideki Matsuoka, Hitoshi Yamaoka

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   139 ( 3 )   321 - 328   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • Evaluation of Dynamic Property of Polymer Latex Particles interacting with Quartz Interface by Evanescent Wave Dynamic Light Scattering 査読

    4. Hideki Matsuoka, Hirofumi Morikawa, Satoshi Tanimoto, Akira Kubota, Yoshiharu Naito, Hitoshi Yamaoka

    Colloid and Polymer Science   276 ( 4 )   349 - 355   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer   参加形態:共同(副担当)  

  • Direct Estimation of Dynamic Characteristics and Interaction Potential of Latex Particles interacted with a Glass Surface by Evanescent Wave Light-Scattering Microscope Method 査読

    Satoshi Tanimoto, Hideki Matsuoka, Hitoshi Yamaoka

    Colloid and Polymer Science   273 ( 12 )   1201 - 1205   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer   参加形態:共同(主担当)  

  • Binding Kinetics of Antibody to Hapten-doped Lipid Monolayers as Studied by the Multiple Internal Reflection Fluorescence Method 査読

    Satoshi Tanimoto, Hiromi Kitano

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   4 ( 5 )   259 - 265   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

  • BINDING-KINETICS OF ANTIBODY TO HAPTEN-DOPED LIPID MONOLAYERS AS STUDIED BY MULTIPLE INTERNAL-REFLECTION FLUORESCENCE METHOD 査読

    S TANIMOTO, H KITANO

    COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES   4 ( 5 )   259 - 265   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Binding processes of an antibody (anti-dinitrophenyl(DNP)-immunoglobulin E) labeled with fluorescein groups (FITC-anti-DNP-IgE) to a hapten-doped lipid monolayer were followed by the multiple internal reflection fluorescence method, because of its usefulness in detecting the adsorption or binding of target molecules at the interface. The hapten-doped lipids used in this work were dinitrophenyl-phosphatidylethanolamine (DNP-DPPE) and dinitrophenyl-aminocaproyl-phosphatidylethanolamine (DNP-cap-DPPE), and a monolayer containing the hapten-doped lipid was deposited on a poly(methyl methacrylate) cuvette by using the Langmuir-Blodgett technique.
    The fluorescence signal increased with the binding of the antibodies, and the initial binding rate was calculated from the slope of the fluorescence signal curve. The initial rate of binding of FITC-anti-DNP-IEE to the hapten on the lipid monolayer surface increased at a low surface density of haptens in the lipid monolayer, and leveled off at a moderate-to-high hapten density. The effect of the spacer length between the hapten group and the lipid layer on the binding rate was also examined. It is confirmed that a long spacer promoted the access of antibodies to the haptens.

    Web of Science

  • Binding Kinetics of Antibodies to Antigens on Polymer Surfaces as Studied by the Multiple Internal Reflection Fluorescence Method 査読

    Satoshi Tanimoto, Hiromi Kitano

    Langmuir   9 ( 5 )   1315 - 1318   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: 10.1021/la00029a026

▼全件表示

書籍等出版物

  • シリカ粒子の作製と活用動向

    ( 担当: 分担執筆 範囲: 第3章3節ペプチド修飾シリカ微粒子の作製とその利用可能性)

    シーエムシー出版  2023年12月  ( ISBN:978-4-7813-1762-5

     詳細を見る

    総ページ数:247   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 造粒プロセスの最適化と設計・操作事例集

    ( 担当: 分担執筆 範囲: 第7章第3節キトサンの微粒子化)

    技術情報協会  2023年11月  ( ISBN:978-4-86104-991-0

     詳細を見る

    総ページ数:576   記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • バイオマス由来の高機能材料〜セルロース、ヘミセルロース、セルロースナノファイバー、リグニン、キチン・キトサン、炭素系材料〜

    舩岡 正光, 谷本 智史 他( 担当: 分担執筆)

    出版社NTS  2016年11月  ( ISBN:978-4-86043-469-4 C3

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • 生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用

    谷本 智史( 担当: 共著)

    技術情報協会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

MISC

  • 構造多糖の微粒子化 招待 査読

    谷本 智史

    キチン・キトサン研究   24 ( 1 )   22 - 31   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本キチン・キトサン学会   参加形態:共同(主担当)  

  • ペプチドコポリマーゲルメソッドー金イオンを99%捕集するペプチド新材料 招待

    谷本智史

    機能材料   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    感熱応答性のペプチド材料を用い、水系の金イオンを99%の高効率で捕集する手法を開発した。プロセスは室温付近での温度制御と撹拌のみからなる非常にシンプルなものであり、実用化を意識する際の武器となる。また、貴金属の混合水溶液から選択捕集が実現できるpH応答性のペプチド材料も開発した。本稿では、これらのペプチド材料をシーケンシャルユース新材料として紹介する。

  • 結晶性ブロック共重合体の構造形成と最終高次構造

    谷本智史, 野島修一

    高分子加工   51   290 - 297   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    ブロック・グラフトコポリマーの系が作り出す多種多様な高次構造に関して,構造観察方法,構造形成過程および最終高次構造について解説した総説である.ポリマーアロイ中に形成される構造はmmからnmまでのスケールで存在しており,それらを観察する際に適した手法を紹介している.また,ブロックコポリマーの系における我々の研究トピックスに関しても紹介した.

  • 高分子微粒子の運動を見る-エバネッセント波光散乱顕微法-

    松岡秀樹, 谷本智史, 山岡仁史

    高分子   ( 46 )   258 - 260   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    屈折率の異なる二物質の界面で光が全反射する際,界面を越えてしみ出す光「エバネッセント波」を照射光とする光散乱顕微装置(EVLSM)を製作し,コロイド粒子とガラス表面の間の静電反発と重力によって形成されるポテンシャルプロファイルを直接評価することに成功した.コロイド粒子はポテンシャルミニマム付近で熱振動しており,その様を直接的にリアルタイム観察した実験結果を紹介した.

産業財産権

  • 温度応答性ペプチドコポリマーゲルを用いた液中物質捕集材料

    谷本智史, 上坂貴宏

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-038074 

    公開番号:特開2005-226030 

    出願国:国内  

  • 新規な生分解性相溶化剤及びそれを含む樹脂組成物

    小堀香奈, 山田昌宏, 川崎真一, 阪本浩規, 山岡仁史, 谷本智史

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-130718 

    公開番号:特開2007-302748 

    出願国:国内  

  • 分散剤およびこの分散剤を含むポリ乳酸系複合樹脂粒子

    谷本智史, 岩田俊哉, 山岡仁史, 小堀香奈, 山田昌宏, 川崎真一

     詳細を見る

    出願番号:特願2007-228381 

    公開番号:特開2009-056444 

    出願国:国内  

  • ペプチドを用いた貴金属の回収方法

    谷本智史, 山岡仁史

     詳細を見る

    出願番号:特願2005-242683 

    公開番号:特開2007-56308 

    出願国:国内  

  • 温度応答性ペプチドコポリマーゲルを用いた液中物質捕集材料

    谷本智史, 上坂貴宏

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-038074 

    公開番号:特開2005-226030 

  • ペプチドを用いた貴金属の回収方法

    谷本智史, 山岡仁史

     詳細を見る

    出願番号:特願2005-242683 

    公開番号:特開2007-56308 

  • 分散剤およびこの分散剤を含むポリ乳酸系複合樹脂粒子

    谷本智史, 岩田俊哉, 山岡仁史, 小堀香奈, 山田昌宏, 川崎真一

     詳細を見る

    出願番号:特願2007-228381 

    公開番号:特開2009-056444 

  • 新規な生分解性相溶化剤及びそれを含む樹脂組成物

    小堀香奈, 山田昌宏, 川崎真一, 阪本浩規, 山岡仁史, 谷本智史

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-130718 

    公開番号:特開2007-302748 

▼全件表示

受賞

  • 高分子学会北陸支部研究発表会優秀研究賞

    2017年11月   高分子学会北陸支部   結晶性コアを有する高分子ミセルの ABA 型トリブロックポリマーによる温度応答ネットワーク化

    山口開之,伊田翔平,金岡鐘局,谷本智史

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 高分子学会北陸支部研究発表会優秀研究賞

    2017年11月   高分子学会北陸支部   結晶性コアを有する高分子ミセルの ABA 型トリブロックポリマーによる温度応答ネットワーク化

    山口開之, 伊田翔平, 金岡鐘局, 谷本智史

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成16年度高分子研究奨励賞

    2005年5月   高分子学会   ブロックコポリマーの固相・液相における構造形成と環境調和型機能材料への応用

    谷本智史

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成16年度高分子研究奨励賞

    2005年5月   高分子学会   ブロックコポリマーの固相・液相における構造形成と環境調和型機能材料への応用

    谷本智史

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • バイオミネラリゼーションによるキトサン微粒子の高機能化

    2007年4月 - 現在

    科学研究費補助金  キトサン, 微粒子, バイオミネラリゼーション

      詳細を見る

    バイオミネラリゼーションによって無機物質とキトサン微粒子とのハイブリッド化を行い、機能性材料を創出する。

  • ペプチド修飾コロイダルシリカの配列制御

    2009年4月 - 現在

    その他の研究制度  ペプチド、シリカ、単粒子膜

  • 含ポリペプチド両親媒性ブロックポリマーの超分子構造と低分子捕捉挙動

    2002年4月 - 現在

    その他の研究制度  ポリペプチド、ミセル、ブロックポリマー、吸着

  • ペプチド修飾シリカ粒子充填カラムの開発とレアメタルイオン選択捕集システムへの応用

    2014年4月 - 2017年3月

    科研費補助金 

    谷本 智史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • バイオミネラリゼーションに倣った炭酸カルシウム/キトサン複合コアシェル粒子の開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科研費補助金  基盤c 

    谷本 智史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ペプチド修飾PLA微粒子

    2009年4月 - 現在

    その他の研究制度  ペプチド、ポリ乳酸、微粒子、分散液

  • ペプチド修飾シリカ微粒子を充填したカラムによる貴金属イオンの選択的超高効率回収

    2009年4月 - 2011年3月

    科研費補助金  若手b 

    谷本 智史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 結晶性ブロックポリマーのミセル型相分離構造と結晶化

    2009年4月

    その他の研究制度  結晶化,球状ミクロ相分離,ブロックポリマー

  • 界面変化から探る結晶性-非晶性ブロックポリマーの結晶化挙動

    2009年4月

    その他の研究制度  結晶化,ブロックポリマー,界面

  • 刺激応答性有機・無機ハイブリッドシリカ微粒子材料の開発

    2004年4月 - 2006年3月

    科研費補助金  若手b 

    谷本 智史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 結晶性鎖のみから成る2元ブロック共重合体の高次構造制御

    2001年

    科研費補助金 

    野島修一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ABA3元ブロック共重合体の結晶化挙動と最終高次構造に関する研究

    2000年4月 - 2002年3月

    科研費補助金 

    野島修一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 高分子表面におけるブロックポリマーの結晶化挙動

    1999年4月 - 現在

    その他の研究制度  結晶化,表面,高分子

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • pH応答タンパク質運搬体としてのキトサンビーズの調製と放出挙動評価

    谷本智史,石場友梨子,大羽 輝,金岡鐘局

    第71回高分子討論会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • pH応答タンパク質運搬体としてのキトサンビーズ調製法の基礎的検討

    谷本智史,石場友梨子,大羽 輝,金岡鐘局

    第 36 回 日本キチン・キトサン学会 大会  2022年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Biomineralization-inspired preparation of chitosan/calcium carbonate composite core-shell microparticles for drug carrier 国際会議

    Satoshi Tanimoto, Izuka Nishii, Shokyoku Kanaoka

    The 8th International Symposium on Metallomics (ISM-8)  2022年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Chitosan/calcium carbonate core-shell type composite microparticles were fabricated via a biomineralization-inspired process with chitosan particles as starting materials. The obtained composite particles were spherical, and the diameter of the composite particles was larger than that of the chitosan particles. XRD measurement indicated that the shell of the composite particle had a crystalline structure. The shell fabrication process was carried out with polyacrylic acid (PAA) or polyglutamic acid (PGlu) as binder molecules between calcium carbonate and chitosan. The crystal form of the shell fabricated with PAA was calcite, which is the most stable form of calcium carbonate crystal. On the other hand, the shell fabricated with PGlu was composed mainly of vaterite crystal, which is not a stable form. Types of binder molecules influenced the crystal structure of the calcium carbonate shell. The drug release behavior of the model drug-introduced core-shell particles was evaluated in various pH conditions. It was revealed that the inorganic shell suppressed drug release and that the crystal form of the calcium carbonate shell affected the suppression of drug release. The core-shell particles prepared in this study are an environmentally friendly hybrid product consisting of inorganic and organic materials and could be used as a novel drug-carrying microcapsule.

  • 環境調和型機能性材料を目指した海洋バイオマス「キトサン」の微粒子化

    谷本智史

    第2回SDGsパートナーシッププログラム・シンポジウム  2022年3月  Japan Research Community for Science and Technology (JAREC)

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • バイオミネラリゼーションに倣ったキトサン/炭酸カルシウム複合コアシェル型微粒子の調製と薬物担体 としての速度論的検討

    谷本智史, 金岡鐘局

    第72回コロイドおよび界面化学討論会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • キトサン/炭酸カルシウム複合コアシェル型微粒子のバイオミネラリゼーションに倣った調製と pH 応答薬物担体としての検討 招待

    谷本智史

    第35回日本キチン・キトサン学会大会  2021年8月  日本キチン・キトサン学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • キトサン/炭酸カルシウム複合コアシェル型微粒子ー薬物放出の速度論的検討ー

    谷本智史,金岡鐘局

    日本キチン・キトサン学会大会  2020年8月  日本キチン・キトサン学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井市  

  • 炭酸カルシウムシェルを有するキトサン微粒子のpH応答薬物担体としての応用検討―放出メカニズム―

    谷本智史,西井泉賀,金岡鐘局

    第33回キチン・キトサン学会大会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 高分子合成

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 分析・環境化学実験

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 有機化学総合および同演習

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 高分子材料合成

    2009年4月 - 2010年3月 機関名:滋賀県立大学

  • 機器分析Ⅱ

    2008年4月 - 2009年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 分析・環境化学実験

    2008年4月 - 2009年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 高分子合成

    2008年4月 - 2009年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 高分子合成

    機関名:滋賀県立大学

  • 機器分析Ⅱ

    機関名:滋賀県立大学

  • 有機化学A2

    機関名:滋賀県立大学

  • 有機化学A1

    機関名:滋賀県立大学

▼全件表示

社会貢献活動

  • 県立守山中学発展学習プログラム

    役割:講師

    滋賀県教育委員会  2019年11月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

  • 滋賀県消防学校講師

    役割:講師

    2011年1月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 材料おもしろ実験室 世話人(2003年7月~2006年11月)

    2003年7月 - 現在