2024/01/29 更新

写真a

ヤマダ アユミ
山田 歩
YAMADA Ayumi
所属
人間文化学研究院
部局
人間文化学部 生活デザイン学科
職名
准教授
外部リンク

私の一言メッセージ

  • 「〇〇してください」や「〇〇禁止」などと呼びかけても、人はなかなか行動を変えてくれません。思い通りに動かない相手(顧客、住民、生活者)を無理なく自然に動かすにはどのように働きかけたらよいのでしょうか。研究室では、社会心理学や行動経済学などから得られる行動インサイトと、生活者調査から得られる生活者インサイトを組み合わせながら、「人を動かす」コミュニケーション手法を研究開発しています。

    キーワード:行動経済学, 社会心理学,広告・広報・ ナッジ

学歴

  • 学習院大学   人文科学研究科

      詳細を見る

    修了課程: 博士課程

    国名: 日本国

  • 大阪大学   人間科学研究科

      詳細を見る

    修了課程: 修士課程

    国名: 日本国

  • 早稲田大学   教育学部

      詳細を見る

    国名: 日本国

学位

  • 博士(心理学) ( 2013年5月   学習院大学 )

研究キーワード

  • 行動経済学,社会心理学,コミュニケーション

経歴

  • 滋賀県立大学   人間文化学部 人間文化学部生活文化学科・生活デザイン専攻   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 滋賀県立大学   人間文化学部 人間文化学部生活文化学科・生活デザイン専攻   講師

    2019年4月 - 2020年3月

  • 滋賀県立大学   人間文化学部 人間文化学部生活文化学科・生活デザイン専攻   助教

    2014年4月 - 2019年3月

  • 帝塚山大学   講師

    2013年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学   助教

    2012年10月 - 2013年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • American Psychological Association

    2021年1月 - 現在

  • 日本認知科学会

    2019年1月 - 現在

  • 行動経済学会

    2011年4月 - 現在

  • 日本消費者行動研究学会

    2010年4月 - 現在

  • 日本社会心理学会

    2001年4月 - 現在

  • 日本心理学会

    2000年4月 - 現在

▼全件表示

研究分野

  • 人文・社会 / 社会心理学

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員

  • 滋賀県  滋賀県観光事業審議会  委員   2023年3月31日 ~ 2025年3月30日

  • 滋賀県  びわこモーターボート競走場場内警備に関する検討委員会  委員   2023年3月 ~ 2023年5月

  • 滋賀県  ナッジ理論活用アドバイザー  委員   2023年1月4日 ~ 2026年3月31日

  • 独立行政法人国際協力機構(JICA)  JICA緒方研究所 研究プロジェクト「COVID-19:ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと強靭な社会にむけて」  委員   2021年9月14日 ~ 2023年3月31日

  • 滋賀県  広報戦略検討懇話会  委員   2021年6月 ~ 2022年3月31日

  • 滋賀県  びわこモーターボート競走場場内警備に関する検討委員会  委員   2021年2月17日 ~ 2021年4月28日

  • 慶應義塾大学慶應SFC学会  外部審査員  委員   2020年11月 ~ 2021年3月

  • 滋賀県地球温暖化防止活動推進センター  省エネ脱CO2のまちづくりアドバイザー  委員   2020年8月1日 ~ 2021年2月28日

  • 近江八幡市  子育てに関する審議会  委員長   2018年7月 ~ 2018年9月

  • エフエム滋賀  番組審議会  委員   2018年4月1日 ~ 現在

▼全件表示

学会等における役職

  • 日本社会心理学会  広報委員  その他役職   2023年4月 ~ 2027年3月

研究シーズ

  • マーケティング・消費者行動

論文

  • 歩きスマホを防止するナッジ―フィールド実験による検証 査読

    山田 歩, 木戸 柚果, 古木 一朗, 椿 泰範, 橋口 拓弥, 橘 温希

    エモーション・スタディーズ   8 ( 1 )   74 - 90   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本感情心理学会   参加形態:共同(主担当)  

  • 電柱・電線は景観を損ねるか―評価者の評価モードに着目した検討 査読

    山田 歩

    日本感性工学会論文誌   21 ( 2 )   161 - 165   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本感性工学会  

  • 検索エンジンが増幅させる日本における偏見とステレオタイプ(プロシーディングス)

    山田歩

    International transmission and global solidarity in Japanese Studies   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Hanyang University  

  • 選択の誘導を考える 査読

    山田 歩

    繊維製品消費科学   61 ( 4 )   262 - 267   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本繊維製品消費科学会  

  • 意思決定者はナッジによる操作から逃れられるか(プロシーディングス)

    山田 歩

    行動経済学   12   s41 - s47   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:行動経済学会  

  • もっともらしい理由の利用可能性が自己報告に与える影響―経路選択課題を用いた検討―

    山田歩

    人間文化   46   70 - 75   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:滋賀県立大学  

  • Option-Splitting Effects in Poll Regarding Japan’s Right to Exercise Collective Self-Defense 査読 国際誌

    Yamada, Ayumi & Ji Young Kim

    Social Science Japan Journal   19 ( 1 )   59 - 69   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press   参加形態:共同(主担当)  

  • テイスティング状況が飲料への評価に与える影響 査読

    山田 歩, 芳澤 希, 鮫島 和行, 野場 重都, 鰐川 彰, 舛田 晋, 植田 一博

    認知科学   22 ( 3 )   437 - 446   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

  • 選択肢の分割が世論調査の回答に与える影響(プロシーディングス)

    山田歩, 金志英

    行動経済学   7   37 - 40   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   参加形態:共同(主担当)  

  • The Effect of an Analytical Appreciation of Colas on Consumer Beverage Choice 査読

    Yamada, A., Fukuda, H., Samejima, K., Kiyokawa, S., Ueda, K., Noba, S., & Wanikawa, A.

    Food Quality and Preference   43   1 - 4   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(主担当)  

  • 選好判断における自己推論過程

    山田歩

    2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

  • Cross Cultural Differences in Unconscious Knowledge. 査読

    Kiyokawa, S.,Dienes, Z., Tanaka, D., Yamada, A., & Crowe, L.

    Cognition   124   16 - 24   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   参加形態:共同(副担当)  

  • テイスティング方法がコーラの選好に与える影響(プロシーディングス) 査読

    山田 歩, 福田 玄明, 鮫島 和行, 清河 幸子, 南條 貴紀, 植田 一博, 野場 重都, 鰐川 彰

    行動経済学   4   129 - 132   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   参加形態:共同(主担当)  

  • もっともらしい理由による選択の促進 査読

    山田歩,外山みどり

    心理学研究   81   492 - 500   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本心理学会   参加形態:共同(主担当)  

  • Appreciating art verbally: Verbalization can make a work of art be both undeservedly loved and unjustly maligned 査読

    Yamada,A.

    Journal of Experimental Social Psychology   45   1140 - 1143   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Visual strength as the constraint condition in artificial grammar learning.(プロシーディングス) 査読 国際誌

    Tanaka, D., Kiyokawa, S., Yamada, A., Dienes, Z., & Shigemasu, K.

    Proceedings of the 31st Annual Conference of the Cognitive Science Society   1894 - 1899   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   参加形態:共同(副担当)  

  • Role of selective attention in artificial grammar learning 査読

    Tanaka, D., Kiyokawa, S.,Yamada, A., Dienes, Z., & Shigemasu, K.

    Psychonomic Bulletin & Review   15   1154 - 1159   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • 人は、何をもって好ましいと思い、商品を選ぶのか?消費者が語る好みの理由に潜む嘘を探る!

    山田歩

    Material Stage   7   79 - 81   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:技術情報協会  

  • 防犯報道の内容分析

    山田歩

    研究年報   53   229 - 243   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:学習院大学文学部  

  • What Is Really Learned in Artificial Grammar Learning? Implicit Intention for Learning in the Selective Attention Process.(プロシーディングス) 査読 国際誌

    Tanaka, D., Kiyokawa, S., Yamada, A., & Shigemasu, K.

    Proceedings of the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society   1545 - 1550   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   参加形態:共同(副担当)  

  • 市場化する社会の規範意識とメディアの防犯報道

    山田歩

    社会安全研究財団平成16年度研究助成報告書   170 - 173   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:社会安全研究財団  

  • 閾下での単純接触が特性判断に与える影響とステレオタイプ的知識の役割 査読

    山田歩

    心理学研究   75 ( 2 )   134 - 141   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 複数の広告に現れる特徴が商品の選好に及ぼす影響について:繰り返し接触するパタンへの好みの形成とその意識的な気づき

    山田歩

    第37次吉田秀雄記念事業財団助成研究要旨集   134 - 141   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:吉田秀雄記念事業財団  

  • 情動・認知の誤帰属と処理の順序性 査読

    山田歩

    対人社会心理学研究   1   171 - 184   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大阪大学大学院  

▼全件表示

書籍等出版物

▼全件表示

MISC

  • 将来世代の声を聴く。育てる。―フューチャー・デザインと住民の声―

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 165 )   143 - 143   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

  • やられてもやり返さない。─歩きスマホとナッジ

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 164 )   143 - 143   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

  • SDGsとナッジ―「意識高め」ではなく「楽しい」が人を動かす

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 163 )   142 - 142   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202208/behavioral-insights/024430.php

  • 同じパーパス、でも行動は違う─「安心」と「信頼」の社会心理学

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 162 )   142 - 142   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202207/behavioral-insights/024213.php

  • 受診率の向上を後押しするナッジ

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 161 )   142 - 142   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202206/behavioral-insights/024006.php

  • 無理強いせず後押し、ナッジを実務に活かす

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 160 )   143 - 143   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202205/behavioral-insights/023787.php

  • 政策は現実離れしていないか? 行動インサイトとEBPM

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 159 )   142 - 142   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202204/behavioral-insights/023611.php

  • 「理由」が人を動かす!? 心理学実験に見る心の動き

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 158 )   142 - 142   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202203/behavioral-insights/023385.php

  • 取扱注意!「共感」で副作用を引き起こしていないか?

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 157 )   142 - 142   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202202/behavioral-insights/023169.php

  • 「モノで釣る」呼び掛けにはご注意を──報酬の副作用

    山田 歩

    広報会議   2022 ( 156 )   142 - 142   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202201/behavioral-insights/022951.php

  • 勘違いで逆回答──回答形式は正しく設計されているか

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 155 )   142 - 142   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202112/behavioral-insights/022768.php

  • 否定するだけでは不安は消せない? ――デマ情報と情報訂正

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 154 )   142 - 142   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202111/behavioral-insights/022562.php

  • 侮るなかれ「検索結果」が引き起こす思い込み

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 153 )   144 - 144   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202110/behavioral-insights/022362.php

  • 効きすぎ注意! 抗えない「行動のクセ」を悪用していないか?

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 152 )   141 - 141   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202109/behavioral-insights/022124.php

  • 「勘定」は「感情」より強い?─東京五輪・パラリンピックと「拍手」

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 151 )   141 - 141   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202108/behavioral-insights/021933.php

  • 怪しい相手とは付き合うな――企業レピュテーションと対人認知

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 150 )   141 - 141   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202107/behavioral-insights/021723.php

  • 「ダメ出し」してもらうアンケートでサービス満足度が低下?――質問の副作用

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 149 )   141 - 141   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202106/behavioral-insights/021498.php

  • 待望のワクチンのはずが…なぜ接種を「先延ばし」してしまうのか

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 148 )   141 - 141   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202105/behavioral-insights/021216.php

  • 呼び掛けるだけになっていないか ─有休取得とデフォルト

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 147 )   139 - 139   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202104/behavioral-insights/021007.php

  • 本音を聞き出したつもりになっていないか ─「中流」意識とアンケート

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 146 )   139 - 139   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202103/behavioral-insights/020779.php

  • 間違った行動理解をしていないか ─転落防止ポスターとコミュニケーション

    山田 歩

    広報会議   2021 ( 145 )   139 - 139   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:宣伝会議  

    その他リンク: https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/202102/behavioral-insights/020561.php

▼全件表示

Works(作品等)

  • ひふみ(石州和紙のグリーティングカード)

    芸術と文化のまちづくり事業実行委員会

    2017年5月

     詳細を見る

    参加形態:代表者  

  • 滋賀麻工業のプロモーションムービー

    滋賀麻工業

    2017年1月

     詳細を見る

    参加形態:代表者  

  • ミニ新居(大兼工務店のダイレクトメール)

    大兼工務店,滋賀県立大学・藤木庸介,滋賀県立大学・三輪あさひ

    2015年11月

     詳細を見る

    参加形態:代表者  

その他

  • メディア掲載: 『京都新聞』(2023.3.5)「ナッジで社会より良く」

    2023年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『中日新聞』(2022.12.13)「私たちの世界はカラフルだ」

    2022年12月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『中日新聞』(2022.9.3)「本の陳列や装飾、琵琶湖みたい 長浜と米原の図書館」

    2022年9月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『京都新聞』(2022.7.21)「社会良くするアイデアを」

    2022年7月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『中日新聞』(2021.10.29)「笑顔の表紙 100冊並ぶ」

    2021年10月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『中日新聞』(2021.10.23)「「本みくじ」染みる格言 人生編」

    2021年10月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『中日新聞』(2021.8.9)「「本みくじ」で学生応援」

    2021年8月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 作品掲載:『西日本の和紙』理論社(2020年10月)

    2020年10月

     詳細を見る

    研究活動区分:芸術活動・建築作品等

  • 書評掲載: 『週刊読書人』(2020年9月11日号(3356号))

    2020年9月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『滋賀テックプランター』(Apr2020)「県内大学の協力研究者による研究サポート」

    2020年4月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『教育応援』(Mar2020)「研究者・スタートアップを巻き込んだ次世代育成の推進」

    2020年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 書評掲載: 『大阪作業療法ジャーナル』(Jan2020)

    2020年1月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 書評掲載: 『図書館雑誌』(2019年 号数未確認)

    2019年12月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 書評掲載: 『Marketing Horizon』 2019年10月号

    2019年10月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 書評掲載:『 日経広告研究所報』(2019.8)

    2019年8月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 書評掲載:『 読売新聞』(2019.5.26)

    2019年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 作品掲載: 『成功するDMの極意 全日本DM大賞年鑑2019』(Apr2019)

    2019年4月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『山陰中央新報』(2017.9.22)「地域とアート融合」

    2017年9月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『蛍雪時代』2017年6月号(June2017)

    2017年6月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『中国新聞』(2017.5.09)「光にかざす鳥の影絵 石州和紙 大賞のカード商品化」

    2017年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『宣伝会議』2017年5月号(May2017)「2016年度の秀逸ダイレクトメールが集結「第31回全日本DM大賞」の結果が発表に」

    2017年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『野村週報』(May2017 号数未確認)

    2017年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『販促会議』2017年5月号(May2017)「商品の便利さ、利点を感じさせる工夫 DM成功の要は「さわれるベネフィット」」

    2017年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『読売新聞(中国)』(2017.5.09)「光に移ろう石州和紙カード」

    2017年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『大学受験パスナビ』(26May2017)「先生と学生との共同作品が、全日本DM大賞グランプリ受賞」

    2017年5月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『読売新聞(滋賀)』(2017.4.04)「新居飛び出すDM 最高賞」

    2017年4月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • 作品掲載: 『成功するDMの極意 全日本DM大賞年鑑2017』(Apr2017)

    2017年4月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『ブレーン』2017年5月号(May2017)「日本で最も優れたダイレクトメールを表彰、第31回全日本DM大賞入賞作品決定」

    2017年4月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『ASCII』(2017.3.06)「全日本DM大賞、ソーシャルDM「ミニ新居」がGP受賞」

    2017年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『毎日新聞(滋賀)』(2017.3.28)「全日本DM大賞 県立大生グランプリ 卒業の三輪さん「ミニ新居」 工務店向け、地域と顧客結びつける /滋賀」

    2017年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『日本流通産業新聞』(2017.3.16)「日本郵便「全日本DM大賞」入賞作品発表/グランプリは新築祝いDM/ディセンシアは4作品に表彰」

    2017年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『日本印刷新聞』(2017.3.30)「第31回全日本DM大賞、グランプリは大兼工務店「ミニ新居」(滋賀県立大)」

    2017年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『MASSMEDIAN』(Mar2017)「新居の飛び出すDMが、第31回「全日本DM大賞」グランプリ」

    2017年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『Advertimes』(2017.3.03)「新居の飛び出すDMが、第31回「全日本DM大賞」グランプリ」

    2017年3月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

  • メディア掲載: 『The British Psychological Society: Research Digest』(2009.9.28)"Talking about art can alter our appreciation of it"

    2009年9月

     詳細を見る

    研究活動区分:その他

▼全件表示

受賞

  • ベストナッジ賞(環境大臣賞)

    2023年2月   環境省  

    三菱電機情報技術総合研究所,滋賀県立大学山田歩研究室

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第31回全日本DM大賞 金賞グランプリ

    2017年3月   日本郵便  

    山田歩,藤木庸介,三輪あさひ

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 行動経済学会 奨励賞

    2014年12月   行動経済学会  

    山田歩

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本心理学会 優秀論文賞

    2011年9月   日本心理学会  

    山田歩,外山みどり

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 第33回全日本DM大賞 入選

    2019年3月   日本郵便  

    滋賀県立大学, 滋賀県立大学山田歩研究室

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 石州和紙デザインコンペ2017 石州半紙技術者会長賞

    2017年10月   芸術と文化のまちづくり事業実行委員会  

    滋賀県立大学山田歩研究室

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • NAC AWARD 2016 特別賞

    2016年7月   株式会社ナック  

    大兼工務店,藤木庸介,三輪あさひ,山田歩

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 石州和紙デザインコンペ2015 中国経済産業局長賞(グランプリ)

    2015年11月   芸術と文化のまちづくり事業実行委員会  

    山田歩,三輪あさひ,宮下絵里,野村菜津美,一ノ瀬萌

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 石州和紙デザインコンペ2015 千葉すず賞

    2015年11月   芸術と文化のまちづくり事業実行委員会  

    山田歩,三輪あさひ,宮下絵里,野村菜津美,一ノ瀬萌

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 販促会議企画コンペティション2015 ファイナリスト

    2015年9月   販促会議  

    山田歩, 一ノ瀬 萌, 木村 毅, 野村 菜津美, 宮下 絵里, 三輪 あさひ

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 石州和紙デザインコンペ2014 千葉すず賞

    2014年11月   芸術と文化のまちづくり事業実行委員会  

    滋賀県立大学生活デザイン学科山田ゼミ

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ナッジを用いた人の行動変容を促す技術に関する研究(代表研究者)

    2023年4月 - 2024年3月

    三菱電機情報技術総合研究所  共同研究

      詳細を見る

    配分額:1150000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:150000円 )

  • 高齢者や障害者、介護者の負担を減らせる、裏表や前後のない衣服にまつわる技術開発 (共同研究者)

    2022年9月 - 2023年8月

    NEDO (新エネルギー・産業技術総合開発機構)  SBIR 推進プログラム  

    HONESTIES

      詳細を見る

    配分額:1020000円 ( 直接経費:785000円 、 間接経費:235000円 )

  • 図書館を活用した大学生世代の読書推進事業(代表研究者)

    2022年8月 - 2023年3月

    滋賀県長浜市  共同研究

    山田歩

      詳細を見る

  • ナッジ理論を適用した公共マナー改善システム(代表研究者)

    2022年6月 - 2023年3月

    三菱電機情報技術総合研究所  共同研究

      詳細を見る

    配分額:1150000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:150000円 )

  • ナッジを用いた人の行動変容を促す技術に関する研究(代表研究者)

    2021年6月 - 2022年3月

    三菱電機情報技術総合研究所  共同研究

      詳細を見る

    配分額:805000円 ( 直接経費:700000円 、 間接経費:105000円 )

  • 図書館を活用した大学生世代の読書推進事業(代表研究者)

    2021年4月 - 2022年3月

    滋賀県長浜市  共同研究

    山田歩

      詳細を見る

  • 理由のブレンドが社会的判断に与える影響(代表研究者)

    2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費(基盤C) 

    山田歩

      詳細を見る

    配分額:3000000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:2100000円 )

  • 人の観光にかかる意思決定構造のモデル化とローカル・リビングヘリテージの維持・保全(共同研究者)

    2018年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費(基盤C) 

    藤木庸介

      詳細を見る

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

  • 顧客と企業を結びつけるソーシャルDMの開発(代表研究者)

    2017年6月 - 2018年3月

    大兼工務店  共同研究

      詳細を見る

    配分額:990000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:90000円 )

  • 帰属過程に関する文化差の再検討(共同研究者)

    2017年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費(基盤C) 

    外山みどり

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:300000円 、 間接経費:600000円 )

  • オンラインムービーを用いた企業ブランディングの研究(代表研究者)

    2016年8月 - 2017年3月

    滋賀麻工業  共同研究

    山田歩

      詳細を見る

    配分額:300000円 ( 直接経費:270000円 、 間接経費:30000円 )

  • パッケージ住宅の開発へ向けたマーケティング調査(共同研究者)

    2015年6月 - 2016年3月

    大兼工務店  受託研究

    藤木庸介

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:100000円 )

  • 選択アーキテクチャと態度形成(代表研究者)

    2013年4月 - 2017年3月

    文部科学省  文部科学省科学研究費(若手研究 (B) 25780370) 

    山田歩

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

  • 社会的判断における誤帰属過程の顕在性・潜在性に関する検討(共同研究者)

    2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C) 22530676) 

    外山みどり

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

  • 選好の理由の分析に伴う選好の混乱と選好の正当化(代表研究者)

    2008年4月 - 2010年3月

    文部科学省  文部科学省科学研究費(若手研究 (B) 20730408) 

    山田歩

      詳細を見る

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

  • もっともな理由が利用可能な状況における自己の態度帰属と態度規定因への気づき(代表研究者)

    2006年4月 - 2008年3月

    文部科学省  文部科学省科学研究費(若手研究 (B) 18370389) 

    山田歩

      詳細を見る

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

  • 市場化する社会の規範意識とメディアの防犯報道(代表研究者)

    2004年6月 - 2005年6月

    社会安全研究財団  社会安全研究財団平成16年度研究助成 

      詳細を見る

    配分額:840000円 ( 直接経費:840000円 )

  • 複数の広告に現れる特徴が商品の選好に及ぼす影響について~繰り返し接触するパタンへの好みの形成とその意識的な気づき~(代表研究者)

    2003年4月 - 2004年3月

    吉田秀雄記念事業財団第37次研究助成 

    山田歩

      詳細を見る

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 歩きスマホを防止するナッジ

    山田歩, 木戸柚果, 古木一朗, 椿泰範, 橋口拓弥, 橘温希

    日本認知科学会第40回大会  2023年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 点字フォントの開発と評価

    山田歩

    日本心理学会第86回大会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 行動経済学とダイレクトマーケティングー行動インサイトで人を動かす、人を守るー(基調講演) 招待

    山田歩

    データドリブン・コミュニケーションセミナー 2022(主催:一般社団法人 日本ダイレクトメール協会))  2022年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • Can decision-makers resist nudge interventions? 国際会議

    Ayumi YAMADA

    14th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Seoul (Korea Republic)  

  • Are transparent defaults ethical? 国際会議

    Ayumi YAMADA

    International Congress of Psychology 2020+  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Plaque (Czech Republic)  

  • 温暖化を防ぐ暮らし方ーナッジで後押し!暮らしの中で脱CO2が進むアイデアー 招待

    山田歩

    近江八幡市桐原学区協働まちづくり協議会・滋賀県地球温暖化防止活動推進センター 共同シンポジウム「水害にどのように向き合うか-温暖化を防ぎ備える桐原スタイル」  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ナッジの開示は意思決定者に自由をもたらすか

    山田歩

    日本社会心理学会第61回大会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • リバタリアン・パターナリズムにおける選択の自由(招待講演) 招待

    山田歩

    日本認知科学会第37回大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 意思決定者はナッジによる操作から逃れられるか

    山田歩

    第13回行動経済学会大会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ナッジと意識的自覚

    山田歩

    日本心理学会第83回大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 選択と誘導の認知科学―ナッジはウェルビーイングを導くのか―(招待講演) 招待

    山田歩

    人工知能学会第33回大会  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • 顧客と工務店をつなぐソーシャルDMの開発

    山田歩,藤木庸介

    日本感性工学会第13回春期大会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ミニ新居 招待

    山田歩,大兼工務店

    DM成功事例セミナー2017  2017年5月  日本DM協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 列車非常停止装置の使用を規定するデザイン

    山田歩,南政宏,小野寺順,犬塚史章,広田すみれ

    日本感性工学会第18回大会  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • テイスティングする状況が飲料の評価に与える影響

    山田歩,芳澤希,鮫島和行,野場重都,舛田晋,鰐川彰,植田一博

    第9回行動経済学会大会  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 選好の予測と帰属におけるバイアス

    山田歩

    第7回認知科学セミナー(@名古屋大学心理発達科学専攻)  2015年6月  名古屋大学心理発達科学専攻

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学  

  • 選択肢の分割が世論調査の回答に与える影響

    山田歩,金志英

    第8回行動経済学会大会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 選択肢の分け方が世論調査に与える影響 国際共著

    山田歩,金志英

    日本心理学会第78回大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 二過程モデルに基づく選好判断の分析

    山田歩

    経営学ワークショップ(@帝塚山大学経済経営研究所)  2014年6月  帝塚山大学経済経営研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:帝塚山大学  

  • 休憩がアイデア生成に与える影響

    渡邊勝太郎,山田歩,福島洋一,植田一博

    日本認知心理学会第12回大会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 選好の自己推論過程

    山田歩

    社会心理学セミナー(@大阪大学大学院人間科学研究科)  2013年11月  大阪大学大学院人間科学研究科

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪大学  

  • 利用範囲が広いほどプリペイド・カードの魅力は高まるか

    山田歩,植田一博

    日本社会心理学会第54回大会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消費者の伝えるニーズと見えないニーズ

    山田歩

    日本心理学会第77回大会 「心理学がビジネスを変える!?」シンポジウム  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 意識的情報を用いたモチベーションの向上:ワークモチベーションエンジニアリングに向けて

    鈴木宏昭,福田玄明,鈴木聡,田中克明,山田歩

    人工知能学会第27回全国大会  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 利用範囲の拡大は商品の魅力を高めるか

    山田歩,植田一博,福田玄明

    行動経済学会第6回大会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 目標伝染における知識の役割

    太田真梨子,鈴木宏昭,山田歩,福田玄明

    日本認知科学会第29回大会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 選好と無意識(「無意識研究の最前線」ワークショップ)

    山田歩

    日本社会心理学会第53回大会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • デフォルトは態度を変えるか

    山田歩, 外山みどり

    日本社会心理学会第53回大会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 可知と不可知を知る:選好判断から(可知と不可知を知る-認知における言語の役割とは-」ワークショップ)

    山田歩

    日本心理学会第76回大会  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 利用範囲の拡大はプリペイドカードの魅力を高めるか

    山田歩,植田一博, 福田玄明

    第44回消費者行動研究コンファレンス  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 行動経済学からわかるユーザーの行動とデザインのありかた

    山田歩

    World IA Day日本大会  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京大学  

  • ワークモチベーション・エンジニアリング構想

    鈴木宏昭,山田歩,福田玄明,田中克明

    日本認知科学会 学習と対話研究分科会  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • テイスティング方法がコーラの選好に与える影響

    山田歩,福田玄明,鮫島和行,清河幸子,南條貴紀,植田一博,野場重都,鰐川彰

    第5回行動経済学会大会  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 赤色が男性の魅力に及ぼす効果の検討

    井垣竹晴,八賀洋介,山田歩

    日本心理学会第75回大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 潜在学習における注意の役割(12)

    清河幸子,Dienes Zoltan,田中大介,山田歩

    日本心理学会第75回大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 自覚のない社会的意図の推測が囚人のジレンマゲームにおける協調行動に与える影響

    福田玄明,鈴木宏昭,山田歩

    日本心理学会第75回大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 潜在的な目標が課題達成に与える影響

    山田歩,鈴木宏昭,福田玄明

    日本心理学会第75回大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 衛生文脈における目標伝染 国際会議

    鈴木宏昭,太田真梨子,山田歩,福田玄明

    日本心理学会第75回大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Implicit influence of other’s intention in prisoner’s dilemma game. 国際会議

    Fukuda, H., Suzuki, H., & Yamada, A.

    the 15th Annual Meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 二重課題を用いたオノマトペの処理様式の検討(2)

    鈴木宏昭,根岸玄,山田歩

    日本心理学会第74回大会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中間選択肢の意味と回答順序効果に関する研究

    増田真也 , 坂上貴之 , 山田 歩

    日本心理学会第74回大会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 好みは無意識に左右される

    山田歩

    心理コロキウム  2010年1月  中部大学人文学部心理学科

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:中部大学  

  • 二重課題を用いたオノマトペの処理様式の検討

    鈴木宏昭,山崎陽子,山田歩

    日本心理学会第73回大会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Visual strength as the constraint condition in artificial grammar learning. 国際会議

    Tanaka, D., Kiyokawa, S., Yamada, A., Dienes, Z., & Shigemasu, K.

    the 31st Annual Conference of the Cognitive Science Society  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 無意識的に獲得される知識の比較文化的検討

    清河幸子,田中大介,Dienes Zoltan,山田歩

    日本認知心理学会第7回大会  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Appreciating art verbally: Verbalization can make a work of art seem to be either a piece of trash or a masterpiece. 国際会議

    Yamada, A.

    the 11th European Congress of Psychology  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 選好の理由の言語化が選好に与える影響

    山田歩

    日本心理学会第72回大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Appreciating art verbally: Verbalization can make a work of art seem to be either trash or a masterpiece. 国際会議

    Yamada, A.

    the 29th International Congress of Psychology  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 注意の切り替えが人工文法学習に与える影響

    田中大介,清河幸子,宮崎慧,山田歩

    日本認知心理学会第7回大会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 選好判断における言語化の役割(「思考と行動における言語の役割」ワークショップ)

    山田歩

    日本心理学会第71回大会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 好みを操る(「単純接触効果研究の最前線」ワークショップ)

    山田歩

    日本心理学会第70回大会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 同一物選択課題における位置効果への気づきと選択理由

    山田歩

    日本心理学会第70回大会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 人工文法学習課題を用いた選択的注意の役割に関する検討:潜在学習における注意の役割(3)

    田中大介,清河幸子,山田歩,繁桝算男

    日本心理学会第70回大会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 人工文法学習課題を用いた選択的注意の役割に関する検討:潜在学習における注意の役割(4)

    清河幸子,田中大介,山田歩,繁桝算男

    日本心理学会第70回大会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • もっともな理由による選択の促進

    山田歩,外山みどり

    日本社会心理学会第47回大会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • What is really learned in artificial grammar learning? Implicit intention for learning in the selective attention process. 国際会議

    Tanaka, D., Kiyokawa, S., Yamada, A., & Shigemasu, K.

    the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Investigating the role of selective attention in implicit learning. 国際会議

    Tanaka,D., Kiyokawa,S., Yamada,A., & Shigemasu,K.

    the 5th International Conference of the Cognitive Science  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • The role of attention in implicit learning. 国際会議

    Tanaka, D., Kiyokawa, S., & Yamada, A.

    the 6th Tsukuba International Conference on Memory  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 単純接触効果における刺激の処理水準の検討‐人工文法課題を用いて‐

    田中大介,清河幸子,山田歩

    日本心理学会第68回大会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 潜在学習における直接的測度と間接的測度の比較

    山田歩

    日本心理学会第68回大会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Preference and grammaticality judgments are differentially sensitive to different representational forms acquired in artificial grammar learning. 国際会議

    Yamada, A.

    the 28th International Congress of Psychology  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 繰り返し接するパタンへの好みの無自覚的な形成

    山田歩

    日本社会心理学会第45回大会  2004年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Role of similarity in generalization of mere exposure effect. 国際会議

    Tanaka, D., Yamada, A., & Kiyokawa, S.

    the 5th Tsukuba International Conference on Memory  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 類似性に基づく単純接触効果の般化の検討(2)

    山田歩,清河幸子,田中大介

    本心理学会第67回大会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 類似性に基づく単純接触効果の般化の検討(1)

    清河幸子,山田歩,田中大介

    本心理学会第67回大会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 知覚的顕現性と社会的推論

    外山みどり,山田歩

    日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 閾下反復呈示がジェンダーステレオタイプ的判断に与える影響

    山田歩

    日本社会心理学会第43回大会  2002年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 閾下で繰り返し出会う同性・異性に抱く好意感情の差異

    山田歩,岸本渉

    日本心理学会第66回大会  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 単純接触効果におけるポジティブ判断傾性とTFT戦略

    岸本渉,山田歩

    日本グループ・ダイナミックス学会第49回大会  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 行動デザイン論

    2021年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • マーケティング論

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 構想デザイン演習Ⅲ

    2025年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 構想デザイン演習Ⅰ

    2024年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 構想デザイン演習Ⅱ

    2024年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 構想デザイン特論A

    2023年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 外国書講読(1)

    2022年9月 - 現在 機関名:同志社大学

  • 外国書講読(2)

    2022年9月 - 現在 機関名:同志社大学

  • マーケティング演習

    2021年4月 - 2024年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 地域共生論

    2020年4月 - 2023年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部全学共通科目 

  • 人格心理学

    2018年9月 - 2020年3月 機関名:立命館大学

  • 社会心理学

    2017年9月 - 2020年3月 機関名:立命館大学

  • 心理学特殊講義

    2017年9月 - 2018年3月 機関名:立命館大学

  • マーケティング特論

    2015年4月 - 2023年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 卒業研究・制作/論文Ⅱ(生活デザイン)

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 卒業研究・制作/論文Ⅰ(生活デザイン)

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 生活デザイン論演習Ⅱ

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 生活デザイン論演習Ⅰ

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 生活デザイン論

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 人間探求学(生活デザイン)

    2014年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 生活経営論

    2014年4月 - 2024年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • マーケティングリサーチ演習

    2014年4月 - 2021年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 消費者行動論

    2014年4月 - 2021年3月 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • マーケティング論

    2013年10月 - 2014年10月 機関名:帝塚山大学経営学部

  • 消費者行動論

    2013年10月 - 2014年9月 機関名:帝塚山大学経営学部

  • 経営学基礎

    2013年10月 - 2014年3月 機関名:帝塚山大学経営学部

  • 経営と社会

    2013年10月 - 2014年3月 機関名:帝塚山大学経営学部

  • 社会心理学B

    2013年4月 - 2019年9月 機関名:明治学院大学心理学部

  • 社会心理学概論

    2012年4月 - 2012年9月 機関名:埼玉大学教育学部

  • 社会心理学特講

    2011年10月 - 2012年3月 機関名:埼玉大学教育学部

  • 心理統計学基礎

    2011年4月 - 2013年9月 機関名:青山学院大学人間教育学部

  • 心理学基礎演習Ⅱ

    2011年4月 - 2013年9月 機関名:青山学院大学人間教育学部

  • 心理学演習ⅢA

    2011年4月 - 2011年9月 機関名:東京女子大学現代教養学部

  • 産業組織心理学

    2011年4月 - 2011年9月 機関名:川口短期大学

  • 心理学演習Ⅱ

    2009年4月 - 2012年3月 機関名:学習院大学文学部

  • 心理学Ⅳ

    2009年4月 - 2012年3月 機関名:青山学院女子短期大学

  • 心理学Ⅲ

    2009年4月 - 2012年3月 機関名:青山学院女子短期大学

  • ビジネス心理総論

    2009年4月 - 2009年9月 機関名:東京立正短期大学

  • 心理学Ⅰ

    2008年4月 - 2009年3月 機関名:青山学院女子短期大学

  • 心理学Ⅱ

    2008年4月 - 2009年3月 機関名:青山学院女子短期大学

  • メディアとコミュニケーションの心理

    2008年4月 - 2009年3月 機関名:東京女学館大学

  • 社会心理学

    2007年9月 - 2013年9月 機関名:芝浦工業大学工学部

  • 心理データ解析

    2007年4月 - 2008年3月 機関名:東京女学館大学

  • 社会心理学

    2004年4月 - 2008年3月 機関名:埼玉工業大学人間社会学部

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2023年11月   宇佐美菫・藤崎由渚(ゼミ生) 「pie」「2023年度グッドデザイン・ニューホープ賞 (主催:公益財団法人日本デザイン振興会) 」Honorable Mention

  • 2023年11月   戸田理菜(ゼミ生) 「美髪学園」「2023年度グッドデザイン・ニューホープ 賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会) 」Honorable Mention

  • 2023年6月   清水唯葉(ゼミ生) 「ちょっと、寿命縮めてくるわ!」「令和5年禁煙ポスターコンテスト(主催:北海道禁煙週間実行委員会・公益財団法人 北海道健康づくり財団) 」入選

  • 2023年4月   長谷川菜月(ゼミ生) 「サーキュラースタンド」「第54回毎日・DAS学生デザイン賞「金の卵賞」(主催:毎日新聞社、一般社団法人総合デザイナー協会DAS 第54回毎日・DAS学生デザイン賞)」入選

  • 2023年3月   脇捺夢(受講生) 「回転寿司のコップを衛生的に利用するアイデア」 「第11回OACアイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ チェンジメーカー賞

  • 2023年3月   宇佐美菫(ゼミ生) 「BOWING」 「東海プロダクトデザインアワード2022(主催:「TOKAI PRODUCT DESIGN AWARD」実行委員会)」 最優秀賞

  • 2022年12月   中谷華世・大高日菜美・長谷川菜月(ゼミ生) 「BASS KINGDOM」「2022年度グッドデザイン・ニューホープ 賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会) 」Honorable Mention

  • 2022年10月   宇佐美菫(ゼミ生) 「mai bag」 「中信学生デザインコンテスト2022(主催:京都中央信用金庫・京都知恵産業創造の森)」 最優秀賞

  • 2022年10月   中谷華世(ゼミ生) 「コーヒークッキー」 「中信学生デザインコンテスト2022(主催:京都中央信用金庫・京都知恵産業創造の森)」 佳作

  • 2022年6月   戸田理菜(ゼミ生) 「kagikkako.」 「bud brand award 2022 (主催:一般社団法人日本 DESIGN BANK)」 グランプリ

  • 2022年3月   北澤いづみ(受講生) 「信号無視を無くすアイデア」 「第10回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」Too奨励賞

  • 2021年3月   坂上晴穂(受講生) 「農家の人々への支援を促すアイデア」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞

  • 2021年3月   谷利華音(受講生) 「スポーツ観戦や音楽ライブなどで必ずマスクを着用してもらうアイデア」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ チェンジメーカー賞

  • 2021年3月   川端あい(受講生) 「窓のカギを忘れずに閉めるアイデア」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞

  • 2021年3月   伊藤美月(受講生) 「時間と予定を同時に把握しやすくする掛け時計」 「第9回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞

  • 2020年2月   滋賀県立瀬田工業高校(協力研究者としてサポート) 「地域の素材を活かしたペンターニングによるオリジナルペンの製作と商品化」 「第3回滋賀ジュニアリサーチグラント」東洋紡賞

  • 2019年3月   滋賀県立大学生活デザイン学科・滋賀県立大学山田研究室 「在学生が贈る受験生応援DM」「第33回全日本DM大賞(主催:日本郵便)」入選

  • 2018年3月   遠藤颯希(受講生) 「蛇口をしっかりしめるようになるアイデア」 「第6回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ

  • 2018年3月   滋賀県立大学生活デザイン学科3年生チーム 「オカシなお医者さん」 「BranCo! 2018(主催:博報堂・東京大学)」3位

  • 2018年3月   田中冴佳(受講生) 「地域の街歩きを楽しくするアイデア」 「第6回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ

  • 2018年3月   河本菜緒(受講生) 「水をムダにしないアイデア」「第6回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ

  • 2018年3月   山本紗也(受講生) 「イベントごみぶくろ」 「第6回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞

  • 2017年12月   服部紗栄子(ゼミ生) 「東海道・中山道たび丸君探しの旅」 「南草津駅階段デザイン事業(主催:滋賀県草津市)」優勝

  • 2017年11月   滋賀県立大学山田研究室 「「島根県浜田市を元気にする魚拓DM」 第4回石州和紙デザインコンペ(主催:碧い石見の芸術祭・芸術と文化のまちづくり事業実行委員会)」石州半紙技術者会長賞

  • 2017年9月   滋賀県立大学山田研究室4年生チーム 「ます香」 「Student Innovation College 2016(主催:Sカレ委員会)」優秀賞

  • 2017年3月   林晶(ゼミ生) 「駆け込み乗車数を減らすアイデア」 「第5回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACゴールド(グランプリ)

  • 2017年3月   鈴木亜実(受講生) 「子どもリサイクル市」 「第5回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」OACブロンズ

  • 2017年3月   服部 紗英子(ゼミ生) 「ゴミを分別したくなるゴミ箱」「第5回OAC学生アイデアで社会をよくするコンテスト(主催:日本広告制作協会)」準入賞

  • 2017年2月   滋賀県立大学山田研究室3年生チーム 「kokoto」 「BranCo! KANSAI 2017(主催:博報堂・同志社大学)」3位

  • 2016年12月   滋賀県立大学山田研究室3年生チーム 「ます香」 「Student Innovation College 2015(主催:Sカレ委員会)」1位,博報堂賞

  • 2015年11月   滋賀県立大学山田研究室 「ひふみ」 「第2回石州和紙デザインコンペ(主催:碧い石見の芸術祭・芸術と文化のまちづくり事業実行委員会)」中国経済産業局長賞(グランプリ)

  • 2015年11月   滋賀県立大学山田研究室 「ひふみ」 「第2回石州和紙デザインコンペ(主催:碧い石見の芸術祭・芸術と文化のまちづくり事業実行委員会)」千葉すず賞

  • 2015年9月   滋賀県立大学山田研究室 「CUP NOOEN」 「第7回販促会議企画コンペティション(主催:宣伝会議)」ファイナリスト

  • 2015年3月   山口晃平(ゼミ生) 「思い出のランプ」 「第3回繊維リサイクルアイデアコンペティション(主催:日本繊維機械学会・繊維リサイクル技術研究会)」特別賞

  • 2014年11月   滋賀県立大学山田研究室 「Accordion」 「第1回石州和紙デザインコンペ(主催:碧い石見の芸術祭・芸術と文化のまちづくり事業実行委員会)」千葉すず賞

▼全件表示

社会貢献活動

  • 日経ビジネススクール 講師

    役割:講師

    2023年12月

  • 2023年第8回⽇韓大学生未来フォーラム 総司会

    役割:司会

    (社)韓⽇未来フォーラム  2023年11月

  • (株)エコノミクスデザイン アドバイザー

    役割:助言・指導

    2023年10月 - 現在

  • 滋賀県職員研修セミナー 講師

    役割:講師

    滋賀県政策研修センター  2023年9月 - 現在

  • 2023年第1回韓⽇未来学会 討論者

    役割:コメンテーター

    (社)韓⽇未来フォーラム  2023年8月

  • COOL CHOICE賛同会員

    環境省  2022年9月 - 現在

  • 米原市における空き家対策に関する連携

    役割:助言・指導

    米原市地域振興課  2019年9月 - 2020年3月

  • 滋賀ジュニアリサーチグラント研究協力者

    役割:助言・指導

    滋賀発成長産業発掘・育成コンソーシアム  2019年7月 - 2020年3月

▼全件表示