2023/11/27 更新

写真a

アラキ キワコ
荒木 希和子
ARAKI Kiwako S.
所属
環境科学研究院
部局
環境科学部 環境生態学科
職名
講師

学位

  • 博士(環境科学) ( 2008年3月   北海道大学 )

研究キーワード

  • クローナル植物

  • 植物地下部器官

  • 森林生態系

  • 表現型可塑性

  • エピジェネティクス

  • 遺伝子発現

  • 環境応答

  • 生物間相互作用

  • 空間構造

  • 栄養繁殖

  • 個体群構造

  • 草本植物

▼全件表示

経歴

  • 滋賀県立大学   環境科学部 環境生態学科   講師

    2022年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本生態学会

  • 日本生物工学会

  • 日本進化学会

  • 日本植物生理学会

  • 種生物学会

  • 日本植物学会

▼全件表示

研究分野

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

委員歴

  • 三重県環境影響評価委員会   委員  

    2023年4月 - 現在   

  • 日本生態学会キャリア支援専門委員会   委員  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 滋賀県県農業共済組合損害評価会   委員  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  • 種生物学会第52回シンポジウム実行委員会   実行委員  

    2020年4月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 滋賀県環境審議委員会   委員  

    2018年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    自然環境部会

  • 種生物学会   監査委員  

    2013年1月 - 2018年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

国・地方公共団体等における審議会・委員会等の委員

  • 滋賀県農業共済組合  滋賀県農業共済組合損害評価会  委員   2022年4月 ~ 現在

  • 滋賀県  滋賀県環境審議委員会 自然環境部会  委員   2018年6月 ~ 現在

研究シーズ

  • 植物の生活史戦略の分子基盤に関する研究

論文

  • 野生植物にみる多様な栄養繁殖戦略 招待 査読

    荒木 希和子

    植物科学最前線   14   100 - 108   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.24480/bsj-review.14b6.00247

  • Genet dynamics and its variation among genets of a clonal plant Convallaria keiskei 査読 国際誌

    Araki K.S., Shimatani I.K., Ohara M.

    Oikos   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In clonal plant populations, a number of genetically identical ramets form a genet. While coexisting ramets potentially perform independently, their behaviours not only depend on ages and sizes but are also constrained by genetic background. In this study, genet dynamics and its variability among neighbouring genets were investigated based on the ramet demography of each genet in Convallaria keiskei. Genet dynamics were first formulated as a matrix model with the two components of clonal growth (clonal reproduction) and survival-transitions between ramet size classes. Then, a statistical estimation of the matrix elements was established using three datasets: aboveground demographic censuses, belowground directional rhizome connections and genetic identification of ramets. Finally, genet growth rates reflecting both the changes of clonal growth and ramet size growth were estimated and compared for fundamental demographic elements among genets. Over three years of aboveground annual censuses of a 28 × 2 m plot, 2021 ramets were identified as belonging to 28 genotypes. Belowground excavation detected 515 clonal fragments. Genet growth rate of three dominant genets varied with medians of 1.13, 1.02 and 1.05; 95% credible intervals of the posterior distributions did not overlap between the genet with the largest median and the others. The variation was caused primarily by differences in clonal growth rather than survival-transitions between size classes. Clonal growth by branching was rarer than at the tips but contributed to the maintenance of the genet. Therefore, both clonal growth frequencies and connecting patterns of ramets caused the variation of genet dynamics and established genets persist for a long time through the positive growth rates, which would contribute to maintain a population. We also conclude that fundamental demographic elements relating to clonal growth traits (the features of individual genets) strongly impact genet dynamics.

    DOI: 10.1111/oik.09367

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85143890883&origin=inward

  • Effect of steel slag on soil fertility and plant growth. 査読 国際誌

    Islam Z, Tran QT, Koizumi S, Kato F, Ito K, Araki KS and Kubo M

    Journal of Agricultural Chemistry and Environment   11   209 - 221   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: https://doi.org/10.4236/jacen.2022.113014

  • 琵琶湖南湖と瀬田川におけるシジミ類の生息状況と生息環境.

    庄司 知広, 荒木 希和子, 久保 幹

    立命館大学理工学研究所紀要   80   31 - 42   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   参加形態:共同(副担当)  

  • 北野新池周辺の森林緑地における樹種組成と土壌環境の調査.

    荒木 希和子, 連 綾香, 久保 幹

    立命館大学理工学研究所紀要   80   21 - 30   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   参加形態:共同(主担当)  

  • バイオスティミュラントによる植物病害の抑制.

    久保 幹, 雲川 雄悟, 東本 繰未, 荒木 希和子

    立命館大学理工学研究所紀要   80   15 - 20   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   参加形態:共同(副担当)  

  • An investigation of upland soil fertility from different soil types. 査読 国際誌

    Tran QT, Araki KS and Kubo M

    Annals of Agricultural Sciences   66 ( 2 )   101 - 108   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.aoas.2021.07.001.

  • Life-history monographs of Japanese plants 14: Cardamine leucantha (Tausch) O. E. Schulz (Brassicaceae). 招待 査読 国際誌

    Araki KS, Tsujimoto M, Iwasaki T and Kudoh H

    Plant Species Biology   36 ( 4 )   542 - 553   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: https://doi.org/10.1111/1442-1984.12345

  • Characterization of rhizome transcriptome and identification of a rhizomatous ER body in the clonal plant Cardamine leucantha. 査読 国際誌

    Araki KS, Nagano AJ, Nakano RT, Kitazume T, Yamaguchi K, Nishimura-Hara I, Shigenobu S and Kudoh H

    Scientific Reports   10   13291   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(主担当)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-020-69941-9

  • Characterization of orchard fields based on soil fertility index (SOFIX). 査読 国際誌

    Pholkaw P, Tran, QT, Kai T, Kawagoe T, Kubota K, Araki KS and Kubo M

    Journal of Agricultural Chemistry and Environment   9 ( 3 )   159 - 176   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   参加形態:共同(副担当)  

    DOI: https://doi.org/10.4236/jacen.2020.93014

  • クローナル植物スズランにおける個体群統計遺伝学ならびに繁殖生物学研究

    荒木 希和子

    2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    クローナル植物は、種子繁殖とともにクローン成長を行うため、“個体”の認識が難しく、種の「生活史過程」という観点から、その繁殖特性ならびに野外集団維持を詳細に解明した事例が少ない。そこで本学位論文では、種子繁殖とともに地下茎によりクローン成長を行う林床性草本スズラン(Convallaria keiskei)を対象に、クローナル植物の繁殖特性と個体群の維持機構について明らかにすることを目的とし、個体群統計遺伝学ならびに繁殖生物学研究を行った。

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • アブラナ科クローナル植物の生活史戦略に関する研究

    2023年4月 - 2024年3月

    共同利用研究  共同利用研究a

    工藤洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • クローナル植物におけるクローン成長過程とラメット分布の時空間解析

    2023年4月 - 2024年3月

    共同利用研究  一般研究2

    島谷健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

講演・口頭発表等

  • クローナル植物における環境適応の分子基盤 招待

    荒木希和子

    第45回分子生物学会  2022年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

  • 土壌に対する植物地下部の環境応答性の解析

    大西智也,Tran QT,荒木希和子,久保幹

    第74回日本生物工学会大会  2022年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ガラスを用いた新規有機標準土壌の開発

    水野淳太, 西原太智, 荒木希和子, Tran Quoc Thinh, 久保幹

    第74回日本生物工学会大会  2022年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 野生植物にみる多様な栄養繁殖戦略 招待

    荒木希和子

    第86回日本植物学会  2022年9月  日本植物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都府立大学  

  • コンロンソウにおける地下部器官の挙動と土壌環境

    大西智也,荒木希和子,久保幹

    第86回日本植物学会  2022年9月  日本植物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都府立大学  

  • びわ湖流域の森林管理から考える緑と水の豊かな暮らし 招待

    荒木希和子

    令和3年度「びわ湖の日」連続講座  2022年8月  滋賀県・立命館大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

▼全件表示