2024/05/07 更新

写真a

ハタヤマ ショウ
畑山 翔
HATAYAMA Sho
所属
人間文化学研究院
部局
人間文化学部 生活栄養学科
職名
講師

学位

  • 博士(栄養学) ( 2018年3月   徳島大学 )

研究キーワード

  • アミノ酸、ビタミン、食品微生物

経歴

  • 滋賀県立大学   人間文化学部 生活栄養学科   講師

    2019年4月 - 現在

  • 滋賀県立大学   人間文化学部 生活栄養学科   助教

    2018年4月 - 2019年3月

  • 聖泉大学   看護学部   非常勤講師

    2020年10月 - 現在

  • 徳島県立総合看護学校   非常勤講師

    2016年4月 - 2018年3月

  • 平成淡路看護専門学校   非常勤講師

    2015年4月 - 2018年3月

所属学協会

  • 腸内細菌学会

    2022年4月 - 現在

  • 日本アミノ酸学会

    2018年9月 - 現在

  • 日本ビタミン学会

    2018年6月 - 現在

  • 日本食品微生物学会

    2017年9月 - 現在

  • 日本栄養・食糧学会

    2016年4月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2015年3月 - 現在

▼全件表示

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

研究シーズ

  • 栄養素の新規機能・有効利用,栄養状態の評価

論文

  • Chronic Ethanol Intake Impairs Niacin Nutritional Status in mice 査読

    Mizutani A, Goto C, Fujigaki H, Yamamoto Y, Saito K, Hatayama S, Fukuwatari T

    J Nutr Sci Vitaminol   70   1 - 8   2024年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Establishment of Model Mice to Evaluate Low Niacin Nutritional Status 査読

    Mizutani A, Sato M, Fujigaki H, Yamamoto Y, Saito K, Hatayama S, Fukuwatari T

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   69 ( 5 )   305 - 313   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3177/jnsv.69.305.

  • Variation of the Tensile Properties of Basalt-Fiber-Reinforced Polybutylene Succinate Matrix Composites during Microbial Degradation 査読

    Rova L, Kurita H, Kudo S, Hatayama S, Kanno T, Gallet–Pandellé A, Narita F

    Polymers   15 ( 2 )   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

  • Effect of B-Group Vitamin Administration on Daily Change in Urine 2-Oxo Acids in Young Japanese Women. 査読

    Hirai M, Hatayama S, Kimata M, Shibata K, Fukuwatari T

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vibrio parahaemolyticus induces inflammation-associated fluid accumulation via activation of the cystic fibrosis transmembrane conductance regulator 査読

    Hitomi Iba, Takaaki Shimohata, Junko Kido, Sho Hatayama, Takashi Uebanso, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi

    The Journal of Medical Investigation   68   59 - 70   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Type III Secretion Effector VopQ of Vibrio parahaemolyticus Modulates Central Carbon Metabolism in Epithelial Cells. 査読

    Nguyen AQ, Shimohata T, Hatayama S, Tentaku A, Kido J, Bui TMH, Uebanso T,Mawatari K, Takahashi A

    mSphere   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bacterial Contamination of Hemodialysis Devices in Hospital Dialysis Wards. 査読

    Shimohata T, Mawatari K, Uebanso T, Honjo A, Tsunedomi A, Hatayama S, Sato Y, Kido J, Nishisaka R, Yoshimoto A, Yamashita T, Amano S, Maetani-Yasui M, Iba H, Harada Y, Nakahashi M, Yasui-Yamada S, Hamada Y, Nakagawa T, Sogabe M, Emoto T, Akutagawa M, Okahisa T, Kinouchi Y, Takahashi A

    Journal of Medical Investigation   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Host cellular unfolding protein response signaling regulates Campylobacter jejuni invasion. 査読

    Tentaku A, Shimohata T, Hatayama S, Kido J, Nguyen AQ, Kanda Y, Fukushima S, Uebanso T, Iwata T, Mawatari K, Harada N, Takahashi A

    PloS One   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cellular Tight Junction Prevent Effective Campyobacter jejuni Invasion and Inflammatory Barrier Disruption Promoting Bacterial Invasion from Lateral Membrane in Polarized Intestinal Epithelial Cells. 査読

    Hatayama S, Shimohata T, Amano S, Kido J, Nguyen AQ, Sato Y, Kanda Y, Tentaku A, Fukushima S, Nakahashi M, Uebanso T, Mawatari K, Takahashi A

    Frontiers in Cellular and Infection Microbiology   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cystic Fibrosis Transmembrane Conductance Regulator Reduces Microtuble-Dependent Campylobacter jejuni Invasion. 査読

    Kido J, Shimohata T, Amano S, Hatayama S, Nguyen AQ, Sato Y, Kanda Y, Tentaku A, Fukushima S, Nakahashi M, Uebanso T, Mawatari K, Takahashi A

    Infection and Immunity   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The relation of cellular Tight Junctions Formation and Campylobacter jejuni invasion in intestinal epithelial cells.

    Hatayama S, Shimohata T, Uebanso T, Mawatari K, Takahashi A

    Proceeding of 51st Year Joint Panel Conference Cholera and Other Bacterial Enteric Infectious   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of the UVA-LED disinfection system in plant factory. 査読

    Tsunedomi A, Gotou M, Miyawaki K, Masamune A, Nakahashi M, Nishisaka R, Mawatari K, Hatayama S, Sato Y, Kido J, Yoshimoto A, Shimohata T, Uebanso T, Akutagawa M, Kinouchi Y, Takahashi A

    The Journal of Light Emmiting and Life Innovation   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Campylobacter jejuni infection suppressed Cl⁻ secretion induced by CFTR activation in T-84 cells. 査読

    Negoro S, Shimohata T, Hatayama S, Sato Y, Matsumoto M, Iba Hitomi, Aihara M, Uebanso T, Hamada Y, Nishikawa Y, Yamasaki S, Mawatari K, Takahashi A

    Journal of Infection and chemotherapy   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ナイアシン栄養状態による脱アセチル化酵素サーチュインの活性制御機構の解明

    2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金(若手研究) 

      詳細を見る

    配分額:1400000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:300000円 )

  • ナイアシン栄養状態の変動が代謝調節にもたらす影響の網羅的解析

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金(若手研究) 

      詳細を見る

    配分額:1400000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:300000円 )

講演・口頭発表等

  • Intermittent fasting affects brain kynurenic acid production in rats. 国際会議

    Sho Hatayama, Sumire Kato, Emi Ito, Tsutomu Fukuwatari

    16th Conference of the International Society of Tryptophan Research  2024年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ドイツ連邦共和国、イエナ   国名:ドイツ連邦共和国  

  • ラットにおける断続的断食が脳内キヌレン酸産生におよぼす影響

    畑山 翔、加藤 澄玲、伊藤 江美、福渡 努

    日本トリプトファン研究会第42回学術集会  2023年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • デキサメタゾン投与が全身のトリプトファン代謝におよぼす影響

    畑山 翔,加藤 澄玲,宮前 里帆,梅田 朱里,福渡 努

    日本トリプトファン研究会第41回学術集会  2022年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ビタミンB2類縁体の単回投与がビタミンB2 栄養状態の改善におよぼす影響

    畑山 翔,衣川 志穂,平井 眞穂 , 鈴木 智美 ,木全 基樹,福渡 努

    第61回日本栄養・食糧学会近畿支部大会  2022年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • B群ビタミン機能性生体指標の確立~尿中2-オキソ酸排泄量を低下させるB群ビタミンの同定~

    畑山 翔,奥野 沙那,木全 基樹,鈴木 智美,柴田 克己,福渡 努

    日本ビタミン学会第74回大会  2022年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒトにおける小麦胚芽に含まれるビタミンB1,ビタミンB6の生物有効性

    畑山 翔,牧野 すみれ,諫本 みなみ,森 紀之,福渡 努

    第75回日本栄養・食糧学会大会  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • ラットにおける部分肝切除がナイアシン栄養状態におよぼす影響

    畑山 翔,松井 藍子,宮前 里帆,相宮 紫乃,水谷 天音,福渡 努

    日本ビタミン学会第73回大会  2021年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラットにおける部分肝切除がトリプトファン‐NAD合成経路におよぼす影響

    畑山 翔,井上 真実,宮前 里帆,水谷 天音,福渡 努

    第14回日本アミノ酸学会学術大会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • ラットにおける非アルコール性脂肪肝炎(NASH)はニコチンアミド代謝の変動を介してナイアシン栄養状態に影響をおよぼす

    畑山 翔,水谷 天音,井上 真実,福西 あずさ,小泉 花奈絵,辰巳 佐和子,福渡 努

    日本トリプトファン研究会第39回学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fructose-induced non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) affects B-group vitamin metabolism in rats 国際会議

    Sho Hatayama, Sumire Makino, Ryudai Nitta, Tsutomu Fukuwatari

    13th Asian Congress of Nutrition  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • ラットにおける非アルコール性脂肪肝疾患がB群ビタミン代謝におよぼす影響

    畑山 翔,牧野 すみれ,新田 龍大,福渡 努

    日本ビタミン学会第71回大会  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Campylobacter jejuni汚染調理器具に対するUVA-LED照射殺菌の有効性について

    畑山翔他

    第39回日本食品微生物学会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 極性化腸管上皮細胞におけるタイトジャンクション形成はCampylobacter jejuniの細胞内侵入機構に影響する

    畑山翔他

    第38回日本食品微生物学会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宿主腸管上皮細胞のTight Junction形成が食中毒原因菌Campylobacter jejuniの侵入機構に及ぼす影響について

    畑山翔他

    第71回日本栄養食糧学会大会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   会議種別:ポスター発表  

  • 極性化腸管上皮細胞でのタイトジャンクションによるCampylobacter jejuniの侵入制御について

    畑山翔他

    第90回日本細菌学会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • The relation of cellular Tight Junctions function and Campylobacter jejuni invasion in intestinal epithelial cells 国際会議

    Sho Hatayama et al

    19th Emerging Infectious Diseases Conference of Pacific Rim US-Japan Joint Panel Conference on Cholera and Other Bacterial Enteric Infectious  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食中毒原因菌Campylobacter jejuniは腸管上皮細胞側面の露出により宿主内へ効率的に侵入する

    畑山翔他

    第70回日本栄養食糧学会大会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • The denudation of lateral part promote Campylobacter jejuni invasion in Caco-2 cells 国際会議

    Sho Hatayama et al

    6th FEMS Microbiology Congress  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Campylobacter jejuniは腸管上皮の側部より効率的に侵入する

    畑山翔他

    第88回日本細菌学会総会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 食品微生物学

    2018年4月 - 現在 機関名:滋賀県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 臨床栄養学

    2020年10月 - 現在 機関名:聖泉大学

  • 内分泌・代謝

    2016年4月 - 2018年3月 機関名:徳島県立総合看護学校

  • 栄養学

    2015年4月 - 2018年3月 機関名:平成淡路看護専門学校